鹿角 |「道の駅おおゆ」ショップにカフェ、足湯やビオトープもそろう道の駅

鹿角 |「道の駅おおゆ」ショップにカフェ、足湯やビオトープもそろう道の駅

秋田県鹿角市に2018年4月にオープンした「道の駅おおゆ」。世界的な建築家が設計を手がけた建物には、秋田はもちろん全国から選りすぐりのアイテムを集めたショップや、地元のブランド肉を味わえるカフェなどがあります。思いきり走り回れる天然芝の広場や、ビオトープを設けた散策エリアも整備されているので、家族でのびのびと過ごせますよ。


地元の素材を活かした、木のぬくもりを感じる道の駅

東北自動車道十和田ICから車で約10分。「道の駅おおゆ」は、開湯800年の歴史をもつ「大湯温泉郷」にあります。

周囲の自然に溶け込むようにたたずむ木造平屋の建物は、2019年完成予定の「新国立競技場」の設計を担当した、建築家の隈研吾氏が手がけたもの。シンプルながら温かみのあるデザインと、秋田県内のさまざまな素材をふんだんに取り入れているのが特徴です。

館内に入ると、木製の筒がぶどうの房のように重なった店内装飾がひときわ目を引きます。これは、秋田の伝統工芸である「曲げわっぱ」の技術を活かした「円筒LVL」という素材。薄い板状に加工した間伐材を巻き重ねてつくったもので、商品をディスプレイする棚や店内の椅子にも使われています。

「大湯えんがわショップ」には、地元や県内をはじめ、全国各地からセレクトしたアイテムがラインナップ。全国各地の温泉グッズがそろうのも、温泉郷にある道の駅ならではのユニークなポイントです。

「大湯えんがわカフェ」で特産のブランド肉を味わおう

飲食スペースの「大湯えんがわカフェ」には、地元のブランド肉を活かしたメニューがそろいます。グルメサイトの「肉バルランキング」部門で全国No.1になった秋田市の人気店が監修しているとあって、オープン当初から地元の人たちの間でも話題に。味にもボリュームにも大満足のラインナップです。

なかでも評判なのは、希少な短角牛・かづの牛を使った「かづの牛贅沢チーズバーガー」。ジューシーに焼き上げたパテは、味付けがシンプルなので肉の力強い旨みをしっかりと感じられます。ふかふかのオリジナルバンズと、濃厚なチェダーチーズとの相性も抜群ですよ。

ほかにも、「かづの牛ハンバーグカレー」や「かづの牛焼肉丼」、地元の銘柄豚「八幡平ポーク」を使った「八幡平ポークの生姜焼き丼」など、おいしそうなメニューがたくさん。秋田県産の生乳を使ったソフトクリームも人気なので、デザートに味わってみてください。

たくさん遊んでぽかぽかの足湯でリラックス

広い芝生広場を見渡す軒先には、大湯温泉郷のお湯を源泉掛け流しで楽しめる足湯を備えています。すぐ近くには、なかに入って水遊びができる「温泉じゃぶじゃぶ池」も。深さはふくらはぎくらいなので、小さなお子さんでも安心です。遊ぶのを見守りながら、パパとママは足湯でくつろぐのもいいですね。

また、敷地内には建築前の自然を残したビオトープがあり、お散歩しながら自然観察を楽しむのもオススメ。小川にすむいろいろな生き物も見ることができますよ。

4と9の付く日は「大湯えんがわ市」ものぞいてみよう

鹿角では、江戸時代初期から「市日(いちび)」という朝市が開催されてきました。4と9の付く日に行なわれる「大湯の市日」は、もともと温泉街で開催されていましたが、道の駅おおゆのオープンにあわせて会場を移転。

市の開催日は朝早くから、農産物や加工品などを販売する店が「大湯えんがわ市」のスペースにずらりと並びます。

それ以外の日にフリーマーケットなどが開催されることもあるので、道の駅おおゆのホームページでチェックしてみてくださいね。

自然がいっぱいでおいしいグルメも楽しめる「道の駅おおゆ」に、家族でおでかけしてみませんか。

「道の駅おおゆ」へのおでかけをもっと楽しむ!ななびチェック!

家族みんなと足湯でほっこり温まろう

長いベンチが備えられた足湯は、場所によってお湯の温度が違うので、熱いお湯が苦手な小さいお子さんも安心して入れます。

夏には期間限定で「BBQ STATION」がオープン

かづの牛や八幡平ポーク、旬の野菜などの食材はもちろん、調理器具や食器類もすべて用意してもらえるので、手ぶらで気軽にバーベキューを楽しめます。

施設をおトクに使える「大湯えんがわ倶楽部」

「大湯えんがわ倶楽部」に会員登録すると、ショップやレストランの利用時にポイントがたまるほか、調理室や研修室を備えた「大湯えんがわラボ」を2時間無料で利用できます。

「道の駅おおゆ」について詳しくはこちら

関連する投稿


にかほ |「TDK歴史みらい館」驚きの連続!最新技術を遊んで体感しよう

にかほ |「TDK歴史みらい館」驚きの連続!最新技術を遊んで体感しよう

秋田県にかほ市にある「TDK歴史みらい館」は、電子部品メーカー・TDKの歴史や技術を紹介するミュージアム。企業の施設と聞くと難しそうなイメージがあるかもしれませんが、電化製品の内部展示やデジタル技術を駆使したシアターがあるなど、館内には楽しい仕掛けがいっぱい!さらには入場料無料と、親子のおでかけにぴったりなんですよ。


秋田 |「クアドーム ザ・ブーン」常夏リゾートでプールと温泉を楽しむ

秋田 |「クアドーム ザ・ブーン」常夏リゾートでプールと温泉を楽しむ

秋田県秋田市にある「クアドーム ザ・ブーン」は、プールと温泉が一年中楽しめるスパ施設。スリル満点のウォータースライダーや幼児向けプールなど7種類のプールがあり、のびのび遊べると大人気です。屋内なので天候を気にせず過ごせるのも、ファミリーのおでかけにぴったりですね。


湯沢 |「佐藤養助総本店」で稲庭うどんを食べる、知る、つくる!

