郡山 |「モーニング」全国的にも珍しいヨーグルト専門店で身も心もハッピーに!

郡山 |「モーニング」全国的にも珍しいヨーグルト専門店で身も心もハッピーに!

郡山市に本店があるヨーグルト専門店「モーニング」。旬を迎えた果実をたっぷり使ったオリジナルヨーグルトとデザートが人気を呼び、毎日のデザートや特別な日のプレゼントとして、長きにわたり大変愛されているお店です。


ヨーグルト専門店「モーニング」とは?

とあるひとりのお母さんが「子どもが喜ぶものを食べさせたい」「周りの人を笑顔にしたい」という想いでつくった、素朴なヨーグルトのデザート。

そのデザートがおいしいといううわさが徐々に広まり、ヨーグルト専門店「モーニング」は1983年、自宅のガレージを改装してつくった8畳1間ほどの小さなお店をはじめることになりました。

今ではモーニングのヨーグルトの人気は県内にとどまらず、県外にも店舗を構えるようになり、通販で購入することもできます。

なめらかな食感と絶妙な甘さがあいまった、絶品ヨーグルト

モーニングで取り扱っているのは、プレーンヨーグルトなど定番のヨーグルトと、季節限定・期間限定のヨーグルト。少なくとも14~15 種類は店頭に常時並んでいます。

モーニングのプレーンヨーグルトは酸味が強く、しっかりとしたコクのある味わいで、とろりとなめらかな食感が特徴です。

このヨーグルトをベースに、四季折々の果実を使用したヨーグルト、ケーキ・カップデザートなどが手づくりされています。生きたままの乳酸菌を使用しているというのも、こだわりのひとつ。

定番ヨーグルトのなかでも人気の1品が「ナタデココと甘夏ヨーグルト」。さわやかな香りの甘夏の酸味と、ナタデココの食感が同時に味わえます。

定番商品「梅干しと蜂蜜 ヨーグルト」は、プレーンヨーグルトと蜂蜜ジュレの2層からなっていて、なかには大粒の紀州南高梅(梅干し)まるごと1粒入っています。

旬のおいしさを堪能できる、季節限定ヨーグルト

季節限定・期間限定商品は季節ごとに数種類ずつ替わっていきます。いちご・メロン・ブルーベリー・マンゴー・桃・ぶどう・いちじく・栗などがあり、どの季節に訪れても新しい味に出会えますよ。

季節商品の「いちごの果実入りヨーグルト」は、モーニングのなかでも特に人気の季節限定メニュー。甘くて新鮮ないちごの果実をざく切りにして、ヨーグルトのなかにたっぷりと入っています。

あふれる果汁でほんのりピンクに色づいたヨーグルトはコクがあり、いちごの甘酸っぱさとのハーモニーが味わえますよ。

「メロンの果実入りヨーグルト」も季節限定商品で、旬のメロンを使用しているから、糖度の高い濃厚な味わいを堪能できます。ゴロゴロと贅沢に入っているメロンの量に驚く、こちらも人気のヨーグルトです。

また季節限定商品のなかには、ひとつひとつ丁寧に手づくりしているカップデザートも!

ライチヨーグルトに、いちごとラズベリーの果汁を加えたヨーグルトムースを重ねて、まっ赤ないちごをたっぷり飾った「たっぷり苺のフレッシュカップ」。

甘酸っぱいいちごとふんわりムース、みずみずしいライチ風味のヨーグルトの組み合わせがとってもフレッシュ。3月初旬頃~5月下旬頃までの季節限定商品です。

初夏にぴったりな季節限定商品「フレッシュカップマンゴー」。カップの上層は、マンゴーの果肉をたっぷりと閉じ込めたきらきらのゼリー。

真ん中の層にはふんわりとしたヨーグルトのムース、最下層にはとろりとしたマンゴーヨーグルトが。3層一緒にスプーンですくって、果実の恵みとヨーグルトのやさしい味わいを楽しんでみてはいかがですか。

フレッシュカップは、衝撃が加わると真ん中のムースが沈んで形が崩れてしまうため、店頭のみの限定発売となっています。

朝食・昼食をいただける喫茶コーナーがある菜根本店

ヨーグルト専門店モーニングの菜根本店には、いつもの日々を心地よくハッピーに暮らす“ちょっと幸せ”をみつけるお手伝いをしたいという想いが詰まっています。

開放的で明るい心地よい空間で、心をこめてつくられているさまざまなメニューをいただけます。

朝食や昼食、ティータイムをゆったりと過ごせる喫茶スペースがあり、季節ごとのメニューが用意されています。ショーケースで販売されているデザートも、喫茶スペースでいただくことが可能です。

朝食と昼食の時間帯にはそれぞれプレートセットメニューがあり、食後には「本日のヨーグルト」がたっぷりいただけます。

菜根本店では、スイーツメニューも充実!

例えば、菜根本店のキッチンで焼き上げたヨーグルトのプリンに、彩り豊かなフルーツを添えた、見た目も美しい「プリン・ア・ラ・モード」。

厚切りのフランスパンを使用した、アツアツふわふわのフレンチトースト。冷たいソフトクリームをからめていただきます。

いかがでしたでしょうか。みずみずしい旬の果物の恵みを存分に味わえる、モーニングのヨーグルトは、やさしい味わいでとろりと柔らかな食感。普段の食卓を、さらにちょっとハッピーにしてくれるモーニングのヨーグルトを、ぜひ味わってみてくださいね。記念日のお祝いやプレゼントにもおすすめですよ。

モーニングのさらなる魅力をななびチェック!

