奥州 |「Cafe&Living Uchida」カフェと託児所が共存した、子育て支援の新しいかたち

奥州 |「Cafe&Living Uchida」カフェと託児所が共存した、子育て支援の新しいかたち

岩手県奥州市に2017年にオープンした「Cafe&Living Uchida」は、託児所を併設した新しいスタイルのカフェ。気軽に安心してお子さんを預けられるとあって、子育て中のパパやママの強い味方となっています。カフェだけでも利用できるので、世代を超えた地域の人たちが集うコミュニティスペースとして日々にぎわっているんですよ。


親子に笑顔を広げる“子育てのサードプレイス”

「Cafe&Living Uchida(カフェアンドリビングウチダ)」は、JR水沢駅東口からすぐのところにあります。オーナーの川島さんは、2人のお子さんをもつパパ。ご自身が子育てに奮闘するなか、「もっと地域に開かれた、気軽に利用できる託児所があったら…」と、この場所をオープンしました。

Cafe&Living Uchidaのコンセプトは、“子育てのサードプレイス”。

日々子育てをしていると、親にとっては家と職場、お子さんにとっては家と保育園・幼稚園の往復になりがちです。しかし、自分だけの時間をつくったり、子育ての悩みを誰かと共有したりすることで、子育てにゆとりをもてるきっかけになるのではないかと考えた川島さん。誰もがほっと安らげる第三の場所をつくるべく、アイデアをふくらませていきました。

店名の“Living”には、家のリビングで過ごすようにくつろげる空間にしたいという想いも込められています。小さな子どもたちが楽しく遊べることはもちろん、子育てをするパパやママ、そして地域のさまざまな世代の人たちが気軽に足を運べる場所を目指しています。

古材を活かした、ぬくもりあふれる空間

建物はもともと、50年ほど営業していた「アートショップウチダ」という画材や額縁などを扱うお店でしたが、2016年に惜しまれつつ閉店。そのタイミングとCafe&Living Uchidaの計画がちょうどよく重なり、この建物を受け継ぐことになりました。

空間デザインと施工の一部以外は、自分たちの手でリノベーション。内装や家具はほとんど、地元の民家などで使われなくなった古材や古道具を引き取って再利用したもの。長い年月を経て生まれた古材の風合いが、ずっと昔からあったような居ごこちのよさをつくり出しています。

カフェの奥には大きな窓があり、その奥に「Living」と名付けられた託児所があります。木のあたたかみを感じる室内にはおもちゃや絵本などがそろい、お子さん用のトイレや畳敷きのお昼寝スペースも備えられています。

Livingには保育士さんが2名ほど常駐し、予約不要で定員は12人。1~8時間の利用が可能です。急な用事でお子さんを見ていてもらいたいとき、短時間から気軽に預けられるのがうれしいポイント。おやつの時間もあるので、お子さんをお預かりするときは食物アレルギーの有無をしっかり確認しています。また、その日お子さんがどんな様子だったか、お迎えのときにしっかり教えてもらえるのも安心です。

手づくりのスコーンでほっこりひと休み

託児所を利用せず、カフェだけでの入店ももちろんOKです。人気のメニューは、毎日お店で焼き上げる手づくりのスコーン。岩手県産の南部小麦を使った「バタースコーン」や乳製品不使用の「豆乳スコーン」、週替わりで登場する「本日のスコーン」がラインナップしています。スコーン以外では、たっぷりの野菜をじっくり煮込んだ「トマトチキンカレー」も、ファンの多い一品ですよ。

カフェからは窓越しに託児所の様子が見え、お子さんの笑い声や走り回る音がここちよいBGMのように聴こえてきます。和やかな空間でのんびりとくつろいでくださいね。

おもちゃ箱のような古道具店「FUCHI」もチェック

建物の2階には、古道具店「FUCHI(フチ)」があります。店内に入ると、洋服や家具、雑貨など、あらゆるジャンルのアイテムがずらり。これらのほとんどは、地域の人から譲り受けたものだとか。なかには、値札がなく「値段はご自由に」という貼り紙が付いたアイテムも。宝探しのような気分で見て回れば、ステキな掘り出し物が見つかりそうです。

小さなお子さんがいるファミリーだけでなく、さまざまな世代の人たちが思い思いの時間を過ごせる「Cafe&Living Uchida」へ、ぜひおでかけしてみてください。

「Cafe&Living Uchida」をもっと知りたい!ななびチェック!

