天栄村 |「エンゼルフォレスト那須白河」親子で、おじいちゃんおばあちゃんも、ペットも!冬でも楽しめるリゾートキャンプ場!

天栄村 |「エンゼルフォレスト那須白河」親子で、おじいちゃんおばあちゃんも、ペットも!冬でも楽しめるリゾートキャンプ場!

アウトドアというと、春から秋にかけてがメインシーズンのイメージがあると思いますが、キャンパーたちがこぞってオススメするのが、実は冬のキャンプ!冬の澄んだ空気や火の温かさをダイレクトに感じる“冬キャン”こそ、アウトドアの醍醐味なのだそう。アウトドア初心者でも四季折々の魅力を満喫できる「エンゼルフォレスト那須白河」をご紹介します。


洗練されたリゾート地で、手軽にアウトドアが楽しめる!

「エンゼルフォレスト那須白河」は、羽鳥湖のほとり、風光明媚な場所にあります。一帯は羽鳥湖高原と呼ばれ、夏は涼しく、周辺にはゴルフ場、スキー場、別荘地が林立するリゾート地です。人工湖を囲むように、コテージが建ち並び雰囲気も抜群!

看板犬のジーナちゃん

施設内にはレストランが併設され、本格的なディナーも楽しめます。自ら料理をしなくても、キャンプ道具を持っていなくてもOK。これなら気軽にアウトドアを楽しめますよね。

ベテランも初心者も楽しめる、バリエーション豊富なコテージ

エンゼルフォレスト那須白河には、ベテランキャンパーもキャンプ初心者も満足できるよう、さまざまなタイプのコテージがあります。それぞれの楽しみ方にあわせて、滞在先をチョイスできるのが大きな魅力。各コテージによって雰囲気も違うので何度でも訪れてみたくなるほどです。

オススメはレイクサイドに並ぶ、広い庭付きのコテージ。湖畔からの眺めは、日常を忘れてしまいそうなほど穏やかです。

さらに、本格キャンパーにも対応。キャンプサイトでは自家用車を乗り付け、テントやタープを張ることもできます。「食事も自分たちで!」という方向けに野外用の炊事場や洗い場も完備。洗い場はお湯が出るので、冬場でも後片付けが苦になりません。

また、2017年秋にはグランピングサイトをオープン。大人4人でもゆったりくつろげる広さの大型テントで、本格BBQグリルも常設。デッキテラスでの食事は開放感満載です。

そして、究極のログプレミアム。設備もこれまで以上の充実ぶりで、IHコンロや大型冷蔵庫があり、本格的な調理も可能。さらに天然温泉を引き込んだ露天風呂にプライベートドッグラン付き。また、薪ストーブが設置され、紅葉や雪景色の森に佇む煙突屋根はとってもロマンチック。11月頃から利用でき、薪ストーブの温もりは秋冬ならではの楽しみです。

ワンちゃん連れには、至れり尽くせりの数々!

実は、ワンちゃん連れのリピーターから絶大なる支持を得ているエンゼルフォレスト那須白河。それもそのはず、宿泊先は全種類ワンちゃん連れ可で、至るところにドッグランがあるのです。

併設するレストランもワンちゃん連れOK。なんと、ワンちゃん用のメニューも。ペットをお連れでない方のために、エリアを分けるなどの配慮もされていますよ。

朝のバイキングでは、ワンちゃんのゴハンもバイキングスタイルで提供。間違えて取ってしまう方もいるほどおいしそうなのだとか。

さらに、雨天時でもワンちゃんたちが遊べる室内ドッグランも!これなら、リピートしてしまうのも頷けますね。

宿泊せずとも気軽に日帰り立ち寄りもオススメ

ワンちゃん連れOKのカフェやレストランは少ないもの。エンゼルフォレスト那須白河だったら、宿泊せずともレストランやドッグランが利用できるほか、日帰り入浴も可能です。

レストランでは窓ガラスに張り付けるタイプのリードホルダーもご用意。お散歩の合間に、レストランや外のテラスでコーヒーやお食事を楽しむこともできます。

気になるお食事ですが、土日祝日は朝・昼・夜ともにビュッフェスタイル。平日のランチはアラカルトで、この日はオススメのヤーコン入りきのこハンバークをいただきました。パンまたはライスが選べ、サラダとスープが付きます。地元食材をふんだんに使ったお料理で、心も体も元気になりそう。

ほかにはパスタやピザもあり、どれもおいしかったですよ。

宿泊だけでなく、日帰りも気軽に楽しめるエンゼルフォレスト那須白河へ、ぜひおでかけしてみてください。

親子で癒やされる「エンゼルフォレスト那須白河」の楽しみ方!ななびチェック!

万全のキッズ対応!

エンゼルフォレスト那須白河は、新潟にある「エンゼルグランディア越後中里」と同系列で、子育て応援ファミリーリゾートホテルを謳うこちらのノウハウを共有しています。キッズ対応もお任せくださいとのこと。春から秋にかけては、キッズ向けワークショップやイベントも開催予定だそうですよ。

通年営業の屋内プールには、幼児用プールも

屋内プールや、水着着用の「ガーデンスパ」も併設。特に屋内プールには水深30センチメートルの幼児用プールもあり、小さなお子さん連れでも安心して楽しめます。また屋内プールは、全面ガラス張りで眺めも抜群。ジャグジーもあるので、ママも一緒に癒やされてみてくださいね。

おじいちゃん、おばあちゃんも一緒に三世代で楽しめます

天然温泉や水着着用で楽しめるスパ、60種類もあるディナービュッフェ、平日ランチのアラカルトでは和食メニューも…など、親子連れはもちろんのこと、おじいちゃんおばあちゃんも一緒に滞在される方も多く、三世代で楽しめます。

