久慈 |【ななび連載:久慈編vol.3】久慈琥珀に小久慈焼!久慈ならではのステキアイテム&手づくり体験

久慈 |【ななび連載:久慈編vol.3】久慈琥珀に小久慈焼!久慈ならではのステキアイテム&手づくり体験

日本最大の琥珀の産地である久慈市。珍しい琥珀の専門店「久慈琥珀博物館 久慈琥珀本店」があり、日常使いできるオリジナルの琥珀アイテムを加工・販売しています。また、古くから地元で親しまれている「小久慈焼」は、シンプルで使い勝手がいい陶器。久慈ならではのステキなアイテムを探しながら、手づくり体験も楽しみましょう。


「久慈琥珀博物館 久慈琥珀本店」のユニークな琥珀アイテム

「久慈琥珀本店」は、久慈琥珀博物館の本館2階にある琥珀アイテムの専門店。琥珀の採掘から輸入、デザイン、加工、販売までを自社で手がけています。

ところで、琥珀とはいったいどんなものかご存じですか?
広葉樹や針葉樹などの樹木から分泌した天然樹脂の化石のことを琥珀といい、鉱物ではありませんが、古代から宝石として珍重されてきました。

久慈の琥珀は約9,000万年前のものとされ、商業用としては世界最古といわれているそう。江戸時代初期には、南部藩の特産品として京都や江戸に輸出していた歴史もあります。

久慈琥珀本店には、琥珀の美しさを活かしたネックレスやピアス、ブレスレットなど、アクセサリーはもちろん、万年筆や印鑑など多彩なアイテムをラインナップ。植物を起源とする琥珀の抽出エキスを配合したボディケア用品や化粧品なども販売しています。

なかでも「琥珀の森 石鹸」は、人気のロングセラー。琥珀の粉末や海洋深層水などが入っていて、しっとり洗いあがります。

お子さん向けのアイテムがあるのもうれしいポイント。「琥珀の缶詰」は、久慈琥珀の採掘場の地層をそのまま缶詰にしたもので、自宅で琥珀の採掘体験ができます。もしかしたら、大きな琥珀の原石を掘り当てられるかもしれませんね。

「小久慈焼」で日常を豊かにする器を

久慈駅から車で10分ほど、広葉樹の森に包まれるように「小久慈焼」の工房兼ギャラリーが建っています。小久慈焼は、約200年前の江戸時代後期に生まれた陶器で、現在は8代目の下嶽智美さんが作陶。その時代時代の使い勝手に寄り添いながら、おもに家庭で使われる生活道具がつくられてきました。

地元では、「一家に一つは小久慈焼の器がある」といわれるほどスタンダードなキッチンツール。同じく地元のクラフト、「おおのキャンパス」の汁碗とあわせて、小久慈焼のお茶碗をそろえて使っているファミリーも多いそう。

不純物が少ない地元の土でつくる小久慈焼は、乳白色と釉薬の発色がきれいな飴色が持ち味。ギャラリーには、シンプルで洗練されたデザインでありながら、ほどよく厚みがあり丈夫な器が並びます。

マグカップやカフェオレボウルは、口に当たる部分がつるつるしていて飲み心地がやさしい印象。保温性が高いのも魅力です。ふたつの持ち手がかわいいスープカップは、ギフトにもよろこばれそう。

そして、小久慈焼の代名詞といえば、片口。小さいサイズから大きいサイズまで多彩にそろい、ドレッシングを入れたり、小鉢やサラダボウルとして使ったり、酒器や花瓶にしたりと、何に使っても、食卓にさり気なくなじみます。

古くから地元で愛されている久慈の琥珀と小久慈焼。ギフトや自分へのプレゼントに選んでみてはいかがでしょうか。

次回は、天気が悪くても楽しめる久慈の見学スポットをご紹介!今回取り上げた久慈の琥珀のミュージアムなど個性的なスポットがそろっていますよ。

自分だけのオリジナルみやげをつくろう!手づくり体験をななびチェック!

久慈琥珀博物館で琥珀勾玉づくり体験

琥珀製の勾玉を、数種類のヤスリを使って磨き、形を整えます。角が削れて丸みをおびたら、磨き粉でピカピカにしてできあがり。毎日10:30~12:00、13:30~15:00に開催。予約なしで参加できます。

自分だけの琥珀アクセサリーをつくろう!

久慈琥珀博物館では、好きな琥珀と金具を組みあわせたストラップやネックレスなど、アクセサリー体験も楽しめます。

小久慈焼で陶芸体験

小久慈焼の工房では、1週間前までに事前予約すれば陶芸体験ができます。所要時間は1時間から2時間ほどで、親子で好きな器をつくれます。

「久慈琥珀博物館 久慈琥珀本店」について詳しくはこちら
「小久慈焼」について詳しくはこちら

関連する投稿


八幡平 |「岩手県 県民の森」で大自然と木にふれあいながら1日中遊ぼう!

八幡平 |「岩手県 県民の森」で大自然と木にふれあいながら1日中遊ぼう!

