十和田 |【ななび連載:十和田編vol.1】十和田ってどんなところ?

十和田 |【ななび連載:十和田編vol.1】十和田ってどんなところ?

青森県の南部地方に位置する十和田市は、青森県の名所「八甲田山」「十和田湖」などに囲まれた自然豊かな街です。その景観の美しさから、青森県内外だけでなく海外からも多くの観光客が訪れるほど。近年は「アートによるまちづくり」をコンセプトとしていて、アート作品と街並みが融合した“アートの街”としても人気を博しています。


現代の要素を取り入れつつ、文化や自然も大切にしている十和田市は、古き良きものも随所に感じられる魅力的な街としても知られています。
今回は、四季の移り変わりが美しい十和田の絶景スポットを中心に、十和田を満喫するポイントをご紹介します!

長い年月が生み出した神秘的な湖「十和田湖」

写真提供:十和田市

青森県と秋田県にまたがる「十和田湖」は、約20万年前に起こった火山活動によってつくられた湖。最も深いところで326.8メートルと、日本で3番目の水深を誇る湖です。

初夏の青々とした新緑や、湖面の青のコントラストが眼前に広がる光景、晩秋の鮮やかな紅葉は、まさに絶景。さらに厳冬期に見られる、波しぶきが崖にあたってできた氷柱も迫力があります。

写真提供:十和田市

春から初冬にかけてはジェットボートでのアドベンチャークルーズ、冬はスノーシュートレッキングなど、自然のなかに身を置いて楽しめます。

写真提供:十和田市

近くには、おみやげ屋さんやお食事処も集まっていて、十和田湖関連グッズの購入や、淡白ながら脂の乗った「ヒメマス」のお刺身や塩焼きなど名物料理も味わえます。

地上からは見られない眺望を満喫できる「湖上遊覧船」

写真提供:十和田市

さらに豊かな自然を満喫するためにぜひ体験していただきたいのが「十和田湖遊覧船」です。

コースは2種類。ひとつは、十和田湖の“休屋(やすみや)”と奥入瀬渓流区間の“子ノ口(ねのくち)”を結ぶ、西湖・中湖・東湖を巡る片道コースで、もうひとつは“休屋”発着のおぐら中山半島を巡るコースです。いずれも約50分の船旅で、4月中旬~11月中旬の期間中は毎日運航しています。

車を停めた駐車場が近い乗り場を選んで乗ったりと、アクセスの便利さでコースを決めてもよさそうです。

写真提供:十和田市

写真提供:十和田市

間近で見る湖面の青さや、建造物に遮られることのないパノラマビューは、遊覧船に乗った方だけのお楽しみ。
展望デッキもあるので、おいしい空気とともに広大な景色を体感してみてくださいね。

写真提供:十和田市

さらに船内放送では十和田湖の歴史なども紹介しているので、より充実した船旅を過ごせそうですよ。
日常では味わえない大自然の美しさ。時間を忘れて癒やされてみてはいかがですか?

※荒天時や、晴天でも波が高いと欠航になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

ダイナミックかつ繊細な自然美に魅了される「奥入瀬渓流」

写真提供:十和田市

大いに自然を楽しみたいのなら、十和田湖東部の“子ノ口(ねのくち)”~“焼山(やけやま)”までを結ぶ約14キロメートルの渓流「奥入瀬渓流」へ。国の特別名勝であり天然記念物です。

渓流区間には、水の流れや滝を見るのにオススメのスポットがいくつもあります。
なかでも「阿修羅の流れ」は、メディアにも多く取り上げられる人気スポット。苔むした岩の間を、激しい流水音を立て、しぶきを上げながら流れる光景に目をうばわれます。

写真提供:十和田市

また、渓流内で最も大きい「銚子大滝」は、20メートルもの幅を流れ落ちるダイナミックさが見どころ。類を見ない水量の多さと豪快さに、圧倒されてしまうかもしれません。

写真提供:十和田市

さらに、撮影スポットとして大人気の「蔦沼」は、鏡のような水面に映る絶景も見もの。燃えるような紅葉や、満天の星、ホタルの光など圧巻の美しさが体感できますよ。

写真提供:十和田市

ほかにも、渓流区間内にはおみやげの購入やお食事ができる施設なども点在。ひと息つきながら、奥入瀬渓流をゆったりと楽しんでみてくださいね。

※奥入瀬渓流は特別保護地区のため、植物や石などを持ち帰ることは禁止されています。ご注意ください。

「奥入瀬渓流館」は、こちらの記事で詳しくご紹介中です!

ステキな思い出づくりに、こちらもセットで!ななびチェック!

「十和田湖」の魅力をじっくりと学べる施設も

十和田湖や奥入瀬渓流の自然の魅力を、映像や展示で紹介している「十和田ビジターセンター」もあります。お気に入りの場所について深く知るもよし、散策前の下調べにも重宝しそうです。

「奥入瀬渓流」レンタサイクルの利用で行動範囲も広く!

レンタサイクルを貸し出している施設もあるので、マイナスイオンをたっぷり浴びながら、スムーズに散策を楽しむこともできますよ。

「十和田湖遊覧船」のオリジナルグッズをゲット!

