新潟 |「ウィンターイルミネーション」でカラフルにきらめく新潟の冬を楽しもう

新潟 |「ウィンターイルミネーション」でカラフルにきらめく新潟の冬を楽しもう

クリスマスやお正月など、わくわくするイベントが多い冬。2018年の冬は新潟できらめくイルミネーションを楽しんでみませんか。「子どもも一緒に楽しみたい」「いろんな形や色のイルミネーションも見てみたい」そんな人にオススメの3つのイルミネーションスポットをご紹介します。防寒対策をしっかりして、幻想的な光の世界へでかけませんか。


新潟市「GROWING ILLUMINATION 2018 WINTER」大型庭園が幻想的な冬の世界に

※ 写真は昨年実施のもの

季節ごとの花が咲き乱れ、四季折々の風景を楽しませてくれる「いくとぴあ食花キラキラガーデン」。晩秋から冬にかけては、色とりどりのイルミネーションが園内を彩ります。

2018年で5回目を迎えた「GROWING ILLUMINATION」の今年のテーマは「Light Forest」。大型庭園の園路を「光の花」や「光の樹木」など、植物に絡めた明かりが随所にともされます。

また、例年人気の「光と音のショー」も開催。クリスマスソングや冬の歌などの音楽と共に光がリズミカルに連動し、きらめく幻想的な世界を演出します。さまざまな色のイルミネーションがきらめく光景は、思わず見とれてしまうほどの美しさです。

また、2018年12月23日(日・祝)、24日(月・祝)は、いくとぴあ食花でクリスマスフェスタが開催されます。サンタさんに出会えるイベントやコンサートなど、家族やカップルで楽しめるイベントも盛りだくさんですよ。

長岡市「ウインター・サファリ・イルミネーション」さまざまな動物たちがイルミネーションに!

長岡市にある国営越後丘陵公園での冬のイルミネーションは、2007年に中越地震復興のためのイベント「ウインタースペシャルオープン」としてスタートしたのが始まりです。以後、翌年より「ウインターイルミネーション」として、毎年たくさんの人が冬のイルミネーションを楽しみに訪れています。

2018年度のテーマは「サファリ」。屋外では、大きなケヤキに電飾を彩った「きらめきの大ケヤキ」や「光のトンネル」のほか、ゾウやサイなどの造物の石材アートもライトアップされます。

屋内では廃材を使用したキリンやクジャクの実物大アート、小国和紙を使用した動物の巨大折り紙や竹灯籠の展示も行われます。巨大シャンパングラスツリーやサンタさんのお部屋、クリスマスツリーなどもあるため、クリスマス気分も満喫できますよ。

また、2018年12月8日(土)、15日(土)、22日(土)、23日(日・祝)、24日(月・祝)の18:30~は「冬花火」も打ち上げ予定です。冬の夜空を鮮やかに魅せるイルミネーションと花火のコラボレーションを楽しむのもオススメです!

見附市「見附市街路樹イルミネーション」街と市民でつくり上げた風景

2006年にスタートした「見附市街路樹イルミネーション」。毎年11月下旬になると、見附市役所前通りから、本町商店街の約2.7キロメートルにかけて、沿道の街路樹にイルミネーションが施されます。県内最長のイルミネーションストリートとして知られ、今や見附市の冬の風物詩として親しまれています。

特徴は、市民ボランティアによってイルミネーションが取り付けられていることです。街と地域の人々がタッグを組み「普段何気なく通る道を楽しんでもらいたい」という街への想いがしっかりと込められているのです。

街路樹イルミネーションのほかにも、市役所の玄関前にはスポットイルミネーションを装飾し、ハート型のイルミネーションも用意されています。カップルやお友達、家族との記念撮影にもぴったりですね。

寒さと雪が厳しい新潟の冬ですが、さまざまな光できらめく美しいイルミネーションの世界に触れてみれば、きっと心が温まるはず。冬ならではの楽しみ方をぜひ満喫してみてください。

冬のイルミネーションを楽しむコツ!ななびチェック!

3会場とも防寒&防風対策は必須!

新潟の冬はとにかく寒いので、イルミネーションを楽しむには防寒対策が必須です。また夕方でも足元が暗いこともあるため、滑りにくい靴ででかけるのもオススメ。足元を照らすライトなどを持参すると安心です。

関連イベントも楽しもう

いくとぴあ食花と国営越後丘陵公園では、イルミネーション関連のイベントも開催。クリスマスや花火なども楽しめるので、おでかけ前にホームページでチェックを。

トイレや休憩スペースも活用を!

