新潟 |「そら野テラス」新潟の農業、食、自然を一度に体験できる産直市場

新潟 |「そら野テラス」新潟の農業、食、自然を一度に体験できる産直市場

新潟市西蒲区にある「そら野テラス」は、農園と直売所、カフェが一体となったスポットです。新鮮な野菜や果物を買えるのはもちろん、その土地で大切に育てられた季節の食材を使った料理も味わえ、楽しみ方はさまざま!豊かな自然に囲まれたのどかな場所で、四季を感じながら新潟の農業やおいしいグルメにふれてみませんか。


農業特区の新潟市ならではの直売所&農園レストラン

「そら野テラス」があるのは、海と山、田畑に囲まれた自然豊かな新潟市西蒲区です。以前は地域の直売所「越後西川 あぐりの里」として親しまれていましたが、農園と直売所、カフェが一体化したことで、新潟の農業と食がより身近な存在になりました。

「そら野テラス」は、広場を囲うように配置された4つのエリアで成り立っています。季節の農産物が並ぶ「そら野マルシェ」、おにぎりや惣菜などがそろう「そら野デリカ」、地元野菜を生かした料理やスイーツが味わえる「農園のカフェ厨房 TONERIKO」、屋外には収穫体験を楽しめる「そら野ファーム」です。

芝生の広場にはベンチやテーブルもあり、買い物途中や食後などにひと休みができるよう工夫されているのもポイントです。

新鮮な季節の野菜やお米がお買い得!「そら野マルシェ」

買い物を楽しむなら、「そら野マルシェ」を訪ねてみましょう。ここには、地元で取れた新鮮な野菜や果物、花がずらりと並んでいます。近隣の農家さんが朝取りした瑞々しい野菜や季節の果物は、スーパーで買うよりもボリュームがあり、かなりお値打ち。

ほかではあまり見かけない珍しい野菜などは、食べ方や調理方法などが手書きのPOPに書かれているので、ぜひ参考にしてみましょう。

またジュースやジャム、お餅、味噌などの加工品、調味料をはじめ県内外から厳選した多様な商品など、毎日の食卓に使える逸品も勢ぞろい。

注目したいのが「お米」。自社農園でこだわりぬいて栽培した有機栽培米、特別栽培米など、米どころ新潟の中でも抜群においしいお米が常時そろっています。

その場で精米して詰めてもらうことができるのも魅力。ツヤ、甘み、香り、粘りなど、お米による味の違いを楽しむのもオススメですよ。

手づくりの惣菜や握りたてのおにぎりを買うなら「そら野デリカ」

忙しいママ世代にうれしいのが、手づくりの惣菜が並ぶデリカショップ「そら野デリカ」。

こちらはテイクアウトのコーナーで、コロッケや季節の野菜を使ったお惣菜、コシヒカリの米粉でつくったお団子やシフォンケーキ、ソフトクリームなどのスイーツも用意されています。

デリカの一角には「米屋のおにぎり」コーナーもあり、握りたてのおにぎりを味わうこともできます。マルシェでも販売している特別栽培米コシヒカリを使ったおにぎりは、ふんわりとした食感で具材との相性も◎。できたて&握りたてのおにぎりのおいしさは格別です!

また、テイクアウトしたお惣菜やおにぎりを広場のベンチに座っていただけば、ちょっとしたピクニック気分を楽しめそうです。

ランチやティータイムを楽しむなら「農園のカフェ厨房 TONERIKO」

「農家の育てたお米や野菜を本格的に味わいたい」という人にオススメなのがカフェ&レストラン「農園のカフェ厨房 TONERIKO」。ここでは野菜ソムリエの資格を持つスタッフが中心となって、季節の野菜や地元でとれたおいしい食材をアレンジしたオリジナル料理を提供しています。

メインに肉か魚を選べるランチでは、メイン料理の他に小鉢が2~3品付き、栄養バランスも彩りも抜群! 小さなお子さんから年配の方まで、体を気づかう人にうれしい野菜たっぷりのメニューです。

ご飯は自社栽培の特別栽培米コシヒカリで、お味噌汁には「そら野ファーム」で採れたお米と大豆でつくった味噌を使っています。どの料理も生産者や作り手の愛情がたっぷりと込められています。

店内からはのどかな田園風景を眺めることができます。天気の良い日は目の前に田んぼが広がるテラス席がオススメ。空を眺めてみれば雲や風がゆったりと流れているのを感じます。自然が身近な環境での食事は、おなかだけでなく心もしっかりと満たされそうです。

かわいい小動物は子どもたちに大人気!