オンラインショップもあります

定番ヨーグルトやヨーグルトデザート、のむヨーグルト、チーズケーキ、パフの中にヨーグルトクリームが詰まった「もぐもぐヨーグルト」など、通信販売も行っています。

菜根本店2階にはギャラリーも

日常の中でもっと気軽に、多くの方がアートに触れられる場所をつくりたいという想いが詰まった、貸しギャラリー。ほっと心安らげるアートな空間で、ゆったりとした時間を過ごしてみませんか。

「ヨーグルト専門店 モーニング」について詳しくはこちら

関連する投稿


郡山市 |「AMEKAZE」“ローカル”に特化した食のセレクトショップ

郡山市 |「AMEKAZE」“ローカル”に特化した食のセレクトショップ

黒を基調としたシンプルなたたずまいが特徴的な、グローサリーマーケット「AMEKAZE」。カーショップのようなスタイリッシュな外観ですが、店内には地元の名産物をはじめ、各地のおいしいものがずらりと勢ぞろい。おみやげやプレゼント選びにもピッタリなお店です。




郡山 |「仁井田本家」酒蔵なのにスイーツ?! 自然酒造りが自慢の酒蔵が手がける「糀スイーツ」

郡山 |「仁井田本家」酒蔵なのにスイーツ?! 自然酒造りが自慢の酒蔵が手がける「糀スイーツ」

創業300年超の歴史を誇り、自然米・純米・自然派酒母すべて100%の日本酒の醸造、販売をしている「仁井田本家」。ここ数年、日本酒造りと並行して力を入れているのが、発酵食品の開発や製造で、無肥料・無農薬栽培の自然米だけでつくった「糀」のスイーツが人気を呼んでいます。


郡山 |「のんびりアルパカ牧場」遊んで食べてのんびりできる、アットホームな雰囲気の小さな牧場

郡山 |「のんびりアルパカ牧場」遊んで食べてのんびりできる、アットホームな雰囲気の小さな牧場

郡山市の静かな山あいにある施設「のんびり温泉別館イワナの里」。この施設にある「アルパカ牧場」では、アルパカや羊、ミニチュアホースなどの動物たちが、のんびり暮らしています。動物たちとふれあった後は、カフェやベーカリーでのんびりとくつろぎ、至福のひとときを過ごしてみませんか?


最新の投稿


白石 |「tsuribori cafe Clover」カフェや駄菓子屋も登場!お楽しみ満載の釣りスポット

白石 |「tsuribori cafe Clover」カフェや駄菓子屋も登場!お楽しみ満載の釣りスポット

伊達政宗の腹心・片倉小十郎の城下町として知られる宮城県白石(しろいし)市。街の中心部から離れたのどかな山間部にたたずむ「tsuribori cafe Clover」は、釣り掘とカフェ、駄菓子屋の3つを楽しめるユニークなお店です。お子さんはもちろん、大人も夢中になってしまう注目のスポットをご紹介します。


紫波 |「紫波フルーツパーク」でぶどう畑に囲まれた食育体験を

紫波 |「紫波フルーツパーク」でぶどう畑に囲まれた食育体験を

岩手県盛岡市の南部に位置する紫波(しわ)町は、ぶどうやりんごなどフルーツの栽培が盛ん。そんな紫波町にある「紫波フルーツパーク」は、地元のぶどうを使ったワイナリーの見学や、食の手づくり体験などが楽しめる農業公園です。手づくり体験を通して、ファミリーで農業や食に親しんでみませんか?


深浦 |「ウェスパ椿山」360度自然美に囲まれた癒やしとときめきのアミューズメントリゾート

深浦 |「ウェスパ椿山」360度自然美に囲まれた癒やしとときめきのアミューズメントリゾート

青森県深浦町にある「ウェスパ椿山」は、世界遺産・白神山地をはじめとする豊かな観光名所に囲まれたリゾート施設です。別荘感覚でくつろげるコテージでの宿泊や、地元の食材を使用した新鮮なお食事が堪能できます。また、ガラス製作工房や昆虫館といった体験施設や、物産館も併設。青森の魅力にたくさん触れて、旅をもっとステキにしませんか?


横手 |「増田の朝市」内蔵が残る町の、藩政時代から続く伝統の朝市

横手 |「増田の朝市」内蔵が残る町の、藩政時代から続く伝統の朝市

明治から昭和期の商家の蔵が今も残り、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されている秋田県横手市増田町。歴史を感じさせる蔵めぐりが人気のこのエリアでは、地元の人でにぎわう朝市の散策もオススメです。その歴史は古く、はじまりはなんと江戸時代。地元ならではのアットホームな雰囲気を楽しみましょう。


長岡 |「山古志闘牛大会」迫力満点!国の重要無形民俗文化財の闘牛を見にいこう

長岡 |「山古志闘牛大会」迫力満点!国の重要無形民俗文化財の闘牛を見にいこう

新潟の中部、山古志を中心とした地域では、古くから雄牛を闘わせる行事「角突き」が行なわれてきました。現在は長岡市山古志と小千谷市、2ヶ所の闘牛場で行なわれていますが、今回は毎年5月~11月に行なわれる山古志闘牛大会での「牛の角突き」を紹介します。