久慈 |【ななび連載:久慈編vol.2】久慈に行ったら必食!絶対にはずせない三大グルメ

久慈 |【ななび連載:久慈編vol.2】久慈に行ったら必食!絶対にはずせない三大グルメ

岩手県久慈市は、世界有数の漁場として知られる三陸沖の魚介、テレビドラマ『あまちゃん』で注目を集めた郷土料理「まめぶ汁」、さらには豊かな森が広がる山間部では赤身がおいしいブランド牛「短角牛」と、グルメが充実した街でもあります。そんな久慈のおいしさを満喫するグルメ旅へでかけましょう。


「地場食材レストラン 山海里」で味わう「海鮮丼」

「地場食材レストラン 山海里」は「道の駅くじ」にある食事処。施設内には地元農家の野菜や港から直送される鮮魚を扱う産直コーナーがあり、いつでも新鮮な野菜や鮮魚を仕入れられるのがお店の最大のメリット。なかでも人気なのが「琥珀丼」で、久慈が琥珀の産地として有名なことにちなんでつくられたメニューです。

琥珀丼は、地層のように4層構造になっているのが特徴。たっぷりの魚介の下には贅沢なウニ、その下には地元産のホウレンソウ、もう一段下には琥珀の原石に見立てた国産牛焼肉が敷き詰められています。久慈の山・里・海の恵みを堪能できるとあって、開業以来の人気メニューになっています。琥珀丼を注文すると、久慈原産の本物の琥珀が付いたストラップ(または「琥珀の森 石鹸」)がもらえます。

地場食材レストラン 山海里の自慢の海鮮丼をもう一品ご紹介。新鮮な魚介をふんだんに盛った「海女丼」です。大海原に見立てた器に、優雅に潜る海女さんの脚をイメージしたボタンエビをのせ、「北限の海女」が素潜り漁をしている様子を表現。さらに、ウニ、ホタテ、マグロなど、驚くほどのボリュームです。

海女丼の食べ方は、海苔で手巻きにしたり、小鉢のめかぶやいくらと一緒に味わったりとアレンジ自在。思い思いの食べ方で豪華な丼を堪能しましょう。1日限定5食ですが、事前予約をすれば人数分用意してもらえます。また、海女丼を注文するとオリジナル手ぬぐいも付いてきますよ。

久慈名物といえば甘くてしょっぱい「まめぶ汁」

「まめぶ汁」は、古くから久慈市山形町などで食べられていた郷土料理のひとつです。今まであまり知られることはありませんでしたが、テレビドラマ『あまちゃん』の放送で一気に全国的に有名な郷土料理に。地場食材レストラン 山海里でも味わえます。

しょうゆベースの汁に、焼き豆腐や野菜、きのこなどたっぷりの具材と、なかに黒砂糖とクルミを包んだ団子「まめぶ」が入った料理。食べると甘さと香ばしさが口いっぱいに広がり不思議な感覚に。ぜひ一度、久慈で本場の味を楽しんでみてください。

赤身がおいしい短角牛が味わえる「焼肉たむら屋」

久慈駅から車で約5分、港の方へ向かったところにあるのが田村牧場直営の「焼肉たむら屋」です。この焼肉店で味わえるのが、地元産の飼料にこだわり自然放牧で育てた短角牛です。

短角牛は一般的に春から秋まで山で育て、冬には山から下ろして里で育てる「夏山冬里方式」という方法で飼育されます。しかし田村牧場では、1年中放牧する「周年放牧」で肥育することで、より体に筋肉が付いた良い肉質になるよう育てています。

そのため脂肪分が少なく、旨み成分のグルタミン酸やイノシン酸がたっぷり含まれた赤身肉が特徴で、霜降り肉にはない旨みが楽しめます。最近の健康志向の高まりもあって、ヘルシーな短角牛の需要は急激に増えてきているそうですよ。

焼肉たむら屋の短角牛メニューで人気なのが、「短角牛セット」。ロース、カルビ、モモ、ホルモンなど短角牛の各部位が味わえる2~3人前のセットメニューです。このほか、短角牛を100%使った「短角牛ハンバーグ」や、じっくり火を通した旨みたっぷりの「べっぴん飯(ローストビーフ丼)」など、短角牛の魅力を存分に楽しめます。

店内は、古民家から移築した太く長い梁、県産の木材や陶器などを活かした落ち着いた雰囲気。注目を集める短角牛をじっくり味わうのもオススメです。

三陸魚介、まめぶ汁、そして赤身がおいしい短角牛という久慈ならではの三大グルメを味わいに出かけてみましょう。次号は琥珀や小久慈焼など久慈の魅力的な特産品を紹介します。

久慈市の人気グルメを味わいたい!ななびチェック!

事前予約して行くのがおすすめ!

「地場レストラン 山海里」のメニューは、旬の魚介が中心ということもありシーズンによっては食材の確保が難しい場合も。事前の予約をしてから行くのがオススメ。

名物の「海女丼」はどう食べればいいの?

そのボリュームと具材の豊富さから「どう食べればいいの?」というお客さんも多い「海女丼」。YouTubeでは、スタッフによる「食べ方講座」の動画を公開しているのでチェックしてみてください。

ランチタイムには1ドリンクサービス

「焼肉たむら屋」でランチタイムに食事をすると、ウーロン茶、オレンジジュース、コーヒーなどから1ドリンクがサービスになります。

「地場食材レストラン 山海里」について詳しくはこちら
「焼肉たむら屋」について詳しくはこちら

関連する投稿


盛岡 |「盛岡手づくり村」岩手に伝わる伝統産業を気軽に体験!

