新潟 |「そら野テラス」新潟の農業、食、自然を一度に体験できる産直市場

新潟 |「そら野テラス」新潟の農業、食、自然を一度に体験できる産直市場

新潟市西蒲区にある「そら野テラス」は、農園と直売所、カフェが一体となったスポットです。新鮮な野菜や果物を買えるのはもちろん、その土地で大切に育てられた季節の食材を使った料理も味わえ、楽しみ方はさまざま!豊かな自然に囲まれたのどかな場所で、四季を感じながら新潟の農業やおいしいグルメにふれてみませんか。


農業特区の新潟市ならではの直売所&農園レストラン

「そら野テラス」があるのは、海と山、田畑に囲まれた自然豊かな新潟市西蒲区です。以前は地域の直売所「越後西川 あぐりの里」として親しまれていましたが、農園と直売所、カフェが一体化したことで、新潟の農業と食がより身近な存在になりました。

「そら野テラス」は、広場を囲うように配置された4つのエリアで成り立っています。季節の農産物が並ぶ「そら野マルシェ」、おにぎりや惣菜などがそろう「そら野デリカ」、地元野菜を生かした料理やスイーツが味わえる「農園のカフェ厨房 TONERIKO」、屋外には収穫体験を楽しめる「そら野ファーム」です。

芝生の広場にはベンチやテーブルもあり、買い物途中や食後などにひと休みができるよう工夫されているのもポイントです。

新鮮な季節の野菜やお米がお買い得!「そら野マルシェ」

買い物を楽しむなら、「そら野マルシェ」を訪ねてみましょう。ここには、地元で取れた新鮮な野菜や果物、花がずらりと並んでいます。近隣の農家さんが朝取りした瑞々しい野菜や季節の果物は、スーパーで買うよりもボリュームがあり、かなりお値打ち。

ほかではあまり見かけない珍しい野菜などは、食べ方や調理方法などが手書きのPOPに書かれているので、ぜひ参考にしてみましょう。

またジュースやジャム、お餅、味噌などの加工品、調味料をはじめ県内外から厳選した多様な商品など、毎日の食卓に使える逸品も勢ぞろい。

注目したいのが「お米」。自社農園でこだわりぬいて栽培した有機栽培米、特別栽培米など、米どころ新潟の中でも抜群においしいお米が常時そろっています。

その場で精米して詰めてもらうことができるのも魅力。ツヤ、甘み、香り、粘りなど、お米による味の違いを楽しむのもオススメですよ。

手づくりの惣菜や握りたてのおにぎりを買うなら「そら野デリカ」

忙しいママ世代にうれしいのが、手づくりの惣菜が並ぶデリカショップ「そら野デリカ」。

こちらはテイクアウトのコーナーで、コロッケや季節の野菜を使ったお惣菜、コシヒカリの米粉でつくったお団子やシフォンケーキ、ソフトクリームなどのスイーツも用意されています。

デリカの一角には「米屋のおにぎり」コーナーもあり、握りたてのおにぎりを味わうこともできます。マルシェでも販売している特別栽培米コシヒカリを使ったおにぎりは、ふんわりとした食感で具材との相性も◎。できたて&握りたてのおにぎりのおいしさは格別です!

また、テイクアウトしたお惣菜やおにぎりを広場のベンチに座っていただけば、ちょっとしたピクニック気分を楽しめそうです。

ランチやティータイムを楽しむなら「農園のカフェ厨房 TONERIKO」

「農家の育てたお米や野菜を本格的に味わいたい」という人にオススメなのがカフェ&レストラン「農園のカフェ厨房 TONERIKO」。ここでは野菜ソムリエの資格を持つスタッフが中心となって、季節の野菜や地元でとれたおいしい食材をアレンジしたオリジナル料理を提供しています。

メインに肉か魚を選べるランチでは、メイン料理の他に小鉢が2~3品付き、栄養バランスも彩りも抜群! 小さなお子さんから年配の方まで、体を気づかう人にうれしい野菜たっぷりのメニューです。

ご飯は自社栽培の特別栽培米コシヒカリで、お味噌汁には「そら野ファーム」で採れたお米と大豆でつくった味噌を使っています。どの料理も生産者や作り手の愛情がたっぷりと込められています。

店内からはのどかな田園風景を眺めることができます。天気の良い日は目の前に田んぼが広がるテラス席がオススメ。空を眺めてみれば雲や風がゆったりと流れているのを感じます。自然が身近な環境での食事は、おなかだけでなく心もしっかりと満たされそうです。

かわいい小動物は子どもたちに大人気!

