にかほ |「TDK歴史みらい館」驚きの連続!最新技術を遊んで体感しよう

にかほ |「TDK歴史みらい館」驚きの連続!最新技術を遊んで体感しよう

秋田県にかほ市にある「TDK歴史みらい館」は、電子部品メーカー・TDKの歴史や技術を紹介するミュージアム。企業の施設と聞くと難しそうなイメージがあるかもしれませんが、電化製品の内部展示やデジタル技術を駆使したシアターがあるなど、館内には楽しい仕掛けがいっぱい!さらには入場料無料と、親子のおでかけにぴったりなんですよ。


「TDK歴史みらい館」ってどんなところ?

JR仁賀保駅から徒歩で10分ほど。「TDK歴史みらい館」は秋田県沿岸部のにかほ市にあります。
さまざまな電子部品を製造するTDKの歴史や技術を学べて、未来の暮らしを体感できる体験型の展示が多く、さらに入場無料とあって親子に人気のスポットです。

ものづくりの中身をわかりやすく紹介する「歴史ゾーン」

TDK歴史みらい館は、TDKがどんな製品をつくってきたかを紹介する「歴史ゾーン」と、科学技術の不思議を学べる「みらいゾーン」に分かれています。

歴史ゾーンには、内部をオープンにしたテレビやホームビデオ、スマートフォンなどがずらり。普段使っているものの中はこうなっているのかと、お子さんだけでなく、大人もじっと見入ってしまいそうです。

また、TDKといえばカセットテープやビデオテープを思い浮かべるパパやママは多いはず。歴史ゾーンには、これまでに製造した記録メディアを壁面展示。「このテープ、家にあった!」と、懐かしく感じるかもしれません。

お子さんが宇宙を操る!?「みらいゾーン」

お子さんの好奇心をさらにかきたてるのが、みらいゾーンです。なかでも、世界的に有名なウルトラテクノロジスト集団「チームラボ」が手がけた体験型シアター「インタラクティブマグネティックフィールドシアター」は必見です。

シアターのコンセプトは「磁性の可視化」。見ることのできない磁性を、宇宙・地球・電子の3つのテーマに分け、映像で表現しています。

シアターに足を踏み入れると、部屋全体が巨大なスクリーンに。たとえば地球のコーナーには、オーロラが輝く幻想的な世界が広がります。空に触れると、手を当てた部分からオーロラが登場!映像を自分で操る感覚に時間を忘れて夢中になるお子さんも多いのだとか。

本や教科書で勉強しても理解しづらい磁性の仕組みについて、感覚的に触れることができるので、小さなお子さんはもちろん、小学校高学年や中学生のお子さんにも最適ですね。

ひと足先に未来の暮らしを体験!

TDKが100周年を迎える2035年の生活をイメージしてつくられた「スマートハウスゾーン」も要チェック。「みらいタクト」と名付けられた棒を振るとカーテンが自動で開くなど、人工知能(AI)によって便利になった未来の暮らしを体験できます。
いろいろ試しながら、「もしかしたらこんなこともできるかも…」と、十数年後の未来について親子で想像を膨らませましょう。

これから先の暮らしが楽しみになりそうな、夢いっぱいのTDK歴史みらい館。展示内容は不定期で変わるので、2回3回と足を運んで、技術の進化を楽しく学びましょう。

ユニークな展示が盛りだくさん!「TDKみらい館」のななびチェック!

秋田弁のPepperがガイド

入り口ではヒューマノイドロボットのPepperが「よくきてけだな」と、お出迎え。秋田弁で館内をガイドしてくれます。

話題のVRを体験

館内にあるオーロラのVR展示もお子さんに大人気!幻想的な世界を満喫しましょう。

秋田食材でつくるランチを味わいましょう

11:00~15:00のランチタイムには、隣接するレストラン「TDK Guest House」を一般開放。地元が誇るブランド牛・由利牛を使ったカレーなどが味わえます。利用する際には受付のスタッフへお声がけを。

「TDK歴史みらい館」について詳しくはこちら

関連する投稿


三種 |「サンドクラフトinみたね」まるで砂の美術館!巨大な砂像が砂浜にずらり

三種 |「サンドクラフトinみたね」まるで砂の美術館!巨大な砂像が砂浜にずらり

秋田県北西部に位置し、日本海に面した三種町(みたねちょう)。秋田名物として知られる水草の一種「じゅんさい」の生産が古くから盛んで、国内生産量の約90%を占める日本一の産地です。この町で例年7月末に開催される「サンドクラフトinみたね」は、夏を盛り上げる名物イベント。砂でつくられた巨大な像の数々が、砂浜に勢ぞろいします。


湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.4】湯沢の三大温泉郷でゆったりのんびり

湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.4】湯沢の三大温泉郷でゆったりのんびり

“湯沢”という名前の通り、温泉が豊富な湯沢市。秋田県内最古といわれる「秋の宮温泉郷」をはじめ、渓谷沿いに宿が連なる「小安峡温泉」、泥水のように白濁した湯が特徴の「泥湯温泉」など、個性的な温泉地がそろいます。それぞれの温泉の近くには、噴気孔や泥火山などの見どころも点在。温泉と大自然をあわせて満喫しましょう。