盛岡 |「盛岡手づくり村」岩手に伝わる伝統産業を気軽に体験!

岩手県盛岡市の郊外、美しいロケーションの御所湖近くにあるのが「盛岡手づくり村」です。「南部曲り家ゾーン」「手づくり工房ゾーン」「盛岡地域地場産業振興センター」の3つの施設からなり、その中心となるのが「手づくり工房ゾーン」。南部せんべい手焼きや木地玩具の絵付けなど、岩手ならではのさまざまな伝統産業の体験ができますよ。


遠野 |「夢産直かみごう」で朝採り野菜とジェラート、五右衛門そばを!

遠野 |「夢産直かみごう」で朝採り野菜とジェラート、五右衛門そばを!

民話の里・岩手県遠野市と沿岸の街・釜石市を結ぶ国道340号線沿いにある「夢産直かみごう」は、地元の人たちに親しまれている産直施設。朝採りのフレッシュ野菜をはじめ、手づくりスイーツ、搾りたてのミルクを使ったジェラートが大人気です。辛いもの好きが多い土地柄という遠野のソウルフード「五右衛門そば」を味わえる食堂もあります。


久慈 |「山根六郷水車市・水車まつり」郷土グルメをおなかいっぱい味わおう

久慈 |「山根六郷水車市・水車まつり」郷土グルメをおなかいっぱい味わおう

伝統行事や古い食文化が残る岩手県久慈市山根町。「山根六郷水車市」は地元を代表するイベントで、会場は地域のシンボルである水車が建つ「桂の水車広場」です。特産の雑穀を使っただんごや餅など、地元の味をたっぷり味わいましょう。11月開催の「水車まつり」では餅つき大会が行なわれ、つきたてのあわ餅が無料で振る舞われます。


紫波 |「紫波フルーツパーク」でぶどう畑に囲まれた食育体験を

紫波 |「紫波フルーツパーク」でぶどう畑に囲まれた食育体験を

岩手県盛岡市の南部に位置する紫波(しわ)町は、ぶどうやりんごなどフルーツの栽培が盛ん。そんな紫波町にある「紫波フルーツパーク」は、地元のぶどうを使ったワイナリーの見学や、食の手づくり体験などが楽しめる農業公園です。手づくり体験を通して、ファミリーで農業や食に親しんでみませんか?



最新の投稿


鶴岡 |【ななび連載:鶴岡編vol.3】フレッシュ野菜&フルーツスイーツを買うならココ!

鶴岡 |【ななび連載:鶴岡編vol.3】フレッシュ野菜&フルーツスイーツを買うならココ!

月山と鳥海山という2,000メートル級の2つの山と日本海に囲まれた庄内平野は、伏流水と肥沃な大地に恵まれた農産物の宝庫。夏には、「だだちゃ豆」や「庄内砂丘メロン」といった全国的によく知られる特産品が登場します。旬の採れたて野菜やみずみずしいフルーツを求めて、鶴岡の産直市場へショッピングに出かけましょう。


田舎館 |「道の駅いなかだて 弥生の里」のんびりくつろげる、歴史と芸術があふれる道の駅

田舎館 |「道の駅いなかだて 弥生の里」のんびりくつろげる、歴史と芸術があふれる道の駅

「田んぼアート」の村として知られる青森県田舎館村は、弥生時代中期の水田跡が東北で初めて発見された米づくりが盛んな村。そんな歴史ある村の道の駅には、田んぼアートだけでなく、地元の味が堪能できる産直施設やレストラン、大型遊具など魅力的なスポットがたくさんあります。大人から子どもまでわくわくする道の駅におでかけしてみませんか?


鶴岡 |【ななび連載:鶴岡編vol.2】おいしい素材をもりもり食べよう!鶴岡でオススメのランチスポット3選

鶴岡 |【ななび連載:鶴岡編vol.2】おいしい素材をもりもり食べよう!鶴岡でオススメのランチスポット3選

山形県の西側・庄内地方にある鶴岡市は、ミネラルが豊富な鳥海山の伏流水や夏と冬の寒暖差などの風土が、おいしいお米や野菜、フルーツの生育にぴったりな土地。日本海にも面しているので、海の幸も豊富です。鶴岡市内にたくさんある地産地消レストランで、フレッシュな食材を生かしたランチをいただきましょう!


耶麻郡 |「ヒロのお菓子屋さん」手づくりにこだわったスイーツが評判!宿泊もできるカフェ

耶麻郡 |「ヒロのお菓子屋さん」手づくりにこだわったスイーツが評判!宿泊もできるカフェ

福島県北部・北塩原村にある磐梯山のふもと、標高800メートルの所に位置する高原リゾート地「裏磐梯」。今回は裏磐梯の中心部、大自然に囲まれたのどかな場所にたたずむカフェ「ヒロのお菓子屋さん」をご紹介します。


盛岡 |「盛岡手づくり村」岩手に伝わる伝統産業を気軽に体験!

盛岡 |「盛岡手づくり村」岩手に伝わる伝統産業を気軽に体験!

岩手県盛岡市の郊外、美しいロケーションの御所湖近くにあるのが「盛岡手づくり村」です。「南部曲り家ゾーン」「手づくり工房ゾーン」「盛岡地域地場産業振興センター」の3つの施設からなり、その中心となるのが「手づくり工房ゾーン」。南部せんべい手焼きや木地玩具の絵付けなど、岩手ならではのさまざまな伝統産業の体験ができますよ。