仙台 |「伊達美味マーケット」「お薬師さんの手づくり市」「新寺こみち市」仙台市内のマルシェイベント

仙台 |「伊達美味マーケット」「お薬師さんの手づくり市」「新寺こみち市」仙台市内のマルシェイベント

政令指定都市になり2018年で30周年を迎えた仙台市は、中心部をはじめ近代化が進んでいます。そんな仙台市内では、生産者や地域の人とのつながりを大切にした昔ながらのお買い物ができるマルシェイベントが毎月開かれています。お店の人とやりとりをしながら、お得なショッピングを楽しみましょう。


地場食材や手づくり雑貨の店がアーケード内にずらり!「伊達美味マーケット」

仙台市中心部のアーケード・サンモール一番町商店街で、毎月第2・4火~金曜に開催される「伊達美味(だてうま)マーケット」。仙台市内をはじめ、東北各地から集まった地場食材の生産者や、手づくり作家のお店が所狭しと並びます。

陽の光が差し込むアーケード内で、つくり手の想いやこだわりがつまった品物を手に取り、実際に話を聞きながらじっくりとショッピングが楽しめます。ところどころにテーブルや椅子もあるので、たくさんお店を見て疲れたら、買った品物を食べながらひと休みするのもいいですね。

野菜や果物など、農産物の販売が多いのも伊達美味マーケットの特徴。生産者の顔が見えるので安心して品物を選べるうえ、オススメの調理法も教えてもらえます。
また、スーパーではお目にかかれないような珍しい野菜や果物に出会えることもあるので、毎月お店をのぞくのが楽しみになりますね。

お薬師さまのご縁のもとに手づくり雑貨や食べ物の店が集う「お薬師さんの手づくり市」

仙台市地下鉄薬師堂駅から歩いて3分ほどのところに、国の重要文化財に指定される「陸奥國分寺」があります。こちらでは毎月8日が「お薬師さまのご縁日」とされていて、縁日護摩祈祷やご法話に参加することができます。

このご縁日にあわせて開催されるのが「お薬師さんの手づくり市」。お目当ての作家のハンドメイド作品やお菓子などを求める地域の人たちでにぎわいます。人気のお店は午前中に売り切れてしまうこともあるのでおはやめに。

お寺の境内という神聖な場所を会場に、自家栽培や手づくりの品物に限って出展されるお薬師さんの手づくり市。テントを張ったり机を置いたり、それぞれ工夫をこらしたブース内には、自慢の手づくりパンや焼き菓子、陶芸作品や木工品など、多彩なジャンルの商品が並びます。

また、陸奥國分寺には自然豊かで広々とした木ノ下公園も隣接しているので、お買い物の後にお子さんと散策してみてはいかがでしょうか。

お散歩気分でショッピングを楽しめる「新寺こみち市」

「新寺こみち市」は、その名の通り、仙台駅東口に位置する新寺二丁目蓮池公園から新寺小路緑道の小道に沿って毎月28日に開催される市です。歴史ある寺院が数多く点在し、普段は落ち着いた雰囲気が漂う新寺地区。市の日には小道に個性豊かなお店が立ち並び、地域一帯が活気にあふれます。木々や緑が多い小道を、季節の移り変わりを感じ、お散歩しながら買い物を楽しみましょう。

竹でできたおもちゃや雑貨など手づくりのお店が出店し、行くたびに新たな出会いがあるのもうれしいポイント。若林図書館主催の朗読会や、ヤギとの触れ合いブースなども登場します。お買い物の合間にお子さんと一緒に参加してみるのもオススメです。

仙台市内各所で、毎月行なわれる個性豊かな市。普段はなかなか出会えない、つくり手や生産者とのやりとりを楽しみながら、心ときめくお気に入りの品物を見つけにでかけてみてください。

「伊達美味マーケット」「お薬師さんの手作り市」「新寺こみち市」へでかける前に知っておきたい!ななびチェック!

買い物や食べ歩きにあると便利なエコバックとウェットティッシュ

たくさんのお店が並ぶ市では、買った品をまとめるエコバックがあると便利。買ってすぐに飲食を楽しむ時、ウェットティッシュがあれば近くに手洗い場がなくても安心です。

出発前に公式ホームページやSNSで最新情報を確認

出店者の配置図を事前に公表していることが多いので、チェックしてからでかけるとお店をまわるのがスムーズ。また、天候によっては中止になることもあるので、最新情報を確認してからでかけましょう。

生産者やつくり手との会話を楽しみましょう

マルシェの魅力のひとつは、対面販売であること。つくり手の想いやこだわりを直接聞いてみるのもいいですね。

「伊達美味マーケット」について詳しくはこちら
「お薬師さんの手づくり市」について詳しくはこちら
「新寺こみち市」について詳しくはこちら

関連する投稿


川崎 |「HASEKURA カカオ亭」廃校をリノベーションした施設のカフェレストランでカカオグルメを堪能!

川崎 |「HASEKURA カカオ亭」廃校をリノベーションした施設のカフェレストランでカカオグルメを堪能!

