白石 |「こじゅうろうキッズランド」がオープン!宮城県内最大級の屋内遊び場

白石 |「こじゅうろうキッズランド」がオープン!宮城県内最大級の屋内遊び場

宮城県南端の街・白石市に2018年8月にオープンしたばかりの「こじゅうろうキッズランド」は、一度に260人が入場できる屋内遊び場。乳幼児から小学生まで年齢にあわせて遊べる3つのエリアに分かれていて、自由に利用できる休憩スペースも充実。オープンから2ヶ月で来場者が約2万人となり、宮城県南エリアの人気スポットになっています。


年齢にあわせて安全に遊べる!宮城県内最大級の屋内遊び場

東北自動車道白石ICから車で5分ほどの国道4号沿いに、「こじゅうろうキッズランド」はあります。2018年8月にオープンした宮城県内最大級規模の屋内遊び場で、地元のファミリーを中心に人気を集めています。

エントランスに入ると目に飛び込んでくるのが、小さなイス。「こじゅうろうキッズランド」は安全に遊ぶために靴を脱ぐことになっていて、お子さんが靴を脱ぎやすいように補助イスが準備されています。

ほかにも鍵付きのベビーカー置き場や荷物ロッカーを備えるなど、ファミリーにやさしいポイントがいたるところに見られます。

こじゅうろうキッズランドの館内は、1階に小学生向けの「わくわくパーク」と3歳~6歳までの「のびのびランド」、2階には6ヶ月~3歳までの「すくすくひろば」の3つの遊びエリアに分かれているのが特徴です。

大型遊具が目玉!「わくわくパーク」

「わくわくパーク」は、1階から2階まで吹き抜けの小学生向けエリア。中央には、天井まで届く8メートルもの高さの大型遊具があります。滑り台やボルダリング、ジャングルジム、吊り橋などを組みあわせ、まるで秘密基地のよう。天井とつながっている太い縄造りのネットでは、ハンモックのように横たわることもできます。

ほかにも、ドーナツ状の遊具に入って回転するサイバーホイールや、懐かしい竹馬や鉄棒などもあり、全身を使って思いきり遊べます。「わくわくパーク」は、保護者が見守れば3歳から利用できますよ。

「のびのびランド」の木製遊具で遊ぼう

1階の受付近くにある「のびのびランド」は、木のぬくもりを感じる滑り台とハンモック、うんていが一体になった遊具が人気。カラフルで大きなスポンジ積み木やお城の形をしたエアー遊具、ボールプールもあり、のびのび遊べます。

ボールプール側の壁面には、「白石三白(さんぱく)野菜」としてブランド化に取り組んでいる身が白いとうもろこし「ピュアホワイト」や、皮が白く栗のような食感と甘みがある白いかぼちゃ「夢味(ゆめみ)」をかたどったオリジナルの的にボールを投げられるのがユニーク!

乳幼児専用の「すくすくひろば」

2階の休憩スペース「ほっとサロン」とつながる「すくすくひろば」は、6ヶ月~3歳のお子さん向け。絵本『あらしのよるに』の作者・あべ弘士(ひろし)さんが、お子さんたちと一緒に「森のうたがきこえるよ」をテーマに東北の森と動物たちを描いた壁画が印象的な空間です。

こちらには、小さいお子さん向けの三輪車に乗れるコーナーや、鉄道や車のレールセットなどの遊具がそろっています。木製のおままごとセットも充実していて、お買い物ごっこも人気だそう。

このエリアには、「よむよむひろば」が併設。厳選された約500冊の絵本がそろい、ゆったりしたスペースで読み聞かせなどができます。

遊びのエリアが3つに分かれ、随所にファミリーにやさしい設備が整っているのが、「こじゅうろうキッズランド」の人気の秘密。ひとり1回300円とお財布にやさしいのもうれしいポイントですね。

「こじゅうろうキッズランド」の親子にやさしい3つのポイントをななびチェック!

持ち込みができる!休憩スペース

2階の「ホットサロン」は、お弁当などの持ち込みができる休憩スペースで、電子レンジも完備。1階の「わいわいサロン」も、イベント開催時以外は持ち込みができる休憩スペースとして自由に利用できます。ゴミは各自持ち帰りましょうね。

トイレや洗面台など、お子さん用サニタリーが充実

エントランス近くに低いサイズの洗面台があり、お子さんでも手洗いができます。また、男女各トイレには、ベビーベッドとお子さん用トイレ、着替え台、ベビーキープを完備。

個室タイプの授乳室が5室も!

1階に2室、2階に3室、個室タイプの授乳室があります。室内に小さなソファが置かれ、給湯設備も整っているのが人気のポイント。

「こじゅうろうキッズランド」について詳しくはこちら

関連する投稿


東松島 |「ちょこっと惣菜 結びや」手づくりの惣菜販売が、地域のふれあいの一助に

東松島 |「ちょこっと惣菜 結びや」手づくりの惣菜販売が、地域のふれあいの一助に

宮城県東松島市の小野地区に2017年5月にオープンした「ちょこっと惣菜 結びや」。運営を担っているのは、2008年頃から地域親睦のためにと活動をスタートさせた「まざ~らいん」の皆さんです。営業日は火・水曜のみにもかかわらず、開店前から地元の人たちが集まり、はやくも地域コミュニティーの拠点になっています。


気仙沼 |【ななび連載:気仙沼編vol.4】ダイナミックな大自然の絶景スポットをめぐる

気仙沼 |【ななび連載:気仙沼編vol.4】ダイナミックな大自然の絶景スポットをめぐる

太平洋に面し、三陸ジオパークや三陸復興国立公園に含まれる気仙沼には、大自然の景勝地がいっぱい。複雑に折り重なるリアス海岸が織りなす海岸美の「岩井崎」と「巨釜・半造」、日本有数のツツジの名所である「徳仙丈山」など、気仙沼が誇る雄大な絶景スポットをご紹介します!


