久慈 |【ななび連載:久慈編vol.3】久慈琥珀に小久慈焼!久慈ならではのステキアイテム&手づくり体験

久慈 |【ななび連載:久慈編vol.3】久慈琥珀に小久慈焼!久慈ならではのステキアイテム&手づくり体験

日本最大の琥珀の産地である久慈市。珍しい琥珀の専門店「久慈琥珀博物館 久慈琥珀本店」があり、日常使いできるオリジナルの琥珀アイテムを加工・販売しています。また、古くから地元で親しまれている「小久慈焼」は、シンプルで使い勝手がいい陶器。久慈ならではのステキなアイテムを探しながら、手づくり体験も楽しみましょう。


「久慈琥珀博物館 久慈琥珀本店」のユニークな琥珀アイテム

「久慈琥珀本店」は、久慈琥珀博物館の本館2階にある琥珀アイテムの専門店。琥珀の採掘から輸入、デザイン、加工、販売までを自社で手がけています。

ところで、琥珀とはいったいどんなものかご存じですか?
広葉樹や針葉樹などの樹木から分泌した天然樹脂の化石のことを琥珀といい、鉱物ではありませんが、古代から宝石として珍重されてきました。

久慈の琥珀は約9,000万年前のものとされ、商業用としては世界最古といわれているそう。江戸時代初期には、南部藩の特産品として京都や江戸に輸出していた歴史もあります。

久慈琥珀本店には、琥珀の美しさを活かしたネックレスやピアス、ブレスレットなど、アクセサリーはもちろん、万年筆や印鑑など多彩なアイテムをラインナップ。植物を起源とする琥珀の抽出エキスを配合したボディケア用品や化粧品なども販売しています。

なかでも「琥珀の森 石鹸」は、人気のロングセラー。琥珀の粉末や海洋深層水などが入っていて、しっとり洗いあがります。

お子さん向けのアイテムがあるのもうれしいポイント。「琥珀の缶詰」は、久慈琥珀の採掘場の地層をそのまま缶詰にしたもので、自宅で琥珀の採掘体験ができます。もしかしたら、大きな琥珀の原石を掘り当てられるかもしれませんね。

「小久慈焼」で日常を豊かにする器を

久慈駅から車で10分ほど、広葉樹の森に包まれるように「小久慈焼」の工房兼ギャラリーが建っています。小久慈焼は、約200年前の江戸時代後期に生まれた陶器で、現在は8代目の下嶽智美さんが作陶。その時代時代の使い勝手に寄り添いながら、おもに家庭で使われる生活道具がつくられてきました。

地元では、「一家に一つは小久慈焼の器がある」といわれるほどスタンダードなキッチンツール。同じく地元のクラフト、「おおのキャンパス」の汁碗とあわせて、小久慈焼のお茶碗をそろえて使っているファミリーも多いそう。

不純物が少ない地元の土でつくる小久慈焼は、乳白色と釉薬の発色がきれいな飴色が持ち味。ギャラリーには、シンプルで洗練されたデザインでありながら、ほどよく厚みがあり丈夫な器が並びます。

マグカップやカフェオレボウルは、口に当たる部分がつるつるしていて飲み心地がやさしい印象。保温性が高いのも魅力です。ふたつの持ち手がかわいいスープカップは、ギフトにもよろこばれそう。

そして、小久慈焼の代名詞といえば、片口。小さいサイズから大きいサイズまで多彩にそろい、ドレッシングを入れたり、小鉢やサラダボウルとして使ったり、酒器や花瓶にしたりと、何に使っても、食卓にさり気なくなじみます。

古くから地元で愛されている久慈の琥珀と小久慈焼。ギフトや自分へのプレゼントに選んでみてはいかがでしょうか。

次回は、天気が悪くても楽しめる久慈の見学スポットをご紹介!今回取り上げた久慈の琥珀のミュージアムなど個性的なスポットがそろっていますよ。

自分だけのオリジナルみやげをつくろう!手づくり体験をななびチェック!

久慈琥珀博物館で琥珀勾玉づくり体験

琥珀製の勾玉を、数種類のヤスリを使って磨き、形を整えます。角が削れて丸みをおびたら、磨き粉でピカピカにしてできあがり。毎日10:30~12:00、13:30~15:00に開催。予約なしで参加できます。

自分だけの琥珀アクセサリーをつくろう!

久慈琥珀博物館では、好きな琥珀と金具を組みあわせたストラップやネックレスなど、アクセサリー体験も楽しめます。

小久慈焼で陶芸体験

小久慈焼の工房では、1週間前までに事前予約すれば陶芸体験ができます。所要時間は1時間から2時間ほどで、親子で好きな器をつくれます。

「久慈琥珀博物館 久慈琥珀本店」について詳しくはこちら
「小久慈焼」について詳しくはこちら

関連する投稿


盛岡 |「盛岡手づくり村」岩手に伝わる伝統産業を気軽に体験!

盛岡 |「盛岡手づくり村」岩手に伝わる伝統産業を気軽に体験!

