青森 |「三ッ星製パン」ひとつひとつにこだわりが光る、オリジナルのおいしさにわくわくするパン屋さん

青森 |「三ッ星製パン」ひとつひとつにこだわりが光る、オリジナルのおいしさにわくわくするパン屋さん

青森市の駅前公園に隣接する「三ッ星製パン」。販売しているパンのひとつひとつに、ターゲットやテーマを決めているというこだわりのメニューが並びます。一見小ぶりに見えるパンですが、実はおいしさの秘密が詰まっているのだとか。今回は、ここでしか味わえないこだわりのパンの魅力をたっぷりとご紹介します!


“三ッ星”のおいしさが詰まった小さなパン屋さん

青森駅前の駅前公園に隣接する「三ッ星製パン」。2017年4月末にオープンした、対面販売のパン屋さんです。

女性のお客さんが多く、店先にはおいしさの秘密でもある、かわいらしいサイズ感のパンが並びます。

もともとものづくりが好きだという経営者だった今さんが、職人・ディレクターとしてパン屋さんをスタート。居酒屋業態などの飲食店で働いた経験は豊富でしたが、「同じ飲食でも、パン屋さんのほうが食べて満たされる年代が幅広くていい」と感じ、自らもパン職人となりました。

経営者として現場に入っていたときは、“もっとこういうパンをつくればいいのに”と思っても、うまく職人さんに伝わらないもどかしさもあったのだとか。
だからこそ自分で出店すると決めてからは、ずっとやりたいと思ってきたことをほぼやり切るほど、さまざまなアイディアを実行されているんだそう。

お店に並ぶパンは、ひとつひとつターゲットやテーマが決まっています。そのおいしさとこだわりが、たくさんのお客さんの心をつかんでいるのかもしれませんね。

青森県産品にこだわったここだけの食パン「あおパン」

20種類以上のパンを販売している三ッ星製パンで、今さんのいちおしは「あおパン」。

2年前に看板商品の「あん食パン」を持って物産展に出店したとき、いちおしポイントを聞かれても全く答えられず、それなら一言でわかりやすいパンをつくってみようと青森県産品にこだわったパンづくりが始まりました。

粉だけを食べるところから素材を探し、小麦粉・卵・牛乳はすべて青森県産品を使用。
食パンの耳の硬さが苦手だということもあり、耳から食べやすく口どけのいい食感を目指しました。

パンをつくるのに必ず必要な油分もバターやマーガリンではない材料を使っているため、温度にも左右されず、素材の味をぼやけさせない食パンが誕生。

さらに風船が大きくなると色が薄くなるように、発酵して生地が大きくなると香りも薄くなってしまうと考えて、おいしさを凝縮させた小ぶりのパンをつくりあげたのです。

そんな「あおパン」のオススメのトッピングは、「酸味と食感」が感じられるもの。ソムリエと唎酒師の資格を持っている今さんは、惣菜系のパンをつくるときにも、この組み合わせを必ず取り入れるようにしています。

「ご飯に合うおかずは大体あう」とのことで、素材の甘みが引き立っている「あおパン」には、意外にも漬けものなどがマッチするのだそう。
メニューのきゅうりトーストやだし巻サンドのように、いろいろな組み合わせを試してみると面白いのかもしれませんね。

また食べたくなる、変わりダネメニューもたくさん!

あおパン以外にも、他のパン屋さんでは見かけないようなめずらしいメニューがずらり!

「だし巻サンド」は、パンにあう甘めの味付けと、ぷるぷるした卵の食感、だし汁がしみ込んだジューシーなパンとのバランスがたまらないひと品。

油で揚げずに焼き上げた「カレーパン」は、オリジナルブレンドの香辛料の辛さが食欲をそそります。自家製パン粉のカリっとした食感を、冷めても感じられるのがうれしいポイントです。

また、丁寧に炊いた自家製国産粒あんを、たっぷりとぜいたくに折り込んだ「あん食パン」や、カルピスバターと組み合わせた「あんバター」など、素朴ながら小豆のおいしさや小麦の甘さを感じられるメニューも、老若男女問わず人気です。

ほかにも、青森県の名産品である“嶽きみ”という甘みの強いとうもろこしを使用した、季節限定の「嶽きみ食パン」や、夏にさっぱりと食べたい「きゅうりトースト」、食感やボリューム感がうれしい「バインミー」など、ここだけのオリジナルメニューが豊富に並んでいます。

さらに、青森県民にはなじみ深い「棒パン」の生地も販売。通常、振る舞いなどで使用される生地と違い、なんと食パンと同じ生地のため、焼きたてはもちろん絶品!
イベント出店の際には、体験しながら焼きたての棒パンを食べることができます。お祭りや文化祭などの行事用にも購入できるのでみんなでわいわい楽しみながら、焼きたてのおいしさを味わってみてはいかがでしょうか。

続々登場する新商品から目が離せない!

