仙台 |「伊達美味マーケット」「お薬師さんの手づくり市」「新寺こみち市」仙台市内のマルシェイベント

仙台 |「伊達美味マーケット」「お薬師さんの手づくり市」「新寺こみち市」仙台市内のマルシェイベント

政令指定都市になり2018年で30周年を迎えた仙台市は、中心部をはじめ近代化が進んでいます。そんな仙台市内では、生産者や地域の人とのつながりを大切にした昔ながらのお買い物ができるマルシェイベントが毎月開かれています。お店の人とやりとりをしながら、お得なショッピングを楽しみましょう。


地場食材や手づくり雑貨の店がアーケード内にずらり!「伊達美味マーケット」

仙台市中心部のアーケード・サンモール一番町商店街で、毎月第2・4火~金曜に開催される「伊達美味(だてうま)マーケット」。仙台市内をはじめ、東北各地から集まった地場食材の生産者や、手づくり作家のお店が所狭しと並びます。

陽の光が差し込むアーケード内で、つくり手の想いやこだわりがつまった品物を手に取り、実際に話を聞きながらじっくりとショッピングが楽しめます。ところどころにテーブルや椅子もあるので、たくさんお店を見て疲れたら、買った品物を食べながらひと休みするのもいいですね。

野菜や果物など、農産物の販売が多いのも伊達美味マーケットの特徴。生産者の顔が見えるので安心して品物を選べるうえ、オススメの調理法も教えてもらえます。
また、スーパーではお目にかかれないような珍しい野菜や果物に出会えることもあるので、毎月お店をのぞくのが楽しみになりますね。

お薬師さまのご縁のもとに手づくり雑貨や食べ物の店が集う「お薬師さんの手づくり市」

仙台市地下鉄薬師堂駅から歩いて3分ほどのところに、国の重要文化財に指定される「陸奥國分寺」があります。こちらでは毎月8日が「お薬師さまのご縁日」とされていて、縁日護摩祈祷やご法話に参加することができます。

このご縁日にあわせて開催されるのが「お薬師さんの手づくり市」。お目当ての作家のハンドメイド作品やお菓子などを求める地域の人たちでにぎわいます。人気のお店は午前中に売り切れてしまうこともあるのでおはやめに。

お寺の境内という神聖な場所を会場に、自家栽培や手づくりの品物に限って出展されるお薬師さんの手づくり市。テントを張ったり机を置いたり、それぞれ工夫をこらしたブース内には、自慢の手づくりパンや焼き菓子、陶芸作品や木工品など、多彩なジャンルの商品が並びます。

また、陸奥國分寺には自然豊かで広々とした木ノ下公園も隣接しているので、お買い物の後にお子さんと散策してみてはいかがでしょうか。

お散歩気分でショッピングを楽しめる「新寺こみち市」

「新寺こみち市」は、その名の通り、仙台駅東口に位置する新寺二丁目蓮池公園から新寺小路緑道の小道に沿って毎月28日に開催される市です。歴史ある寺院が数多く点在し、普段は落ち着いた雰囲気が漂う新寺地区。市の日には小道に個性豊かなお店が立ち並び、地域一帯が活気にあふれます。木々や緑が多い小道を、季節の移り変わりを感じ、お散歩しながら買い物を楽しみましょう。

竹でできたおもちゃや雑貨など手づくりのお店が出店し、行くたびに新たな出会いがあるのもうれしいポイント。若林図書館主催の朗読会や、ヤギとの触れ合いブースなども登場します。お買い物の合間にお子さんと一緒に参加してみるのもオススメです。

仙台市内各所で、毎月行なわれる個性豊かな市。普段はなかなか出会えない、つくり手や生産者とのやりとりを楽しみながら、心ときめくお気に入りの品物を見つけにでかけてみてください。

「伊達美味マーケット」「お薬師さんの手作り市」「新寺こみち市」へでかける前に知っておきたい!ななびチェック!

買い物や食べ歩きにあると便利なエコバックとウェットティッシュ

たくさんのお店が並ぶ市では、買った品をまとめるエコバックがあると便利。買ってすぐに飲食を楽しむ時、ウェットティッシュがあれば近くに手洗い場がなくても安心です。

出発前に公式ホームページやSNSで最新情報を確認

出店者の配置図を事前に公表していることが多いので、チェックしてからでかけるとお店をまわるのがスムーズ。また、天候によっては中止になることもあるので、最新情報を確認してからでかけましょう。

生産者やつくり手との会話を楽しみましょう

マルシェの魅力のひとつは、対面販売であること。つくり手の想いやこだわりを直接聞いてみるのもいいですね。

「伊達美味マーケット」について詳しくはこちら
「お薬師さんの手づくり市」について詳しくはこちら
「新寺こみち市」について詳しくはこちら

関連する投稿


大崎 |「感覚ミュージアム」で五感を使った体験型の展示を楽しもう

大崎 |「感覚ミュージアム」で五感を使った体験型の展示を楽しもう

宮城県大崎市にある「感覚ミュージアム」は、五感をテーマにしたミュージアムです。体全体を使って線を描いたり、空が映り込んだ鏡張りの空間に入り込んだり、お子さんも大人も楽しめる体験型の展示が盛りだくさん。オリジナルグッズがそろうショップや、地元食材を使ったメニューを味わえるカフェにもたち寄ってみましょう。


名取 |「ICHIBIKO 閖上店」ブランドいちご・ミガキイチゴのスイーツを召し上がれ

名取 |「ICHIBIKO 閖上店」ブランドいちご・ミガキイチゴのスイーツを召し上がれ

宮城県山元町で栽培される「ミガキイチゴ」をご存じでしょうか?濃厚な甘みと形の美しさから、“食べる宝石”と呼ばれるブランドいちごです。そのミガキイチゴを使ったスイーツを提供しているのが、名取市の「ICHIBIKO 閖上店」。ドリンクやプリン、大福など、バラエティに富んだミガキイチゴスイーツを味わってみませんか。


登米 |「津山もくもくランド秋祭り」登米の特産品をゲットしよう!