岩手県盛岡市の郊外、美しいロケーションの御所湖近くにあるのが「盛岡手づくり村」です。「南部曲り家ゾーン」「手づくり工房ゾーン」「盛岡地域地場産業振興センター」の3つの施設からなり、その中心となるのが「手づくり工房ゾーン」。南部せんべい手焼きや木地玩具の絵付けなど、岩手ならではのさまざまな伝統産業の体験ができますよ。


遠野 |「夢産直かみごう」で朝採り野菜とジェラート、五右衛門そばを!

遠野 |「夢産直かみごう」で朝採り野菜とジェラート、五右衛門そばを!

民話の里・岩手県遠野市と沿岸の街・釜石市を結ぶ国道340号線沿いにある「夢産直かみごう」は、地元の人たちに親しまれている産直施設。朝採りのフレッシュ野菜をはじめ、手づくりスイーツ、搾りたてのミルクを使ったジェラートが大人気です。辛いもの好きが多い土地柄という遠野のソウルフード「五右衛門そば」を味わえる食堂もあります。


久慈 |「山根六郷水車市・水車まつり」郷土グルメをおなかいっぱい味わおう

久慈 |「山根六郷水車市・水車まつり」郷土グルメをおなかいっぱい味わおう

伝統行事や古い食文化が残る岩手県久慈市山根町。「山根六郷水車市」は地元を代表するイベントで、会場は地域のシンボルである水車が建つ「桂の水車広場」です。特産の雑穀を使っただんごや餅など、地元の味をたっぷり味わいましょう。11月開催の「水車まつり」では餅つき大会が行なわれ、つきたてのあわ餅が無料で振る舞われます。


紫波 |「紫波フルーツパーク」でぶどう畑に囲まれた食育体験を

紫波 |「紫波フルーツパーク」でぶどう畑に囲まれた食育体験を

岩手県盛岡市の南部に位置する紫波(しわ)町は、ぶどうやりんごなどフルーツの栽培が盛ん。そんな紫波町にある「紫波フルーツパーク」は、地元のぶどうを使ったワイナリーの見学や、食の手づくり体験などが楽しめる農業公園です。手づくり体験を通して、ファミリーで農業や食に親しんでみませんか?



最新の投稿


鶴岡 |【ななび連載:鶴岡編vol.3】フレッシュ野菜&フルーツスイーツを買うならココ!

鶴岡 |【ななび連載:鶴岡編vol.3】フレッシュ野菜&フルーツスイーツを買うならココ!

月山と鳥海山という2,000メートル級の2つの山と日本海に囲まれた庄内平野は、伏流水と肥沃な大地に恵まれた農産物の宝庫。夏には、「だだちゃ豆」や「庄内砂丘メロン」といった全国的によく知られる特産品が登場します。旬の採れたて野菜やみずみずしいフルーツを求めて、鶴岡の産直市場へショッピングに出かけましょう。


田舎館 |「道の駅いなかだて 弥生の里」のんびりくつろげる、歴史と芸術があふれる道の駅

田舎館 |「道の駅いなかだて 弥生の里」のんびりくつろげる、歴史と芸術があふれる道の駅

「田んぼアート」の村として知られる青森県田舎館村は、弥生時代中期の水田跡が東北で初めて発見された米づくりが盛んな村。そんな歴史ある村の道の駅には、田んぼアートだけでなく、地元の味が堪能できる産直施設やレストラン、大型遊具など魅力的なスポットがたくさんあります。大人から子どもまでわくわくする道の駅におでかけしてみませんか?


鶴岡 |【ななび連載:鶴岡編vol.2】おいしい素材をもりもり食べよう!鶴岡でオススメのランチスポット3選

鶴岡 |【ななび連載:鶴岡編vol.2】おいしい素材をもりもり食べよう!鶴岡でオススメのランチスポット3選

山形県の西側・庄内地方にある鶴岡市は、ミネラルが豊富な鳥海山の伏流水や夏と冬の寒暖差などの風土が、おいしいお米や野菜、フルーツの生育にぴったりな土地。日本海にも面しているので、海の幸も豊富です。鶴岡市内にたくさんある地産地消レストランで、フレッシュな食材を生かしたランチをいただきましょう!


耶麻郡 |「ヒロのお菓子屋さん」手づくりにこだわったスイーツが評判!宿泊もできるカフェ

耶麻郡 |「ヒロのお菓子屋さん」手づくりにこだわったスイーツが評判!宿泊もできるカフェ

福島県北部・北塩原村にある磐梯山のふもと、標高800メートルの所に位置する高原リゾート地「裏磐梯」。今回は裏磐梯の中心部、大自然に囲まれたのどかな場所にたたずむカフェ「ヒロのお菓子屋さん」をご紹介します。


盛岡 |「盛岡手づくり村」岩手に伝わる伝統産業を気軽に体験!

盛岡 |「盛岡手づくり村」岩手に伝わる伝統産業を気軽に体験!

岩手県盛岡市の郊外、美しいロケーションの御所湖近くにあるのが「盛岡手づくり村」です。「南部曲り家ゾーン」「手づくり工房ゾーン」「盛岡地域地場産業振興センター」の3つの施設からなり、その中心となるのが「手づくり工房ゾーン」。南部せんべい手焼きや木地玩具の絵付けなど、岩手ならではのさまざまな伝統産業の体験ができますよ。