久慈 |【ななび連載:久慈編vol.3】久慈琥珀に小久慈焼!久慈ならではのステキアイテム&手づくり体験

久慈 |【ななび連載:久慈編vol.3】久慈琥珀に小久慈焼!久慈ならではのステキアイテム&手づくり体験

日本最大の琥珀の産地である久慈市。珍しい琥珀の専門店「久慈琥珀博物館 久慈琥珀本店」があり、日常使いできるオリジナルの琥珀アイテムを加工・販売しています。また、古くから地元で親しまれている「小久慈焼」は、シンプルで使い勝手がいい陶器。久慈ならではのステキなアイテムを探しながら、手づくり体験も楽しみましょう。


「久慈琥珀博物館 久慈琥珀本店」のユニークな琥珀アイテム

「久慈琥珀本店」は、久慈琥珀博物館の本館2階にある琥珀アイテムの専門店。琥珀の採掘から輸入、デザイン、加工、販売までを自社で手がけています。

ところで、琥珀とはいったいどんなものかご存じですか?
広葉樹や針葉樹などの樹木から分泌した天然樹脂の化石のことを琥珀といい、鉱物ではありませんが、古代から宝石として珍重されてきました。

久慈の琥珀は約9,000万年前のものとされ、商業用としては世界最古といわれているそう。江戸時代初期には、南部藩の特産品として京都や江戸に輸出していた歴史もあります。

久慈琥珀本店には、琥珀の美しさを活かしたネックレスやピアス、ブレスレットなど、アクセサリーはもちろん、万年筆や印鑑など多彩なアイテムをラインナップ。植物を起源とする琥珀の抽出エキスを配合したボディケア用品や化粧品なども販売しています。

なかでも「琥珀の森 石鹸」は、人気のロングセラー。琥珀の粉末や海洋深層水などが入っていて、しっとり洗いあがります。

お子さん向けのアイテムがあるのもうれしいポイント。「琥珀の缶詰」は、久慈琥珀の採掘場の地層をそのまま缶詰にしたもので、自宅で琥珀の採掘体験ができます。もしかしたら、大きな琥珀の原石を掘り当てられるかもしれませんね。

「小久慈焼」で日常を豊かにする器を

久慈駅から車で10分ほど、広葉樹の森に包まれるように「小久慈焼」の工房兼ギャラリーが建っています。小久慈焼は、約200年前の江戸時代後期に生まれた陶器で、現在は8代目の下嶽智美さんが作陶。その時代時代の使い勝手に寄り添いながら、おもに家庭で使われる生活道具がつくられてきました。

地元では、「一家に一つは小久慈焼の器がある」といわれるほどスタンダードなキッチンツール。同じく地元のクラフト、「おおのキャンパス」の汁碗とあわせて、小久慈焼のお茶碗をそろえて使っているファミリーも多いそう。

不純物が少ない地元の土でつくる小久慈焼は、乳白色と釉薬の発色がきれいな飴色が持ち味。ギャラリーには、シンプルで洗練されたデザインでありながら、ほどよく厚みがあり丈夫な器が並びます。

マグカップやカフェオレボウルは、口に当たる部分がつるつるしていて飲み心地がやさしい印象。保温性が高いのも魅力です。ふたつの持ち手がかわいいスープカップは、ギフトにもよろこばれそう。

そして、小久慈焼の代名詞といえば、片口。小さいサイズから大きいサイズまで多彩にそろい、ドレッシングを入れたり、小鉢やサラダボウルとして使ったり、酒器や花瓶にしたりと、何に使っても、食卓にさり気なくなじみます。

古くから地元で愛されている久慈の琥珀と小久慈焼。ギフトや自分へのプレゼントに選んでみてはいかがでしょうか。

次回は、天気が悪くても楽しめる久慈の見学スポットをご紹介!今回取り上げた久慈の琥珀のミュージアムなど個性的なスポットがそろっていますよ。

自分だけのオリジナルみやげをつくろう!手づくり体験をななびチェック!

久慈琥珀博物館で琥珀勾玉づくり体験

琥珀製の勾玉を、数種類のヤスリを使って磨き、形を整えます。角が削れて丸みをおびたら、磨き粉でピカピカにしてできあがり。毎日10:30~12:00、13:30~15:00に開催。予約なしで参加できます。

自分だけの琥珀アクセサリーをつくろう!

