新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、2020年4月21日以降の記事更新をお休みいたします。
不要不急のおでかけを控え、おうちでバックナンバーをご覧いただきながら、ゆっくりお過ごしください。
 

久慈 |【ななび連載:久慈編vol.3】久慈琥珀に小久慈焼!久慈ならではのステキアイテム&手づくり体験

久慈 |【ななび連載:久慈編vol.3】久慈琥珀に小久慈焼!久慈ならではのステキアイテム&手づくり体験

日本最大の琥珀の産地である久慈市。珍しい琥珀の専門店「久慈琥珀博物館 久慈琥珀本店」があり、日常使いできるオリジナルの琥珀アイテムを加工・販売しています。また、古くから地元で親しまれている「小久慈焼」は、シンプルで使い勝手がいい陶器。久慈ならではのステキなアイテムを探しながら、手づくり体験も楽しみましょう。


「久慈琥珀博物館 久慈琥珀本店」のユニークな琥珀アイテム

「久慈琥珀本店」は、久慈琥珀博物館の本館2階にある琥珀アイテムの専門店。琥珀の採掘から輸入、デザイン、加工、販売までを自社で手がけています。

ところで、琥珀とはいったいどんなものかご存じですか?
広葉樹や針葉樹などの樹木から分泌した天然樹脂の化石のことを琥珀といい、鉱物ではありませんが、古代から宝石として珍重されてきました。

久慈の琥珀は約9,000万年前のものとされ、商業用としては世界最古といわれているそう。江戸時代初期には、南部藩の特産品として京都や江戸に輸出していた歴史もあります。

久慈琥珀本店には、琥珀の美しさを活かしたネックレスやピアス、ブレスレットなど、アクセサリーはもちろん、万年筆や印鑑など多彩なアイテムをラインナップ。植物を起源とする琥珀の抽出エキスを配合したボディケア用品や化粧品なども販売しています。

なかでも「琥珀の森 石鹸」は、人気のロングセラー。琥珀の粉末や海洋深層水などが入っていて、しっとり洗いあがります。

お子さん向けのアイテムがあるのもうれしいポイント。「琥珀の缶詰」は、久慈琥珀の採掘場の地層をそのまま缶詰にしたもので、自宅で琥珀の採掘体験ができます。もしかしたら、大きな琥珀の原石を掘り当てられるかもしれませんね。

「小久慈焼」で日常を豊かにする器を

久慈駅から車で10分ほど、広葉樹の森に包まれるように「小久慈焼」の工房兼ギャラリーが建っています。小久慈焼は、約200年前の江戸時代後期に生まれた陶器で、現在は8代目の下嶽智美さんが作陶。その時代時代の使い勝手に寄り添いながら、おもに家庭で使われる生活道具がつくられてきました。

地元では、「一家に一つは小久慈焼の器がある」といわれるほどスタンダードなキッチンツール。同じく地元のクラフト、「おおのキャンパス」の汁碗とあわせて、小久慈焼のお茶碗をそろえて使っているファミリーも多いそう。

不純物が少ない地元の土でつくる小久慈焼は、乳白色と釉薬の発色がきれいな飴色が持ち味。ギャラリーには、シンプルで洗練されたデザインでありながら、ほどよく厚みがあり丈夫な器が並びます。

マグカップやカフェオレボウルは、口に当たる部分がつるつるしていて飲み心地がやさしい印象。保温性が高いのも魅力です。ふたつの持ち手がかわいいスープカップは、ギフトにもよろこばれそう。

そして、小久慈焼の代名詞といえば、片口。小さいサイズから大きいサイズまで多彩にそろい、ドレッシングを入れたり、小鉢やサラダボウルとして使ったり、酒器や花瓶にしたりと、何に使っても、食卓にさり気なくなじみます。

古くから地元で愛されている久慈の琥珀と小久慈焼。ギフトや自分へのプレゼントに選んでみてはいかがでしょうか。

次回は、天気が悪くても楽しめる久慈の見学スポットをご紹介!今回取り上げた久慈の琥珀のミュージアムなど個性的なスポットがそろっていますよ。

自分だけのオリジナルみやげをつくろう!手づくり体験をななびチェック!

久慈琥珀博物館で琥珀勾玉づくり体験

琥珀製の勾玉を、数種類のヤスリを使って磨き、形を整えます。角が削れて丸みをおびたら、磨き粉でピカピカにしてできあがり。毎日10:30~12:00、13:30~15:00に開催。予約なしで参加できます。

自分だけの琥珀アクセサリーをつくろう!

久慈琥珀博物館では、好きな琥珀と金具を組みあわせたストラップやネックレスなど、アクセサリー体験も楽しめます。

小久慈焼で陶芸体験

小久慈焼の工房では、1週間前までに事前予約すれば陶芸体験ができます。所要時間は1時間から2時間ほどで、親子で好きな器をつくれます。

「久慈琥珀博物館 久慈琥珀本店」について詳しくはこちら
「小久慈焼」について詳しくはこちら

関連する投稿


盛岡 |「チーズケーキのチロル 大通店」ふわふわ食感&濃厚な味わいのチーズケーキ

盛岡 |「チーズケーキのチロル 大通店」ふわふわ食感&濃厚な味わいのチーズケーキ

盛岡市中心部、飲食店や映画館がたち並ぶ通りの一角に、赤白ストライプ模様のテント看板が印象的な「チーズケーキのチロル 大通店」があります。こちらのお店で人気なのが、手づくりにこだわったチーズケーキ。ふわっと軽い口あたりとクリームチーズの濃厚な味わいを、スプーンですくって楽しみましょう。