宮城県南部に位置する川崎町に、廃校となった旧支倉小学校をリノベーションし、「イーレ!はせくら王国」として生まれ変わった観光交流施設があります。施設内のカフェレストラン「HASEKURA カカオ亭」では、カカオを使った多彩なメニューが味わえると話題です。


仙台 |「感性の森」木のぬくもりを感じながら感性を育む室内遊び場

仙台 |「感性の森」木のぬくもりを感じながら感性を育む室内遊び場

仙台市郊外のショッピングセンター「錦ケ丘ヒルサイドモール」内にある「感性の森」は、0歳から小学生までのお子さんを対象とした、雨の日でも楽しく遊べる屋内施設。エントランスから遊具まですべてが木でできていて、地元をはじめ、宮城県内外のファミリーが多く訪れる人気のスポットです。


蔵王 |「みやぎ蔵王の樹氷めぐり」で絶景に出会える非日常体験を!

蔵王 |「みやぎ蔵王の樹氷めぐり」で絶景に出会える非日常体験を!

世界でも数ヶ所でしか見られない冬の自然現象・樹氷。宮城県蔵王町にある「みやぎ蔵王すみかわスノーパーク」で行なわれるツアー「みやぎ蔵王の樹氷めぐり」では、雪上車・ワイルドモンスター号で雪山を登り、10メートル近い高さの樹氷を間近で見られます。観賞後は、レストハウスの名物メニューと蔵王山の麓にある温泉も満喫しましょう。


白石 |「こじゅうろうキッズランド」がオープン!宮城県内最大級の屋内遊び場

白石 |「こじゅうろうキッズランド」がオープン!宮城県内最大級の屋内遊び場

宮城県南端の街・白石市に2018年8月にオープンしたばかりの「こじゅうろうキッズランド」は、一度に260人が入場できる屋内遊び場。乳幼児から小学生まで年齢にあわせて遊べる3つのエリアに分かれていて、自由に利用できる休憩スペースも充実。オープンから2ヶ月で来場者が約2万人となり、宮城県南エリアの人気スポットになっています。


東松島 |「ちょこっと惣菜 結びや」手づくりの惣菜販売が、地域のふれあいの一助に

東松島 |「ちょこっと惣菜 結びや」手づくりの惣菜販売が、地域のふれあいの一助に

宮城県東松島市の小野地区に2017年5月にオープンした「ちょこっと惣菜 結びや」。運営を担っているのは、2008年頃から地域親睦のためにと活動をスタートさせた「まざ~らいん」の皆さんです。営業日は火・水曜のみにもかかわらず、開店前から地元の人たちが集まり、はやくも地域コミュニティーの拠点になっています。


最新の投稿


にかほ |「TDK歴史みらい館」驚きの連続!最新技術を遊んで体感しよう

にかほ |「TDK歴史みらい館」驚きの連続!最新技術を遊んで体感しよう

秋田県にかほ市にある「TDK歴史みらい館」は、電子部品メーカー・TDKの歴史や技術を紹介するミュージアム。企業の施設と聞くと難しそうなイメージがあるかもしれませんが、電化製品の内部展示やデジタル技術を駆使したシアターがあるなど、館内には楽しい仕掛けがいっぱい!さらには入場料無料と、親子のおでかけにぴったりなんですよ。


八幡平 |「岩手県 県民の森」で大自然と木にふれあいながら1日中遊ぼう!

八幡平 |「岩手県 県民の森」で大自然と木にふれあいながら1日中遊ぼう!

十和田八幡平国立公園内、標高2,038メートルの岩手山の北麓に広がる「岩手県 県民の森」は、360ヘクタールもの広大な森林公園。森のなかで自然観察や散策が楽しめるのはもちろん、屋内施設もあり、大型遊具「ぼくらの秘密基地」で遊んだり、木を使った工作にも気軽にチャレンジしたりできるわくわくのスポットです。


川崎 |「HASEKURA カカオ亭」廃校をリノベーションした施設のカフェレストランでカカオグルメを堪能!

川崎 |「HASEKURA カカオ亭」廃校をリノベーションした施設のカフェレストランでカカオグルメを堪能!

宮城県南部に位置する川崎町に、廃校となった旧支倉小学校をリノベーションし、「イーレ!はせくら王国」として生まれ変わった観光交流施設があります。施設内のカフェレストラン「HASEKURA カカオ亭」では、カカオを使った多彩なメニューが味わえると話題です。


郡山市|「仁井田本家」酒蔵なのにスイーツ?! 自然酒造りが自慢の酒蔵が手がける「糀スイーツ」

郡山市|「仁井田本家」酒蔵なのにスイーツ?! 自然酒造りが自慢の酒蔵が手がける「糀スイーツ」

創業300年超の歴史を誇り、自然米・純米・自然派酒母すべて100%の日本酒の醸造、販売をしている「仁井田本家」。ここ数年、日本酒造りと並行して力を入れているのが、発酵食品の開発や製造で、無肥料・無農薬栽培の自然米だけでつくった「糀」のスイーツが人気を呼んでいます。


村上 |「城下町村上 町屋の人形さま巡り」町屋に伝わる貴重なひな人形を見に行きましょう

村上 |「城下町村上 町屋の人形さま巡り」町屋に伝わる貴重なひな人形を見に行きましょう

日本海に面した「北限の茶どころ」である村上市では、毎年3月1日~4月3日まで「城下町村上 町屋の人形さま巡り」が行われています。村上市は江戸時代、村上藩の城下町として栄えた街で、旧町人町一帯には今も情緒あふれる古い町並みや町屋が残っています。村上市内の町屋を訪ね、各家庭に代々受け継がれながら大切に保管されてきた「人形さま」を見に行きませんか。