湯沢 |「佐藤養助総本店」で稲庭うどんを食べる、知る、つくる!

そのつやつや輝く麺を一口すすると、なめらかなのどごしにうっとりする秋田名物・稲庭うどん。「佐藤養助総本店」は、伝統の製法を守り、職人が手作業で稲庭うどんをつくり続ける創業150有余年の老舗。おいしい稲庭うどんを味わえるだけでなく、製造工程の見学や、手づくり体験にもチャレンジできるのが魅力です。


秋田 |「なかいちウィンターパーク2018-2019」秋田県内の冬イベントが大集合!

秋田 |「なかいちウィンターパーク2018-2019」秋田県内の冬イベントが大集合!

秋田県秋田市で開催される「なかいちウィンターパーク2018-2019」は、イルミネーションや雪遊びなど、ファミリーで楽しめる体験が盛りだくさんの冬限定イベント。開催期間が長く内容も大充実と地元で評判なんですよ。今回は、そんな大人気イベントの最新情報を詳しくご紹介します。


能代 |「ときめきマルシェ」毎回替わるテーマが楽しみな話題のイベント

能代 |「ときめきマルシェ」毎回替わるテーマが楽しみな話題のイベント

秋田県能代市といえば、全国屈指のバスケットボールの強豪校があることで知られる街。そんな能代市内中心部の上町通りで行なわれるイベント「ときめきマルシェ」が、いま地元で注目を集めています。毎回工夫が凝らされたテーマに沿ってさまざまな店が出店し、能代の新たな魅力に出会えると人気なんですよ。


最新の投稿


にかほ |「TDK歴史みらい館」驚きの連続!最新技術を遊んで体感しよう

にかほ |「TDK歴史みらい館」驚きの連続!最新技術を遊んで体感しよう

秋田県にかほ市にある「TDK歴史みらい館」は、電子部品メーカー・TDKの歴史や技術を紹介するミュージアム。企業の施設と聞くと難しそうなイメージがあるかもしれませんが、電化製品の内部展示やデジタル技術を駆使したシアターがあるなど、館内には楽しい仕掛けがいっぱい!さらには入場料無料と、親子のおでかけにぴったりなんですよ。


八幡平 |「岩手県 県民の森」で大自然と木にふれあいながら1日中遊ぼう!

八幡平 |「岩手県 県民の森」で大自然と木にふれあいながら1日中遊ぼう!

十和田八幡平国立公園内、標高2,038メートルの岩手山の北麓に広がる「岩手県 県民の森」は、360ヘクタールもの広大な森林公園。森のなかで自然観察や散策が楽しめるのはもちろん、屋内施設もあり、大型遊具「ぼくらの秘密基地」で遊んだり、木を使った工作にも気軽にチャレンジしたりできるわくわくのスポットです。


川崎 |「HASEKURA カカオ亭」廃校をリノベーションした施設のカフェレストランでカカオグルメを堪能!

川崎 |「HASEKURA カカオ亭」廃校をリノベーションした施設のカフェレストランでカカオグルメを堪能!

宮城県南部に位置する川崎町に、廃校となった旧支倉小学校をリノベーションし、「イーレ!はせくら王国」として生まれ変わった観光交流施設があります。施設内のカフェレストラン「HASEKURA カカオ亭」では、カカオを使った多彩なメニューが味わえると話題です。


郡山市|「仁井田本家」酒蔵なのにスイーツ?! 自然酒造りが自慢の酒蔵が手がける「糀スイーツ」

郡山市|「仁井田本家」酒蔵なのにスイーツ?! 自然酒造りが自慢の酒蔵が手がける「糀スイーツ」

創業300年超の歴史を誇り、自然米・純米・自然派酒母すべて100%の日本酒の醸造、販売をしている「仁井田本家」。ここ数年、日本酒造りと並行して力を入れているのが、発酵食品の開発や製造で、無肥料・無農薬栽培の自然米だけでつくった「糀」のスイーツが人気を呼んでいます。


村上 |「城下町村上 町屋の人形さま巡り」町屋に伝わる貴重なひな人形を見に行きましょう

村上 |「城下町村上 町屋の人形さま巡り」町屋に伝わる貴重なひな人形を見に行きましょう

日本海に面した「北限の茶どころ」である村上市では、毎年3月1日~4月3日まで「城下町村上 町屋の人形さま巡り」が行われています。村上市は江戸時代、村上藩の城下町として栄えた街で、旧町人町一帯には今も情緒あふれる古い町並みや町屋が残っています。村上市内の町屋を訪ね、各家庭に代々受け継がれながら大切に保管されてきた「人形さま」を見に行きませんか。