西和賀 |「雪あかり in にしわが」町全体がろうそくの明かりに包まれる、心あたたまる冬イベント

西和賀 |「雪あかり in にしわが」町全体がろうそくの明かりに包まれる、心あたたまる冬イベント

岩手県の最西端にある西和賀町は、三方を山々に囲まれた小さな町。県内有数の豪雪地帯として知られ、例年2月に開催されるライトアップイベント「雪あかり in にしわが」は冬の風物詩となっています。当日は町内全域が会場となり、ろうそくを灯した雪像や雪灯籠があちこちに。白い雪とやわらかな明かりが街を包む、幻想的な光景が広がります。


「雪あかり in にしわが」ってどんなイベント?

年間の累積積雪量は約10メートル、1日の積雪量が1メートル近い日もあるほど、西和賀町は雪の多い町です。その豊富な雪を活かして町おこしをしようと1993年に始まったのが、「雪あかり in にしわが」。例年、積雪のピークを迎える2月上旬に開催されます。

27回目を迎える今シーズンは、2019年2月9日(土)に行なわれます。しんしんと雪が降り積もるのどかな町には、地元のみなさんが手作業でつくった雪像やかまくらなどの「雪あかり」がずらり。やわらかなろうそくの明かりに包まれた、心あたたまる風景に出会えます。

西和賀町は各地に温泉が湧く湯の町でもあり、町内を流れる和賀川に沿って11ヶ所もの温泉場が点在。昔ながらの湯治場風情を残す「湯川(ゆがわ)温泉」などの個性豊かな温泉がそろい、総称して「湯田温泉峡」と呼ばれています。

「雪あかり in にしわが」のメイン会場のひとつ「雪あかり広場」は、湯田温泉峡の玄関口であるJRほっとゆだ駅前に設けられます。駅舎はとんがり屋根のレトロな建物で、全国でも珍しい公衆浴場付きなんですよ。

町民たちが協力してつくった、たくさんの雪灯籠に注目

雪あかりは、地元の企業や団体などにより町内60ヶ所以上に設置されるほか、各家庭や路地にもつくられます。町全体が会場となるので、エリアはかなり広範囲。マップを事前にホームページからダウンロードするか、現地のインフォメーションでゲットして、どこをめぐるかプランを立てるのがオススメです。便利なバスツアーを利用するのもいいですね。

当日は17:20から、JRほっとゆだ駅前の「雪あかり広場」と、駅から車で約40分の場所にある沢内地区の会場の2ヶ所で点灯式が行なわれ、22:00頃まで明かりが灯されます。

町内の左草(さそう)地区から下前(したまえ)地区にかけて続く「あかりの小径」は、例年人気の見学スポット。道路脇の約2キロにわたって、約2メートルもの高さの雪あかりが連なります。当日は道路が一方通行になり、どの車もライトを消して徐行するので、幻想的な風景をゆっくりと楽しめますよ。

雪あかりは大きなものから小さなものまでさまざまで、どれも個性豊か。近付いて迫力を体感したり、写真を撮ったりと、思い思いに楽しみましょう。
2月の西和賀は日中の最高気温が0度に届かない日もあり、夜はさらに冷え込みます。寒さ対策は万全にしておでかけしてくださいね。

おいしい地元グルメの屋台や打ち上げ花火も見逃せない!

会場のひとつである西和賀町湯田地区では、協賛イベントとして「ゆだ雪まつり」が開催されます。さまざまな地元グルメが味わえる屋台村のほか、歌や伝統芸能を披露するステージ、縁起物の餅が配られる餅まきなど、お楽しみがたくさん!打ち上げ花火も行なわれ、澄み切った冬空の下で見る花火は、夏とはひと味違った感動がありそうです。

さらに、JRほっとゆだ駅前のメイン会場では、イベントの当日、雪あかりを自由につくれる体験も実施予定。参加費は無料ですが、先着30組(1組3~5名)で終了なので体験してみたい場合はおはやめに。

雪国ならではの幻想的な景色と多彩なイベントが楽しめる「雪あかり in にしわが」。風情あふれる一夜限りのイベントに、家族でおでかけしてみませんか。

「雪あかり in にしわが」を快適に楽しむ!ななびチェック!

便利なバスツアーが運行されます

雪道の運転が不安な場合は、周辺の駅を発着するバスツアーを利用しましょう。盛岡駅発着、北上駅発着、ほっとゆだ駅発着の3つのコースがあり、北上駅発着のツアーは夕食のお弁当も付きます。

マイカーを利用する場合は交通規制に注意

町内の一部エリアでは、道路の一方通行やヘッドライトの点灯禁止などの交通規制が行なわれます。現地の看板やスタッフの誘導に従い、注意して通行しましょう。

自慢の温泉で体の芯からポカポカに

西和賀町は温泉の町としても有名で、各地に温泉が湧いています。会場周辺には日帰り入浴ができる施設があるので、体を温めてからイベントに出かけるのもオススメ。もちろん宿泊で訪れるのもいいですね。

「雪あかり in にしわが」について詳しくはこちら

関連する投稿


遠野 |「夢産直かみごう」で朝採り野菜とジェラート、五右衛門そばを!