保育士さんが常駐で安心

「Living」には2名ほどの保育士さんが常駐し、満6ヶ月~未就学児のお子さんを受け入れています。遊びの内容やお昼寝の時間など、ひとりひとりの月齢にあわせて細やかに対応してくれます。

短時間の預かりもOK

カフェを利用する場合はその間だけお子さんを見てもらうこともできます。

親子で楽しめるイベントに参加しよう

毎週木曜には、親子向けの絵本の読み聞かせが行なわれています。ほかにも不定期で展示会などのイベントを開催。詳細はFacebookやInstagramでチェックしてくださいね。

「Cafe&Living Uchida」のFacebookについて詳しくはこちら
「Cafe&Living Uchida」のInstagramについて詳しくはこちら

関連する投稿


久慈 |「山根六郷水車市・水車まつり」郷土グルメをおなかいっぱい味わおう

久慈 |「山根六郷水車市・水車まつり」郷土グルメをおなかいっぱい味わおう

伝統行事や古い食文化が残る岩手県久慈市山根町。「山根六郷水車市」は地元を代表するイベントで、会場は地域のシンボルである水車が建つ「桂の水車広場」です。特産の雑穀を使っただんごや餅など、地元の味をたっぷり味わいましょう。11月開催の「水車まつり」では餅つき大会が行なわれ、つきたてのあわ餅が無料で振る舞われます。


紫波 |「紫波フルーツパーク」でぶどう畑に囲まれた食育体験を

紫波 |「紫波フルーツパーク」でぶどう畑に囲まれた食育体験を

岩手県盛岡市の南部に位置する紫波(しわ)町は、ぶどうやりんごなどフルーツの栽培が盛ん。そんな紫波町にある「紫波フルーツパーク」は、地元のぶどうを使ったワイナリーの見学や、食の手づくり体験などが楽しめる農業公園です。手づくり体験を通して、ファミリーで農業や食に親しんでみませんか?




盛岡 |「光原社」ていねいにつくられた工芸品からお気に入りを見つけよう

盛岡 |「光原社」ていねいにつくられた工芸品からお気に入りを見つけよう

岩手県盛岡市にある「光原社」は、全国から集めた漆器や焼き物を扱う工芸品店で、盛岡では外せない観光スポット。東北の雑貨や食品が並ぶショップ、クラシカルな喫茶店など、見どころがたくさんあります。特に本館からつながる石畳の中庭では、レトロな木造の建物が並ぶ外国の街並みを訪れたような、ちょっとした旅行気分を楽しめます。


最新の投稿


須賀川 |「Rojima~すかがわの路地deマーケット~」須賀川の街にこだわりのモノが集まる手づくり市 

須賀川 |「Rojima~すかがわの路地deマーケット~」須賀川の街にこだわりのモノが集まる手づくり市 

福島県の空の玄関口「福島空港」がある須賀川市。その須賀川市で、福島県内だけではなく、県外からもこだわりのモノが集まるのが「Rojima(ロジマ)」です。路地や空き地、商店街の空き店舗などを利用して開催され、毎回たくさんの人で賑わっています。


湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.3】ショッピングしながらくつろげるカフェ併設の雑貨店3選

湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.3】ショッピングしながらくつろげるカフェ併設の雑貨店3選

気になるカフェや雑貨店があっても、ファミリーでおでかけすると1日に何軒もめぐるのは難しいもの。スイーツを楽しみながらおしゃれなアイテム選びもできる、そんなお店はうれしいですよね。今回は、カフェのある雑貨店をご紹介。秋田県湯沢市の伝統工芸品やエキゾチックな雑貨など、旅行気分を盛り上げるお気に入りが見つかりますよ。


新潟 | 濃厚なバタークリームがたっぷり!愛され続けるサンドパン4選

新潟 | 濃厚なバタークリームがたっぷり!愛され続けるサンドパン4選

あまり聞きなれない「サンドパン」。コッペパンにクリームを塗ったもので、新潟県の人にとってはおなじみのパンです。クリームの種類はたくさんあり、レトロなパッケージに入っているのも特徴のひとつ。新潟県内で「サンドパン」を販売するお店のなかから、今回はオススメの「サンドパン」4店舗をご紹介します。


三沢 |「青森県立三沢航空科学館」大人も子どもも夢中!航空機と科学の魅力を全身で体感しよう

三沢 |「青森県立三沢航空科学館」大人も子どもも夢中!航空機と科学の魅力を全身で体感しよう

青森県三沢市にある「青森県立三沢航空科学館」は、「大空」と「飛翔」をテーマとした航空科学を学べる施設です。本物の航空機に搭乗したり、豊富な体験型展示で科学のおもしろさを体感したりと、大人も盛り上がってしまうような仕掛けがいっぱい!今回は、何時間でもいたくなる楽しい内容をたっぷりご紹介します。


湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.2】稲庭の郷で味わう秋田名物・稲庭うどん

湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.2】稲庭の郷で味わう秋田名物・稲庭うどん

お子さんに人気のグルメのひとつ「うどん」!湯沢市稲庭町は、秋田名物として有名な「稲庭うどん」の発祥地。栗駒山系の山々と田園風景に囲まれたこの町は「稲庭の郷(さと)」と呼ばれ、20数軒のうどん製造工場が集まっています。なめらかでコシのある稲庭うどんを食べに、製造元の直営店を訪ねてみませんか?