小さなお子さんに人気なのが「そら野テラス」のかわいい動物たちです。広場の脇にある小屋で飼育されているウサギやシマリスなどを身近で見ることができます。

マルシェでエサを購入すれば、ウサギへのエサやりも体験できます。ちょろちょろと動きまわるリスやエサを一生懸命食べるウサギの姿に、お子さんたちは興味津々。普段なかなか見ることのできない動物たちの姿を、親子で一緒に観察してみるのも楽しいですね。

春から秋にかけては大きなケヅメリクガメ2匹もいますが、寒さが苦手なため11月上旬からは暖房のあるイチゴ栽培ハウスへお引っ越し。春になったらまた戻ってくるので、会えるのをお楽しみに!

買う、食べる、体験して、遊ぶ。さまざまなアクティビティが充実した「そら野テラス」。自然が生んだおいしさを気軽に味わい、豊かな風土を感じることで、この土地ならではの魅力を深く体感できることでしょう。

新潟のおいしさや魅力に、ぜひ親子でふれてみてくださいね。

「そら野テラス」の楽しみ方はまだまだあります!ななびチェック!

3月中旬~6月中旬にぜひ楽しみたい「いちご狩り」

3月からはいちごの季節。「そら野テラス」では毎年3月上旬から、いちご狩りがスタートします。食べ放題コースとお持ち帰りコースがあり、旬のおいしいいちごをたっぷりと味わえます。いずれも完全予約制のため、事前に必ず電話で予約を!

季節ごとのイベントやセールで旬をお得に味わおう

冬市や春市、年末市、秋市、お盆市、周年祭といったさまざまなお買い得イベントも随時開催しています。市の日は季節の農作物が特売なうえに、野菜や果物の詰め放題やお餅などのふるまいなど、大人も子どもも楽しめる催しがいっぱい。ぜひホームページやFacebookでチェックを。

農家だからできる味わいが充実!自社ブランド「そら野made」の商品

お米だけでなく「そら野ファーム」で採れたお米と大豆でつくった味噌やお餅、ジャム、お団子や羊羹などの和風甘味にお茶など、多様な農作物を育てる「そら野テラス」ならではの自社商品も多数。「そら野madeシリーズ」として、マルシェやデリカで常時販売しています。ほかにはないオリジナルの味わいとして、県内外への贈り物として活用するのもオススメ。

「そら野テラス」について詳しくはこちら
「そら野テラス」のFacebookページはこちら

関連する投稿


新潟 |「ウィンターイルミネーション」でカラフルにきらめく新潟の冬を楽しもう

新潟 |「ウィンターイルミネーション」でカラフルにきらめく新潟の冬を楽しもう

クリスマスやお正月など、わくわくするイベントが多い冬。2018年の冬は新潟できらめくイルミネーションを楽しんでみませんか。「子どもも一緒に楽しみたい」「いろんな形や色のイルミネーションも見てみたい」そんな人にオススメの3つのイルミネーションスポットをご紹介します。防寒対策をしっかりして、幻想的な光の世界へでかけませんか。


南魚沼 |南魚沼プロジェクト「本気丼2018」コシヒカリ×地元食材×地元料理人の“本気”なうまさを味わう!

南魚沼 |南魚沼プロジェクト「本気丼2018」コシヒカリ×地元食材×地元料理人の“本気”なうまさを味わう!

ツヤツヤと美しい粒と噛むほどにうま味と香りを口いっぱいに堪能できる「南魚沼産コシヒカリ」。日本一おいしいとも言われるこの米を主役にした南魚沼市独自のプロジェクト「本気丼2018」が今年も開催中です。4度目の開催となる2018年は、66杯の本気丼が登場。その土地ならではの美味や料理人たちの趣向を凝らした1杯を味わってみませんか?