気仙沼 |【ななび連載:気仙沼編vol.3】買い物以外にも楽しみ方いろいろ!気仙沼のショッピングスポット

気仙沼 |【ななび連載:気仙沼編vol.3】買い物以外にも楽しみ方いろいろ!気仙沼のショッピングスポット

マグロやカツオなどさまざまな魚の豊富な水揚げ量を誇る気仙沼。今回は、港町ならではの海の幸の買い物を楽しめて、併設するレストランやイートインスペースで海鮮メニューなどが味わえる人気ショッピング施設をご紹介します。おみやげにぴったりな、愛らしいご当地キャラクターのスイーツも要チェック!


気仙沼 |【ななび連載:気仙沼編vol.2】気仙沼で食べたい三大ご当地グルメ

気仙沼 |【ななび連載:気仙沼編vol.2】気仙沼で食べたい三大ご当地グルメ

東北有数の漁港をもつ気仙沼は、フカヒレの生産量日本一、生鮮カツオの水揚げ日本一など、新鮮な魚介類が味わえることで有名です。ただ、魚介だけでなく、気仙沼で独自に発展してきたご当地グルメも、古くから地元の人に愛されてきました。今回は、そんな気仙沼ならではのオススメの味をご紹介します。


気仙沼 |【ななび連載:気仙沼編vol.1】気仙沼市ってどんなところ?

気仙沼 |【ななび連載:気仙沼編vol.1】気仙沼市ってどんなところ?

宮城県沿岸部の最北端に位置し、東を太平洋に面する気仙沼市。漁業が盛んな港町としても知られ、「気仙沼市魚市場」では、カツオ、サンマ、マグロなど多彩な魚種の水揚げ量を誇ります。現在建設中の巨大アーチ橋「気仙沼大島大橋」や、夏の一大イベント「気仙沼みなとまつり」など、ピチピチの魚のように活きのいい街・気仙沼をご紹介します。


最新の投稿


西郷村 |「セブン-イレブン白河インター店」ワインショップ顔負けの品揃えを誇るコンビニ

西郷村 |「セブン-イレブン白河インター店」ワインショップ顔負けの品揃えを誇るコンビニ

東北自動車道白河I.Cを降りて国道4号線を東京方面に1kmほどのところにある「セブン-イレブン白河インター店」は、ワインショップといってもいいほどワインの品揃えが豊富。それもそのはず、オーナーはソムリエ兼ワインのインポーター。しかもお値段は1,500円前後が主流とお手頃価格。今回は番外編として、パーティーシーンに大活躍のコスパワインもご紹介します。


秋田 |「なかいちウィンターパーク2018-2019」秋田県内の冬イベントが大集合!

秋田 |「なかいちウィンターパーク2018-2019」秋田県内の冬イベントが大集合!

秋田県秋田市で開催される「なかいちウィンターパーク2018-2019」は、イルミネーションや雪遊びなど、ファミリーで楽しめる体験が盛りだくさんの冬限定イベント。開催期間が長く内容も大充実と地元で評判なんですよ。今回は、そんな大人気イベントの最新情報を詳しくご紹介します。


白石 |「こじゅうろうキッズランド」がオープン!宮城県内最大級の屋内遊び場

白石 |「こじゅうろうキッズランド」がオープン!宮城県内最大級の屋内遊び場

宮城県南端の街・白石市に2018年8月にオープンしたばかりの「こじゅうろうキッズランド」は、一度に260人が入場できる屋内遊び場。乳幼児から小学生まで年齢にあわせて遊べる3つのエリアに分かれていて、自由に利用できる休憩スペースも充実。オープンから2ヶ月で来場者が約2万人となり、宮城県南エリアの人気スポットになっています。


天童 |「平成鍋合戦」でおいしい鍋を味わって日本一を決めよう!

天童 |「平成鍋合戦」でおいしい鍋を味わって日本一を決めよう!

毎年、冬の山形県天童市では国内最大の鍋イベントが開催されます。武器を使わずに味で勝負する平和な戦い、「平成鍋合戦」です。山形県をはじめ、東北や全国各地、さらには海外の料理も幅広く参戦。多彩な鍋を食べ比べ、お気に入りに投票して、初冬の一日をおいしく楽しく過ごしてみてはいかがでしょう。


南魚沼 |南魚沼プロジェクト「本気丼2018」コシヒカリ×地元食材×地元料理人の“本気”なうまさを味わう!

南魚沼 |南魚沼プロジェクト「本気丼2018」コシヒカリ×地元食材×地元料理人の“本気”なうまさを味わう!

ツヤツヤと美しい粒と噛むほどにうま味と香りを口いっぱいに堪能できる「南魚沼産コシヒカリ」。日本一おいしいとも言われるこの米を主役にした南魚沼市独自のプロジェクト「本気丼2018」が今年も開催中です。4度目の開催となる2018年は、66杯の本気丼が登場。その土地ならではの美味や料理人たちの趣向を凝らした1杯を味わってみませんか?