十和田八幡平国立公園内、標高2,038メートルの岩手山の北麓に広がる「岩手県 県民の森」は、360ヘクタールもの広大な森林公園。森のなかで自然観察や散策が楽しめるのはもちろん、屋内施設もあり、大型遊具「ぼくらの秘密基地」で遊んだり、木を使った工作にも気軽にチャレンジしたりできるわくわくのスポットです。


盛岡 |「P.B.CAFÉ」のびのび遊べるキッズスペースが魅力のスタイリッシュなカフェ

盛岡 |「P.B.CAFÉ」のびのび遊べるキッズスペースが魅力のスタイリッシュなカフェ

岩手県盛岡市にある「P.B.CAFÉ」は、お子さんが夢中になって遊べる大きなキッズスペースを備えたカフェ。平日のランチタイムや週末には、ママ友とのランチ会やファミリーでのカフェタイムなどで多くの人が訪れます。ニューヨークのカフェをイメージしたスタイリッシュな店内の雰囲気と新鮮野菜が盛りだくさんのメニューも評判ですよ。


西和賀 |「雪あかり in にしわが」町全体がろうそくの明かりに包まれる、心あたたまる冬イベント

西和賀 |「雪あかり in にしわが」町全体がろうそくの明かりに包まれる、心あたたまる冬イベント

岩手県の最西端にある西和賀町は、三方を山々に囲まれた小さな町。県内有数の豪雪地帯として知られ、例年2月に開催されるライトアップイベント「雪あかり in にしわが」は冬の風物詩となっています。当日は町内全域が会場となり、ろうそくを灯した雪像や雪灯籠があちこちに。白い雪とやわらかな明かりが街を包む、幻想的な光景が広がります。


久慈 |【ななび連載:久慈編vol.4】個性派ミュージアムをファミリーでめぐろう

久慈 |【ななび連載:久慈編vol.4】個性派ミュージアムをファミリーでめぐろう

周囲を山と海に抱かれ、グルメや自然の魅力を満喫できる久慈。実は親子で楽しめるスポットもいっぱいなんです。琥珀の産地ならではの博物館や、ドラマで話題になった北限の海女に出会える水族館、道の駅内にあるレトロな博物館と、個性的なスポットをめぐってみませんか?すべて屋内なので、天候を気にせずおでかけできるのもうれしいですね。


花巻 |「山の駅 昭和の学校」レトロなアイテムが20万点以上!廃校を利用したミュージアム

花巻 |「山の駅 昭和の学校」レトロなアイテムが20万点以上!廃校を利用したミュージアム

東北有数の温泉地として有名な「花巻温泉郷」のある岩手県花巻市。旅館やリゾートホテルが点在する山あいに建つ「山の駅 昭和の学校」は、昔なつかしい昭和の雑貨や日用品を集めた資料館です。廃校になった小学校の校舎を活用した施設内には、20万点以上ものアイテムがずらり!お子さんから大人まで楽しめると人気なんですよ。


最新の投稿


にかほ |「TDK歴史みらい館」驚きの連続!最新技術を遊んで体感しよう

にかほ |「TDK歴史みらい館」驚きの連続!最新技術を遊んで体感しよう

秋田県にかほ市にある「TDK歴史みらい館」は、電子部品メーカー・TDKの歴史や技術を紹介するミュージアム。企業の施設と聞くと難しそうなイメージがあるかもしれませんが、電化製品の内部展示やデジタル技術を駆使したシアターがあるなど、館内には楽しい仕掛けがいっぱい!さらには入場料無料と、親子のおでかけにぴったりなんですよ。


八幡平 |「岩手県 県民の森」で大自然と木にふれあいながら1日中遊ぼう!

八幡平 |「岩手県 県民の森」で大自然と木にふれあいながら1日中遊ぼう!

十和田八幡平国立公園内、標高2,038メートルの岩手山の北麓に広がる「岩手県 県民の森」は、360ヘクタールもの広大な森林公園。森のなかで自然観察や散策が楽しめるのはもちろん、屋内施設もあり、大型遊具「ぼくらの秘密基地」で遊んだり、木を使った工作にも気軽にチャレンジしたりできるわくわくのスポットです。


川崎 |「HASEKURA カカオ亭」廃校をリノベーションした施設のカフェレストランでカカオグルメを堪能!

川崎 |「HASEKURA カカオ亭」廃校をリノベーションした施設のカフェレストランでカカオグルメを堪能!

宮城県南部に位置する川崎町に、廃校となった旧支倉小学校をリノベーションし、「イーレ!はせくら王国」として生まれ変わった観光交流施設があります。施設内のカフェレストラン「HASEKURA カカオ亭」では、カカオを使った多彩なメニューが味わえると話題です。


郡山市|「仁井田本家」酒蔵なのにスイーツ?! 自然酒造りが自慢の酒蔵が手がける「糀スイーツ」

郡山市|「仁井田本家」酒蔵なのにスイーツ?! 自然酒造りが自慢の酒蔵が手がける「糀スイーツ」

創業300年超の歴史を誇り、自然米・純米・自然派酒母すべて100%の日本酒の醸造、販売をしている「仁井田本家」。ここ数年、日本酒造りと並行して力を入れているのが、発酵食品の開発や製造で、無肥料・無農薬栽培の自然米だけでつくった「糀」のスイーツが人気を呼んでいます。


村上 |「城下町村上 町屋の人形さま巡り」町屋に伝わる貴重なひな人形を見に行きましょう

村上 |「城下町村上 町屋の人形さま巡り」町屋に伝わる貴重なひな人形を見に行きましょう

日本海に面した「北限の茶どころ」である村上市では、毎年3月1日~4月3日まで「城下町村上 町屋の人形さま巡り」が行われています。村上市は江戸時代、村上藩の城下町として栄えた街で、旧町人町一帯には今も情緒あふれる古い町並みや町屋が残っています。村上市内の町屋を訪ね、各家庭に代々受け継がれながら大切に保管されてきた「人形さま」を見に行きませんか。