郡山 |「仁井田本家」酒蔵なのにスイーツ?! 自然酒造りが自慢の酒蔵が手がける「糀スイーツ」

郡山 |「仁井田本家」酒蔵なのにスイーツ?! 自然酒造りが自慢の酒蔵が手がける「糀スイーツ」

創業300年超の歴史を誇り、自然米・純米・自然派酒母すべて100%の日本酒の醸造、販売をしている「仁井田本家」。ここ数年、日本酒造りと並行して力を入れているのが、発酵食品の開発や製造で、無肥料・無農薬栽培の自然米だけでつくった「糀」のスイーツが人気を呼んでいます。


仁井田本家とは?

郡山市田村町の酒蔵「仁井田本家」は1711年・正徳元年(江戸中期)の創業。2011年の創業300年を機に自然派酒母100%の酒造りとなり、無農薬・無化学肥料で栽培した自然米と、自社山から湧き出る天然水だけを原料とする、より自然な酒造りを行っています。

また有機肥料も使わず、稲わらのみを田んぼに返す「無肥料自然栽培」を行い、農薬や化学肥料も使用していません。次の世代のために田んぼの地力を上げ、土そのものから強くしていきたいと、「日本の田んぼを守る酒蔵となる」をモットーに掲げています。

糀が持つ自然の甘味に感動する「糀スイーツ」

現代の食生活における米離れや農業の衰退を危惧し、米の消費を増やしたいという想いからはじめた「糀スイーツ」づくり。米糀が生み出す自然の甘味を、小さい子どもたちやアルコールが苦手な方々にも楽しんでほしいと力を注いでいます。

一見すると板チョコのような「こうじチョコ」ですが、カカオと砂糖は一切含まず、原材料は自然米の米糀と天然水だけ。糀の甘さをぎゅっと固めた、米糀の素朴な甘さと和風チョコレートのような食感が楽しい、食べる甘酒です。

そのままスイーツとして味わうだけではなく、料理やケーキづくりの際に甘味料として、またコーヒーに砂糖代わりに入れて楽しむのもオススメです。

プレーン、さんしょ、黒ごまきなこ、ラズベリーのほかに、季節によってはゆずジンジャーや抹茶のような限定フレーバーも。店舗では試食ができますので、ぜひ味わってみてくださいね。

米糀でつくった砂糖不使用の生キャラメル「ふにゃとろ」。糀自体が持つやさしい甘さが存分に味わえる「プレーン」のほかに、酒粕を多めに使用した、ちょっぴり大人向けテイストの「酒粕」があります。

どちらも口に入れた途端にふわっと糀が香り、たちまちとろけてしまうなめらかな口どけで、手がとまらなくなりそう。1粒食べるごとに箱の中に現れる、愛らしいカエルの表情もすべて違うので要チェック!

酒粕を原料に、京都の老舗菓子店と共同開発をした「さけかすあめ」。やわらかなやさしい甘さと、ほんのりとした粕の香ばしさに、心が和むおいしさです。

自然米・天然水100%「にいだの発酵食品」

こだわりの自然米と天然水を使い、酒造りで培った技と技術を駆使して取り組んでいる、ノンアルコールの発酵食品。

自然米と伝統海塩「海の精」だけでつくった万能調味料「しおこうじ」をはじめ、糀あまさけ、酒粕を手軽に使えるパウダー状にした「さけゆき」など、さまざまな商品があります。

米糀と水だけを使い、酒蔵の乳酸菌で自然発酵させたお米のヨーグルト「まいぐると」。糀菌や乳酸菌などが生み出す酵素などの栄養がいっぱい詰まっています。

お酒を飲む人も飲まない人も楽しめる、毎月開催の「にいだのスイーツデー」

自然酒造りをする傍ら、もち米や小豆なども自然栽培し、糀の甘酒からつくった「糀糖」を使ったスイーツづくりにも力を入れている「仁井田本家」。

お酒を飲む人も飲まない人、ママや子どもたちにも「田村の自然や酒造りを実際に見ていただき、身体にいい酒蔵スイーツの魅力を知ってもらいたい」という想いからはじまった、にいだのスイーツデー。

酒蔵見学や限定商品の販売、無料試飲のほかに、天然酵母パンや酒蔵スイーツ、雑貨販売や抽選など多彩なイベントが用意され、毎回たくさんの人で賑わっています。

毎月1度だけ開催されるおいしいイベント「にいだのスイーツデー」。みなさんもぜひ足を運んでみてくださいね。

仁井田本家の奥深い魅力をななびチェック!

量り売りや糀スイーツなどの販売をしている蔵売店

蔵売店には、自慢の自然酒や発酵食品、冷蔵ケースの中には糀スイーツや甘酒などがずらりと並んでいます。

自然酒は通販でも購入できますが、蔵売店でしか手に入らないものもあり、限定酒を好みの量だけ購入できる量り売りを目当てに訪れる方もいらっしゃるそうです。

仁井田本家を見学しに行ってみよう

自慢の日本酒や発酵食品、こうじチョコなどのスイーツを販売している売店で声をかけると、広い敷地内を見学できます。事前に予約をすると酒蔵内の様子も見られます。実際に足を運び、「仁井田本家」の魅力の数々に出会ってみませんか。

