新型コロナウイルス感染症の影響により、「ななび」に掲載しているスポットやイベントなどの
開催・営業時間に、変更が発生している場合がございます。
おでかけ前に、各スポット公式サイトをご確認くださいませ。
 

新潟 |「ウィンターイルミネーション」でカラフルにきらめく新潟の冬を楽しもう

新潟 |「ウィンターイルミネーション」でカラフルにきらめく新潟の冬を楽しもう

クリスマスやお正月など、わくわくするイベントが多い冬。2018年の冬は新潟できらめくイルミネーションを楽しんでみませんか。「子どもも一緒に楽しみたい」「いろんな形や色のイルミネーションも見てみたい」そんな人にオススメの3つのイルミネーションスポットをご紹介します。防寒対策をしっかりして、幻想的な光の世界へでかけませんか。


新潟市「GROWING ILLUMINATION 2018 WINTER」大型庭園が幻想的な冬の世界に

※ 写真は昨年実施のもの

季節ごとの花が咲き乱れ、四季折々の風景を楽しませてくれる「いくとぴあ食花キラキラガーデン」。晩秋から冬にかけては、色とりどりのイルミネーションが園内を彩ります。

2018年で5回目を迎えた「GROWING ILLUMINATION」の今年のテーマは「Light Forest」。大型庭園の園路を「光の花」や「光の樹木」など、植物に絡めた明かりが随所にともされます。

また、例年人気の「光と音のショー」も開催。クリスマスソングや冬の歌などの音楽と共に光がリズミカルに連動し、きらめく幻想的な世界を演出します。さまざまな色のイルミネーションがきらめく光景は、思わず見とれてしまうほどの美しさです。

また、2018年12月23日(日・祝)、24日(月・祝)は、いくとぴあ食花でクリスマスフェスタが開催されます。サンタさんに出会えるイベントやコンサートなど、家族やカップルで楽しめるイベントも盛りだくさんですよ。

長岡市「ウインター・サファリ・イルミネーション」さまざまな動物たちがイルミネーションに!

長岡市にある国営越後丘陵公園での冬のイルミネーションは、2007年に中越地震復興のためのイベント「ウインタースペシャルオープン」としてスタートしたのが始まりです。以後、翌年より「ウインターイルミネーション」として、毎年たくさんの人が冬のイルミネーションを楽しみに訪れています。

2018年度のテーマは「サファリ」。屋外では、大きなケヤキに電飾を彩った「きらめきの大ケヤキ」や「光のトンネル」のほか、ゾウやサイなどの造物の石材アートもライトアップされます。

屋内では廃材を使用したキリンやクジャクの実物大アート、小国和紙を使用した動物の巨大折り紙や竹灯籠の展示も行われます。巨大シャンパングラスツリーやサンタさんのお部屋、クリスマスツリーなどもあるため、クリスマス気分も満喫できますよ。

また、2018年12月8日(土)、15日(土)、22日(土)、23日(日・祝)、24日(月・祝)の18:30~は「冬花火」も打ち上げ予定です。冬の夜空を鮮やかに魅せるイルミネーションと花火のコラボレーションを楽しむのもオススメです!

見附市「見附市街路樹イルミネーション」街と市民でつくり上げた風景

2006年にスタートした「見附市街路樹イルミネーション」。毎年11月下旬になると、見附市役所前通りから、本町商店街の約2.7キロメートルにかけて、沿道の街路樹にイルミネーションが施されます。県内最長のイルミネーションストリートとして知られ、今や見附市の冬の風物詩として親しまれています。

特徴は、市民ボランティアによってイルミネーションが取り付けられていることです。街と地域の人々がタッグを組み「普段何気なく通る道を楽しんでもらいたい」という街への想いがしっかりと込められているのです。

街路樹イルミネーションのほかにも、市役所の玄関前にはスポットイルミネーションを装飾し、ハート型のイルミネーションも用意されています。カップルやお友達、家族との記念撮影にもぴったりですね。

寒さと雪が厳しい新潟の冬ですが、さまざまな光できらめく美しいイルミネーションの世界に触れてみれば、きっと心が温まるはず。冬ならではの楽しみ方をぜひ満喫してみてください。

冬のイルミネーションを楽しむコツ!ななびチェック!

3会場とも防寒&防風対策は必須!

新潟の冬はとにかく寒いので、イルミネーションを楽しむには防寒対策が必須です。また夕方でも足元が暗いこともあるため、滑りにくい靴ででかけるのもオススメ。足元を照らすライトなどを持参すると安心です。

関連イベントも楽しもう

いくとぴあ食花と国営越後丘陵公園では、イルミネーション関連のイベントも開催。クリスマスや花火なども楽しめるので、おでかけ前にホームページでチェックを。

トイレや休憩スペースも活用を!

