新潟 |「ウィンターイルミネーション」でカラフルにきらめく新潟の冬を楽しもう

新潟 |「ウィンターイルミネーション」でカラフルにきらめく新潟の冬を楽しもう

クリスマスやお正月など、わくわくするイベントが多い冬。2018年の冬は新潟できらめくイルミネーションを楽しんでみませんか。「子どもも一緒に楽しみたい」「いろんな形や色のイルミネーションも見てみたい」そんな人にオススメの3つのイルミネーションスポットをご紹介します。防寒対策をしっかりして、幻想的な光の世界へでかけませんか。


新潟市「GROWING ILLUMINATION 2018 WINTER」大型庭園が幻想的な冬の世界に

※ 写真は昨年実施のもの

季節ごとの花が咲き乱れ、四季折々の風景を楽しませてくれる「いくとぴあ食花キラキラガーデン」。晩秋から冬にかけては、色とりどりのイルミネーションが園内を彩ります。

2018年で5回目を迎えた「GROWING ILLUMINATION」の今年のテーマは「Light Forest」。大型庭園の園路を「光の花」や「光の樹木」など、植物に絡めた明かりが随所にともされます。

また、例年人気の「光と音のショー」も開催。クリスマスソングや冬の歌などの音楽と共に光がリズミカルに連動し、きらめく幻想的な世界を演出します。さまざまな色のイルミネーションがきらめく光景は、思わず見とれてしまうほどの美しさです。

また、2018年12月23日(日・祝)、24日(月・祝)は、いくとぴあ食花でクリスマスフェスタが開催されます。サンタさんに出会えるイベントやコンサートなど、家族やカップルで楽しめるイベントも盛りだくさんですよ。

長岡市「ウインター・サファリ・イルミネーション」さまざまな動物たちがイルミネーションに!

長岡市にある国営越後丘陵公園での冬のイルミネーションは、2007年に中越地震復興のためのイベント「ウインタースペシャルオープン」としてスタートしたのが始まりです。以後、翌年より「ウインターイルミネーション」として、毎年たくさんの人が冬のイルミネーションを楽しみに訪れています。

2018年度のテーマは「サファリ」。屋外では、大きなケヤキに電飾を彩った「きらめきの大ケヤキ」や「光のトンネル」のほか、ゾウやサイなどの造物の石材アートもライトアップされます。

屋内では廃材を使用したキリンやクジャクの実物大アート、小国和紙を使用した動物の巨大折り紙や竹灯籠の展示も行われます。巨大シャンパングラスツリーやサンタさんのお部屋、クリスマスツリーなどもあるため、クリスマス気分も満喫できますよ。

また、2018年12月8日(土)、15日(土)、22日(土)、23日(日・祝)、24日(月・祝)の18:30~は「冬花火」も打ち上げ予定です。冬の夜空を鮮やかに魅せるイルミネーションと花火のコラボレーションを楽しむのもオススメです!

見附市「見附市街路樹イルミネーション」街と市民でつくり上げた風景

2006年にスタートした「見附市街路樹イルミネーション」。毎年11月下旬になると、見附市役所前通りから、本町商店街の約2.7キロメートルにかけて、沿道の街路樹にイルミネーションが施されます。県内最長のイルミネーションストリートとして知られ、今や見附市の冬の風物詩として親しまれています。

特徴は、市民ボランティアによってイルミネーションが取り付けられていることです。街と地域の人々がタッグを組み「普段何気なく通る道を楽しんでもらいたい」という街への想いがしっかりと込められているのです。

街路樹イルミネーションのほかにも、市役所の玄関前にはスポットイルミネーションを装飾し、ハート型のイルミネーションも用意されています。カップルやお友達、家族との記念撮影にもぴったりですね。

寒さと雪が厳しい新潟の冬ですが、さまざまな光できらめく美しいイルミネーションの世界に触れてみれば、きっと心が温まるはず。冬ならではの楽しみ方をぜひ満喫してみてください。

冬のイルミネーションを楽しむコツ!ななびチェック!

3会場とも防寒&防風対策は必須!

新潟の冬はとにかく寒いので、イルミネーションを楽しむには防寒対策が必須です。また夕方でも足元が暗いこともあるため、滑りにくい靴ででかけるのもオススメ。足元を照らすライトなどを持参すると安心です。

関連イベントも楽しもう

いくとぴあ食花と国営越後丘陵公園では、イルミネーション関連のイベントも開催。クリスマスや花火なども楽しめるので、おでかけ前にホームページでチェックを。

トイレや休憩スペースも活用を!