「仁井田本家」について詳しくはこちら

関連する投稿


耶麻郡 |「ヒロのお菓子屋さん」手づくりにこだわったスイーツが評判!宿泊もできるカフェ

耶麻郡 |「ヒロのお菓子屋さん」手づくりにこだわったスイーツが評判!宿泊もできるカフェ

福島県北部・北塩原村にある磐梯山のふもと、標高800メートルの所に位置する高原リゾート地「裏磐梯」。今回は裏磐梯の中心部、大自然に囲まれたのどかな場所にたたずむカフェ「ヒロのお菓子屋さん」をご紹介します。


郡山 |「開成マルシェ」生産者自慢の品が直接買えるマルシェにおでかけ

郡山 |「開成マルシェ」生産者自慢の品が直接買えるマルシェにおでかけ

毎年4月~11月の第4土曜と、12月第2土曜に「柏屋 開成柏屋」の中庭で開催される「開成マルシェ」。福島県内の生産者さんたちがおいしいものを持ち寄り、自慢の品々を直接購入できるマルシェの魅力をご紹介します。


須賀川 |「Rojima~すかがわの路地deマーケット~」須賀川の街にこだわりのモノが集まる手づくり市 

須賀川 |「Rojima~すかがわの路地deマーケット~」須賀川の街にこだわりのモノが集まる手づくり市 

福島県の空の玄関口「福島空港」がある須賀川市。その須賀川市で、福島県内だけではなく、県外からもこだわりのモノが集まるのが「Rojima(ロジマ)」です。路地や空き地、商店街の空き店舗などを利用して開催され、毎回たくさんの人で賑わっています。


郡山 |「モーニング」全国的にも珍しいヨーグルト専門店で身も心もハッピーに!

郡山 |「モーニング」全国的にも珍しいヨーグルト専門店で身も心もハッピーに!

郡山市に本店があるヨーグルト専門店「モーニング」。旬を迎えた果実をたっぷり使ったオリジナルヨーグルトとデザートが人気を呼び、毎日のデザートや特別な日のプレゼントとして、長きにわたり大変愛されているお店です。


郡山市 |「AMEKAZE」“ローカル”に特化した食のセレクトショップ

郡山市 |「AMEKAZE」“ローカル”に特化した食のセレクトショップ

黒を基調としたシンプルなたたずまいが特徴的な、グローサリーマーケット「AMEKAZE」。カーショップのようなスタイリッシュな外観ですが、店内には地元の名産物をはじめ、各地のおいしいものがずらりと勢ぞろい。おみやげやプレゼント選びにもピッタリなお店です。


最新の投稿


鶴岡 |【ななび連載:鶴岡編vol.3】フレッシュ野菜&フルーツスイーツを買うならココ!

鶴岡 |【ななび連載:鶴岡編vol.3】フレッシュ野菜&フルーツスイーツを買うならココ!

月山と鳥海山という2,000メートル級の2つの山と日本海に囲まれた庄内平野は、伏流水と肥沃な大地に恵まれた農産物の宝庫。夏には、「だだちゃ豆」や「庄内砂丘メロン」といった全国的によく知られる特産品が登場します。旬の採れたて野菜やみずみずしいフルーツを求めて、鶴岡の産直市場へショッピングに出かけましょう。


田舎館 |「道の駅いなかだて 弥生の里」のんびりくつろげる、歴史と芸術があふれる道の駅

田舎館 |「道の駅いなかだて 弥生の里」のんびりくつろげる、歴史と芸術があふれる道の駅

「田んぼアート」の村として知られる青森県田舎館村は、弥生時代中期の水田跡が東北で初めて発見された米づくりが盛んな村。そんな歴史ある村の道の駅には、田んぼアートだけでなく、地元の味が堪能できる産直施設やレストラン、大型遊具など魅力的なスポットがたくさんあります。大人から子どもまでわくわくする道の駅におでかけしてみませんか?


鶴岡 |【ななび連載:鶴岡編vol.2】おいしい素材をもりもり食べよう!鶴岡でオススメのランチスポット3選

鶴岡 |【ななび連載:鶴岡編vol.2】おいしい素材をもりもり食べよう!鶴岡でオススメのランチスポット3選

山形県の西側・庄内地方にある鶴岡市は、ミネラルが豊富な鳥海山の伏流水や夏と冬の寒暖差などの風土が、おいしいお米や野菜、フルーツの生育にぴったりな土地。日本海にも面しているので、海の幸も豊富です。鶴岡市内にたくさんある地産地消レストランで、フレッシュな食材を生かしたランチをいただきましょう!


耶麻郡 |「ヒロのお菓子屋さん」手づくりにこだわったスイーツが評判!宿泊もできるカフェ

耶麻郡 |「ヒロのお菓子屋さん」手づくりにこだわったスイーツが評判!宿泊もできるカフェ

福島県北部・北塩原村にある磐梯山のふもと、標高800メートルの所に位置する高原リゾート地「裏磐梯」。今回は裏磐梯の中心部、大自然に囲まれたのどかな場所にたたずむカフェ「ヒロのお菓子屋さん」をご紹介します。


盛岡 |「盛岡手づくり村」岩手に伝わる伝統産業を気軽に体験!

盛岡 |「盛岡手づくり村」岩手に伝わる伝統産業を気軽に体験!

岩手県盛岡市の郊外、美しいロケーションの御所湖近くにあるのが「盛岡手づくり村」です。「南部曲り家ゾーン」「手づくり工房ゾーン」「盛岡地域地場産業振興センター」の3つの施設からなり、その中心となるのが「手づくり工房ゾーン」。南部せんべい手焼きや木地玩具の絵付けなど、岩手ならではのさまざまな伝統産業の体験ができますよ。