藤崎 |「なべワン-グランプリin停車場通り」体も心もホットに!あったかお鍋No.1決定戦!

藤崎 |「なべワン-グランプリin停車場通り」体も心もホットに!あったかお鍋No.1決定戦!

青森県藤崎町で毎年2月に行われるホットなイベント「なべワン-グランプリin停車場通り」。参加店が趣向を凝らした鍋料理を販売し、お客さんに投票してもらうイベントです。寒空の下で食べるあたたかいお鍋のおいしさは格別!今回は、メインイベントだけでなく、2019年大会だけの見逃せないポイントまでたっぷりご紹介します!


自分の1票で、お気に入りのお鍋をグランプリへ!

厳冬期の恒例イベントとなった「なべワン-グランプリin停車場通り」。町内の活性化を目的として開催され、2019年で10回目を迎えます。

主催者となる“藤崎停車場通りけやぐ組”は、町内でお店を経営している方や農家の方、会社員の方など14名が参加する団体。イベントで振る舞いに使われる食材に、けやぐ組のみなさんが栽培したものを使用するなど、いろいろな方面から町おこしに取り組んでいます。

そんな町おこしのひとつでもあるなべワン-グランプリは、藤崎町内に住む企業や団体の方が趣向を凝らした鍋料理をつくって販売し、お鍋を食べたお客さんの投票によってグランプリを決めるイベントです。

食べ終わったら割りばしを投票箱に入れ、票数が多く最も投票箱が重かった店舗が見事グランプリに。自分が選んだお鍋は何位になるか、ドキドキしてしまいますね。

冷えた体に染み渡る。ここだけの絶品お鍋に舌鼓

会場では、一律300円に設定されたお鍋を毎年10店舗ほどが販売します。
地元食材を使用するという条件のもと、ベースの味が味噌、チゲ、カレー、ミルク風などバラエティ豊かなメニューを展開。

過去には、「あたまのよくなる?なべ」や「宇宙人なべ」といったネーミングが気になるお鍋や、チーズやキムチなど好きなトッピングができるお鍋、「大安餅鍋」という餅入りたい焼きと栗がおしるこに入ったあまーい“お鍋…?”も登場するなど、はじめての味わいを気軽に楽しめるのも魅力です。

各店舗のほか6店の露店販売では、ラーメン・ピザ・惣菜・農産品・衣料品なども販売しているので、一緒にショッピングも楽しんでみてくださいね。

特別参加のお鍋が会場をさらに熱くする!

第10回の記念大会となる2019年開催は、例年より多い14店舗が参加。
生鮮食品店、お菓子屋さん、ごはん屋さんなど飲食関連のお店だけでなく、地元商工会、農業団体、漁業組合、社会福祉団体、ねぷた愛好会などさまざまな団体が出店します。

なかでも目玉は、10回大会を記念して結成された「藤小創作鍋プロジェクトチーム」。藤崎小学校の児童・保護者・地域住民の皆さんで、「ふじっこ鍋」と銘打って創作鍋を販売します。

また、友情出店の「黒石こみせ通り商店振興組合」は「いわしつみれ鍋」を販売、会場を盛り上げます。投票対象外ではありますが、どのような食材や味付けで販売されるのかわくわくしますね。

年代問わず楽しめる催し物もたくさん

なべワン-グランプリの会場では、なべワン-グランプリイメージキャラクター・お鍋御前を中心としたキャラクターショーなど、賑やかな催しが繰り広げられます。

さらに記念大会の特別企画として「ツル多はげます会」による、吸盤綱引きも披露。ツルツルの頭やおでこにひも付きの吸盤をつけて引っ張り合うユニークな催し物です。参加者を募る予定なので一緒に盛り上がりましょう!

また、つきたての振る舞い餅つきや、10メートル前後のロールケーキやサンドウィッチなどを、お客さんの息を合わせてつくりあげる達成感たっぷりの振る舞いも。

さらに毎年恒例の大抽選会は、景品ゲットのチャンス!鍋出店や露店販売などでお買い物をすると“抽選引換券”が発行されるので、3枚集めて本部で“抽選券”と交換して参加しましょう。イベントの最後に行われるため、閉幕まで目が離せませんよ。

毎年大盛況のなべワン-グランプリ。例年とは異なる内容も盛りだくさんなので、食べて遊んで、体も心もあたたまってみませんか?

「なべワン-グランプリin停車場通り」を満喫するために!ななびチェック!

車でのアクセスも可能

会場周辺には駐車場も用意されるため、車でのアクセスも安心。駅前開催なので電車でのアクセスも便利です。

交通規制の場所と時間はあらかじめチェックを!

