秋田 |「クアドーム ザ・ブーン」常夏リゾートでプールと温泉を楽しむ

秋田 |「クアドーム ザ・ブーン」常夏リゾートでプールと温泉を楽しむ

秋田県秋田市にある「クアドーム ザ・ブーン」は、プールと温泉が一年中楽しめるスパ施設。スリル満点のウォータースライダーや幼児向けプールなど7種類のプールがあり、のびのび遊べると大人気です。屋内なので天候を気にせず過ごせるのも、ファミリーのおでかけにぴったりですね。


7つのプールがそろう、人気のスパ施設

秋田自動車道秋田中央ICから車で30分ほど。山々に囲まれた自然豊かなエリアに「クアドーム ザ・ブーン」はあります。

プールに温泉、グルメやショッピングなど、お子さんが楽しめるポイントが充実していて地元のファミリーに評判。入場料は大人510円、3歳~小学生以下は300円というリーズナブルさもよろこばれています。

お子さんに人気なのが、全天候型のドーム内にある「プール室」です。タイプの異なる6つの温水プールがあり、夏休み期間には屋外にもプールがオープン。 流れるプールやジャグジープールなど、合計7つのプールで遊ぶことができます。

ユニークなのは、プールに温泉水を利用していること。肌に刺激の少ない弱アルカリ性の温泉なので、小さなお子さんも安心です。

パパとママも大興奮のウォータースライダー

全長約77メートルのウォータースライダー「ファンタジーワープ」は、お子さんはもちろん、パパとママも夢中になってしまう人気のアトラクション。高低差約8メートルのスライダーを滑り降りるドキドキ感に、何度も挑戦するお子さんが多いのだとか。

プールをのんびり満喫したいときは「流れるプール」へ。ゆったりとした流れに身をまかせながら、ファミリーでおしゃべりを楽しむのもいいですね。

プールデビューのお子さんにオススメ!「ワンパクプール」

プールに入るのが初めてのお子さんは、「ワンパクプール」がオススメです。水深約50センチメートルと浅く、安心して水遊びができます。監視員がしっかり見守ってくれますが、パパとママもお子さんから常に目を離さないよう十分注意しましょう。

プールの後は温泉でぽかぽかに

プール遊びでママが気になることといえば、お子さんの体温の変化。プール室には水着で入れる露天風呂があるので、体が冷えてきたように感じたらぜひ利用してみてください。露天風呂が休止となる冬季や悪天候時は、館内の展望風呂に立ち寄りましょう。

ほかにも、無料の休憩室やお子さんの大好物がいっぱいのレストラン、おみやげを豊富に扱う物販コーナーなどがそろい、すべてをめぐれば1日があっという間に過ぎてしまいそう。次の休日には、お楽しみ満載のクアドーム ザ・ブーンへでかけてみてはいかがでしょうか。

「クアドーム ザ・ブーン」のファミリーにうれしいポイントをななびチェック!

ロッカーを2ヶ所に用意

ファミリーのおでかけは荷物が多くなりがち。クアドーム ザ・ブーンでは、更衣室に鍵付きロッカーがあるほか、フロント前にコイン返却式の貴重品用ロッカーを備えているので、置き場所を心配せずに過ごせます。

手ぶらでもOK!

物販コーナーでは浮き輪やゴーグルなどのプールグッズを販売。小さなお子さんのマストアイテム・水遊び用パンツも扱っています。

水着用脱水機を完備

更衣室には脱水機を設置しています。濡れた水着を持ち帰るわずらわしさがなくなるのは、ママにとってうれしいポイント。

「クアドーム ザ・ブーン」について詳しくはこちら

関連する投稿


三種 |「サンドクラフトinみたね」まるで砂の美術館!巨大な砂像が砂浜にずらり

三種 |「サンドクラフトinみたね」まるで砂の美術館!巨大な砂像が砂浜にずらり

秋田県北西部に位置し、日本海に面した三種町(みたねちょう)。秋田名物として知られる水草の一種「じゅんさい」の生産が古くから盛んで、国内生産量の約90%を占める日本一の産地です。この町で例年7月末に開催される「サンドクラフトinみたね」は、夏を盛り上げる名物イベント。砂でつくられた巨大な像の数々が、砂浜に勢ぞろいします。


湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.4】湯沢の三大温泉郷でゆったりのんびり

湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.4】湯沢の三大温泉郷でゆったりのんびり

“湯沢”という名前の通り、温泉が豊富な湯沢市。秋田県内最古といわれる「秋の宮温泉郷」をはじめ、渓谷沿いに宿が連なる「小安峡温泉」、泥水のように白濁した湯が特徴の「泥湯温泉」など、個性的な温泉地がそろいます。それぞれの温泉の近くには、噴気孔や泥火山などの見どころも点在。温泉と大自然をあわせて満喫しましょう。


