白石 |「こじゅうろうキッズランド」がオープン!宮城県内最大級の屋内遊び場

白石 |「こじゅうろうキッズランド」がオープン!宮城県内最大級の屋内遊び場

宮城県南端の街・白石市に2018年8月にオープンしたばかりの「こじゅうろうキッズランド」は、一度に260人が入場できる屋内遊び場。乳幼児から小学生まで年齢にあわせて遊べる3つのエリアに分かれていて、自由に利用できる休憩スペースも充実。オープンから2ヶ月で来場者が約2万人となり、宮城県南エリアの人気スポットになっています。


年齢にあわせて安全に遊べる!宮城県内最大級の屋内遊び場

東北自動車道白石ICから車で5分ほどの国道4号沿いに、「こじゅうろうキッズランド」はあります。2018年8月にオープンした宮城県内最大級規模の屋内遊び場で、地元のファミリーを中心に人気を集めています。

エントランスに入ると目に飛び込んでくるのが、小さなイス。「こじゅうろうキッズランド」は安全に遊ぶために靴を脱ぐことになっていて、お子さんが靴を脱ぎやすいように補助イスが準備されています。

ほかにも鍵付きのベビーカー置き場や荷物ロッカーを備えるなど、ファミリーにやさしいポイントがいたるところに見られます。

こじゅうろうキッズランドの館内は、1階に小学生向けの「わくわくパーク」と3歳~6歳までの「のびのびランド」、2階には6ヶ月~3歳までの「すくすくひろば」の3つの遊びエリアに分かれているのが特徴です。

大型遊具が目玉!「わくわくパーク」

「わくわくパーク」は、1階から2階まで吹き抜けの小学生向けエリア。中央には、天井まで届く8メートルもの高さの大型遊具があります。滑り台やボルダリング、ジャングルジム、吊り橋などを組みあわせ、まるで秘密基地のよう。天井とつながっている太い縄造りのネットでは、ハンモックのように横たわることもできます。

ほかにも、ドーナツ状の遊具に入って回転するサイバーホイールや、懐かしい竹馬や鉄棒などもあり、全身を使って思いきり遊べます。「わくわくパーク」は、保護者が見守れば3歳から利用できますよ。

「のびのびランド」の木製遊具で遊ぼう

1階の受付近くにある「のびのびランド」は、木のぬくもりを感じる滑り台とハンモック、うんていが一体になった遊具が人気。カラフルで大きなスポンジ積み木やお城の形をしたエアー遊具、ボールプールもあり、のびのび遊べます。

ボールプール側の壁面には、「白石三白(さんぱく)野菜」としてブランド化に取り組んでいる身が白いとうもろこし「ピュアホワイト」や、皮が白く栗のような食感と甘みがある白いかぼちゃ「夢味(ゆめみ)」をかたどったオリジナルの的にボールを投げられるのがユニーク!

乳幼児専用の「すくすくひろば」

2階の休憩スペース「ほっとサロン」とつながる「すくすくひろば」は、6ヶ月~3歳のお子さん向け。絵本『あらしのよるに』の作者・あべ弘士(ひろし)さんが、お子さんたちと一緒に「森のうたがきこえるよ」をテーマに東北の森と動物たちを描いた壁画が印象的な空間です。

こちらには、小さいお子さん向けの三輪車に乗れるコーナーや、鉄道や車のレールセットなどの遊具がそろっています。木製のおままごとセットも充実していて、お買い物ごっこも人気だそう。

このエリアには、「よむよむひろば」が併設。厳選された約500冊の絵本がそろい、ゆったりしたスペースで読み聞かせなどができます。

遊びのエリアが3つに分かれ、随所にファミリーにやさしい設備が整っているのが、「こじゅうろうキッズランド」の人気の秘密。ひとり1回300円とお財布にやさしいのもうれしいポイントですね。

「こじゅうろうキッズランド」の親子にやさしい3つのポイントをななびチェック!

持ち込みができる!休憩スペース

2階の「ホットサロン」は、お弁当などの持ち込みができる休憩スペースで、電子レンジも完備。1階の「わいわいサロン」も、イベント開催時以外は持ち込みができる休憩スペースとして自由に利用できます。ゴミは各自持ち帰りましょうね。

トイレや洗面台など、お子さん用サニタリーが充実

エントランス近くに低いサイズの洗面台があり、お子さんでも手洗いができます。また、男女各トイレには、ベビーベッドとお子さん用トイレ、着替え台、ベビーキープを完備。

個室タイプの授乳室が5室も!

1階に2室、2階に3室、個室タイプの授乳室があります。室内に小さなソファが置かれ、給湯設備も整っているのが人気のポイント。

「こじゅうろうキッズランド」について詳しくはこちら

関連する投稿


仙台 |「伊達美味マーケット」「お薬師さんの手づくり市」「新寺こみち市」仙台市内のマルシェイベント

仙台 |「伊達美味マーケット」「お薬師さんの手づくり市」「新寺こみち市」仙台市内のマルシェイベント

政令指定都市になり2018年で30周年を迎えた仙台市は、中心部をはじめ近代化が進んでいます。そんな仙台市内では、生産者や地域の人とのつながりを大切にした昔ながらのお買い物ができるマルシェイベントが毎月開かれています。お店の人とやりとりをしながら、お得なショッピングを楽しみましょう。


蔵王 |「みやぎ蔵王の樹氷めぐり」で絶景に出会える非日常体験を!

