村上 |「城下町村上 町屋の人形さま巡り」町屋に伝わる貴重なひな人形を見に行きましょう

村上 |「城下町村上 町屋の人形さま巡り」町屋に伝わる貴重なひな人形を見に行きましょう

日本海に面した「北限の茶どころ」である村上市では、毎年3月1日~4月3日まで「城下町村上 町屋の人形さま巡り」が行われています。村上市は江戸時代、村上藩の城下町として栄えた街で、旧町人町一帯には今も情緒あふれる古い町並みや町屋が残っています。村上市内の町屋を訪ね、各家庭に代々受け継がれながら大切に保管されてきた「人形さま」を見に行きませんか。


美しく雅な「人形さま」が待っています

2019年で20回目を迎える「城下町村上 町屋の人形さま巡り」は、各家庭で大切にされてきた多彩で多様な「人形さま」を見ることができるイベントです。

参加軒数は約80軒。各家に飾られたひな人形はバラエティーに富んでいます。古典的な「享保雛(きょうほびな)」や古式豊かな「御殿飾り」のひな人形、素朴な「立ちひな」や豪華なひな段飾り、竹に入った「まゆひな人形」など、さまざまなひな人形が見られます。

細かく精密に作られたひな人形は美しく気品に満ちていて、その表情に引き込まれます。ひな人形を引き立てる美しい装飾品や小道具なども、細部にまで丁寧な仕事がされていて驚いてしまいます。

城下町ゆえに江戸時代のひな人形が多く、一番古いひな人形は約400年前のものだそうです。

町屋の人形さま巡りでは、ひな人形と一緒にたくさんの人形が飾られています。

お殿さまから拝領した大名行列の武者人形や、土人形、世界各国の人形、ウルトラマンやペコちゃんなど。各家庭で大切にされている人形がひな人形と一緒に並んでいて、ほほ笑ましい光景です。

普段は公開していない町屋も見学できる!

町屋とは、通りに面して建てられた商家や職人が住んだ家のこと。間口は狭く奥行きが深い構造が特徴です。囲炉裏の茶の間、吹き抜けの天井やどっしりとした太い梁(はり)。今では見る機会が少なくなりましたね。

「人形さま」は居間などの家族が集う場所に飾られているので、町屋の内部も見ることができます。また町屋にお住まいの方々から「人形さま」の由来や思い出、町屋についてお話を聞くこともでき、こうした交流も楽しみのひとつです。

町歩きも楽しもう

村上市には、肴町、鍛冶町、大工町、羽黒町、加賀町、細工町など、城下町らしい町名が残っていて、今でも数多くの町屋造りの商店や民家が並んでいます。

酒屋、茶屋、そして名物の鮭料理の店など、趣ある町屋造りの店でおみやげを見つくろいながら、散策を楽しんではいかがでしょうか。

町屋の人形さま巡りの中心部であり、町屋が集まる旧町人町の「安善小路」周辺には、寺や割烹など歴史のある建物が残っています。

2002年春より、市民有志による「黒塀プロジェクト」がスタート。ブロック塀が黒塀に生まれ変わり、より城下町らしい風情を取り戻しています。

「城下町村上 町屋の人形さま巡り」を楽しみつくすための、ななびチェック!

温泉に宿泊して、イベントを楽しもう!

「城下町村上 町屋の人形さま巡り」の会場から車で15分ほど走ると、日本海に沈む夕日が美しい瀬波温泉があります。温泉に入って、街歩きの疲れを癒やしてはいかがでしょうか。

散策の前に、案内マップをゲット

イベントには80軒以上の家やお店が参加していて、会場は旧町人町と呼ばれる一帯。いくつもの通りで開催されるので、案内マップを参考に見学するとスムーズです。

おみやげには鮭やお茶など地元グルメがおすすめ

村上市の鮭料理は1,000年ほどの歴史があり、100種類以上の料理があるといわれています。街歩きとをしながら、鮭の加工品なども購入できます。また、村上市は「北限の茶どころ」としても知られていて、煎茶以外にも紅茶も販売しています。

「城下町村上 町屋の人形さま巡り」について詳しくはこちら

関連する投稿


十日町 |「アウトランド」まるで異国!アート作品でもあるログハウス村&キャンプ場

十日町 |「アウトランド」まるで異国!アート作品でもあるログハウス村&キャンプ場

新潟県十日町市の山裾に、突然現れる異空間。まるで異国のような雰囲気が漂うキャンピングビレッジです。このログハウス群をはじめ、約3,000坪の敷地内はすべてオーナーがつくったセルフビルド王国であり、泊まれるアート作品でもあります。異国情緒漂う「アウトランド」で、大自然を満喫してみませんか?


