白石 |「こじゅうろうキッズランド」がオープン!宮城県内最大級の屋内遊び場

白石 |「こじゅうろうキッズランド」がオープン!宮城県内最大級の屋内遊び場

宮城県南端の街・白石市に2018年8月にオープンしたばかりの「こじゅうろうキッズランド」は、一度に260人が入場できる屋内遊び場。乳幼児から小学生まで年齢にあわせて遊べる3つのエリアに分かれていて、自由に利用できる休憩スペースも充実。オープンから2ヶ月で来場者が約2万人となり、宮城県南エリアの人気スポットになっています。


年齢にあわせて安全に遊べる!宮城県内最大級の屋内遊び場

東北自動車道白石ICから車で5分ほどの国道4号沿いに、「こじゅうろうキッズランド」はあります。2018年8月にオープンした宮城県内最大級規模の屋内遊び場で、地元のファミリーを中心に人気を集めています。

エントランスに入ると目に飛び込んでくるのが、小さなイス。「こじゅうろうキッズランド」は安全に遊ぶために靴を脱ぐことになっていて、お子さんが靴を脱ぎやすいように補助イスが準備されています。

ほかにも鍵付きのベビーカー置き場や荷物ロッカーを備えるなど、ファミリーにやさしいポイントがいたるところに見られます。

こじゅうろうキッズランドの館内は、1階に小学生向けの「わくわくパーク」と3歳~6歳までの「のびのびランド」、2階には6ヶ月~3歳までの「すくすくひろば」の3つの遊びエリアに分かれているのが特徴です。

大型遊具が目玉!「わくわくパーク」

「わくわくパーク」は、1階から2階まで吹き抜けの小学生向けエリア。中央には、天井まで届く8メートルもの高さの大型遊具があります。滑り台やボルダリング、ジャングルジム、吊り橋などを組みあわせ、まるで秘密基地のよう。天井とつながっている太い縄造りのネットでは、ハンモックのように横たわることもできます。

ほかにも、ドーナツ状の遊具に入って回転するサイバーホイールや、懐かしい竹馬や鉄棒などもあり、全身を使って思いきり遊べます。「わくわくパーク」は、保護者が見守れば3歳から利用できますよ。

「のびのびランド」の木製遊具で遊ぼう

1階の受付近くにある「のびのびランド」は、木のぬくもりを感じる滑り台とハンモック、うんていが一体になった遊具が人気。カラフルで大きなスポンジ積み木やお城の形をしたエアー遊具、ボールプールもあり、のびのび遊べます。

ボールプール側の壁面には、「白石三白(さんぱく)野菜」としてブランド化に取り組んでいる身が白いとうもろこし「ピュアホワイト」や、皮が白く栗のような食感と甘みがある白いかぼちゃ「夢味(ゆめみ)」をかたどったオリジナルの的にボールを投げられるのがユニーク!

乳幼児専用の「すくすくひろば」

2階の休憩スペース「ほっとサロン」とつながる「すくすくひろば」は、6ヶ月~3歳のお子さん向け。絵本『あらしのよるに』の作者・あべ弘士(ひろし)さんが、お子さんたちと一緒に「森のうたがきこえるよ」をテーマに東北の森と動物たちを描いた壁画が印象的な空間です。

こちらには、小さいお子さん向けの三輪車に乗れるコーナーや、鉄道や車のレールセットなどの遊具がそろっています。木製のおままごとセットも充実していて、お買い物ごっこも人気だそう。

このエリアには、「よむよむひろば」が併設。厳選された約500冊の絵本がそろい、ゆったりしたスペースで読み聞かせなどができます。

遊びのエリアが3つに分かれ、随所にファミリーにやさしい設備が整っているのが、「こじゅうろうキッズランド」の人気の秘密。ひとり1回300円とお財布にやさしいのもうれしいポイントですね。

「こじゅうろうキッズランド」の親子にやさしい3つのポイントをななびチェック!

持ち込みができる!休憩スペース

2階の「ホットサロン」は、お弁当などの持ち込みができる休憩スペースで、電子レンジも完備。1階の「わいわいサロン」も、イベント開催時以外は持ち込みができる休憩スペースとして自由に利用できます。ゴミは各自持ち帰りましょうね。

トイレや洗面台など、お子さん用サニタリーが充実

エントランス近くに低いサイズの洗面台があり、お子さんでも手洗いができます。また、男女各トイレには、ベビーベッドとお子さん用トイレ、着替え台、ベビーキープを完備。

個室タイプの授乳室が5室も!

1階に2室、2階に3室、個室タイプの授乳室があります。室内に小さなソファが置かれ、給湯設備も整っているのが人気のポイント。

「こじゅうろうキッズランド」について詳しくはこちら

関連する投稿


仙台 |「どようびキッズ・プログラム」で遊びながらアートに親しもう

仙台 |「どようびキッズ・プログラム」で遊びながらアートに親しもう

宮城県仙台市の「宮城県美術館」で毎月開催される「どようびキッズ・プログラム」は、3歳くらいから10歳くらいまでのお子さんを対象とした無料のワークショップ。水や土、木などの身近な素材を使って遊んだり、美術館の敷地内を探検したり、五感を使ったアート体験ができますよ。


仙台 |「スプリングバレー泉高原」アクセス抜群のスキー場

仙台 |「スプリングバレー泉高原」アクセス抜群のスキー場

寒い冬の楽しみといえば雪遊び。宮城県仙台市の「スプリングバレー泉高原」では、はじめてのチャレンジから滑りなれた上級者までお子さんがスキーレッスンを受けられる「スキッズ・キャンプ」、スノーチュービングやそり遊びができる「雪の冒険王国」など、ウィンターアクティビティが充実!思いきり体を動かしてリフレッシュしませんか?


