福島 | ぶらり、美の旅 Select⑤ ご夫妻の愛情が注がれた佐藤梨園のローズガーデン

福島 | ぶらり、美の旅 Select⑤ ご夫妻の愛情が注がれた佐藤梨園のローズガーデン


福島市内で梨園を経営する佐藤吉則さん・とも子さんご夫妻。もともとバラ好きだった奥さまが25年ほど前からバラを植え始め、その後ご夫妻でバラの栽培を楽しむようになったといいます。それがいまでは梨畑沿いの広大な敷地に650品種以上のバラが咲き誇るローズガーデンに成長しました。
春はバラのほか100種類以上のクレマチスやジャーマンアイリスが花開き、秋バラ、ダリアと続きます。加えて、ナチュラルな宿根草も数多く咲いている彩り豊かなローズガーデンです。
佐藤さんご夫妻にバラの魅力やローズガーデンをめぐるお話を伺いました。

楽しみながら育て、来た方に楽しんでもらえる喜び

「来訪者が増え出したのは10年ほど前に福島市の景観まちづくり事業で『チャレンジガーデン』の認定を受け、オープンガーデンとして一般の方に無料開放し始めた頃からです」と佐藤吉則さん。「花の名所の発掘」と「花愛好者の交流」を目的に取り組んでいます。散歩コースにしているご近所の方もいれば、遠方から何度も足を運ぶ方も多いといいます。
「妻が梨園の一角にバラを植えたのが始まりで、その後、夫婦でバラの栽培を楽しむようになりました。梨園の作業もそばにバラがあると心豊かな気持ちになります。ガーデン内のバラは2,000株を超えていると思います」と佐藤吉則さんは屈託のない笑顔を浮かべます。
とも子さんは「バラを楽しみながら育て、来た方にバラを楽しんでもらえる、というのは大きな喜びです。栽培しているバラの品種は650余り、点在していたダリアもまとめてダリア園にしました。春から秋までさまざまな宿根草も咲いています。バラを通して知り合った“花友達”も増え、ガーデンや梨園での作業を手伝ってくれるなど、家族みたいな付き合いが生まれています」とうれしそうに話してくれました。

とも子さんが描いた手づくりボード。花や妖精などの絵がガーデン内に彩りを添えています

バラについて

バラはバラ科バラ属に分類されています。梨もバラ科の植物です。佐藤梨園の佐藤吉則さんによれば、「バラと梨は消毒も施肥もほぼ同時にできるので効率がいい」とのこと。 
さて、バラは落葉性の低木・花木で、その多くは葉や茎にトゲを持ちます。「花の女王」といわれ、古くから園芸栽培されていることから多くの園芸品種が生まれており、その品種数は10万とも20万ともいわれています。花は八重が一般的ですが、一重や千重咲きもあります。美しい花とともに、かぐわしい香りに魅せられる人も多いようです。
バラの原種ですが、もともとはチベット周辺や中国雲南省からミャンマーにかけての地域が主産地といわれ、そこから世界各地へ伝播していったものと考えられています。ちなみにノイバラ、テリハノイバラ、ハマナシは日本原産の原種として知られています。
園芸品種はその原種の系統から「オールド・ガーデン・ローズ」と「モダン・ローズ」に分類されますが、個々の品種の系統分類については地域や研究者によって異なることが多いようです。

バラも梨も同じバラ科

花が人と人を引き合わせる

東日本大震災後、佐藤梨園のローズガーデンは沿岸被災地から避難してきた人たちの再会の場にもなったと言います。
「バラを見ると癒される、と言って見に来られた被災者の方も多く、偶然ここで再会したり、知り合いになったという話を聞いて、とてもうれしく思いました。花が人と人とを引き合わせたのですから」と、とも子さん。
その後も口コミで来訪者は増え続け、いまでは多い日で1日3000人以上の人が全国から訪れるほどに。
吉則さんによれば、「海外からのお客様も増えました。中国や韓国のほか、カンボジア、メキシコ、アメリカ、オーストラリアなど。結婚式の記念撮影で来られるカップルも」とのこと。
「ローズガーデンを通して各地のバラ愛好家と知り合えましたので、これからは夫婦で全国のバラ仲間のところを訪ね歩くのが楽しみです」と吉則さんは言います。
ご夫妻の愛情がたっぷり注がれた佐藤梨園のローズガーデンは、これからも多くの人々でにぎわうアットホームな交流の場であり続けることでしょう。