羽後 |「道の駅 うご 端縫いの郷」イベントが充実!名物の西馬音内そばも味わえる道の駅

羽後 |「道の駅 うご 端縫いの郷」イベントが充実!名物の西馬音内そばも味わえる道の駅

秋田県羽後町にある「道の駅 うご 端縫いの郷」は、羽後の夏の風物詩「西馬音内盆踊り」で踊り手が着用する伝統的な衣装・端縫いにちなんで愛称が付けられた道の駅。週末にはフリーマーケットやグルメイベントを開催しています。名物の西馬音内そばをセルフ方式で味わえる食事処や、搾りたての生乳を使ったジェラートショップも人気です。


湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.3】ショッピングしながらくつろげるカフェ併設の雑貨店3選

湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.3】ショッピングしながらくつろげるカフェ併設の雑貨店3選

気になるカフェや雑貨店があっても、ファミリーでおでかけすると1日に何軒もめぐるのは難しいもの。スイーツを楽しみながらおしゃれなアイテム選びもできる、そんなお店はうれしいですよね。今回は、カフェのある雑貨店をご紹介。秋田県湯沢市の伝統工芸品やエキゾチックな雑貨など、旅行気分を盛り上げるお気に入りが見つかりますよ。


湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.2】稲庭の郷で味わう秋田名物・稲庭うどん

湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.2】稲庭の郷で味わう秋田名物・稲庭うどん

お子さんに人気のグルメのひとつ「うどん」!湯沢市稲庭町は、秋田名物として有名な「稲庭うどん」の発祥地。栗駒山系の山々と田園風景に囲まれたこの町は「稲庭の郷(さと)」と呼ばれ、20数軒のうどん製造工場が集まっています。なめらかでコシのある稲庭うどんを食べに、製造元の直営店を訪ねてみませんか?


最新の投稿


遠野 |「夢産直かみごう」で朝採り野菜とジェラート、五右衛門そばを!

遠野 |「夢産直かみごう」で朝採り野菜とジェラート、五右衛門そばを!

民話の里・岩手県遠野市と沿岸の街・釜石市を結ぶ国道340号線沿いにある「夢産直かみごう」は、地元の人たちに親しまれている産直施設。朝採りのフレッシュ野菜をはじめ、手づくりスイーツ、搾りたてのミルクを使ったジェラートが大人気です。辛いもの好きが多い土地柄という遠野のソウルフード「五右衛門そば」を味わえる食堂もあります。


郡山 |「開成マルシェ」生産者自慢の品が直接買えるマルシェにおでかけ

郡山 |「開成マルシェ」生産者自慢の品が直接買えるマルシェにおでかけ

毎年4月~11月の第4土曜と、12月第2土曜に「柏屋 開成柏屋」の中庭で開催される「開成マルシェ」。福島県内の生産者さんたちがおいしいものを持ち寄り、自慢の品々を直接購入できるマルシェの魅力をご紹介します。


三種 |「サンドクラフトinみたね」まるで砂の美術館!巨大な砂像が砂浜にずらり

三種 |「サンドクラフトinみたね」まるで砂の美術館!巨大な砂像が砂浜にずらり

秋田県北西部に位置し、日本海に面した三種町(みたねちょう)。秋田名物として知られる水草の一種「じゅんさい」の生産が古くから盛んで、国内生産量の約90%を占める日本一の産地です。この町で例年7月末に開催される「サンドクラフトinみたね」は、夏を盛り上げる名物イベント。砂でつくられた巨大な像の数々が、砂浜に勢ぞろいします。


十和田 |「手づくり村 鯉艸郷」趣あふれる花園で自然の魅力と癒やしを体感しよう

十和田 |「手づくり村 鯉艸郷」趣あふれる花園で自然の魅力と癒やしを体感しよう

“自然を感じながら食事や体験などができるフラワーガーデン”として整備されてきた「手づくり村 鯉艸郷」。1988年、村内に花菖蒲園を開園して以来、ルピナス園、芍薬園、山野草園を増設し、県内外から観光客が訪れる人気スポットに。今回は、自然の魅力はもちろん、体験メニューやお食事処といったポイントまでたっぷりとご紹介します!


湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.4】湯沢の三大温泉郷でゆったりのんびり

湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.4】湯沢の三大温泉郷でゆったりのんびり

“湯沢”という名前の通り、温泉が豊富な湯沢市。秋田県内最古といわれる「秋の宮温泉郷」をはじめ、渓谷沿いに宿が連なる「小安峡温泉」、泥水のように白濁した湯が特徴の「泥湯温泉」など、個性的な温泉地がそろいます。それぞれの温泉の近くには、噴気孔や泥火山などの見どころも点在。温泉と大自然をあわせて満喫しましょう。