いくとぴあ食花、国営越後丘陵公園には屋内施設が隣接し、見附市では公共施設がイルミネーションの沿道にあります。トイレや休憩スペースも活用しましょう。

「GROWING ILLUMINATION 2018 WINTER」について詳しくはこちら
「ウインター・サファリ・イルミネーション」について詳しくはこちら
「見附市街路樹イルミネーション」について詳しくはこちら

関連する投稿


新潟 | 米どころ・新潟は大福のレベルも高し!人気の大福3選

新潟 | 米どころ・新潟は大福のレベルも高し!人気の大福3選

新潟の大福は、県外の人がびっくりするほどのおいしさで知られています。新潟にはきんぴらごぼうを入れたものや、塩だけで煮た甘くないあんこが入った「おやき」と呼ばれる大福など、珍しい大福も。ただ、今回紹介するのは定番の豆大福。新潟の老舗がつくるこだわりや工夫が詰まった豆大福をぜひ食べ比べてみてください。




村上 |「城下町村上 町屋の人形さま巡り」町屋に伝わる貴重なひな人形を見に行きましょう

村上 |「城下町村上 町屋の人形さま巡り」町屋に伝わる貴重なひな人形を見に行きましょう

日本海に面した「北限の茶どころ」である村上市では、毎年3月1日~4月3日まで「城下町村上 町屋の人形さま巡り」が行われています。村上市は江戸時代、村上藩の城下町として栄えた街で、旧町人町一帯には今も情緒あふれる古い町並みや町屋が残っています。村上市内の町屋を訪ね、各家庭に代々受け継がれながら大切に保管されてきた「人形さま」を見に行きませんか。


小千谷 |「おぢや風船一揆」冬の青空を、カラフルな熱気球が彩るファンタジーな世界

小千谷 |「おぢや風船一揆」冬の青空を、カラフルな熱気球が彩るファンタジーな世界

新潟県小千谷市で開催される「おぢや風船一揆」。毎年2月下旬の土曜・日曜に行なわれ、2019年で43回目を迎えます。「風船」といっても実は熱気球のこと。雪に覆われた田んぼの上空を、色鮮やかな熱気球が飛び交う光景は圧巻です! ほかにもみどころ盛りだくさんな、大人も子どもも楽しめる「おぢや風船一揆」をご紹介します。


最新の投稿


郡山市 |「AMEKAZE」“ローカル”に特化した食のセレクトショップ

郡山市 |「AMEKAZE」“ローカル”に特化した食のセレクトショップ

黒を基調としたシンプルなたたずまいが特徴的な、グローサリーマーケット「AMEKAZE」。カーショップのようなスタイリッシュな外観ですが、店内には地元の名産物をはじめ、各地のおいしいものがずらりと勢ぞろい。おみやげやプレゼント選びにもピッタリなお店です。


蔵王 |【ななび連載:蔵王編vol.3】遠刈田温泉で探すほっこりアイテム&手づくり体験

蔵王 |【ななび連載:蔵王編vol.3】遠刈田温泉で探すほっこりアイテム&手づくり体験

蔵王町の人気スポットのひとつといえば、開湯約400年の歴史をもつ遠刈田温泉。温泉街はこぢんまりとしていますが、見どころがたくさんあって散策にぴったり。ステキなアイテムがそろう陶芸工房やギャラリーショップも点在しているので、作家ものの器をおみやげにしたり、絵付け体験でオリジナルアイテムをつくったりするのもオススメです。


鶴岡 |「フルーツショップ青森屋」こぼれんばかりのフルーツにびっくり!ぜいたくなタルト&ケーキを味わおう

鶴岡 |「フルーツショップ青森屋」こぼれんばかりのフルーツにびっくり!ぜいたくなタルト&ケーキを味わおう

山形県といえば、日本屈指のフルーツ王国。鶴岡市にある「フルーツショップ青森屋」は、地元をはじめ全国各地から仕入れたよりすぐりのフルーツを扱う青果店です。店内にはカフェスペースも併設し、青果店ならではの新鮮なフルーツをたっぷり使ったタルトやケーキが大人気。遊び心あふれる空間にも注目してみてくださいね。


松島 |「ザ・ミュージアム MATSUSHIMA」3つのコレクションの魅力を一度に楽しめる博物館

松島 |「ザ・ミュージアム MATSUSHIMA」3つのコレクションの魅力を一度に楽しめる博物館

日本三景のひとつ、宮城県の松島にある「ザ・ミュージアム MATSUSHIMA」は、レトロなおもちゃ・モードファッション・オルゴールの3つのコレクションをひとつの施設で観ることができるミュージアムです。普段はなかなかお目にかかれない貴重なコレクションをたくさん展示しているので、じっくり鑑賞を楽しみましょう。


蔵王 |【ななび連載:蔵王編vol.2】家族みんなが大満足の蔵王グルメを満喫

蔵王 |【ななび連載:蔵王編vol.2】家族みんなが大満足の蔵王グルメを満喫

自然豊かな蔵王町には、大地の恵みがギュッと詰まったおいしい農産物がいっぱい!また、近隣の市町村も農業が盛んだったり、ブランド豚を飼育していたりすることから、フレッシュな食材でつくる料理自慢のお店がたくさんあります。今回はそんな蔵王町のお店のなかから、お子さんの大好物がそろう人気の3店をご紹介します。