蔵王 |「みやぎ蔵王の樹氷めぐり」で絶景に出会える非日常体験を!

蔵王 |「みやぎ蔵王の樹氷めぐり」で絶景に出会える非日常体験を!

世界でも数ヶ所でしか見られない冬の自然現象・樹氷。宮城県蔵王町にある「みやぎ蔵王すみかわスノーパーク」で行なわれるツアー「みやぎ蔵王の樹氷めぐり」では、雪上車・ワイルドモンスター号で雪山を登り、10メートル近い高さの樹氷を間近で見られます。観賞後は、レストハウスの名物メニューと蔵王山の麓にある温泉も満喫しましょう。


ウィンタースポーツも楽しめる冬ならではの絶景スポット

東北自動車道村田ICまたは白石ICから車で約45分、ドライブコースとして人気の山岳観光道路「蔵王エコーライン」沿いに「みやぎ蔵王すみかわスノーパーク」はあります。

グリーンシーズンには高原でバーベキュー、ウィンターシーズンにはスキーやスノーボードを楽しめるほか、注目を集めているのが樹氷を間近で観賞できる「みやぎ蔵王の樹氷めぐり」。例年12月中旬から3月中旬まで開催され、寒さが厳しくなる2月に見ごろを迎えます。

希少な自然現象・樹氷って何?

日本で樹氷が見られるのは、宮城県の蔵王のほか、青森県の八甲田と秋田県の八幡平など世界でも数ヶ所のみという希少な自然現象です。

気温マイナス5度以下の環境下で、水滴や霧が針葉樹に吹き付けられて凍ると樹氷ができ、厳しい寒さと強風が続くとどんどん積もってビッグサイズに。モコモコとしたユニークなシルエットから“スノーモンスター”とも呼ばれ、世界中から多くの観光客が観賞に訪れます。

果てしなく広がる樹氷群に圧倒!

みやぎ蔵王すみかわスノーパークに到着したら、まずはレストハウスで受付を済ませましょう。最大30人が乗車できる大きな雪上車・ワイルドモンスター号に乗って約2時間のツアーに出発です。

上着がいらないくらい暖かな車内から一面真っ白な雪景色を楽しみつつ、ゆっくり雪山を登っていきます。約40~50分でスノーモンスターたちがにょきにょきと立ち並ぶ樹氷原に到着。マフラーや手袋などで防寒をしっかりして、氷点下の車外で観賞タイムです。

高さ10メートルを超す樹氷が目の前に広がる絶景に、思わず言葉を失います。大迫力の樹氷原は、SNS映え間違いなしのフォトジェニックポイント。樹氷のすぐそばまで歩いて行けるので、ファミリーで記念撮影をするのもお忘れなく。

樹氷観賞ツアーのあとは名物メニューと温泉を

約2時間のツアーが終了したら、ゲレンデ内にあるレストハウス「くもわくテラス」でのランチがオススメです。一番人気は、蔵王連峰のシンボル・御釜をモチーフにした「お釜カレー」。牛すじをとろとろに煮込んだほどよくスパイシーなカレーが、冷えた体を温めてくれます。

帰りは蔵王山の東麓にあり、足腰の病によいといわれる遠刈田温泉へ立ち寄りましょう。壮大な景色と温泉を満喫して、心も体もリフレッシュできそうです。

真冬のアクティビティとして人気が高い「みやぎ蔵王の樹氷めぐり」。ファミリーで感動の絶景を体験しに参加してみませんか?

「みやぎ蔵王の樹氷めぐり」を満喫したい!ななびチェック!

送迎バスでらくらく移動

山道の運転が不安な人は送迎バスの利用がオススメ。JR仙台駅からスキー場までの送迎バスを運行しています。マイカーで行くならスタッドレスタイヤの装着を。

快適に楽しむためのグッズを持参

日差しが雪に反射してまぶしいので、サングラスはマスト。お子さん用の準備も忘れずに。雪上車内はあたたかいので、防寒グッズは脱ぎ着しやすいアイテムが便利。

SNS映え間違いなしの絶景

ツアー中は樹氷や雪山など写真を撮りたくなるスポットがいっぱい!旅の思い出にファミリーでたくさん記念撮影をしましょう。

「みやぎ蔵王すみかわスノーパーク」について詳しくはこちら

関連する投稿


登米 |「海老喜 蔵の資料館」江戸時代から残る貴重な蔵を見学

登米 |「海老喜 蔵の資料館」江戸時代から残る貴重な蔵を見学

宮城県登米市登米町は、武家屋敷や明治・大正時代の洋風建築が並ぶ街並みから、“みやぎの明治村”と呼ばれるエリアです。そのメインストリートに建つ「海老喜 蔵の資料館」では、約85年間手が加えられず、古い姿のまま残る酒蔵を資料館として公開。実際に使われていた酒づくりの道具や日用品といった、貴重な品々とあわせて見学できます。


利府 |「宮城県県民の森」遊びながら森の魅力を体感しよう!

利府 |「宮城県県民の森」遊びながら森の魅力を体感しよう!

