十和田 |【ななび連載:十和田編vol.2】四季折々の風情が詰まったイベント4選

十和田 |【ななび連載:十和田編vol.2】四季折々の風情が詰まったイベント4選

十和田市には、桜・新緑・紅葉・雪…と、自然風景の美しさを感じながら、大人数でわいわいしたくなるような毎年恒例のイベントがたくさん。今回は、家族、友達、カップルで訪れたくなる魅力をたっぷりご紹介します!


春:「十和田市春まつり」現代アートと伝統文化の組み合わせに魅了される

写真提供:十和田市

写真提供:十和田市

毎年4月20日~5月5日に行なわれる「十和田市春まつり」。
十和田市官庁街通りは約1.1キロメートルにわたって156本の桜と165本の松の木が立ち並ぶ、十和田市屈指の桜の名所です。日没からはライトアップも行なわれるため、より幻想的な桜を見ることができます。

写真提供:十和田市

写真提供:十和田市

期間中はフリーマーケットやステージイベントなどさまざまな催し物も行なわれています。
さらに露店名物の「とわだのたこやき」は、ベビーカステラのような見た目とフワフワの食感。十和田市の露店でしか味わえないオススメのグルメです。

写真提供:十和田市

また、日本でも唯一の女性騎士たちによる「桜流鏑馬(さくらやぶさめ)」も見どころ。
華やかな衣装を身にまとい、さっそうと駆け抜けながら的を撃つ姿は、迫力満点です。

「桜流鏑馬」は、こちらの記事で詳しくご紹介中です!

夏:「十和田市夏まつり花火大会」青森県内唯一の“まちなか花火”に想いをはせる

写真提供:十和田市

毎年8月14日に開催される「十和田市夏まつり花火大会」は、青森県内唯一、まちなかで行われる花火大会で最大規模を誇ります。

打ち上げられる約3,000発の花火は、まちなかに飾られているアート作品越しに見ることができ、ここだけのオシャレなショットを撮影できますよ。

写真提供:十和田市

また、歩行者天国となる官庁街通りの一部では、お祭りには欠かせない屋台もずらり。

花火との距離が近いため、打ち上げ場所周辺は交通規制がされますが、近くまで車で入ることができます。駐車場も多数確保されていて、無料もしくは1回200円程度とリーズナブルなため、アクセスも便利ですね。

秋:「十和田市秋まつり」豪華絢爛な山車と勇壮な囃子に圧倒される

写真提供:十和田市

2019年9月6日(金)~9月8日(日)の3日間開催される「十和田市秋まつり」。
三本木大通りや官庁街通りを中心に、豪華絢爛な山車や囃子の演奏が運行を盛り上げる、十和田市最大級のイベントです。

人形や花飾りなどで美しく飾り付けられた山車が、太鼓、笛、手ぶりがねなどの囃子とともに運行します。

写真提供:十和田市

お祭りの特徴は、山車とは別に存在する“太鼓車(たいこしゃ)”。太鼓車が向かい合って、打ち合いで威勢のよさを競う「ケンカ太鼓」は、迫力満点です。

写真提供:十和田市

山車・太鼓車の運行以外にも、十和田囃子競演会やキッズパフォーマンスなどもめじろ押し。夜には山車のライトアップも行なわれるため、日中とは違う幻想的な雰囲気を味わうこともできますよ。

冬:「十和田湖冬物語」大人も子どもも雪と光のファンタジーに心躍る

毎年2月に十和田湖畔休屋特設会場で開催される「十和田湖冬物語」。およそ1ヶ月にわたって行なわれ、青森県内外から約23万人が訪れる、冬の一大イベントです。

親子でそり遊びができる大型雪像滑り台や、大人も大興奮のスノーバナナボートなど、身体を動かして雪を体感するアクティビティが人気!イベント期間中の17:00~はライトアップされ、華やかでフォトジェニックな雰囲気が漂いますよ。

写真提供:十和田市

また、メインイベントともいえるのが、毎日行なわれる「冬花火」。十和田湖冬物語のテーマソングに乗せて打ち上げられる花火は、歓声が上がるほどの迫力とロマンチックさを同時に堪能できます。

さらに、さまざまな飲食店が立ち並ぶ「ゆきあかり横丁」や、ホットワインの販売など、冷えた身体に染み渡るあったかグルメも味わえますよ。

「十和田湖冬物語」は、こちらの記事で詳しくご紹介中です!

古くからの伝統文化や自然を、現代のテイストと掛け合わせることでより魅力的に感じられる、十和田市のイベントの数々。季節ならではの雰囲気や高揚感を味わいに、おでかけしてみてはいかがですか?

ステキな思い出づくりのためにも知っておきたい!ななびチェック!

渾身の1枚でコンテストに応募!

毎年、十和田市の魅力を伝える「十和田市写真コンテスト」を開催しています。自分で撮った1枚が、観光紹介のポスターなどに使われるかもしれませんよ。

お祭り終了後の清掃ボランティアの募集も

夏まつり花火大会、秋まつり終了後の翌朝は、会場周辺のゴミ拾いに参加してくださるボランティアの方を募集しています。華やかなまつりの後は、みんなで街をきれいにしませんか?