いくとぴあ食花、国営越後丘陵公園には屋内施設が隣接し、見附市では公共施設がイルミネーションの沿道にあります。トイレや休憩スペースも活用しましょう。

「GROWING ILLUMINATION 2018 WINTER」について詳しくはこちら
「ウインター・サファリ・イルミネーション」について詳しくはこちら
「見附市街路樹イルミネーション」について詳しくはこちら

関連する投稿


十日町 |「アウトランド」まるで異国!アート作品でもあるログハウス村&キャンプ場

十日町 |「アウトランド」まるで異国!アート作品でもあるログハウス村&キャンプ場

新潟県十日町市の山裾に、突然現れる異空間。まるで異国のような雰囲気が漂うキャンピングビレッジです。このログハウス群をはじめ、約3,000坪の敷地内はすべてオーナーがつくったセルフビルド王国であり、泊まれるアート作品でもあります。異国情緒漂う「アウトランド」で、大自然を満喫してみませんか?


新潟 | 濃厚なバタークリームがたっぷり!愛され続けるサンドパン4選

新潟 | 濃厚なバタークリームがたっぷり!愛され続けるサンドパン4選

あまり聞きなれない「サンドパン」。コッペパンにクリームを塗ったもので、新潟県の人にとってはおなじみのパンです。クリームの種類はたくさんあり、レトロなパッケージに入っているのも特徴のひとつ。新潟県内で「サンドパン」を販売するお店のなかから、今回はオススメの「サンドパン」4店舗をご紹介します。


長岡 |「山古志闘牛大会」迫力満点!国の重要無形民俗文化財の闘牛を見にいこう

長岡 |「山古志闘牛大会」迫力満点!国の重要無形民俗文化財の闘牛を見にいこう

新潟の中部、山古志を中心とした地域では、古くから雄牛を闘わせる行事「角突き」が行なわれてきました。現在は長岡市山古志と小千谷市、2ヶ所の闘牛場で行なわれていますが、今回は毎年5月~11月に行なわれる山古志闘牛大会での「牛の角突き」を紹介します。




最新の投稿


鶴岡 |【ななび連載:鶴岡編vol.3】フレッシュ野菜&フルーツスイーツを買うならココ!

鶴岡 |【ななび連載:鶴岡編vol.3】フレッシュ野菜&フルーツスイーツを買うならココ!

月山と鳥海山という2,000メートル級の2つの山と日本海に囲まれた庄内平野は、伏流水と肥沃な大地に恵まれた農産物の宝庫。夏には、「だだちゃ豆」や「庄内砂丘メロン」といった全国的によく知られる特産品が登場します。旬の採れたて野菜やみずみずしいフルーツを求めて、鶴岡の産直市場へショッピングに出かけましょう。


田舎館 |「道の駅いなかだて 弥生の里」のんびりくつろげる、歴史と芸術があふれる道の駅

田舎館 |「道の駅いなかだて 弥生の里」のんびりくつろげる、歴史と芸術があふれる道の駅

「田んぼアート」の村として知られる青森県田舎館村は、弥生時代中期の水田跡が東北で初めて発見された米づくりが盛んな村。そんな歴史ある村の道の駅には、田んぼアートだけでなく、地元の味が堪能できる産直施設やレストラン、大型遊具など魅力的なスポットがたくさんあります。大人から子どもまでわくわくする道の駅におでかけしてみませんか?


鶴岡 |【ななび連載:鶴岡編vol.2】おいしい素材をもりもり食べよう!鶴岡でオススメのランチスポット3選

鶴岡 |【ななび連載:鶴岡編vol.2】おいしい素材をもりもり食べよう!鶴岡でオススメのランチスポット3選

山形県の西側・庄内地方にある鶴岡市は、ミネラルが豊富な鳥海山の伏流水や夏と冬の寒暖差などの風土が、おいしいお米や野菜、フルーツの生育にぴったりな土地。日本海にも面しているので、海の幸も豊富です。鶴岡市内にたくさんある地産地消レストランで、フレッシュな食材を生かしたランチをいただきましょう!


耶麻郡 |「ヒロのお菓子屋さん」手づくりにこだわったスイーツが評判!宿泊もできるカフェ

耶麻郡 |「ヒロのお菓子屋さん」手づくりにこだわったスイーツが評判!宿泊もできるカフェ

福島県北部・北塩原村にある磐梯山のふもと、標高800メートルの所に位置する高原リゾート地「裏磐梯」。今回は裏磐梯の中心部、大自然に囲まれたのどかな場所にたたずむカフェ「ヒロのお菓子屋さん」をご紹介します。


盛岡 |「盛岡手づくり村」岩手に伝わる伝統産業を気軽に体験!

盛岡 |「盛岡手づくり村」岩手に伝わる伝統産業を気軽に体験!

岩手県盛岡市の郊外、美しいロケーションの御所湖近くにあるのが「盛岡手づくり村」です。「南部曲り家ゾーン」「手づくり工房ゾーン」「盛岡地域地場産業振興センター」の3つの施設からなり、その中心となるのが「手づくり工房ゾーン」。南部せんべい手焼きや木地玩具の絵付けなど、岩手ならではのさまざまな伝統産業の体験ができますよ。