十和田湖遊覧船では、遊覧船からの景色を写したオリジナルジグソーパズルを販売しています。旅の記念はもちろん、おみやげやちょっとしたプレゼントにもオススメです。

「十和田湖」について詳しくはこちら
「奥入瀬渓流」について詳しくはこちら
「十和田湖遊覧船」について詳しくはこちら

関連する投稿




八戸 |「八戸公園」あれもこれも遊びたい!いろんなテーマパークがひとつになった魅力たっぷりの総合公園

八戸 |「八戸公園」あれもこれも遊びたい!いろんなテーマパークがひとつになった魅力たっぷりの総合公園

青森県八戸市にある「八戸公園」は、遊園地、植物園、動物ゾーンなどからなる総合公園です。広大な芝生の広場や室内遊具、製作体験なども用意されていて、小さいお子さん連れや家族などで賑わいます。今回は、家族みんなでたっぷり遊べる公園の魅力をご紹介します!


弘前 |「佐藤製菓」昔ながらの手づくりお菓子でくじ引き!楽しくておいしい、地元に愛され続ける “津軽当物駄菓子”

弘前 |「佐藤製菓」昔ながらの手づくりお菓子でくじ引き!楽しくておいしい、地元に愛され続ける “津軽当物駄菓子”

青森県弘前市にある「佐藤製菓」は、「津軽当物駄菓子」と呼ばれるくじ付きお菓子を手づくりで製造・販売している製菓店です。今回は、大人も夢中になる当物駄菓子の魅力と、どんなお菓子を販売しているのかまで、たっぷりご紹介します!


十和田 |【ななび連載:十和田編vol.4】おみやげにもオススメ!十和田の人気スイーツ店3選

十和田 |【ななび連載:十和田編vol.4】おみやげにもオススメ!十和田の人気スイーツ店3選

十和田市内は、青森県産食材を使用したスイーツをはじめとする、独特のセンスがあふれるスイーツの宝庫です。今回は数ある店舖のなかから、昔ながらのおまんじゅうやブッセ、ケーキなどを販売するよりすぐりのスイーツ店を3店舗ご紹介します。十和田市を訪れるなら、ぜひ寄り道して味わってみてくださいね。


最新の投稿


郡山市 |「AMEKAZE」“ローカル”に特化した食のセレクトショップ

郡山市 |「AMEKAZE」“ローカル”に特化した食のセレクトショップ

黒を基調としたシンプルなたたずまいが特徴的な、グローサリーマーケット「AMEKAZE」。カーショップのようなスタイリッシュな外観ですが、店内には地元の名産物をはじめ、各地のおいしいものがずらりと勢ぞろい。おみやげやプレゼント選びにもピッタリなお店です。


蔵王 |【ななび連載:蔵王編vol.3】遠刈田温泉で探すほっこりアイテム&手づくり体験

蔵王 |【ななび連載:蔵王編vol.3】遠刈田温泉で探すほっこりアイテム&手づくり体験

蔵王町の人気スポットのひとつといえば、開湯約400年の歴史をもつ遠刈田温泉。温泉街はこぢんまりとしていますが、見どころがたくさんあって散策にぴったり。ステキなアイテムがそろう陶芸工房やギャラリーショップも点在しているので、作家ものの器をおみやげにしたり、絵付け体験でオリジナルアイテムをつくったりするのもオススメです。


鶴岡 |「フルーツショップ青森屋」こぼれんばかりのフルーツにびっくり!ぜいたくなタルト&ケーキを味わおう

鶴岡 |「フルーツショップ青森屋」こぼれんばかりのフルーツにびっくり!ぜいたくなタルト&ケーキを味わおう

山形県といえば、日本屈指のフルーツ王国。鶴岡市にある「フルーツショップ青森屋」は、地元をはじめ全国各地から仕入れたよりすぐりのフルーツを扱う青果店です。店内にはカフェスペースも併設し、青果店ならではの新鮮なフルーツをたっぷり使ったタルトやケーキが大人気。遊び心あふれる空間にも注目してみてくださいね。


松島 |「ザ・ミュージアム MATSUSHIMA」3つのコレクションの魅力を一度に楽しめる博物館

松島 |「ザ・ミュージアム MATSUSHIMA」3つのコレクションの魅力を一度に楽しめる博物館

日本三景のひとつ、宮城県の松島にある「ザ・ミュージアム MATSUSHIMA」は、レトロなおもちゃ・モードファッション・オルゴールの3つのコレクションをひとつの施設で観ることができるミュージアムです。普段はなかなかお目にかかれない貴重なコレクションをたくさん展示しているので、じっくり鑑賞を楽しみましょう。


蔵王 |【ななび連載:蔵王編vol.2】家族みんなが大満足の蔵王グルメを満喫

蔵王 |【ななび連載:蔵王編vol.2】家族みんなが大満足の蔵王グルメを満喫

自然豊かな蔵王町には、大地の恵みがギュッと詰まったおいしい農産物がいっぱい!また、近隣の市町村も農業が盛んだったり、ブランド豚を飼育していたりすることから、フレッシュな食材でつくる料理自慢のお店がたくさんあります。今回はそんな蔵王町のお店のなかから、お子さんの大好物がそろう人気の3店をご紹介します。