遠野 |「夢産直かみごう」で朝採り野菜とジェラート、五右衛門そばを!

民話の里・岩手県遠野市と沿岸の街・釜石市を結ぶ国道340号線沿いにある「夢産直かみごう」は、地元の人たちに親しまれている産直施設。朝採りのフレッシュ野菜をはじめ、手づくりスイーツ、搾りたてのミルクを使ったジェラートが大人気です。辛いもの好きが多い土地柄という遠野のソウルフード「五右衛門そば」を味わえる食堂もあります。


久慈 |「山根六郷水車市・水車まつり」郷土グルメをおなかいっぱい味わおう

久慈 |「山根六郷水車市・水車まつり」郷土グルメをおなかいっぱい味わおう

伝統行事や古い食文化が残る岩手県久慈市山根町。「山根六郷水車市」は地元を代表するイベントで、会場は地域のシンボルである水車が建つ「桂の水車広場」です。特産の雑穀を使っただんごや餅など、地元の味をたっぷり味わいましょう。11月開催の「水車まつり」では餅つき大会が行なわれ、つきたてのあわ餅が無料で振る舞われます。


紫波 |「紫波フルーツパーク」でぶどう畑に囲まれた食育体験を

紫波 |「紫波フルーツパーク」でぶどう畑に囲まれた食育体験を

岩手県盛岡市の南部に位置する紫波(しわ)町は、ぶどうやりんごなどフルーツの栽培が盛ん。そんな紫波町にある「紫波フルーツパーク」は、地元のぶどうを使ったワイナリーの見学や、食の手づくり体験などが楽しめる農業公園です。手づくり体験を通して、ファミリーで農業や食に親しんでみませんか?




最新の投稿


遠野 |「夢産直かみごう」で朝採り野菜とジェラート、五右衛門そばを!

遠野 |「夢産直かみごう」で朝採り野菜とジェラート、五右衛門そばを!

民話の里・岩手県遠野市と沿岸の街・釜石市を結ぶ国道340号線沿いにある「夢産直かみごう」は、地元の人たちに親しまれている産直施設。朝採りのフレッシュ野菜をはじめ、手づくりスイーツ、搾りたてのミルクを使ったジェラートが大人気です。辛いもの好きが多い土地柄という遠野のソウルフード「五右衛門そば」を味わえる食堂もあります。


郡山 |「開成マルシェ」生産者自慢の品が直接買えるマルシェにおでかけ

郡山 |「開成マルシェ」生産者自慢の品が直接買えるマルシェにおでかけ

毎年4月~11月の第4土曜と、12月第2土曜に「柏屋 開成柏屋」の中庭で開催される「開成マルシェ」。福島県内の生産者さんたちがおいしいものを持ち寄り、自慢の品々を直接購入できるマルシェの魅力をご紹介します。


三種 |「サンドクラフトinみたね」まるで砂の美術館!巨大な砂像が砂浜にずらり

三種 |「サンドクラフトinみたね」まるで砂の美術館!巨大な砂像が砂浜にずらり

秋田県北西部に位置し、日本海に面した三種町(みたねちょう)。秋田名物として知られる水草の一種「じゅんさい」の生産が古くから盛んで、国内生産量の約90%を占める日本一の産地です。この町で例年7月末に開催される「サンドクラフトinみたね」は、夏を盛り上げる名物イベント。砂でつくられた巨大な像の数々が、砂浜に勢ぞろいします。


十和田 |「手づくり村 鯉艸郷」趣あふれる花園で自然の魅力と癒やしを体感しよう

十和田 |「手づくり村 鯉艸郷」趣あふれる花園で自然の魅力と癒やしを体感しよう

“自然を感じながら食事や体験などができるフラワーガーデン”として整備されてきた「手づくり村 鯉艸郷」。1988年、村内に花菖蒲園を開園して以来、ルピナス園、芍薬園、山野草園を増設し、県内外から観光客が訪れる人気スポットに。今回は、自然の魅力はもちろん、体験メニューやお食事処といったポイントまでたっぷりとご紹介します!


湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.4】湯沢の三大温泉郷でゆったりのんびり

湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.4】湯沢の三大温泉郷でゆったりのんびり

“湯沢”という名前の通り、温泉が豊富な湯沢市。秋田県内最古といわれる「秋の宮温泉郷」をはじめ、渓谷沿いに宿が連なる「小安峡温泉」、泥水のように白濁した湯が特徴の「泥湯温泉」など、個性的な温泉地がそろいます。それぞれの温泉の近くには、噴気孔や泥火山などの見どころも点在。温泉と大自然をあわせて満喫しましょう。