「エンゼルフォレスト那須白河」について詳しくはこちら

関連する投稿


福島 |「御とめ湯り」土湯温泉にたたずむ、源泉かけ流しの湯と充実の休憩所が自慢の温泉施設

福島 |「御とめ湯り」土湯温泉にたたずむ、源泉かけ流しの湯と充実の休憩所が自慢の温泉施設

福島県の名湯・土湯温泉に誕生した、立ち寄り温泉施設「御とめ湯り」。10種類以上の泉質をもつ土湯の湯を、源泉かけ流しで堪能できます。フード&ドリンクも充実のラインナップ。それぞれのスタイルで、1日中存分にくつろげる立ち寄り温泉施設です。


伊達郡 |「道の駅国見 あつかしの郷」グルメとショッピングだけじゃない!遊んで泊まれる道の駅

伊達郡 |「道の駅国見 あつかしの郷」グルメとショッピングだけじゃない!遊んで泊まれる道の駅

福島県伊達郡国見町にある「道の駅国見 あつかしの郷」は、食べて買って遊んで泊まれる、福島県では“初”の宿泊施設を備えた道の駅。地元産の果物や野菜、国見町生まれの商品や、福島の名産品などを販売する直売所をはじめ、ビュッフェレストランやカフェ、木の遊具やおもちゃがある室内遊び場など、わくわく感満載の道の駅です。


西白河郡 |「SAKAI SWEETS MARKET」老舗菓子店が手がける、お菓子を買うだけじゃなく“楽しむ”ためのお店

西白河郡 |「SAKAI SWEETS MARKET」老舗菓子店が手がける、お菓子を買うだけじゃなく“楽しむ”ためのお店

福島県西白河郡矢吹町にある「SAKAI SWEETS MARKET」は、2019年で創業106年を迎える「お菓子のさかい」が提案するカフェ併設の菓子店。ショッピングだけではなく、ケーキやサンドイッチ、スペシャリティーコーヒーとともに、のんびりカフェタイムが楽しめます。


耶麻郡 |「ヒロのお菓子屋さん」手づくりにこだわったスイーツが評判!宿泊もできるカフェ

耶麻郡 |「ヒロのお菓子屋さん」手づくりにこだわったスイーツが評判!宿泊もできるカフェ

福島県北部・北塩原村にある磐梯山のふもと、標高800メートルの所に位置する高原リゾート地「裏磐梯」。今回は裏磐梯の中心部、大自然に囲まれたのどかな場所にたたずむカフェ「ヒロのお菓子屋さん」をご紹介します。


郡山 |「開成マルシェ」生産者自慢の品が直接買えるマルシェにおでかけ

郡山 |「開成マルシェ」生産者自慢の品が直接買えるマルシェにおでかけ

毎年4月~11月の第4土曜と、12月第2土曜に「柏屋 開成柏屋」の中庭で開催される「開成マルシェ」。福島県内の生産者さんたちがおいしいものを持ち寄り、自慢の品々を直接購入できるマルシェの魅力をご紹介します。


最新の投稿


青森 |【ななび連載:青森編vol.2】青森の大地・海の恵みを収穫して食べられる体験スポット3選

青森 |【ななび連載:青森編vol.2】青森の大地・海の恵みを収穫して食べられる体験スポット3選

青森といえば、リンゴ、ほたて…とたくさんの特産品があります。今回はそんな青森市内にある、自分で収穫して食べられる体験スポットをご紹介。収穫時期によってさまざまな食材を楽しめるので、何度訪れても楽しめますよ。


新発田 |「城下町しばた全国雑煮合戦」で、体も心もホカホカに

新発田 |「城下町しばた全国雑煮合戦」で、体も心もホカホカに

「城下町しばた全国雑煮合戦」は毎年1月に城下町・新発田市で開催されるイベント。新潟県内のみならず、全国から個性あふれるお雑煮が大集合し、みなさんの投票でグランプリが決まります。当日は餅まきなどのイベントもあり、親子でたっぷりと楽しめます。


寒河江 |「やまがた雪フェスティバル」グルメと雪遊びを楽しめる冬イベント

寒河江 |「やまがた雪フェスティバル」グルメと雪遊びを楽しめる冬イベント

冬の山形県は、豪雪地帯ならではの雪にちなんだイベントが目白押し。その先陣を切るのが、寒河江市で開催される「やまがた雪フェスティバル」です。巨大な雪像をバックに行なわれるアーティストのライブや、雪を使ったアトラクション、ラーメンをはじめ地元のグルメが集まる屋台、夜のイルミネーションに花火大会と、お楽しみがいっぱいです。


青森 |【ななび連載:青森編vol.1】青森ってどんなところ?

青森 |【ななび連載:青森編vol.1】青森ってどんなところ?

青森県の県庁所在地である青森市は、美しい自然や新鮮な海の幸・山の幸、歴史を感じる文化財に恵まれた中心都市。四季の風景や熱く盛り上がるイベントなどは、海外からの観光客にも注目される、魅力たっぷりの街です。今回は、家族でおでかけしたくなるイベントや観光スポットをご紹介します!


横手 |「横手市増田まんが美術館」マンガの世界を体感しよう!

横手 |「横手市増田まんが美術館」マンガの世界を体感しよう!

秋田県横手市にある「横手市増田まんが美術館」は、マンガをテーマにした美術館です。原画の所蔵枚数はなんと23万枚以上!マンガファンなら一度は目にしたい名作マンガの原画を見られるとあって、国内はもちろん海外からも注目されています。