新潟 | 濃厚なバタークリームがたっぷり!愛され続けるサンドパン4選

新潟 | 濃厚なバタークリームがたっぷり!愛され続けるサンドパン4選

あまり聞きなれない「サンドパン」。コッペパンにクリームを塗ったもので、新潟県の人にとってはおなじみのパンです。クリームの種類はたくさんあり、レトロなパッケージに入っているのも特徴のひとつ。新潟県内で「サンドパン」を販売するお店のなかから、今回はオススメの「サンドパン」4店舗をご紹介します。


長岡 |「山古志闘牛大会」迫力満点!国の重要無形民俗文化財の闘牛を見にいこう

長岡 |「山古志闘牛大会」迫力満点!国の重要無形民俗文化財の闘牛を見にいこう

新潟の中部、山古志を中心とした地域では、古くから雄牛を闘わせる行事「角突き」が行なわれてきました。現在は長岡市山古志と小千谷市、2ヶ所の闘牛場で行なわれていますが、今回は毎年5月~11月に行なわれる山古志闘牛大会での「牛の角突き」を紹介します。




最新の投稿


鶴岡 |【ななび連載:鶴岡編vol.3】フレッシュ野菜&フルーツスイーツを買うならココ!

鶴岡 |【ななび連載:鶴岡編vol.3】フレッシュ野菜&フルーツスイーツを買うならココ!

月山と鳥海山という2,000メートル級の2つの山と日本海に囲まれた庄内平野は、伏流水と肥沃な大地に恵まれた農産物の宝庫。夏には、「だだちゃ豆」や「庄内砂丘メロン」といった全国的によく知られる特産品が登場します。旬の採れたて野菜やみずみずしいフルーツを求めて、鶴岡の産直市場へショッピングに出かけましょう。


田舎館 |「道の駅いなかだて 弥生の里」のんびりくつろげる、歴史と芸術があふれる道の駅

田舎館 |「道の駅いなかだて 弥生の里」のんびりくつろげる、歴史と芸術があふれる道の駅

「田んぼアート」の村として知られる青森県田舎館村は、弥生時代中期の水田跡が東北で初めて発見された米づくりが盛んな村。そんな歴史ある村の道の駅には、田んぼアートだけでなく、地元の味が堪能できる産直施設やレストラン、大型遊具など魅力的なスポットがたくさんあります。大人から子どもまでわくわくする道の駅におでかけしてみませんか?


鶴岡 |【ななび連載:鶴岡編vol.2】おいしい素材をもりもり食べよう!鶴岡でオススメのランチスポット3選

鶴岡 |【ななび連載:鶴岡編vol.2】おいしい素材をもりもり食べよう!鶴岡でオススメのランチスポット3選

山形県の西側・庄内地方にある鶴岡市は、ミネラルが豊富な鳥海山の伏流水や夏と冬の寒暖差などの風土が、おいしいお米や野菜、フルーツの生育にぴったりな土地。日本海にも面しているので、海の幸も豊富です。鶴岡市内にたくさんある地産地消レストランで、フレッシュな食材を生かしたランチをいただきましょう!


耶麻郡 |「ヒロのお菓子屋さん」手づくりにこだわったスイーツが評判!宿泊もできるカフェ

耶麻郡 |「ヒロのお菓子屋さん」手づくりにこだわったスイーツが評判!宿泊もできるカフェ

福島県北部・北塩原村にある磐梯山のふもと、標高800メートルの所に位置する高原リゾート地「裏磐梯」。今回は裏磐梯の中心部、大自然に囲まれたのどかな場所にたたずむカフェ「ヒロのお菓子屋さん」をご紹介します。


盛岡 |「盛岡手づくり村」岩手に伝わる伝統産業を気軽に体験!

盛岡 |「盛岡手づくり村」岩手に伝わる伝統産業を気軽に体験!

岩手県盛岡市の郊外、美しいロケーションの御所湖近くにあるのが「盛岡手づくり村」です。「南部曲り家ゾーン」「手づくり工房ゾーン」「盛岡地域地場産業振興センター」の3つの施設からなり、その中心となるのが「手づくり工房ゾーン」。南部せんべい手焼きや木地玩具の絵付けなど、岩手ならではのさまざまな伝統産業の体験ができますよ。