屋外イベントは服装にも注意

寒冷地である十和田市ですが、特に真冬の十和田湖は冷え込みが厳しいため、防寒対策はもちろん、滑り止めの靴など転倒防止も心がけてくださいね。

「十和田市春まつり」について詳しくはこちら(十和田市サイト) ※2018年度版
「十和田市夏まつり」について詳しくはこちら(十和田市サイト) ※2018年度版
「十和田市秋まつり」について詳しくはこちら(十和田市サイト) ※2018年度版
「十和田湖冬物語」について詳しくはこちら(十和田湖国立公園協会)
「十和田湖冬物語」の公式Facebookはこちら

関連する投稿




八戸 |「八戸公園」あれもこれも遊びたい!いろんなテーマパークがひとつになった魅力たっぷりの総合公園

八戸 |「八戸公園」あれもこれも遊びたい!いろんなテーマパークがひとつになった魅力たっぷりの総合公園

青森県八戸市にある「八戸公園」は、遊園地、植物園、動物ゾーンなどからなる総合公園です。広大な芝生の広場や室内遊具、製作体験なども用意されていて、小さいお子さん連れや家族などで賑わいます。今回は、家族みんなでたっぷり遊べる公園の魅力をご紹介します!


弘前 |「佐藤製菓」昔ながらの手づくりお菓子でくじ引き!楽しくておいしい、地元に愛され続ける “津軽当物駄菓子”

弘前 |「佐藤製菓」昔ながらの手づくりお菓子でくじ引き!楽しくておいしい、地元に愛され続ける “津軽当物駄菓子”

青森県弘前市にある「佐藤製菓」は、「津軽当物駄菓子」と呼ばれるくじ付きお菓子を手づくりで製造・販売している製菓店です。今回は、大人も夢中になる当物駄菓子の魅力と、どんなお菓子を販売しているのかまで、たっぷりご紹介します!


十和田 |【ななび連載:十和田編vol.4】おみやげにもオススメ!十和田の人気スイーツ店3選

十和田 |【ななび連載:十和田編vol.4】おみやげにもオススメ!十和田の人気スイーツ店3選

十和田市内は、青森県産食材を使用したスイーツをはじめとする、独特のセンスがあふれるスイーツの宝庫です。今回は数ある店舖のなかから、昔ながらのおまんじゅうやブッセ、ケーキなどを販売するよりすぐりのスイーツ店を3店舗ご紹介します。十和田市を訪れるなら、ぜひ寄り道して味わってみてくださいね。


最新の投稿


郡山市 |「AMEKAZE」“ローカル”に特化した食のセレクトショップ

郡山市 |「AMEKAZE」“ローカル”に特化した食のセレクトショップ

黒を基調としたシンプルなたたずまいが特徴的な、グローサリーマーケット「AMEKAZE」。カーショップのようなスタイリッシュな外観ですが、店内には地元の名産物をはじめ、各地のおいしいものがずらりと勢ぞろい。おみやげやプレゼント選びにもピッタリなお店です。


蔵王 |【ななび連載:蔵王編vol.3】遠刈田温泉で探すほっこりアイテム&手づくり体験

蔵王 |【ななび連載:蔵王編vol.3】遠刈田温泉で探すほっこりアイテム&手づくり体験

蔵王町の人気スポットのひとつといえば、開湯約400年の歴史をもつ遠刈田温泉。温泉街はこぢんまりとしていますが、見どころがたくさんあって散策にぴったり。ステキなアイテムがそろう陶芸工房やギャラリーショップも点在しているので、作家ものの器をおみやげにしたり、絵付け体験でオリジナルアイテムをつくったりするのもオススメです。


鶴岡 |「フルーツショップ青森屋」こぼれんばかりのフルーツにびっくり!ぜいたくなタルト&ケーキを味わおう

鶴岡 |「フルーツショップ青森屋」こぼれんばかりのフルーツにびっくり!ぜいたくなタルト&ケーキを味わおう

山形県といえば、日本屈指のフルーツ王国。鶴岡市にある「フルーツショップ青森屋」は、地元をはじめ全国各地から仕入れたよりすぐりのフルーツを扱う青果店です。店内にはカフェスペースも併設し、青果店ならではの新鮮なフルーツをたっぷり使ったタルトやケーキが大人気。遊び心あふれる空間にも注目してみてくださいね。


松島 |「ザ・ミュージアム MATSUSHIMA」3つのコレクションの魅力を一度に楽しめる博物館

松島 |「ザ・ミュージアム MATSUSHIMA」3つのコレクションの魅力を一度に楽しめる博物館

日本三景のひとつ、宮城県の松島にある「ザ・ミュージアム MATSUSHIMA」は、レトロなおもちゃ・モードファッション・オルゴールの3つのコレクションをひとつの施設で観ることができるミュージアムです。普段はなかなかお目にかかれない貴重なコレクションをたくさん展示しているので、じっくり鑑賞を楽しみましょう。


蔵王 |【ななび連載:蔵王編vol.2】家族みんなが大満足の蔵王グルメを満喫

蔵王 |【ななび連載:蔵王編vol.2】家族みんなが大満足の蔵王グルメを満喫

自然豊かな蔵王町には、大地の恵みがギュッと詰まったおいしい農産物がいっぱい!また、近隣の市町村も農業が盛んだったり、ブランド豚を飼育していたりすることから、フレッシュな食材でつくる料理自慢のお店がたくさんあります。今回はそんな蔵王町のお店のなかから、お子さんの大好物がそろう人気の3店をご紹介します。