仙台市、富谷市、利府町にまたがる広大な敷地をもつ「宮城県県民の森」。園内ではフィールドアスレチックで思いきり体を動かしたり、ガイドの説明を聞きながら森の草花を観察できるほか、親子で一緒に楽しめるアクティビティもありとても充実しています。屋内施設もあり、雨の日は自然の素材を使ったクラフト体験がオススメです。


白石 |「tsuribori cafe Clover」カフェや駄菓子屋も登場!お楽しみ満載の釣りスポット

白石 |「tsuribori cafe Clover」カフェや駄菓子屋も登場!お楽しみ満載の釣りスポット

伊達政宗の腹心・片倉小十郎の城下町として知られる宮城県白石(しろいし)市。街の中心部から離れたのどかな山間部にたたずむ「tsuribori cafe Clover」は、釣り掘とカフェ、駄菓子屋の3つを楽しめるユニークなお店です。お子さんはもちろん、大人も夢中になってしまう注目のスポットをご紹介します。


蔵王 |【ななび連載:蔵王編vol.4】蔵王連峰の絶景&アクティビティ体験

蔵王 |【ななび連載:蔵王編vol.4】蔵王連峰の絶景&アクティビティ体験

蔵王連峰の雄大な自然に抱かれた宮城県蔵王町。春の「みやぎ蔵王えぼし すいせん祭り」にはじまり、夏・秋の満天にきらめく星空散歩、秋の紅葉ドライブ、冬は樹氷ツアーと、この街ならではの楽しみがいっぱい!今回は蔵王の四季が織り成す美しい絶景と、アクティビティをご紹介します。


蔵王 |【ななび連載:蔵王編vol.3】遠刈田温泉で探すほっこりアイテム&手づくり体験

蔵王 |【ななび連載:蔵王編vol.3】遠刈田温泉で探すほっこりアイテム&手づくり体験

蔵王町の人気スポットのひとつといえば、開湯約400年の歴史をもつ遠刈田温泉。温泉街はこぢんまりとしていますが、見どころがたくさんあって散策にぴったり。ステキなアイテムがそろう陶芸工房やギャラリーショップも点在しているので、作家ものの器をおみやげにしたり、絵付け体験でオリジナルアイテムをつくったりするのもオススメです。


最新の投稿


鶴岡 |【ななび連載:鶴岡編vol.3】フレッシュ野菜&フルーツスイーツを買うならココ!

鶴岡 |【ななび連載:鶴岡編vol.3】フレッシュ野菜&フルーツスイーツを買うならココ!

月山と鳥海山という2,000メートル級の2つの山と日本海に囲まれた庄内平野は、伏流水と肥沃な大地に恵まれた農産物の宝庫。夏には、「だだちゃ豆」や「庄内砂丘メロン」といった全国的によく知られる特産品が登場します。旬の採れたて野菜やみずみずしいフルーツを求めて、鶴岡の産直市場へショッピングに出かけましょう。


田舎館 |「道の駅いなかだて 弥生の里」のんびりくつろげる、歴史と芸術があふれる道の駅

田舎館 |「道の駅いなかだて 弥生の里」のんびりくつろげる、歴史と芸術があふれる道の駅

「田んぼアート」の村として知られる青森県田舎館村は、弥生時代中期の水田跡が東北で初めて発見された米づくりが盛んな村。そんな歴史ある村の道の駅には、田んぼアートだけでなく、地元の味が堪能できる産直施設やレストラン、大型遊具など魅力的なスポットがたくさんあります。大人から子どもまでわくわくする道の駅におでかけしてみませんか?


鶴岡 |【ななび連載:鶴岡編vol.2】おいしい素材をもりもり食べよう!鶴岡でオススメのランチスポット3選

鶴岡 |【ななび連載:鶴岡編vol.2】おいしい素材をもりもり食べよう!鶴岡でオススメのランチスポット3選

山形県の西側・庄内地方にある鶴岡市は、ミネラルが豊富な鳥海山の伏流水や夏と冬の寒暖差などの風土が、おいしいお米や野菜、フルーツの生育にぴったりな土地。日本海にも面しているので、海の幸も豊富です。鶴岡市内にたくさんある地産地消レストランで、フレッシュな食材を生かしたランチをいただきましょう!


耶麻郡 |「ヒロのお菓子屋さん」手づくりにこだわったスイーツが評判!宿泊もできるカフェ

耶麻郡 |「ヒロのお菓子屋さん」手づくりにこだわったスイーツが評判!宿泊もできるカフェ

福島県北部・北塩原村にある磐梯山のふもと、標高800メートルの所に位置する高原リゾート地「裏磐梯」。今回は裏磐梯の中心部、大自然に囲まれたのどかな場所にたたずむカフェ「ヒロのお菓子屋さん」をご紹介します。


盛岡 |「盛岡手づくり村」岩手に伝わる伝統産業を気軽に体験!

盛岡 |「盛岡手づくり村」岩手に伝わる伝統産業を気軽に体験!

岩手県盛岡市の郊外、美しいロケーションの御所湖近くにあるのが「盛岡手づくり村」です。「南部曲り家ゾーン」「手づくり工房ゾーン」「盛岡地域地場産業振興センター」の3つの施設からなり、その中心となるのが「手づくり工房ゾーン」。南部せんべい手焼きや木地玩具の絵付けなど、岩手ならではのさまざまな伝統産業の体験ができますよ。