藤崎 |「なべワン-グランプリin停車場通り」体も心もホットに!あったかお鍋No.1決定戦!

藤崎 |「なべワン-グランプリin停車場通り」体も心もホットに!あったかお鍋No.1決定戦!

青森県藤崎町で毎年2月に行われるホットなイベント「なべワン-グランプリin停車場通り」。参加店が趣向を凝らした鍋料理を販売し、お客さんに投票してもらうイベントです。寒空の下で食べるあたたかいお鍋のおいしさは格別!今回は、メインイベントだけでなく、2019年大会だけの見逃せないポイントまでたっぷりご紹介します!


自分の1票で、お気に入りのお鍋をグランプリへ!

厳冬期の恒例イベントとなった「なべワン-グランプリin停車場通り」。町内の活性化を目的として開催され、2019年で10回目を迎えます。

主催者となる“藤崎停車場通りけやぐ組”は、町内でお店を経営している方や農家の方、会社員の方など14名が参加する団体。イベントで振る舞いに使われる食材に、けやぐ組のみなさんが栽培したものを使用するなど、いろいろな方面から町おこしに取り組んでいます。

そんな町おこしのひとつでもあるなべワン-グランプリは、藤崎町内に住む企業や団体の方が趣向を凝らした鍋料理をつくって販売し、お鍋を食べたお客さんの投票によってグランプリを決めるイベントです。

食べ終わったら割りばしを投票箱に入れ、票数が多く最も投票箱が重かった店舗が見事グランプリに。自分が選んだお鍋は何位になるか、ドキドキしてしまいますね。

冷えた体に染み渡る。ここだけの絶品お鍋に舌鼓

会場では、一律300円に設定されたお鍋を毎年10店舗ほどが販売します。
地元食材を使用するという条件のもと、ベースの味が味噌、チゲ、カレー、ミルク風などバラエティ豊かなメニューを展開。

過去には、「あたまのよくなる?なべ」や「宇宙人なべ」といったネーミングが気になるお鍋や、チーズやキムチなど好きなトッピングができるお鍋、「大安餅鍋」という餅入りたい焼きと栗がおしるこに入ったあまーい“お鍋…?”も登場するなど、はじめての味わいを気軽に楽しめるのも魅力です。

各店舗のほか6店の露店販売では、ラーメン・ピザ・惣菜・農産品・衣料品なども販売しているので、一緒にショッピングも楽しんでみてくださいね。

特別参加のお鍋が会場をさらに熱くする!

第10回の記念大会となる2019年開催は、例年より多い14店舗が参加。
生鮮食品店、お菓子屋さん、ごはん屋さんなど飲食関連のお店だけでなく、地元商工会、農業団体、漁業組合、社会福祉団体、ねぷた愛好会などさまざまな団体が出店します。

なかでも目玉は、10回大会を記念して結成された「藤小創作鍋プロジェクトチーム」。藤崎小学校の児童・保護者・地域住民の皆さんで、「ふじっこ鍋」と銘打って創作鍋を販売します。

また、友情出店の「黒石こみせ通り商店振興組合」は「いわしつみれ鍋」を販売、会場を盛り上げます。投票対象外ではありますが、どのような食材や味付けで販売されるのかわくわくしますね。

年代問わず楽しめる催し物もたくさん

なべワン-グランプリの会場では、なべワン-グランプリイメージキャラクター・お鍋御前を中心としたキャラクターショーなど、賑やかな催しが繰り広げられます。

さらに記念大会の特別企画として「ツル多はげます会」による、吸盤綱引きも披露。ツルツルの頭やおでこにひも付きの吸盤をつけて引っ張り合うユニークな催し物です。参加者を募る予定なので一緒に盛り上がりましょう!

また、つきたての振る舞い餅つきや、10メートル前後のロールケーキやサンドウィッチなどを、お客さんの息を合わせてつくりあげる達成感たっぷりの振る舞いも。

さらに毎年恒例の大抽選会は、景品ゲットのチャンス!鍋出店や露店販売などでお買い物をすると“抽選引換券”が発行されるので、3枚集めて本部で“抽選券”と交換して参加しましょう。イベントの最後に行われるため、閉幕まで目が離せませんよ。

毎年大盛況のなべワン-グランプリ。例年とは異なる内容も盛りだくさんなので、食べて遊んで、体も心もあたたまってみませんか?

「なべワン-グランプリin停車場通り」を満喫するために!ななびチェック!

車でのアクセスも可能

会場周辺には駐車場も用意されるため、車でのアクセスも安心。駅前開催なので電車でのアクセスも便利です。

交通規制の場所と時間はあらかじめチェックを!

