新潟 |「ウィンターイルミネーション」でカラフルにきらめく新潟の冬を楽しもう

新潟 |「ウィンターイルミネーション」でカラフルにきらめく新潟の冬を楽しもう

クリスマスやお正月など、わくわくするイベントが多い冬。2018年の冬は新潟できらめくイルミネーションを楽しんでみませんか。「子どもも一緒に楽しみたい」「いろんな形や色のイルミネーションも見てみたい」そんな人にオススメの3つのイルミネーションスポットをご紹介します。防寒対策をしっかりして、幻想的な光の世界へでかけませんか。


新潟市「GROWING ILLUMINATION 2018 WINTER」大型庭園が幻想的な冬の世界に

※ 写真は昨年実施のもの

季節ごとの花が咲き乱れ、四季折々の風景を楽しませてくれる「いくとぴあ食花キラキラガーデン」。晩秋から冬にかけては、色とりどりのイルミネーションが園内を彩ります。

2018年で5回目を迎えた「GROWING ILLUMINATION」の今年のテーマは「Light Forest」。大型庭園の園路を「光の花」や「光の樹木」など、植物に絡めた明かりが随所にともされます。

また、例年人気の「光と音のショー」も開催。クリスマスソングや冬の歌などの音楽と共に光がリズミカルに連動し、きらめく幻想的な世界を演出します。さまざまな色のイルミネーションがきらめく光景は、思わず見とれてしまうほどの美しさです。

また、2018年12月23日(日・祝)、24日(月・祝)は、いくとぴあ食花でクリスマスフェスタが開催されます。サンタさんに出会えるイベントやコンサートなど、家族やカップルで楽しめるイベントも盛りだくさんですよ。

長岡市「ウインター・サファリ・イルミネーション」さまざまな動物たちがイルミネーションに!

長岡市にある国営越後丘陵公園での冬のイルミネーションは、2007年に中越地震復興のためのイベント「ウインタースペシャルオープン」としてスタートしたのが始まりです。以後、翌年より「ウインターイルミネーション」として、毎年たくさんの人が冬のイルミネーションを楽しみに訪れています。

2018年度のテーマは「サファリ」。屋外では、大きなケヤキに電飾を彩った「きらめきの大ケヤキ」や「光のトンネル」のほか、ゾウやサイなどの造物の石材アートもライトアップされます。

屋内では廃材を使用したキリンやクジャクの実物大アート、小国和紙を使用した動物の巨大折り紙や竹灯籠の展示も行われます。巨大シャンパングラスツリーやサンタさんのお部屋、クリスマスツリーなどもあるため、クリスマス気分も満喫できますよ。

また、2018年12月8日(土)、15日(土)、22日(土)、23日(日・祝)、24日(月・祝)の18:30~は「冬花火」も打ち上げ予定です。冬の夜空を鮮やかに魅せるイルミネーションと花火のコラボレーションを楽しむのもオススメです!

見附市「見附市街路樹イルミネーション」街と市民でつくり上げた風景

2006年にスタートした「見附市街路樹イルミネーション」。毎年11月下旬になると、見附市役所前通りから、本町商店街の約2.7キロメートルにかけて、沿道の街路樹にイルミネーションが施されます。県内最長のイルミネーションストリートとして知られ、今や見附市の冬の風物詩として親しまれています。

特徴は、市民ボランティアによってイルミネーションが取り付けられていることです。街と地域の人々がタッグを組み「普段何気なく通る道を楽しんでもらいたい」という街への想いがしっかりと込められているのです。

街路樹イルミネーションのほかにも、市役所の玄関前にはスポットイルミネーションを装飾し、ハート型のイルミネーションも用意されています。カップルやお友達、家族との記念撮影にもぴったりですね。

寒さと雪が厳しい新潟の冬ですが、さまざまな光できらめく美しいイルミネーションの世界に触れてみれば、きっと心が温まるはず。冬ならではの楽しみ方をぜひ満喫してみてください。

冬のイルミネーションを楽しむコツ!ななびチェック!

3会場とも防寒&防風対策は必須!

新潟の冬はとにかく寒いので、イルミネーションを楽しむには防寒対策が必須です。また夕方でも足元が暗いこともあるため、滑りにくい靴ででかけるのもオススメ。足元を照らすライトなどを持参すると安心です。

関連イベントも楽しもう

いくとぴあ食花と国営越後丘陵公園では、イルミネーション関連のイベントも開催。クリスマスや花火なども楽しめるので、おでかけ前にホームページでチェックを。

トイレや休憩スペースも活用を!

いくとぴあ食花、国営越後丘陵公園には屋内施設が隣接し、見附市では公共施設がイルミネーションの沿道にあります。トイレや休憩スペースも活用しましょう。

「GROWING ILLUMINATION 2018 WINTER」について詳しくはこちら
「ウインター・サファリ・イルミネーション」について詳しくはこちら
「見附市街路樹イルミネーション」について詳しくはこちら

関連する投稿


新潟 |「そら野テラス」新潟の農業、食、自然を一度に体験できる産直市場

新潟 |「そら野テラス」新潟の農業、食、自然を一度に体験できる産直市場

新潟市西蒲区にある「そら野テラス」は、農園と直売所、カフェが一体となったスポットです。新鮮な野菜や果物を買えるのはもちろん、その土地で大切に育てられた季節の食材を使った料理も味わえ、楽しみ方はさまざま!豊かな自然に囲まれたのどかな場所で、四季を感じながら新潟の農業やおいしいグルメにふれてみませんか。


南魚沼 |南魚沼プロジェクト「本気丼2018」コシヒカリ×地元食材×地元料理人の“本気”なうまさを味わう!