南三陸 |「南三陸モアイファミリー」話題のモアイグッズの魅力に迫る

南三陸 |「南三陸モアイファミリー」話題のモアイグッズの魅力に迫る

宮城県南三陸町は、県内外から観光客が集まる商店街や、旬魚をたっぷりと盛った丼が有名な街。そんな南三陸町のおみやげの定番は“モアイグッズ”!手がけるのは、モアイグッズの専門店「南三陸モアイファミリー」です。なぜ南三陸町でモアイなのか、どんなアイテムが人気なのか…、気になる疑問をリサーチします。


大崎 |「感覚ミュージアム」で五感を使った体験型の展示を楽しもう

大崎 |「感覚ミュージアム」で五感を使った体験型の展示を楽しもう

宮城県大崎市にある「感覚ミュージアム」は、五感をテーマにしたミュージアムです。体全体を使って線を描いたり、空が映り込んだ鏡張りの空間に入り込んだり、お子さんも大人も楽しめる体験型の展示が盛りだくさん。オリジナルグッズがそろうショップや、地元食材を使ったメニューを味わえるカフェにもたち寄ってみましょう。


名取 |「ICHIBIKO 閖上店」ブランドいちご・ミガキイチゴのスイーツを召し上がれ

名取 |「ICHIBIKO 閖上店」ブランドいちご・ミガキイチゴのスイーツを召し上がれ

宮城県山元町で栽培される「ミガキイチゴ」をご存じでしょうか?濃厚な甘みと形の美しさから、“食べる宝石”と呼ばれるブランドいちごです。そのミガキイチゴを使ったスイーツを提供しているのが、名取市の「ICHIBIKO 閖上店」。ドリンクやプリン、大福など、バラエティに富んだミガキイチゴスイーツを味わってみませんか。


最新の投稿


黒石 |「松の湯交流館」銭湯を活用した交流拠点で、心あたたまるひとときを過ごそう

黒石 |「松の湯交流館」銭湯を活用した交流拠点で、心あたたまるひとときを過ごそう

青森県黒石市の「松の湯交流館」は、こみせと呼ばれるアーケード状の通路がまとまって残る、全国的にもめずらしい通りに位置する多目的交流施設です。今回は、観光客向けの案内所や、市民の憩いの場として親しまれている「松の湯交流館」の魅力をご紹介します。


猪苗代 |「野口英世記念館」遊んで学べる体験型ミュージアム

猪苗代 |「野口英世記念館」遊んで学べる体験型ミュージアム

福島県猪苗代町出身の偉人といえば、現行の1,000円札の肖像画でもおなじみの野口英世。細菌学者として世界中でさまざまな業績を残した人物です。猪苗代町には、その生家を保存してたてられた「野口英世記念館」があり、ノーベル賞候補になった野口英世の生涯とその業績をわかりやすく紹介しています。


新潟 |「秋葉硝子」吹きガラスの魅力を伝えるガラス工房

新潟 |「秋葉硝子」吹きガラスの魅力を伝えるガラス工房

新潟市街から車で30分ほどの場所にある秋葉区新津地域。かつてこの地域ではガラス工業が盛んで、10数社の工場があったそう。現在は「秋葉硝子」の1社のみとなりましたが、美しい吹きガラスの魅力を伝えています。大量生産ではなく、手づくりのガラス作品が醸しだす風合いは、多くの人を魅了しています。


山形 |「シベールファクトリーパーク」ショッピングとラスク工場の見学を楽しもう

山形 |「シベールファクトリーパーク」ショッピングとラスク工場の見学を楽しもう

山形県山形市の「シベールファクトリーパーク」は、洋菓子店「シベール」のショップやラスク工場がたつスイーツのテーマパーク。ラスクやケーキ、パンなどが盛りだくさんにそろうショップでのお買いものや、ラスク工場の見学を満喫できます。カフェを併設していて、ファミリーでゆっくり過ごすのにオススメのスポットです。


由利本荘 |「鳥海山 木のおもちゃ美術館」美しい廃校を利用したおもちゃの世界

由利本荘 |「鳥海山 木のおもちゃ美術館」美しい廃校を利用したおもちゃの世界

標高2,236メートルの鳥海山の自然に恵まれた、秋田県由利本荘市にある「鳥海山 木のおもちゃ美術館」。国登録有形文化財の廃校を利用した館内では、由利本荘産の木材のおもちゃで遊びながら、木の魅力と文化にふれることができます。赤ちゃんからお年寄りまで多世代で楽しめるとあって、2018年のオープン以来人気を集めています。