新潟 |「krtek select toys」遊びを通して生きる力や考える力を育てる、遊びとおもちゃの専門店

新潟 |「krtek select toys」遊びを通して生きる力や考える力を育てる、遊びとおもちゃの専門店

新潟市中央区にある「krtek select toys」は、ヨーロッパのおもちゃやボードゲームなどを扱うおもちゃの専門店。木のぬくもりを感じられるものから、さまざまな遊び方ができるものなど親子で夢中になれるおもちゃばかり!ご自身のお子さんのおもちゃ選びはもちろん、出産祝いや誕生日プレゼントを探したい方にもオススメです。


胎内 |「坂井神楽米」山間のおいしい水で育てられたお米

胎内 |「坂井神楽米」山間のおいしい水で育てられたお米

炊きたてのご飯をほおばると、お米の甘さや粘りが口のなかいっぱいに広がり、幸せな気持ちになるもの。秋の新米となれば、なおのことですよね。新潟県は全国有数の米どころとして知られていますが、今回紹介する胎内市の「坂井神楽米」は、2014年お米日本一コンテストで最高金賞を受賞するなど、おいしいお米として、注目を集めています。


十日町・津南 |「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2018」棚田や里山が芸術の舞台に!

十日町・津南 |「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2018」棚田や里山が芸術の舞台に!

新潟県の南端、十日町市と津南町。棚田や里山が連なるその一帯は“越後妻有”と呼ばれています。ここで自然と地元の人々を巻き込んで芸術祭プロジェクトが始まってから約20年。2018年で7回目を迎える「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2018」が9月17日(月・祝)まで開催されています。旅するようにアートを楽しんでみては?


最新の投稿


天栄村 |「エンゼルフォレスト那須白河」親子で、おじいちゃんおばあちゃんも、ペットも!冬でも楽しめるリゾートキャンプ場!

天栄村 |「エンゼルフォレスト那須白河」親子で、おじいちゃんおばあちゃんも、ペットも!冬でも楽しめるリゾートキャンプ場!

アウトドアというと、春から秋にかけてがメインシーズンのイメージがあると思いますが、キャンパーたちがこぞってオススメするのが、実は冬のキャンプ!冬の澄んだ空気や火の温かさをダイレクトに感じる“冬キャン”こそ、アウトドアの醍醐味なのだそう。アウトドア初心者でも四季折々の魅力を満喫できる「エンゼルフォレスト那須白河」をご紹介します。


久慈 |【ななび連載:久慈編vol.2】久慈に行ったら必食!絶対にはずせない三大グルメ

久慈 |【ななび連載:久慈編vol.2】久慈に行ったら必食!絶対にはずせない三大グルメ

岩手県久慈市は、世界有数の漁場として知られる三陸沖の魚介、テレビドラマ『あまちゃん』で注目を集めた郷土料理「まめぶ汁」、さらには豊かな森が広がる山間部では赤身がおいしいブランド牛「短角牛」と、グルメが充実した街でもあります。そんな久慈のおいしさを満喫するグルメ旅へでかけましょう。


蔵王 |「みやぎ蔵王の樹氷めぐり」で絶景に出会える非日常体験を!

蔵王 |「みやぎ蔵王の樹氷めぐり」で絶景に出会える非日常体験を!

世界でも数ヶ所でしか見られない冬の自然現象・樹氷。宮城県蔵王町にある「みやぎ蔵王すみかわスノーパーク」で行なわれるツアー「みやぎ蔵王の樹氷めぐり」では、雪上車・ワイルドモンスター号で雪山を登り、10メートル近い高さの樹氷を間近で見られます。観賞後は、レストハウスの名物メニューと蔵王山の麓にある温泉も満喫しましょう。


新潟 |「ウィンターイルミネーション」でカラフルにきらめく新潟の冬を楽しもう

新潟 |「ウィンターイルミネーション」でカラフルにきらめく新潟の冬を楽しもう

クリスマスやお正月など、わくわくするイベントが多い冬。2018年の冬は新潟できらめくイルミネーションを楽しんでみませんか。「子どもも一緒に楽しみたい」「いろんな形や色のイルミネーションも見てみたい」そんな人にオススメの3つのイルミネーションスポットをご紹介します。防寒対策をしっかりして、幻想的な光の世界へでかけませんか。


新潟 |「そら野テラス」新潟の農業、食、自然を一度に体験できる産直市場

新潟 |「そら野テラス」新潟の農業、食、自然を一度に体験できる産直市場

新潟市西蒲区にある「そら野テラス」は、農園と直売所、カフェが一体となったスポットです。新鮮な野菜や果物を買えるのはもちろん、その土地で大切に育てられた季節の食材を使った料理も味わえ、楽しみ方はさまざま!豊かな自然に囲まれたのどかな場所で、四季を感じながら新潟の農業やおいしいグルメにふれてみませんか。