いくとぴあ食花、国営越後丘陵公園には屋内施設が隣接し、見附市では公共施設がイルミネーションの沿道にあります。トイレや休憩スペースも活用しましょう。

「GROWING ILLUMINATION 2018 WINTER」について詳しくはこちら
「ウインター・サファリ・イルミネーション」について詳しくはこちら
「見附市街路樹イルミネーション」について詳しくはこちら

関連する投稿


上越 |「上越市立水族博物館 うみがたり」子どもから大人まで海の世界に癒やされる空間

上越 |「上越市立水族博物館 うみがたり」子どもから大人まで海の世界に癒やされる空間

新潟県上越市にある、地元の人から80年以上愛されていきた「上越市立水族博物館」が、2018年に装いも新たにグランドオープン!名称も「上越市立水族博物館 うみがたり」とし、迫力のあるドルフィンパフォーマンスや100羽以上のマゼランペンギンなど、1日中楽しめるゾーンが盛りだくさん!家族やカップル、友達みんなと満喫できるスポットです。※現在新型コロナウイルス感染症対策を行っています


新潟 |「秋葉硝子」吹きガラスの魅力を伝えるガラス工房

新潟 |「秋葉硝子」吹きガラスの魅力を伝えるガラス工房

新潟市街から車で30分ほどの場所にある秋葉区新津地域。かつてこの地域ではガラス工業が盛んで、10数社の工場があったそう。現在は「秋葉硝子」の1社のみとなりましたが、美しい吹きガラスの魅力を伝えています。大量生産ではなく、手づくりのガラス作品が醸しだす風合いは、多くの人を魅了しています。


津南 |「つなん雪まつり」で雪と友達になろう!

津南 |「つなん雪まつり」で雪と友達になろう!

日本有数の豪雪地帯の津南町で行なわれる「つなん雪まつり」は、雪の楽しさ、美しさを体験できるイベント。注目イベントはスカイランタンの打ち上げですが、ほかにも雪を使ったアトラクションや露店市などイベントが盛りだくさんです。


魚沼 |「第32回魚沼国際雪合戦」で冬の寒さを吹き飛ばそう!

魚沼 |「第32回魚沼国際雪合戦」で冬の寒さを吹き飛ばそう!

新潟県でも有数の豪雪地で知られている魚沼市。市内の小出地区で開催する「魚沼国際雪合戦」は、2020年で32回目を迎えます。雪を楽しもうという発想から誕生し、地元はもちろん、県外からの参加も多数。今では魚沼市の冬を代表するイベントになっています。


新発田 |「城下町しばた全国雑煮合戦」で、体も心もホカホカに

新発田 |「城下町しばた全国雑煮合戦」で、体も心もホカホカに

「城下町しばた全国雑煮合戦」は毎年1月に城下町・新発田市で開催されるイベント。新潟県内のみならず、全国から個性あふれるお雑煮が大集合し、みなさんの投票でグランプリが決まります。当日は餅まきなどのイベントもあり、親子でたっぷりと楽しめます。


最新の投稿


上越 |「上越市立水族博物館 うみがたり」子どもから大人まで海の世界に癒やされる空間

上越 |「上越市立水族博物館 うみがたり」子どもから大人まで海の世界に癒やされる空間

新潟県上越市にある、地元の人から80年以上愛されていきた「上越市立水族博物館」が、2018年に装いも新たにグランドオープン!名称も「上越市立水族博物館 うみがたり」とし、迫力のあるドルフィンパフォーマンスや100羽以上のマゼランペンギンなど、1日中楽しめるゾーンが盛りだくさん!家族やカップル、友達みんなと満喫できるスポットです。※現在新型コロナウイルス感染症対策を行っています


東根 |「東根市さくらんぼタントクルセンター」お子さんの想像力を刺激する遊びがいっぱい

東根 |「東根市さくらんぼタントクルセンター」お子さんの想像力を刺激する遊びがいっぱい

「お子さんをのびのびと遊ばせたい」「楽しみながら自分で考える力を養ってほしい」…そんなパパとママの願いを叶えてくれるのが、山形県東根市にある「東根市さくらんぼタントクルセンター」。巨大な複合遊具をはじめとする多彩な遊びが盛りだくさんのスポットです。大人も一緒に楽しみたくなる遊び場の魅力に迫ります。


秋田 |「ブックスタート推進事業」赤ちゃんの絵本デビューをサポート

秋田 |「ブックスタート推進事業」赤ちゃんの絵本デビューをサポート

全国で広がりをみせる「ブックスタート推進事業」。秋田県秋田市では、0歳児とその保護者を対象に絵本の読み聞かせを定期開催し、絵本をプレゼントする子育て支援事業のひとつとして推進されています。無料で参加できるので、赤ちゃんのはじめての絵本選びや読み聞かせの参考にしてみてくださいね。


名取 |「カフェ モーツァルト ユリイカ」図書館にある地元食材が味わえるカフェ

名取 |「カフェ モーツァルト ユリイカ」図書館にある地元食材が味わえるカフェ

宮城県名取市の「カフェ モーツァルト ユリイカ」は、JR名取駅と直結している「名取市図書館」併設のカフェ。日差しがたっぷり入り込む明るい店内で、地元食材を活かしたランチや華やかなスイーツが味わえます。カフェと同じフロアに設けられた図書館の児童コーナーには、靴を脱いでお子さんと一緒に読書が楽しめるスペースもありますよ。


奥州 |「N'CAFE」体にやさしいスイーツを味わえる“無添加”の住宅ショールーム

奥州 |「N'CAFE」体にやさしいスイーツを味わえる“無添加”の住宅ショールーム

岩手県南部の奥州市水沢地区にある「N'CAFE」は、住宅ショールーム内に設けられたカフェ。“無添加”をキーワードにしたナチュラルな空間で、体にやさしい素材を使ったスイーツをいただけます。日によって担当シェフが替わるランチも要チェックですよ。