小さなお子さんに人気なのが「そら野テラス」のかわいい動物たちです。広場の脇にある小屋で飼育されているウサギやシマリスなどを身近で見ることができます。

マルシェでエサを購入すれば、ウサギへのエサやりも体験できます。ちょろちょろと動きまわるリスやエサを一生懸命食べるウサギの姿に、お子さんたちは興味津々。普段なかなか見ることのできない動物たちの姿を、親子で一緒に観察してみるのも楽しいですね。

春から秋にかけては大きなケヅメリクガメ2匹もいますが、寒さが苦手なため11月上旬からは暖房のあるイチゴ栽培ハウスへお引っ越し。春になったらまた戻ってくるので、会えるのをお楽しみに!

買う、食べる、体験して、遊ぶ。さまざまなアクティビティが充実した「そら野テラス」。自然が生んだおいしさを気軽に味わい、豊かな風土を感じることで、この土地ならではの魅力を深く体感できることでしょう。

新潟のおいしさや魅力に、ぜひ親子でふれてみてくださいね。

「そら野テラス」の楽しみ方はまだまだあります!ななびチェック!

3月中旬~6月中旬にぜひ楽しみたい「いちご狩り」

3月からはいちごの季節。「そら野テラス」では毎年3月上旬から、いちご狩りがスタートします。食べ放題コースとお持ち帰りコースがあり、旬のおいしいいちごをたっぷりと味わえます。いずれも完全予約制のため、事前に必ず電話で予約を!

季節ごとのイベントやセールで旬をお得に味わおう

冬市や春市、年末市、秋市、お盆市、周年祭といったさまざまなお買い得イベントも随時開催しています。市の日は季節の農作物が特売なうえに、野菜や果物の詰め放題やお餅などのふるまいなど、大人も子どもも楽しめる催しがいっぱい。ぜひホームページやFacebookでチェックを。

農家だからできる味わいが充実!自社ブランド「そら野made」の商品

お米だけでなく「そら野ファーム」で採れたお米と大豆でつくった味噌やお餅、ジャム、お団子や羊羹などの和風甘味にお茶など、多様な農作物を育てる「そら野テラス」ならではの自社商品も多数。「そら野madeシリーズ」として、マルシェやデリカで常時販売しています。ほかにはないオリジナルの味わいとして、県内外への贈り物として活用するのもオススメ。

「そら野テラス」について詳しくはこちら
「そら野テラス」のFacebookページはこちら

関連する投稿


新潟 | 米どころ・新潟は大福のレベルも高し!人気の大福3選

新潟 | 米どころ・新潟は大福のレベルも高し!人気の大福3選

新潟の大福は、県外の人がびっくりするほどのおいしさで知られています。新潟にはきんぴらごぼうを入れたものや、塩だけで煮た甘くないあんこが入った「おやき」と呼ばれる大福など、珍しい大福も。ただ、今回紹介するのは定番の豆大福。新潟の老舗がつくるこだわりや工夫が詰まった豆大福をぜひ食べ比べてみてください。




村上 |「城下町村上 町屋の人形さま巡り」町屋に伝わる貴重なひな人形を見に行きましょう

村上 |「城下町村上 町屋の人形さま巡り」町屋に伝わる貴重なひな人形を見に行きましょう

日本海に面した「北限の茶どころ」である村上市では、毎年3月1日~4月3日まで「城下町村上 町屋の人形さま巡り」が行われています。村上市は江戸時代、村上藩の城下町として栄えた街で、旧町人町一帯には今も情緒あふれる古い町並みや町屋が残っています。村上市内の町屋を訪ね、各家庭に代々受け継がれながら大切に保管されてきた「人形さま」を見に行きませんか。