遠野 |「遠野どべっこ祭り」遠野の濁り酒と郷土料理に舌つづみ

遠野 |「遠野どべっこ祭り」遠野の濁り酒と郷土料理に舌つづみ

民話の里として知られる岩手県遠野市では、古くから「どぶろく」の文化が生きていました。“どべっこ”とは、地元の方言で「どぶろく」を意味します。毎年冬になると、「遠野ふるさと村」オリジナルのどぶろくや地元造り酒屋の濁り酒が楽しめる「遠野どべっこ祭り」が開催されます。郷土芸能の披露や昔話の語りなどを、ファミリーで楽しめますよ。


大船渡 |「三陸・大船渡つばきまつり」街のシンボル・ツバキを見て、食べて、楽しめるイベント

大船渡 |「三陸・大船渡つばきまつり」街のシンボル・ツバキを見て、食べて、楽しめるイベント

岩手県の沿岸南部に位置する大船渡市は、ヤブツバキが自生する太平洋沿岸の北限域の地。1月下旬~4月下旬にかけて、街のあちこちで美しく咲き誇る花々を見ることができます。この時季に行なわれる「三陸・大船渡つばきまつり」は、ツバキにちなんだ催しがいっぱいのイベントです。


盛岡 |「BAzaR et panpantutu 盛岡店」女の子が夢見るかわいいデザインの子ども服

盛岡 |「BAzaR et panpantutu 盛岡店」女の子が夢見るかわいいデザインの子ども服

岩手県盛岡市にある「BAzaR et panpantutu 盛岡店」は、小さな女の子がときめくようなキュートな服が集まるショップ。白を基調にした明るい店内には、カラフルなチュチュスカート、リボンや花をモチーフにした飾りが付いたコート、帽子などが所狭しと並びます。出産祝いにぴったりのギフトアイテムも豊富ですよ。


久慈 |「北三陸くじ冬の市」地元ならではのグルメを満喫できる冬イベント

久慈 |「北三陸くじ冬の市」地元ならではのグルメを満喫できる冬イベント

岩手県久慈市で行なわれる「北三陸くじ冬の市」は、海の幸が豊富な三陸沿岸地域ならではの冬の味覚を中心に、久慈の魅力をまるごと体感できるイベント。例年11月~2月に開催され、地元の特産品や選りすぐりのグルメを味わえるほか、ファミリーで楽しめる企画がいっぱいです。


最新の投稿


本宮 |「プリンス・ウィリアムズ・パーク」1日遊べる憩いのあそび場

本宮 |「プリンス・ウィリアムズ・パーク」1日遊べる憩いのあそび場

福島県本宮市にある「プリンス・ウィリアムズ・パーク」は、「スマイルキッズパーク」の名前で親しまれてきた屋内外で遊べる公園。2014年にイギリスのウィリアム王子が訪れたことをきっかけに、英国庭園が整備され、現在の名前へと変わりました。幼児~小学生まで思いきり遊べるのはもちろん、パパやママ、おじいちゃんやおばあちゃんまで楽しめる公園です。


七戸 |「しちのへ春まつり」家族で楽しめるイベントで、町の魅力と春の訪れを満喫しよう!

七戸 |「しちのへ春まつり」家族で楽しめるイベントで、町の魅力と春の訪れを満喫しよう!

青森県東部に位置する七戸町は、季節によってがらりと変わる風景美や、幅広い年代が楽しめるイベント、歴史を感じる町並みや史跡、豊富な特産品やめずらしい名物など体感したくなるような魅力が満載です。そんな七戸町の春を彩るイベントにおでかけしてみませんか?※2020年度は新型コロナウイルス感染症の影響で中止となりました(詳しくは公式ホームページをご確認ください)


黒石 |「松の湯交流館」銭湯を活用した交流拠点で、心あたたまるひとときを過ごそう

黒石 |「松の湯交流館」銭湯を活用した交流拠点で、心あたたまるひとときを過ごそう

青森県黒石市の「松の湯交流館」は、こみせと呼ばれるアーケード状の通路がまとまって残る、全国的にもめずらしい通りに位置する多目的交流施設です。今回は、観光客向けの案内所や、市民の憩いの場として親しまれている「松の湯交流館」の魅力をご紹介します。


猪苗代 |「野口英世記念館」遊んで学べる体験型ミュージアム

猪苗代 |「野口英世記念館」遊んで学べる体験型ミュージアム

福島県猪苗代町出身の偉人といえば、現行の1,000円札の肖像画でもおなじみの野口英世。細菌学者として世界中でさまざまな業績を残した人物です。猪苗代町には、その生家を保存してたてられた「野口英世記念館」があり、ノーベル賞候補になった野口英世の生涯とその業績をわかりやすく紹介しています。


新潟 |「秋葉硝子」吹きガラスの魅力を伝えるガラス工房

新潟 |「秋葉硝子」吹きガラスの魅力を伝えるガラス工房

新潟市街から車で30分ほどの場所にある秋葉区新津地域。かつてこの地域ではガラス工業が盛んで、10数社の工場があったそう。現在は「秋葉硝子」の1社のみとなりましたが、美しい吹きガラスの魅力を伝えています。大量生産ではなく、手づくりのガラス作品が醸しだす風合いは、多くの人を魅了しています。