車でのアクセスも可能ですが、当日は歩行者天国となるため、一部交通規制が入ります。会場となる藤崎駅通りは9:00~15:00まで車輌通行止めとなるのでご注意ください。

お食事用にテントも用意

会場内にはテントを立てて飲食スペースを設けています。テーブルとイスが用意されているので、小さいお子さん連れの方もゆっくりお鍋が味わえますよ。

「なべワン-グランプリin停車場通り」について詳しくはこちら

関連する投稿


黒石 |「松の湯交流館」銭湯を活用した交流拠点で、心あたたまるひとときを過ごそう

黒石 |「松の湯交流館」銭湯を活用した交流拠点で、心あたたまるひとときを過ごそう

青森県黒石市の「松の湯交流館」は、こみせと呼ばれるアーケード状の通路がまとまって残る、全国的にもめずらしい通りに位置する多目的交流施設です。今回は、観光客向けの案内所や、市民の憩いの場として親しまれている「松の湯交流館」の魅力をご紹介します。


五所川原 |「ストーブ列車」冬の奥津軽で感じる、ぬくもりと情緒あふれる列車旅

五所川原 |「ストーブ列車」冬の奥津軽で感じる、ぬくもりと情緒あふれる列車旅

青森県五所川原市の津軽鉄道によって、冬季限定で運行されている「ストーブ列車」。ダルマストーブが設置された昭和レトロな列車からは、どこまでも広がる雪景色を眺めることができます。あたたかい車内でゆったり過ごしたり、観光スポットにたち寄ったりしながら、ストーブ列車の旅を満喫しませんか?


三戸町 |「三戸名物元祖まける日」380年以上の歴史を誇る、大興奮の“お得”を満喫しよう!

三戸町 |「三戸名物元祖まける日」380年以上の歴史を誇る、大興奮の“お得”を満喫しよう!

青森県の南端に位置する三戸町は、縄文遺跡やさまざまな寺社や文化財が立ち並ぶ、歴史遺産があふれる町。近年では絵本のキャラクター「11ぴきのねこ」の街としても知られ、若い世代からも人気を集めています。今回はそんな三戸町で380年以上受け継がれている伝統行事「三戸名物元祖まける日」をご紹介します!


青森 |【ななび連載:青森編vol.4】ご褒美にもおみやげにも映えるスイーツ店3選

青森 |【ななび連載:青森編vol.4】ご褒美にもおみやげにも映えるスイーツ店3選

青森市には、青森県産の豊富なフルーツや新鮮な卵を使用した自家製スイーツを販売しているお店がたくさんあります。今回はそのなかでも、オススメのスイーツ店を3店舗ご紹介。素材へのこだわりだけではなく見た目も華やかなスイーツを味わってみませんか。


青森 |【ななび連載:青森編vol.3】ひとくち食べたらクセになるラーメン店

青森 |【ななび連載:青森編vol.3】ひとくち食べたらクセになるラーメン店

青森県青森市は100店舗以上のラーメン店が軒を連ねる激戦区!その8割以上が昔ながらの中華そばのお店で、煮干しだしをベースにしたラーメンが多く扱われています。今回は、青森県民が愛してやまない煮干しだしラーメンと、1度は食べてほしい青森のソウルフード「味噌カレー牛乳ラーメン」が食べられる2店舗をご紹介します。


最新の投稿


黒石 |「松の湯交流館」銭湯を活用した交流拠点で、心あたたまるひとときを過ごそう

黒石 |「松の湯交流館」銭湯を活用した交流拠点で、心あたたまるひとときを過ごそう

青森県黒石市の「松の湯交流館」は、こみせと呼ばれるアーケード状の通路がまとまって残る、全国的にもめずらしい通りに位置する多目的交流施設です。今回は、観光客向けの案内所や、市民の憩いの場として親しまれている「松の湯交流館」の魅力をご紹介します。


猪苗代 |「野口英世記念館」遊んで学べる体験型ミュージアム

猪苗代 |「野口英世記念館」遊んで学べる体験型ミュージアム

福島県猪苗代町出身の偉人といえば、現行の1,000円札の肖像画でもおなじみの野口英世。細菌学者として世界中でさまざまな業績を残した人物です。猪苗代町には、その生家を保存してたてられた「野口英世記念館」があり、ノーベル賞候補になった野口英世の生涯とその業績をわかりやすく紹介しています。


新潟 |「秋葉硝子」吹きガラスの魅力を伝えるガラス工房

新潟 |「秋葉硝子」吹きガラスの魅力を伝えるガラス工房

新潟市街から車で30分ほどの場所にある秋葉区新津地域。かつてこの地域ではガラス工業が盛んで、10数社の工場があったそう。現在は「秋葉硝子」の1社のみとなりましたが、美しい吹きガラスの魅力を伝えています。大量生産ではなく、手づくりのガラス作品が醸しだす風合いは、多くの人を魅了しています。


山形 |「シベールファクトリーパーク」ショッピングとラスク工場の見学を楽しもう

山形 |「シベールファクトリーパーク」ショッピングとラスク工場の見学を楽しもう

山形県山形市の「シベールファクトリーパーク」は、洋菓子店「シベール」のショップやラスク工場がたつスイーツのテーマパーク。ラスクやケーキ、パンなどが盛りだくさんにそろうショップでのお買いものや、ラスク工場の見学を満喫できます。カフェを併設していて、ファミリーでゆっくり過ごすのにオススメのスポットです。


由利本荘 |「鳥海山 木のおもちゃ美術館」美しい廃校を利用したおもちゃの世界

由利本荘 |「鳥海山 木のおもちゃ美術館」美しい廃校を利用したおもちゃの世界

標高2,236メートルの鳥海山の自然に恵まれた、秋田県由利本荘市にある「鳥海山 木のおもちゃ美術館」。国登録有形文化財の廃校を利用した館内では、由利本荘産の木材のおもちゃで遊びながら、木の魅力と文化にふれることができます。赤ちゃんからお年寄りまで多世代で楽しめるとあって、2018年のオープン以来人気を集めています。