蔵王 |「みやぎ蔵王の樹氷めぐり」で絶景に出会える非日常体験を!

世界でも数ヶ所でしか見られない冬の自然現象・樹氷。宮城県蔵王町にある「みやぎ蔵王すみかわスノーパーク」で行なわれるツアー「みやぎ蔵王の樹氷めぐり」では、雪上車・ワイルドモンスター号で雪山を登り、10メートル近い高さの樹氷を間近で見られます。観賞後は、レストハウスの名物メニューと蔵王山の麓にある温泉も満喫しましょう。


東松島 |「ちょこっと惣菜 結びや」手づくりの惣菜販売が、地域のふれあいの一助に

東松島 |「ちょこっと惣菜 結びや」手づくりの惣菜販売が、地域のふれあいの一助に

宮城県東松島市の小野地区に2017年5月にオープンした「ちょこっと惣菜 結びや」。運営を担っているのは、2008年頃から地域親睦のためにと活動をスタートさせた「まざ~らいん」の皆さんです。営業日は火・水曜のみにもかかわらず、開店前から地元の人たちが集まり、はやくも地域コミュニティーの拠点になっています。


気仙沼 |【ななび連載:気仙沼編vol.4】ダイナミックな大自然の絶景スポットをめぐる

気仙沼 |【ななび連載:気仙沼編vol.4】ダイナミックな大自然の絶景スポットをめぐる

太平洋に面し、三陸ジオパークや三陸復興国立公園に含まれる気仙沼には、大自然の景勝地がいっぱい。複雑に折り重なるリアス海岸が織りなす海岸美の「岩井崎」と「巨釜・半造」、日本有数のツツジの名所である「徳仙丈山」など、気仙沼が誇る雄大な絶景スポットをご紹介します!


気仙沼 |【ななび連載:気仙沼編vol.3】買い物以外にも楽しみ方いろいろ!気仙沼のショッピングスポット

気仙沼 |【ななび連載:気仙沼編vol.3】買い物以外にも楽しみ方いろいろ!気仙沼のショッピングスポット

マグロやカツオなどさまざまな魚の豊富な水揚げ量を誇る気仙沼。今回は、港町ならではの海の幸の買い物を楽しめて、併設するレストランやイートインスペースで海鮮メニューなどが味わえる人気ショッピング施設をご紹介します。おみやげにぴったりな、愛らしいご当地キャラクターのスイーツも要チェック!


最新の投稿


西和賀 |「雪あかり in にしわが」町全体がろうそくの明かりに包まれる、心あたたまる冬イベント

西和賀 |「雪あかり in にしわが」町全体がろうそくの明かりに包まれる、心あたたまる冬イベント

岩手県の最西端にある西和賀町は、三方を山々に囲まれた小さな町。県内有数の豪雪地帯として知られ、例年2月に開催されるライトアップイベント「雪あかり in にしわが」は冬の風物詩となっています。当日は町内全域が会場となり、ろうそくを灯した雪像や雪灯籠があちこちに。白い雪とやわらかな明かりが街を包む、幻想的な光景が広がります。


仙台 |「伊達美味マーケット」「お薬師さんの手づくり市」「新寺こみち市」仙台市内のマルシェイベント

仙台 |「伊達美味マーケット」「お薬師さんの手づくり市」「新寺こみち市」仙台市内のマルシェイベント

政令指定都市になり2018年で30周年を迎えた仙台市は、中心部をはじめ近代化が進んでいます。そんな仙台市内では、生産者や地域の人とのつながりを大切にした昔ながらのお買い物ができるマルシェイベントが毎月開かれています。お店の人とやりとりをしながら、お得なショッピングを楽しみましょう。


十日町 |「むこ投げ」「すみ塗り」雪深い土地で続く、めずらしいお祭り

十日町 |「むこ投げ」「すみ塗り」雪深い土地で続く、めずらしいお祭り

新潟県のなかでも屈指の豪雪地帯として知られている、十日町市松之山温泉。この地域に伝わる冬の伝統行事が「むこ投げ」と「すみ塗り」です。「越後の奇祭」とも呼ばれる2つの伝統行事を一目見ようと、毎年多くの人が訪れています。また、豊かな効能で知られる松之山温泉も有名です。おまつりと温泉を楽しみにでかけませんか?


平川 |「Green Note」体験型ふれあい農家カフェで、知らなかったおいしさに出会おう

平川 |「Green Note」体験型ふれあい農家カフェで、知らなかったおいしさに出会おう

青森県平川市の住宅地にある「Green Note」は、青森県の魅力を農業や食を通じて発信しているカフェ。女性農家でもあるオーナーさんとの楽しい会話と、地元ならではの食材をふんだんに取り入れた料理を堪能できる、くつろぎの空間です。おいしさはもちろん、こだわり食材の魅力までたっぷりとご紹介します!


久慈 |【ななび連載:久慈編vol.4】個性派ミュージアムをファミリーでめぐろう

久慈 |【ななび連載:久慈編vol.4】個性派ミュージアムをファミリーでめぐろう

周囲を山と海に抱かれ、グルメや自然の魅力を満喫できる久慈。実は親子で楽しめるスポットもいっぱいなんです。琥珀の産地ならではの博物館や、ドラマで話題になった北限の海女に出会える水族館、道の駅内にあるレトロな博物館と、個性的なスポットをめぐってみませんか?すべて屋内なので、天候を気にせずおでかけできるのもうれしいですね。