羽後 |「道の駅 うご 端縫いの郷」イベントが充実!名物の西馬音内そばも味わえる道の駅

羽後 |「道の駅 うご 端縫いの郷」イベントが充実!名物の西馬音内そばも味わえる道の駅

秋田県羽後町にある「道の駅 うご 端縫いの郷」は、羽後の夏の風物詩「西馬音内盆踊り」で踊り手が着用する伝統的な衣装・端縫いにちなんで愛称が付けられた道の駅。週末にはフリーマーケットやグルメイベントを開催しています。名物の西馬音内そばをセルフ方式で味わえる食事処や、搾りたての生乳を使ったジェラートショップも人気です。


湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.3】ショッピングしながらくつろげるカフェ併設の雑貨店3選

湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.3】ショッピングしながらくつろげるカフェ併設の雑貨店3選

気になるカフェや雑貨店があっても、ファミリーでおでかけすると1日に何軒もめぐるのは難しいもの。スイーツを楽しみながらおしゃれなアイテム選びもできる、そんなお店はうれしいですよね。今回は、カフェのある雑貨店をご紹介。秋田県湯沢市の伝統工芸品やエキゾチックな雑貨など、旅行気分を盛り上げるお気に入りが見つかりますよ。


湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.2】稲庭の郷で味わう秋田名物・稲庭うどん

湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.2】稲庭の郷で味わう秋田名物・稲庭うどん

お子さんに人気のグルメのひとつ「うどん」!湯沢市稲庭町は、秋田名物として有名な「稲庭うどん」の発祥地。栗駒山系の山々と田園風景に囲まれたこの町は「稲庭の郷(さと)」と呼ばれ、20数軒のうどん製造工場が集まっています。なめらかでコシのある稲庭うどんを食べに、製造元の直営店を訪ねてみませんか?


最新の投稿


遠野 |「夢産直かみごう」で朝採り野菜とジェラート、五右衛門そばを!

遠野 |「夢産直かみごう」で朝採り野菜とジェラート、五右衛門そばを!

民話の里・岩手県遠野市と沿岸の街・釜石市を結ぶ国道340号線沿いにある「夢産直かみごう」は、地元の人たちに親しまれている産直施設。朝採りのフレッシュ野菜をはじめ、手づくりスイーツ、搾りたてのミルクを使ったジェラートが大人気です。辛いもの好きが多い土地柄という遠野のソウルフード「五右衛門そば」を味わえる食堂もあります。


郡山 |「開成マルシェ」生産者自慢の品が直接買えるマルシェにおでかけ

郡山 |「開成マルシェ」生産者自慢の品が直接買えるマルシェにおでかけ

毎年4月~11月の第4土曜と、12月第2土曜に「柏屋 開成柏屋」の中庭で開催される「開成マルシェ」。福島県内の生産者さんたちがおいしいものを持ち寄り、自慢の品々を直接購入できるマルシェの魅力をご紹介します。


三種 |「サンドクラフトinみたね」まるで砂の美術館!巨大な砂像が砂浜にずらり

三種 |「サンドクラフトinみたね」まるで砂の美術館!巨大な砂像が砂浜にずらり

秋田県北西部に位置し、日本海に面した三種町(みたねちょう)。秋田名物として知られる水草の一種「じゅんさい」の生産が古くから盛んで、国内生産量の約90%を占める日本一の産地です。この町で例年7月末に開催される「サンドクラフトinみたね」は、夏を盛り上げる名物イベント。砂でつくられた巨大な像の数々が、砂浜に勢ぞろいします。


十和田 |「手づくり村 鯉艸郷」趣あふれる花園で自然の魅力と癒やしを体感しよう

十和田 |「手づくり村 鯉艸郷」趣あふれる花園で自然の魅力と癒やしを体感しよう

“自然を感じながら食事や体験などができるフラワーガーデン”として整備されてきた「手づくり村 鯉艸郷」。1988年、村内に花菖蒲園を開園して以来、ルピナス園、芍薬園、山野草園を増設し、県内外から観光客が訪れる人気スポットに。今回は、自然の魅力はもちろん、体験メニューやお食事処といったポイントまでたっぷりとご紹介します!


湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.4】湯沢の三大温泉郷でゆったりのんびり

湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.4】湯沢の三大温泉郷でゆったりのんびり

“湯沢”という名前の通り、温泉が豊富な湯沢市。秋田県内最古といわれる「秋の宮温泉郷」をはじめ、渓谷沿いに宿が連なる「小安峡温泉」、泥水のように白濁した湯が特徴の「泥湯温泉」など、個性的な温泉地がそろいます。それぞれの温泉の近くには、噴気孔や泥火山などの見どころも点在。温泉と大自然をあわせて満喫しましょう。