久慈 |【ななび連載:久慈編vol.4】個性派ミュージアムをファミリーでめぐろう

久慈 |【ななび連載:久慈編vol.4】個性派ミュージアムをファミリーでめぐろう

周囲を山と海に抱かれ、グルメや自然の魅力を満喫できる久慈。実は親子で楽しめるスポットもいっぱいなんです。琥珀の産地ならではの博物館や、ドラマで話題になった北限の海女に出会える水族館、道の駅内にあるレトロな博物館と、個性的なスポットをめぐってみませんか?すべて屋内なので、天候を気にせずおでかけできるのもうれしいですね。


「久慈琥珀博物館」でユニークな展示や体験を楽しむ!

国内一の琥珀の産地・久慈の必見スポットといえば、「久慈琥珀博物館」。琥珀の魅力を多彩な展示や体験プログラムを通して学べる、日本唯一の琥珀専門ミュージアムです。館内は新館と本館に分かれ、新館は琥珀にふれられる体験型、本館は世界中の貴重な琥珀を集めた展示がメインの施設になっています。

約200キログラムもの琥珀でつくった「太陽の石」は、久慈琥珀博物館のシンボル的な展示。卵のような楕円形のドームで、実際になかに入ることができます。360度、飴色に輝く琥珀ドームに足を踏み入れれば、神秘的な気分にひたれそう。

本館にあるユニークな映像展示「まじかるウォーク」も要チェック。床の上を歩くと、化石が恐竜に変身したり、琥珀が勾玉になったりと、不思議な映像を見ることができます。次々と変わる仕掛けに、夢中になって動き回るお子さんも多いのだそう。

博物館というと、小さなお子さんをもつパパとママにとっては「子どもが楽しめないのではないか」と心配になることもありますが、久慈琥珀博物館ではこうしたユーモラスな展示が多いので、安心しておでかけできますよ。

9,000万年前の地層を掘って琥珀を見つける「琥珀採掘体験」に挑戦するのもオススメです。12月末から4月上旬までの冬期間と悪天候の日以外は毎日開催。長靴やシャベルなどの道具もあり、手ぶらでチャレンジできます。

過去には3,800グラムもの琥珀を発見した人もいるなど、ロマンあふれる体験にパパやママのほうが夢中になってしまいそうですね。

「久慈地下水族科学館もぐらんぴあ」で久慈の海を体感!

「久慈地下水族科学館もぐらんぴあ」は、「久慈国家石油備蓄基地」のトンネルを使った日本初の地下水族館。目玉であるアーチ状の水槽「トンネル水槽」は、海のなかを散策しているような気分になれると評判です。久慈の海に生息する魚や、東日本大震災で奇跡的に生き延びたアオウミガメの「かめ吉」がのびのび泳ぐ姿を、親子でのんびり眺めましょう。

海の生き物たちとのふれあいも、久慈地下水族科学館もぐらんぴあの楽しみのひとつです。エサやりができる「ふれあい水槽」や魚に直にふれられる「タッチプール」に、お子さんはワクワク。エサやりは、事前に公式ホームページで開催時間をチェックするとスムーズです。

土・日・祝日には、久慈の海岸で活躍する北限の海女と南部ダイバーによる潜水実演を行なっています。お絵描きボードを使った質問コーナーもあるので、気になることを尋ねてみてくださいね。

「久慈地下水族科学館もぐらんぴあ」は、こちらの記事で詳しくご紹介中です!

「道の駅くじ やませ土風館」

久慈の特産品や地元産の食材を豊富に扱う「道の駅くじ やませ土風館」にも、親子にイチオシのスポットがあります。そのひとつが、「昭和の想い出博物館 レトロ館」です。館内には昭和時代に親しまれていたおもちゃや雑誌、生活用品などが勢ぞろい。泣き顔のキューピー人形などのめずらしいおもちゃを親子で探してみましょう。

毎年9月に開催される久慈の一大イベント「久慈秋まつり」で実際に運行されている山車と神輿の展示もお見逃しなく。高さ約12メートルもの巨大な山車にお子さんはびっくり!
そのほか、展示コーナーには自由に着替えられる海女の衣装を用意。フォトプロップスもあるので、記念撮影にぴったりです。

めいっぱい楽しんだあとは、おみやげ選びを。物産館には、特産の山ぶどうを使ったスイーツや海女モチーフのアイテムなど、バラエティ豊かなおみやげがそろいます。オススメは、地元の製菓店「竹屋製菓」がつくる「黒豆ケーキ」。黒豆の素朴な食感と風味豊かなしっとりとした生地が評判です。

今度の休日は、お子さんの好奇心をかきたてるスポットが満載の久慈へでかけてみてください。

久慈の人気スポットをお得に楽しむななびチェック!

「久慈琥珀博物館」の琥珀玉づくりは自宅でも楽しめる!

館内では、琥珀を手作業で削り勾玉やペンダントをつくる体験メニューを開催。持ち帰り用の体験キットもあるので、体験に参加する時間がないときにぴったりです。

「久慈地下水族科学館もぐらんぴあ」の年間パスポートをゲット!