色とりどりのバラのほかチドリソウ、オルレアなど宿根草の種類が多いのも特徴です

佐藤梨園のバラ

650品種以上ものバラが咲く佐藤梨園のローズガーデン。
その一部を紹介します。
バラに囲まれた空間を歩くだけで、心満たされてきます。

イエスタデイ

ピンク・インテューション

アンジェラ

アルテミス

マダム・フィガロ

スカーレット・メイディランド

Rose Garden Data

佐藤梨園 ローズガーデン
〒960-8075 福島県福島市下野寺字新田北7
TEL&FAX 024-591-1661 

《Information》
・バラの見ごろ→[5月下旬~6月中旬][9月中旬~10月下旬]
・ダリアの見ごろ→[9月上旬~10月下旬]
・梨の直売→[8月下旬~11月上旬]

梨園では8月下旬ごろの幸水に始まり、豊水、あきづき、南水、新高と10月下旬まで収穫が続きます。 秋はバラとダリアの両方が楽しめるほか、美味しい梨も味わえます。

佐藤吉則さん・とも子さんご夫妻。吉則さんは梨農家の5代目。2.5ヘクタールほどの敷地に梨園とローズガーデンという全国的にも稀な花のある農風景が広がっています。ローズガーデンは「ナチュラルガーデン」「フレンチガーデン」「ローズロード」「バラ園」「ダリア園」などで構成され、さまざまなスタイルの花のある風景を鑑賞できます。

関連する投稿


郡山市 |「AMEKAZE」“ローカル”に特化した食のセレクトショップ

郡山市 |「AMEKAZE」“ローカル”に特化した食のセレクトショップ

黒を基調としたシンプルなたたずまいが特徴的な、グローサリーマーケット「AMEKAZE」。カーショップのようなスタイリッシュな外観ですが、店内には地元の名産物をはじめ、各地のおいしいものがずらりと勢ぞろい。おみやげやプレゼント選びにもピッタリなお店です。






最新の投稿


郡山市 |「AMEKAZE」“ローカル”に特化した食のセレクトショップ

郡山市 |「AMEKAZE」“ローカル”に特化した食のセレクトショップ

黒を基調としたシンプルなたたずまいが特徴的な、グローサリーマーケット「AMEKAZE」。カーショップのようなスタイリッシュな外観ですが、店内には地元の名産物をはじめ、各地のおいしいものがずらりと勢ぞろい。おみやげやプレゼント選びにもピッタリなお店です。


蔵王 |【ななび連載:蔵王編vol.3】遠刈田温泉で探すほっこりアイテム&手づくり体験

蔵王 |【ななび連載:蔵王編vol.3】遠刈田温泉で探すほっこりアイテム&手づくり体験

蔵王町の人気スポットのひとつといえば、開湯約400年の歴史をもつ遠刈田温泉。温泉街はこぢんまりとしていますが、見どころがたくさんあって散策にぴったり。ステキなアイテムがそろう陶芸工房やギャラリーショップも点在しているので、作家ものの器をおみやげにしたり、絵付け体験でオリジナルアイテムをつくったりするのもオススメです。


鶴岡 |「フルーツショップ青森屋」こぼれんばかりのフルーツにびっくり!ぜいたくなタルト&ケーキを味わおう

鶴岡 |「フルーツショップ青森屋」こぼれんばかりのフルーツにびっくり!ぜいたくなタルト&ケーキを味わおう

山形県といえば、日本屈指のフルーツ王国。鶴岡市にある「フルーツショップ青森屋」は、地元をはじめ全国各地から仕入れたよりすぐりのフルーツを扱う青果店です。店内にはカフェスペースも併設し、青果店ならではの新鮮なフルーツをたっぷり使ったタルトやケーキが大人気。遊び心あふれる空間にも注目してみてくださいね。


松島 |「ザ・ミュージアム MATSUSHIMA」3つのコレクションの魅力を一度に楽しめる博物館

松島 |「ザ・ミュージアム MATSUSHIMA」3つのコレクションの魅力を一度に楽しめる博物館

日本三景のひとつ、宮城県の松島にある「ザ・ミュージアム MATSUSHIMA」は、レトロなおもちゃ・モードファッション・オルゴールの3つのコレクションをひとつの施設で観ることができるミュージアムです。普段はなかなかお目にかかれない貴重なコレクションをたくさん展示しているので、じっくり鑑賞を楽しみましょう。


蔵王 |【ななび連載:蔵王編vol.2】家族みんなが大満足の蔵王グルメを満喫

蔵王 |【ななび連載:蔵王編vol.2】家族みんなが大満足の蔵王グルメを満喫

自然豊かな蔵王町には、大地の恵みがギュッと詰まったおいしい農産物がいっぱい!また、近隣の市町村も農業が盛んだったり、ブランド豚を飼育していたりすることから、フレッシュな食材でつくる料理自慢のお店がたくさんあります。今回はそんな蔵王町のお店のなかから、お子さんの大好物がそろう人気の3店をご紹介します。