新しいメニューが続々と登場する三ッ星製パンでは、現在も魅力的なパンを考案しています。

そのひとつが、“アレルギーがあっても食べられるパン”です。
原材料に含まれる、小麦、卵、牛乳を使わないのはもちろん、乳化成分に含まれる卵白成分も入れない、完全ノンアレルギーのパンを試作しているのだそう。

子どもでも食べられるパンはありますか?といった声を聞くようになり、アレルギー成分を含まないだけでなく、パンを膨らませる酵母も自然酵母でつくるように試行錯誤しています。

また、常に食事のなかで食べられるパンや、健康を考えてGI値を低くしたパン、今まで販売していなかったハード系のパンづくり、自ら主催のパンフェスなど、やっていきたいことがたくさんあるのだとか。

「青森県でおいしいパンを食べたいと調べたときに、1番最初に名前が出てくる店、市内1のパン屋さん、東北のほかの地域でも1番のパン屋さん」を目指していきたいという今さん。これからの展開に、ますます目が離せませんね!

「三ッ星製パン」を味わい尽くそう!ななびチェック!

爽やかな味わいの自家製ジンジャーエールも販売

たっぷりのジンジャーに、フルーツやシナモンなどを組み合わせた風味豊かなジンジャーシロップも自家製。炭酸で割ってスパイスがピリッと香る、爽やかな味わいも外せません。

シンプルでほっとする味わいの焼き菓子も

どこか懐かしさを感じる、甘食も人気メニューのひとつ。さくっとした外側と、なかのふわふわ食感がおいしいひと品です。チョコチップバージョンも販売されているので、見かけたらぜひお試しあれ。

人気商品は予約がオススメ!

食パン類は特に人気のため、予約の電話をしておくのがオススメです。ご予約の際はできるだけ午前中に電話をかけてみてくださいね。

「三ッ星製パン」のFacebookについて詳しくはこちら
「三ッ星製パン」のInstagramについて詳しくはこちら

関連する投稿


十和田 |「奥入瀬渓流館」たっぷりのマイナスイオンのなかで味わう自然の魅力

十和田 |「奥入瀬渓流館」たっぷりのマイナスイオンのなかで味わう自然の魅力

日本を代表する渓流美として有名な奥入瀬渓流は、青森県の十和田湖“子ノ口”から“焼山”までを流れる約14キロの奥入瀬川の渓流で、八幡平国立公園に所属しています。その入り口にある「奥入瀬渓流館」は、奥入瀬渓流の自然を学び、味わいながら楽しめる施設。今回は、そんな奥入瀬渓流館の魅力をご紹介します。


五所川原 |「米パン工房 稲i~ne」原材料からつくりあげる、完全オリジナルのこだわり米粉パン専門店

五所川原 |「米パン工房 稲i~ne」原材料からつくりあげる、完全オリジナルのこだわり米粉パン専門店

青森県五所川原市の田園風景のなかにたたずむ「米パン工房 稲i~ne」。2017年4月のオープン以来、口コミでおいしさが広まり、あっという間に売り切れてしまう人気店となりました。今回は、オーナー自ら材料のお米の栽培を行うこだわりの販売スタイルや、もっちりふわふわな米粉パンの魅力をたっぷりとご紹介します!


東通 |「ログレストラン南川」隠れ家でいただく、地産食材をふんだんに使った料理

東通 |「ログレストラン南川」隠れ家でいただく、地産食材をふんだんに使った料理

本州最北東端・東通村の、ひっそりとした森のなかにある隠れ家レストラン「ログレストラン南川」は、知る人ぞ知る隠れ家レストラン。ヒラメの水揚げ青森県ナンバー2、定置網漁ではナンバー1の東通村ご当地グルメ「東通天然ヒラメ刺身重」をはじめ、東通村特産の食材をふんだんに活かした絶品グルメをいただける、「ログレストラン南川」をご紹介します。


南郷 |「南郷カッコーの森エコーランド」開放感あふれるレクリエーション施設で、スポーツもイベントも満喫!