車でのアクセスも可能ですが、当日は歩行者天国となるため、一部交通規制が入ります。会場となる藤崎駅通りは9:00~15:00まで車輌通行止めとなるのでご注意ください。

お食事用にテントも用意

会場内にはテントを立てて飲食スペースを設けています。テーブルとイスが用意されているので、小さいお子さん連れの方もゆっくりお鍋が味わえますよ。

「なべワン-グランプリin停車場通り」について詳しくはこちら

関連する投稿




八戸 |「八戸公園」あれもこれも遊びたい!いろんなテーマパークがひとつになった魅力たっぷりの総合公園

八戸 |「八戸公園」あれもこれも遊びたい!いろんなテーマパークがひとつになった魅力たっぷりの総合公園

青森県八戸市にある「八戸公園」は、遊園地、植物園、動物ゾーンなどからなる総合公園です。広大な芝生の広場や室内遊具、製作体験なども用意されていて、小さいお子さん連れや家族などで賑わいます。今回は、家族みんなでたっぷり遊べる公園の魅力をご紹介します!


弘前 |「佐藤製菓」昔ながらの手づくりお菓子でくじ引き!楽しくておいしい、地元に愛され続ける “津軽当物駄菓子”

弘前 |「佐藤製菓」昔ながらの手づくりお菓子でくじ引き!楽しくておいしい、地元に愛され続ける “津軽当物駄菓子”

青森県弘前市にある「佐藤製菓」は、「津軽当物駄菓子」と呼ばれるくじ付きお菓子を手づくりで製造・販売している製菓店です。今回は、大人も夢中になる当物駄菓子の魅力と、どんなお菓子を販売しているのかまで、たっぷりご紹介します!


十和田 |【ななび連載:十和田編vol.4】おみやげにもオススメ!十和田の人気スイーツ店3選

十和田 |【ななび連載:十和田編vol.4】おみやげにもオススメ!十和田の人気スイーツ店3選

十和田市内は、青森県産食材を使用したスイーツをはじめとする、独特のセンスがあふれるスイーツの宝庫です。今回は数ある店舖のなかから、昔ながらのおまんじゅうやブッセ、ケーキなどを販売するよりすぐりのスイーツ店を3店舗ご紹介します。十和田市を訪れるなら、ぜひ寄り道して味わってみてくださいね。


最新の投稿


郡山市 |「AMEKAZE」“ローカル”に特化した食のセレクトショップ

郡山市 |「AMEKAZE」“ローカル”に特化した食のセレクトショップ

黒を基調としたシンプルなたたずまいが特徴的な、グローサリーマーケット「AMEKAZE」。カーショップのようなスタイリッシュな外観ですが、店内には地元の名産物をはじめ、各地のおいしいものがずらりと勢ぞろい。おみやげやプレゼント選びにもピッタリなお店です。


蔵王 |【ななび連載:蔵王編vol.3】遠刈田温泉で探すほっこりアイテム&手づくり体験

蔵王 |【ななび連載:蔵王編vol.3】遠刈田温泉で探すほっこりアイテム&手づくり体験

蔵王町の人気スポットのひとつといえば、開湯約400年の歴史をもつ遠刈田温泉。温泉街はこぢんまりとしていますが、見どころがたくさんあって散策にぴったり。ステキなアイテムがそろう陶芸工房やギャラリーショップも点在しているので、作家ものの器をおみやげにしたり、絵付け体験でオリジナルアイテムをつくったりするのもオススメです。


鶴岡 |「フルーツショップ青森屋」こぼれんばかりのフルーツにびっくり!ぜいたくなタルト&ケーキを味わおう

鶴岡 |「フルーツショップ青森屋」こぼれんばかりのフルーツにびっくり!ぜいたくなタルト&ケーキを味わおう

山形県といえば、日本屈指のフルーツ王国。鶴岡市にある「フルーツショップ青森屋」は、地元をはじめ全国各地から仕入れたよりすぐりのフルーツを扱う青果店です。店内にはカフェスペースも併設し、青果店ならではの新鮮なフルーツをたっぷり使ったタルトやケーキが大人気。遊び心あふれる空間にも注目してみてくださいね。


松島 |「ザ・ミュージアム MATSUSHIMA」3つのコレクションの魅力を一度に楽しめる博物館

松島 |「ザ・ミュージアム MATSUSHIMA」3つのコレクションの魅力を一度に楽しめる博物館

日本三景のひとつ、宮城県の松島にある「ザ・ミュージアム MATSUSHIMA」は、レトロなおもちゃ・モードファッション・オルゴールの3つのコレクションをひとつの施設で観ることができるミュージアムです。普段はなかなかお目にかかれない貴重なコレクションをたくさん展示しているので、じっくり鑑賞を楽しみましょう。


蔵王 |【ななび連載:蔵王編vol.2】家族みんなが大満足の蔵王グルメを満喫

蔵王 |【ななび連載:蔵王編vol.2】家族みんなが大満足の蔵王グルメを満喫

自然豊かな蔵王町には、大地の恵みがギュッと詰まったおいしい農産物がいっぱい!また、近隣の市町村も農業が盛んだったり、ブランド豚を飼育していたりすることから、フレッシュな食材でつくる料理自慢のお店がたくさんあります。今回はそんな蔵王町のお店のなかから、お子さんの大好物がそろう人気の3店をご紹介します。