久慈琥珀博物館では、好きな琥珀と金具を組みあわせたストラップやネックレスなど、アクセサリー体験も楽しめます。

小久慈焼で陶芸体験

小久慈焼の工房では、1週間前までに事前予約すれば陶芸体験ができます。所要時間は1時間から2時間ほどで、親子で好きな器をつくれます。

「久慈琥珀博物館 久慈琥珀本店」について詳しくはこちら
「小久慈焼」について詳しくはこちら

関連する投稿


久慈 |「山根六郷水車市・水車まつり」郷土グルメをおなかいっぱい味わおう

久慈 |「山根六郷水車市・水車まつり」郷土グルメをおなかいっぱい味わおう

伝統行事や古い食文化が残る岩手県久慈市山根町。「山根六郷水車市」は地元を代表するイベントで、会場は地域のシンボルである水車が建つ「桂の水車広場」です。特産の雑穀を使っただんごや餅など、地元の味をたっぷり味わいましょう。11月開催の「水車まつり」では餅つき大会が行なわれ、つきたてのあわ餅が無料で振る舞われます。


紫波 |「紫波フルーツパーク」でぶどう畑に囲まれた食育体験を

紫波 |「紫波フルーツパーク」でぶどう畑に囲まれた食育体験を

岩手県盛岡市の南部に位置する紫波(しわ)町は、ぶどうやりんごなどフルーツの栽培が盛ん。そんな紫波町にある「紫波フルーツパーク」は、地元のぶどうを使ったワイナリーの見学や、食の手づくり体験などが楽しめる農業公園です。手づくり体験を通して、ファミリーで農業や食に親しんでみませんか?




盛岡 |「光原社」ていねいにつくられた工芸品からお気に入りを見つけよう

盛岡 |「光原社」ていねいにつくられた工芸品からお気に入りを見つけよう

岩手県盛岡市にある「光原社」は、全国から集めた漆器や焼き物を扱う工芸品店で、盛岡では外せない観光スポット。東北の雑貨や食品が並ぶショップ、クラシカルな喫茶店など、見どころがたくさんあります。特に本館からつながる石畳の中庭では、レトロな木造の建物が並ぶ外国の街並みを訪れたような、ちょっとした旅行気分を楽しめます。


最新の投稿


須賀川 |「Rojima~すかがわの路地deマーケット~」須賀川の街にこだわりのモノが集まる手づくり市 

須賀川 |「Rojima~すかがわの路地deマーケット~」須賀川の街にこだわりのモノが集まる手づくり市 

福島県の空の玄関口「福島空港」がある須賀川市。その須賀川市で、福島県内だけではなく、県外からもこだわりのモノが集まるのが「Rojima(ロジマ)」です。路地や空き地、商店街の空き店舗などを利用して開催され、毎回たくさんの人で賑わっています。


湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.3】ショッピングしながらくつろげるカフェ併設の雑貨店3選

湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.3】ショッピングしながらくつろげるカフェ併設の雑貨店3選

気になるカフェや雑貨店があっても、ファミリーでおでかけすると1日に何軒もめぐるのは難しいもの。スイーツを楽しみながらおしゃれなアイテム選びもできる、そんなお店はうれしいですよね。今回は、カフェのある雑貨店をご紹介。秋田県湯沢市の伝統工芸品やエキゾチックな雑貨など、旅行気分を盛り上げるお気に入りが見つかりますよ。


新潟 | 濃厚なバタークリームがたっぷり!愛され続けるサンドパン4選

新潟 | 濃厚なバタークリームがたっぷり!愛され続けるサンドパン4選

あまり聞きなれない「サンドパン」。コッペパンにクリームを塗ったもので、新潟県の人にとってはおなじみのパンです。クリームの種類はたくさんあり、レトロなパッケージに入っているのも特徴のひとつ。新潟県内で「サンドパン」を販売するお店のなかから、今回はオススメの「サンドパン」4店舗をご紹介します。


三沢 |「青森県立三沢航空科学館」大人も子どもも夢中!航空機と科学の魅力を全身で体感しよう

三沢 |「青森県立三沢航空科学館」大人も子どもも夢中!航空機と科学の魅力を全身で体感しよう

青森県三沢市にある「青森県立三沢航空科学館」は、「大空」と「飛翔」をテーマとした航空科学を学べる施設です。本物の航空機に搭乗したり、豊富な体験型展示で科学のおもしろさを体感したりと、大人も盛り上がってしまうような仕掛けがいっぱい!今回は、何時間でもいたくなる楽しい内容をたっぷりご紹介します。


湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.2】稲庭の郷で味わう秋田名物・稲庭うどん

湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.2】稲庭の郷で味わう秋田名物・稲庭うどん

お子さんに人気のグルメのひとつ「うどん」!湯沢市稲庭町は、秋田名物として有名な「稲庭うどん」の発祥地。栗駒山系の山々と田園風景に囲まれたこの町は「稲庭の郷(さと)」と呼ばれ、20数軒のうどん製造工場が集まっています。なめらかでコシのある稲庭うどんを食べに、製造元の直営店を訪ねてみませんか?