南郷 |「南郷カッコーの森エコーランド」開放感あふれるレクリエーション施設で、スポーツもイベントも満喫!

八戸市南部に位置する南郷(旧・南郷村)は、“ジャズとそばの郷”として全国的にも知られている自然豊かな地域。そんな自然のなかで、スポーツや文化体験、さまざまな催し物が楽しめるのが「南郷カッコーの森エコーランド」です。今回は、家族みなさんで利用できるオススメポイントや、人気のイベントまでたっぷりとご紹介します!


八戸 |【ななび連載:八戸編vol.4】なじみの人気店から新スポットまで、八戸グルメを満喫!

八戸 |【ななび連載:八戸編vol.4】なじみの人気店から新スポットまで、八戸グルメを満喫!

港町・八戸市の名物といえば、外せないのが海産物。今回は、そんなイメージを裏切らない絶品丼ぶりご飯をはじめ、デザートにオススメな濃厚ソフトクリーム、新グルメスポットとして人気のお米専門店など、さまざまな“うまい!”をたっぷりご紹介します!


最新の投稿


天栄村 |「エンゼルフォレスト那須白河」親子で、おじいちゃんおばあちゃんも、ペットも!冬でも楽しめるリゾートキャンプ場!

天栄村 |「エンゼルフォレスト那須白河」親子で、おじいちゃんおばあちゃんも、ペットも!冬でも楽しめるリゾートキャンプ場!

アウトドアというと、春から秋にかけてがメインシーズンのイメージがあると思いますが、キャンパーたちがこぞってオススメするのが、実は冬のキャンプ!冬の澄んだ空気や火の温かさをダイレクトに感じる“冬キャン”こそ、アウトドアの醍醐味なのだそう。アウトドア初心者でも四季折々の魅力を満喫できる「エンゼルフォレスト那須白河」をご紹介します。


久慈 |【ななび連載:久慈編vol.2】久慈に行ったら必食!絶対にはずせない三大グルメ

久慈 |【ななび連載:久慈編vol.2】久慈に行ったら必食!絶対にはずせない三大グルメ

岩手県久慈市は、世界有数の漁場として知られる三陸沖の魚介、テレビドラマ『あまちゃん』で注目を集めた郷土料理「まめぶ汁」、さらには豊かな森が広がる山間部では赤身がおいしいブランド牛「短角牛」と、グルメが充実した街でもあります。そんな久慈のおいしさを満喫するグルメ旅へでかけましょう。


蔵王 |「みやぎ蔵王の樹氷めぐり」で絶景に出会える非日常体験を!

蔵王 |「みやぎ蔵王の樹氷めぐり」で絶景に出会える非日常体験を!

世界でも数ヶ所でしか見られない冬の自然現象・樹氷。宮城県蔵王町にある「みやぎ蔵王すみかわスノーパーク」で行なわれるツアー「みやぎ蔵王の樹氷めぐり」では、雪上車・ワイルドモンスター号で雪山を登り、10メートル近い高さの樹氷を間近で見られます。観賞後は、レストハウスの名物メニューと蔵王山の麓にある温泉も満喫しましょう。


新潟 |「ウィンターイルミネーション」でカラフルにきらめく新潟の冬を楽しもう

新潟 |「ウィンターイルミネーション」でカラフルにきらめく新潟の冬を楽しもう

クリスマスやお正月など、わくわくするイベントが多い冬。2018年の冬は新潟できらめくイルミネーションを楽しんでみませんか。「子どもも一緒に楽しみたい」「いろんな形や色のイルミネーションも見てみたい」そんな人にオススメの3つのイルミネーションスポットをご紹介します。防寒対策をしっかりして、幻想的な光の世界へでかけませんか。


新潟 |「そら野テラス」新潟の農業、食、自然を一度に体験できる産直市場

新潟 |「そら野テラス」新潟の農業、食、自然を一度に体験できる産直市場

新潟市西蒲区にある「そら野テラス」は、農園と直売所、カフェが一体となったスポットです。新鮮な野菜や果物を買えるのはもちろん、その土地で大切に育てられた季節の食材を使った料理も味わえ、楽しみ方はさまざま!豊かな自然に囲まれたのどかな場所で、四季を感じながら新潟の農業やおいしいグルメにふれてみませんか。