蔵王 |「みやぎ蔵王の樹氷めぐり」で絶景に出会える非日常体験を!

蔵王 |「みやぎ蔵王の樹氷めぐり」で絶景に出会える非日常体験を!

世界でも数ヶ所でしか見られない冬の自然現象・樹氷。宮城県蔵王町にある「みやぎ蔵王すみかわスノーパーク」で行なわれるツアー「みやぎ蔵王の樹氷めぐり」では、雪上車・ワイルドモンスター号で雪山を登り、10メートル近い高さの樹氷を間近で見られます。観賞後は、レストハウスの名物メニューと蔵王山の麓にある温泉も満喫しましょう。


ウィンタースポーツも楽しめる冬ならではの絶景スポット

東北自動車道村田ICまたは白石ICから車で約45分、ドライブコースとして人気の山岳観光道路「蔵王エコーライン」沿いに「みやぎ蔵王すみかわスノーパーク」はあります。

グリーンシーズンには高原でバーベキュー、ウィンターシーズンにはスキーやスノーボードを楽しめるほか、注目を集めているのが樹氷を間近で観賞できる「みやぎ蔵王の樹氷めぐり」。例年12月中旬から3月中旬まで開催され、寒さが厳しくなる2月に見ごろを迎えます。

希少な自然現象・樹氷って何?

日本で樹氷が見られるのは、宮城県の蔵王のほか、青森県の八甲田と秋田県の八幡平など世界でも数ヶ所のみという希少な自然現象です。

気温マイナス5度以下の環境下で、水滴や霧が針葉樹に吹き付けられて凍ると樹氷ができ、厳しい寒さと強風が続くとどんどん積もってビッグサイズに。モコモコとしたユニークなシルエットから“スノーモンスター”とも呼ばれ、世界中から多くの観光客が観賞に訪れます。

果てしなく広がる樹氷群に圧倒!

みやぎ蔵王すみかわスノーパークに到着したら、まずはレストハウスで受付を済ませましょう。最大30人が乗車できる大きな雪上車・ワイルドモンスター号に乗って約2時間のツアーに出発です。

上着がいらないくらい暖かな車内から一面真っ白な雪景色を楽しみつつ、ゆっくり雪山を登っていきます。約40~50分でスノーモンスターたちがにょきにょきと立ち並ぶ樹氷原に到着。マフラーや手袋などで防寒をしっかりして、氷点下の車外で観賞タイムです。

高さ10メートルを超す樹氷が目の前に広がる絶景に、思わず言葉を失います。大迫力の樹氷原は、SNS映え間違いなしのフォトジェニックポイント。樹氷のすぐそばまで歩いて行けるので、ファミリーで記念撮影をするのもお忘れなく。

樹氷観賞ツアーのあとは名物メニューと温泉を

約2時間のツアーが終了したら、ゲレンデ内にあるレストハウス「くもわくテラス」でのランチがオススメです。一番人気は、蔵王連峰のシンボル・御釜をモチーフにした「お釜カレー」。牛すじをとろとろに煮込んだほどよくスパイシーなカレーが、冷えた体を温めてくれます。

帰りは蔵王山の東麓にあり、足腰の病によいといわれる遠刈田温泉へ立ち寄りましょう。壮大な景色と温泉を満喫して、心も体もリフレッシュできそうです。

真冬のアクティビティとして人気が高い「みやぎ蔵王の樹氷めぐり」。ファミリーで感動の絶景を体験しに参加してみませんか?

「みやぎ蔵王の樹氷めぐり」を満喫したい!ななびチェック!

送迎バスでらくらく移動

山道の運転が不安な人は送迎バスの利用がオススメ。JR仙台駅からスキー場までの送迎バスを運行しています。マイカーで行くならスタッドレスタイヤの装着を。

快適に楽しむためのグッズを持参

日差しが雪に反射してまぶしいので、サングラスはマスト。お子さん用の準備も忘れずに。雪上車内はあたたかいので、防寒グッズは脱ぎ着しやすいアイテムが便利。

SNS映え間違いなしの絶景

ツアー中は樹氷や雪山など写真を撮りたくなるスポットがいっぱい!旅の思い出にファミリーでたくさん記念撮影をしましょう。

「みやぎ蔵王すみかわスノーパーク」について詳しくはこちら

関連する投稿


名取 |「ICHIBIKO 閖上店」ブランドいちご・ミガキイチゴのスイーツを召し上がれ

名取 |「ICHIBIKO 閖上店」ブランドいちご・ミガキイチゴのスイーツを召し上がれ

宮城県山元町で栽培される「ミガキイチゴ」をご存じでしょうか?濃厚な甘みと形の美しさから、“食べる宝石”と呼ばれるブランドいちごです。そのミガキイチゴを使ったスイーツを提供しているのが、名取市の「ICHIBIKO 閖上店」。ドリンクやプリン、大福など、バラエティに富んだミガキイチゴスイーツを味わってみませんか。


登米 |「津山もくもくランド秋祭り」登米の特産品をゲットしよう!