南魚沼 |南魚沼プロジェクト「本気丼2018」コシヒカリ×地元食材×地元料理人の“本気”なうまさを味わう!

ツヤツヤと美しい粒と噛むほどにうま味と香りを口いっぱいに堪能できる「南魚沼産コシヒカリ」。日本一おいしいとも言われるこの米を主役にした南魚沼市独自のプロジェクト「本気丼2018」が今年も開催中です。4度目の開催となる2018年は、66杯の本気丼が登場。その土地ならではの美味や料理人たちの趣向を凝らした1杯を味わってみませんか?


新潟 |「krtek select toys」遊びを通して生きる力や考える力を育てる、遊びとおもちゃの専門店

新潟 |「krtek select toys」遊びを通して生きる力や考える力を育てる、遊びとおもちゃの専門店

新潟市中央区にある「krtek select toys」は、ヨーロッパのおもちゃやボードゲームなどを扱うおもちゃの専門店。木のぬくもりを感じられるものから、さまざまな遊び方ができるものなど親子で夢中になれるおもちゃばかり!ご自身のお子さんのおもちゃ選びはもちろん、出産祝いや誕生日プレゼントを探したい方にもオススメです。


胎内 |「坂井神楽米」山間のおいしい水で育てられたお米

胎内 |「坂井神楽米」山間のおいしい水で育てられたお米

炊きたてのご飯をほおばると、お米の甘さや粘りが口のなかいっぱいに広がり、幸せな気持ちになるもの。秋の新米となれば、なおのことですよね。新潟県は全国有数の米どころとして知られていますが、今回紹介する胎内市の「坂井神楽米」は、2014年お米日本一コンテストで最高金賞を受賞するなど、おいしいお米として、注目を集めています。


十日町・津南 |「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2018」棚田や里山が芸術の舞台に!

十日町・津南 |「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2018」棚田や里山が芸術の舞台に!

新潟県の南端、十日町市と津南町。棚田や里山が連なるその一帯は“越後妻有”と呼ばれています。ここで自然と地元の人々を巻き込んで芸術祭プロジェクトが始まってから約20年。2018年で7回目を迎える「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2018」が9月17日(月・祝)まで開催されています。旅するようにアートを楽しんでみては?


最新の投稿


天栄村 |「エンゼルフォレスト那須白河」親子で、おじいちゃんおばあちゃんも、ペットも!冬でも楽しめるリゾートキャンプ場!

天栄村 |「エンゼルフォレスト那須白河」親子で、おじいちゃんおばあちゃんも、ペットも!冬でも楽しめるリゾートキャンプ場!

アウトドアというと、春から秋にかけてがメインシーズンのイメージがあると思いますが、キャンパーたちがこぞってオススメするのが、実は冬のキャンプ!冬の澄んだ空気や火の温かさをダイレクトに感じる“冬キャン”こそ、アウトドアの醍醐味なのだそう。アウトドア初心者でも四季折々の魅力を満喫できる「エンゼルフォレスト那須白河」をご紹介します。


久慈 |【ななび連載:久慈編vol.2】久慈に行ったら必食!絶対にはずせない三大グルメ

久慈 |【ななび連載:久慈編vol.2】久慈に行ったら必食!絶対にはずせない三大グルメ

岩手県久慈市は、世界有数の漁場として知られる三陸沖の魚介、テレビドラマ『あまちゃん』で注目を集めた郷土料理「まめぶ汁」、さらには豊かな森が広がる山間部では赤身がおいしいブランド牛「短角牛」と、グルメが充実した街でもあります。そんな久慈のおいしさを満喫するグルメ旅へでかけましょう。


蔵王 |「みやぎ蔵王の樹氷めぐり」で絶景に出会える非日常体験を!

蔵王 |「みやぎ蔵王の樹氷めぐり」で絶景に出会える非日常体験を!

世界でも数ヶ所でしか見られない冬の自然現象・樹氷。宮城県蔵王町にある「みやぎ蔵王すみかわスノーパーク」で行なわれるツアー「みやぎ蔵王の樹氷めぐり」では、雪上車・ワイルドモンスター号で雪山を登り、10メートル近い高さの樹氷を間近で見られます。観賞後は、レストハウスの名物メニューと蔵王山の麓にある温泉も満喫しましょう。


新潟 |「ウィンターイルミネーション」でカラフルにきらめく新潟の冬を楽しもう

新潟 |「ウィンターイルミネーション」でカラフルにきらめく新潟の冬を楽しもう

クリスマスやお正月など、わくわくするイベントが多い冬。2018年の冬は新潟できらめくイルミネーションを楽しんでみませんか。「子どもも一緒に楽しみたい」「いろんな形や色のイルミネーションも見てみたい」そんな人にオススメの3つのイルミネーションスポットをご紹介します。防寒対策をしっかりして、幻想的な光の世界へでかけませんか。


新潟 |「そら野テラス」新潟の農業、食、自然を一度に体験できる産直市場

新潟 |「そら野テラス」新潟の農業、食、自然を一度に体験できる産直市場

新潟市西蒲区にある「そら野テラス」は、農園と直売所、カフェが一体となったスポットです。新鮮な野菜や果物を買えるのはもちろん、その土地で大切に育てられた季節の食材を使った料理も味わえ、楽しみ方はさまざま!豊かな自然に囲まれたのどかな場所で、四季を感じながら新潟の農業やおいしいグルメにふれてみませんか。