2回分の入館料で1年間何度でも入館できる年間パスポートの利用がお得!近くに暮らすファミリーには特にオススメです。

「道の駅くじ やませ土風館」のハンドメイドアイテムをチェック

敷地内の「歴通路(レトロ)広場」には、飲食店のほか、ハンドメイドアイテムを扱うショップも並んでいます。お子さん用のスタイやアクセサリーなどがリーズナブルに購入できると地元のママに好評です。

「久慈琥珀博物館」について詳しくはこちら
「久慈地下水族科学館もぐらんぴあ」について詳しくはこちら
「道の駅くじ やませ土風館」について詳しくはこちら

関連する投稿


遠野 |「夢産直かみごう」で朝採り野菜とジェラート、五右衛門そばを!

遠野 |「夢産直かみごう」で朝採り野菜とジェラート、五右衛門そばを!

民話の里・岩手県遠野市と沿岸の街・釜石市を結ぶ国道340号線沿いにある「夢産直かみごう」は、地元の人たちに親しまれている産直施設。朝採りのフレッシュ野菜をはじめ、手づくりスイーツ、搾りたてのミルクを使ったジェラートが大人気です。辛いもの好きが多い土地柄という遠野のソウルフード「五右衛門そば」を味わえる食堂もあります。


久慈 |「山根六郷水車市・水車まつり」郷土グルメをおなかいっぱい味わおう

久慈 |「山根六郷水車市・水車まつり」郷土グルメをおなかいっぱい味わおう

伝統行事や古い食文化が残る岩手県久慈市山根町。「山根六郷水車市」は地元を代表するイベントで、会場は地域のシンボルである水車が建つ「桂の水車広場」です。特産の雑穀を使っただんごや餅など、地元の味をたっぷり味わいましょう。11月開催の「水車まつり」では餅つき大会が行なわれ、つきたてのあわ餅が無料で振る舞われます。


紫波 |「紫波フルーツパーク」でぶどう畑に囲まれた食育体験を

紫波 |「紫波フルーツパーク」でぶどう畑に囲まれた食育体験を

岩手県盛岡市の南部に位置する紫波(しわ)町は、ぶどうやりんごなどフルーツの栽培が盛ん。そんな紫波町にある「紫波フルーツパーク」は、地元のぶどうを使ったワイナリーの見学や、食の手づくり体験などが楽しめる農業公園です。手づくり体験を通して、ファミリーで農業や食に親しんでみませんか?




最新の投稿


遠野 |「夢産直かみごう」で朝採り野菜とジェラート、五右衛門そばを!

遠野 |「夢産直かみごう」で朝採り野菜とジェラート、五右衛門そばを!

民話の里・岩手県遠野市と沿岸の街・釜石市を結ぶ国道340号線沿いにある「夢産直かみごう」は、地元の人たちに親しまれている産直施設。朝採りのフレッシュ野菜をはじめ、手づくりスイーツ、搾りたてのミルクを使ったジェラートが大人気です。辛いもの好きが多い土地柄という遠野のソウルフード「五右衛門そば」を味わえる食堂もあります。


郡山 |「開成マルシェ」生産者自慢の品が直接買えるマルシェにおでかけ

郡山 |「開成マルシェ」生産者自慢の品が直接買えるマルシェにおでかけ

毎年4月~11月の第4土曜と、12月第2土曜に「柏屋 開成柏屋」の中庭で開催される「開成マルシェ」。福島県内の生産者さんたちがおいしいものを持ち寄り、自慢の品々を直接購入できるマルシェの魅力をご紹介します。


三種 |「サンドクラフトinみたね」まるで砂の美術館!巨大な砂像が砂浜にずらり

三種 |「サンドクラフトinみたね」まるで砂の美術館!巨大な砂像が砂浜にずらり

秋田県北西部に位置し、日本海に面した三種町(みたねちょう)。秋田名物として知られる水草の一種「じゅんさい」の生産が古くから盛んで、国内生産量の約90%を占める日本一の産地です。この町で例年7月末に開催される「サンドクラフトinみたね」は、夏を盛り上げる名物イベント。砂でつくられた巨大な像の数々が、砂浜に勢ぞろいします。


十和田 |「手づくり村 鯉艸郷」趣あふれる花園で自然の魅力と癒やしを体感しよう

十和田 |「手づくり村 鯉艸郷」趣あふれる花園で自然の魅力と癒やしを体感しよう

“自然を感じながら食事や体験などができるフラワーガーデン”として整備されてきた「手づくり村 鯉艸郷」。1988年、村内に花菖蒲園を開園して以来、ルピナス園、芍薬園、山野草園を増設し、県内外から観光客が訪れる人気スポットに。今回は、自然の魅力はもちろん、体験メニューやお食事処といったポイントまでたっぷりとご紹介します!


湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.4】湯沢の三大温泉郷でゆったりのんびり

湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.4】湯沢の三大温泉郷でゆったりのんびり

“湯沢”という名前の通り、温泉が豊富な湯沢市。秋田県内最古といわれる「秋の宮温泉郷」をはじめ、渓谷沿いに宿が連なる「小安峡温泉」、泥水のように白濁した湯が特徴の「泥湯温泉」など、個性的な温泉地がそろいます。それぞれの温泉の近くには、噴気孔や泥火山などの見どころも点在。温泉と大自然をあわせて満喫しましょう。