小千谷 |「おぢや風船一揆」冬の青空を、カラフルな熱気球が彩るファンタジーな世界

小千谷 |「おぢや風船一揆」冬の青空を、カラフルな熱気球が彩るファンタジーな世界

新潟県小千谷市で開催される「おぢや風船一揆」。毎年2月下旬の土曜・日曜に行なわれ、2019年で43回目を迎えます。「風船」といっても実は熱気球のこと。雪に覆われた田んぼの上空を、色鮮やかな熱気球が飛び交う光景は圧巻です! ほかにもみどころ盛りだくさんな、大人も子どもも楽しめる「おぢや風船一揆」をご紹介します。


最新の投稿


郡山市 |「AMEKAZE」“ローカル”に特化した食のセレクトショップ

郡山市 |「AMEKAZE」“ローカル”に特化した食のセレクトショップ

黒を基調としたシンプルなたたずまいが特徴的な、グローサリーマーケット「AMEKAZE」。カーショップのようなスタイリッシュな外観ですが、店内には地元の名産物をはじめ、各地のおいしいものがずらりと勢ぞろい。おみやげやプレゼント選びにもピッタリなお店です。


蔵王 |【ななび連載:蔵王編vol.3】遠刈田温泉で探すほっこりアイテム&手づくり体験

蔵王 |【ななび連載:蔵王編vol.3】遠刈田温泉で探すほっこりアイテム&手づくり体験

蔵王町の人気スポットのひとつといえば、開湯約400年の歴史をもつ遠刈田温泉。温泉街はこぢんまりとしていますが、見どころがたくさんあって散策にぴったり。ステキなアイテムがそろう陶芸工房やギャラリーショップも点在しているので、作家ものの器をおみやげにしたり、絵付け体験でオリジナルアイテムをつくったりするのもオススメです。


鶴岡 |「フルーツショップ青森屋」こぼれんばかりのフルーツにびっくり!ぜいたくなタルト&ケーキを味わおう

鶴岡 |「フルーツショップ青森屋」こぼれんばかりのフルーツにびっくり!ぜいたくなタルト&ケーキを味わおう

山形県といえば、日本屈指のフルーツ王国。鶴岡市にある「フルーツショップ青森屋」は、地元をはじめ全国各地から仕入れたよりすぐりのフルーツを扱う青果店です。店内にはカフェスペースも併設し、青果店ならではの新鮮なフルーツをたっぷり使ったタルトやケーキが大人気。遊び心あふれる空間にも注目してみてくださいね。


松島 |「ザ・ミュージアム MATSUSHIMA」3つのコレクションの魅力を一度に楽しめる博物館

松島 |「ザ・ミュージアム MATSUSHIMA」3つのコレクションの魅力を一度に楽しめる博物館

日本三景のひとつ、宮城県の松島にある「ザ・ミュージアム MATSUSHIMA」は、レトロなおもちゃ・モードファッション・オルゴールの3つのコレクションをひとつの施設で観ることができるミュージアムです。普段はなかなかお目にかかれない貴重なコレクションをたくさん展示しているので、じっくり鑑賞を楽しみましょう。


蔵王 |【ななび連載:蔵王編vol.2】家族みんなが大満足の蔵王グルメを満喫

蔵王 |【ななび連載:蔵王編vol.2】家族みんなが大満足の蔵王グルメを満喫

自然豊かな蔵王町には、大地の恵みがギュッと詰まったおいしい農産物がいっぱい!また、近隣の市町村も農業が盛んだったり、ブランド豚を飼育していたりすることから、フレッシュな食材でつくる料理自慢のお店がたくさんあります。今回はそんな蔵王町のお店のなかから、お子さんの大好物がそろう人気の3店をご紹介します。