登米 |「津山もくもくランド秋祭り」登米の特産品をゲットしよう!

「津山もくもくランド秋祭り」は、例年10月に「道の駅 津山もくもくランド」で開催されるイベントです。登米市の特産品を購入できるほか、餅つき大会やビンゴゲーム、木工体験など、お子さんがわくわくする企画がたくさん。会場となる道の駅には大型遊具が設置された公園や郷土料理を味わえる食事処もあり、ファミリーでゆっくり楽しめますよ。


東松島 |「防災体験型宿泊施設KIBOTCHA」遊びながら防災について学ぼう!

東松島 |「防災体験型宿泊施設KIBOTCHA」遊びながら防災について学ぼう!

宮城県東松島市にある「防災体験型宿泊施設KIBOTCHA」は、2018年7月に誕生した防災教育のための施設。東日本大震災の津波被害を受けて廃校となった旧野蒜小学校を活用し、震災当時の資料を展示するほか、大型の室内遊具や防災について学べる体験学習スペースなどもあります。レストランや大浴場、宿泊施設も備えているので、1日中たっぷり遊べますよ。


大崎 |「準喫茶カガモク」オリジナリティあふれるこけし雑貨を探そう

大崎 |「準喫茶カガモク」オリジナリティあふれるこけし雑貨を探そう

宮城県大崎市にある「準喫茶カガモク」は、こけし雑貨を扱うショップ兼カフェ。カトラリーやおもちゃなど、バラエティ豊かなこけし雑貨がそろっていて、近隣のファミリーのみならず、全国のこけしファンから注目を集めるお店です。ウィットに富んだアイテムは、自分用にはもちろん大切な人へのギフトにもぴったりですよ。


最新の投稿


魚沼 |「第32回魚沼国際雪合戦」で冬の寒さを吹き飛ばそう!

魚沼 |「第32回魚沼国際雪合戦」で冬の寒さを吹き飛ばそう!

新潟県でも有数の豪雪地で知られている魚沼市。市内の小出地区で開催する「魚沼国際雪合戦」は、2020年で32回目を迎えます。雪を楽しもうという発想から誕生し、地元はもちろん、県外からの参加も多数。今では魚沼市の冬を代表するイベントになっています。


下郷町 |「大内宿雪まつり」フォトジェニックな雪まつりを満喫!

下郷町 |「大内宿雪まつり」フォトジェニックな雪まつりを満喫!

茅葺き屋根の街並みが美しい、福島県下郷町の大内宿。毎年2月には「大内宿雪まつり」が開催され、「1度は訪れてみたい!」と遠方にもファンが多いお祭りです。雪まつりの夜には、雪灯籠が灯り雪に覆われ白くなった茅葺き屋根を、打ち上げ花火が照らし幻想的な雰囲気に!雪国ならではの風景と、伝統行事や郷土料理が楽しめるのも魅力です。


鶴岡 |「鶴岡冬まつり」雪の街のロマンチックなイベント

鶴岡 |「鶴岡冬まつり」雪の街のロマンチックなイベント

名曲『雪の降るまちを』の発想地・山形県鶴岡市で、冬の風物詩として市民から愛される「鶴岡冬まつり」。おまつり期間中は、明治時代・大正時代に建てられた歴史的建造物のライトアップ、『雪の降るまちを』にちなんだ「鶴岡音楽祭」、郷土料理の寒鱈汁を味わう「日本海寒鱈まつり」など、さまざまなイベントが行なわれます。


大船渡 |「三陸・大船渡つばきまつり」街のシンボル・ツバキを見て、食べて、楽しめるイベント

大船渡 |「三陸・大船渡つばきまつり」街のシンボル・ツバキを見て、食べて、楽しめるイベント

岩手県の沿岸南部に位置する大船渡市は、ヤブツバキが自生する太平洋沿岸の北限域の地。1月下旬~4月下旬にかけて、街のあちこちで美しく咲き誇る花々を見ることができます。この時季に行なわれる「三陸・大船渡つばきまつり」は、ツバキにちなんだ催しがいっぱいのイベントです。


三戸町 |「三戸名物元祖まける日」380年以上の歴史を誇る、大興奮の“お得”を満喫しよう!

三戸町 |「三戸名物元祖まける日」380年以上の歴史を誇る、大興奮の“お得”を満喫しよう!

青森県の南端に位置する三戸町は、縄文遺跡やさまざまな寺社や文化財が立ち並ぶ、歴史遺産があふれる町。近年では絵本のキャラクター「11ぴきのねこ」の街としても知られ、若い世代からも人気を集めています。今回はそんな三戸町で380年以上受け継がれている伝統行事「三戸名物元祖まける日」をご紹介します!