登米 |「津山もくもくランド秋祭り」登米の特産品をゲットしよう!

「津山もくもくランド秋祭り」は、例年10月に「道の駅 津山もくもくランド」で開催されるイベントです。登米市の特産品を購入できるほか、餅つき大会やビンゴゲーム、木工体験など、お子さんがわくわくする企画がたくさん。会場となる道の駅には大型遊具が設置された公園や郷土料理を味わえる食事処もあり、ファミリーでゆっくり楽しめますよ。


東松島 |「防災体験型宿泊施設KIBOTCHA」遊びながら防災について学ぼう!

東松島 |「防災体験型宿泊施設KIBOTCHA」遊びながら防災について学ぼう!

宮城県東松島市にある「防災体験型宿泊施設KIBOTCHA」は、2018年7月に誕生した防災教育のための施設。東日本大震災の津波被害を受けて廃校となった旧野蒜小学校を活用し、震災当時の資料を展示するほか、大型の室内遊具や防災について学べる体験学習スペースなどもあります。レストランや大浴場、宿泊施設も備えているので、1日中たっぷり遊べますよ。


大崎 |「準喫茶カガモク」オリジナリティあふれるこけし雑貨を探そう

大崎 |「準喫茶カガモク」オリジナリティあふれるこけし雑貨を探そう

宮城県大崎市にある「準喫茶カガモク」は、こけし雑貨を扱うショップ兼カフェ。カトラリーやおもちゃなど、バラエティ豊かなこけし雑貨がそろっていて、近隣のファミリーのみならず、全国のこけしファンから注目を集めるお店です。ウィットに富んだアイテムは、自分用にはもちろん大切な人へのギフトにもぴったりですよ。


登米 |「海老喜 蔵の資料館」江戸時代から残る貴重な蔵を見学

登米 |「海老喜 蔵の資料館」江戸時代から残る貴重な蔵を見学

宮城県登米市登米町は、武家屋敷や明治・大正時代の洋風建築が並ぶ街並みから、“みやぎの明治村”と呼ばれるエリアです。そのメインストリートに建つ「海老喜 蔵の資料館」では、約85年間手が加えられず、古い姿のまま残る酒蔵を資料館として公開。実際に使われていた酒づくりの道具や日用品といった、貴重な品々とあわせて見学できます。


最新の投稿


青森 |【ななび連載:青森編vol.2】青森の大地・海の恵みを収穫して食べられる体験スポット3選

青森 |【ななび連載:青森編vol.2】青森の大地・海の恵みを収穫して食べられる体験スポット3選

青森といえば、リンゴ、ほたて…とたくさんの特産品があります。今回はそんな青森市内にある、自分で収穫して食べられる体験スポットをご紹介。収穫時期によってさまざまな食材を楽しめるので、何度訪れても楽しめますよ。


新発田 |「城下町しばた全国雑煮合戦」で、体も心もホカホカに

新発田 |「城下町しばた全国雑煮合戦」で、体も心もホカホカに

「城下町しばた全国雑煮合戦」は毎年1月に城下町・新発田市で開催されるイベント。新潟県内のみならず、全国から個性あふれるお雑煮が大集合し、みなさんの投票でグランプリが決まります。当日は餅まきなどのイベントもあり、親子でたっぷりと楽しめます。


寒河江 |「やまがた雪フェスティバル」グルメと雪遊びを楽しめる冬イベント

寒河江 |「やまがた雪フェスティバル」グルメと雪遊びを楽しめる冬イベント

冬の山形県は、豪雪地帯ならではの雪にちなんだイベントが目白押し。その先陣を切るのが、寒河江市で開催される「やまがた雪フェスティバル」です。巨大な雪像をバックに行なわれるアーティストのライブや、雪を使ったアトラクション、ラーメンをはじめ地元のグルメが集まる屋台、夜のイルミネーションに花火大会と、お楽しみがいっぱいです。


青森 |【ななび連載:青森編vol.1】青森ってどんなところ?

青森 |【ななび連載:青森編vol.1】青森ってどんなところ?

青森県の県庁所在地である青森市は、美しい自然や新鮮な海の幸・山の幸、歴史を感じる文化財に恵まれた中心都市。四季の風景や熱く盛り上がるイベントなどは、海外からの観光客にも注目される、魅力たっぷりの街です。今回は、家族でおでかけしたくなるイベントや観光スポットをご紹介します!


横手 |「横手市増田まんが美術館」マンガの世界を体感しよう!

横手 |「横手市増田まんが美術館」マンガの世界を体感しよう!

秋田県横手市にある「横手市増田まんが美術館」は、マンガをテーマにした美術館です。原画の所蔵枚数はなんと23万枚以上!マンガファンなら一度は目にしたい名作マンガの原画を見られるとあって、国内はもちろん海外からも注目されています。