新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、2020年4月21日以降の記事更新をお休みいたします。
不要不急のおでかけを控え、おうちでバックナンバーをご覧いただきながら、ゆっくりお過ごしください。
 

奥州 |「Cafe&Living Uchida」カフェと託児所が共存した、子育て支援の新しいかたち

奥州 |「Cafe&Living Uchida」カフェと託児所が共存した、子育て支援の新しいかたち

岩手県奥州市に2017年にオープンした「Cafe&Living Uchida」は、託児所を併設した新しいスタイルのカフェ。気軽に安心してお子さんを預けられるとあって、子育て中のパパやママの強い味方となっています。カフェだけでも利用できるので、世代を超えた地域の人たちが集うコミュニティスペースとして日々にぎわっているんですよ。


親子に笑顔を広げる“子育てのサードプレイス”

「Cafe&Living Uchida(カフェアンドリビングウチダ)」は、JR水沢駅東口からすぐのところにあります。オーナーの川島さんは、2人のお子さんをもつパパ。ご自身が子育てに奮闘するなか、「もっと地域に開かれた、気軽に利用できる託児所があったら…」と、この場所をオープンしました。

Cafe&Living Uchidaのコンセプトは、“子育てのサードプレイス”。

日々子育てをしていると、親にとっては家と職場、お子さんにとっては家と保育園・幼稚園の往復になりがちです。しかし、自分だけの時間をつくったり、子育ての悩みを誰かと共有したりすることで、子育てにゆとりをもてるきっかけになるのではないかと考えた川島さん。誰もがほっと安らげる第三の場所をつくるべく、アイデアをふくらませていきました。

店名の“Living”には、家のリビングで過ごすようにくつろげる空間にしたいという想いも込められています。小さな子どもたちが楽しく遊べることはもちろん、子育てをするパパやママ、そして地域のさまざまな世代の人たちが気軽に足を運べる場所を目指しています。

古材を活かした、ぬくもりあふれる空間

建物はもともと、50年ほど営業していた「アートショップウチダ」という画材や額縁などを扱うお店でしたが、2016年に惜しまれつつ閉店。そのタイミングとCafe&Living Uchidaの計画がちょうどよく重なり、この建物を受け継ぐことになりました。

空間デザインと施工の一部以外は、自分たちの手でリノベーション。内装や家具はほとんど、地元の民家などで使われなくなった古材や古道具を引き取って再利用したもの。長い年月を経て生まれた古材の風合いが、ずっと昔からあったような居ごこちのよさをつくり出しています。

カフェの奥には大きな窓があり、その奥に「Living」と名付けられた託児所があります。木のあたたかみを感じる室内にはおもちゃや絵本などがそろい、お子さん用のトイレや畳敷きのお昼寝スペースも備えられています。

Livingには保育士さんが2名ほど常駐し、予約不要で定員は12人。1~8時間の利用が可能です。急な用事でお子さんを見ていてもらいたいとき、短時間から気軽に預けられるのがうれしいポイント。おやつの時間もあるので、お子さんをお預かりするときは食物アレルギーの有無をしっかり確認しています。また、その日お子さんがどんな様子だったか、お迎えのときにしっかり教えてもらえるのも安心です。

手づくりのスコーンでほっこりひと休み

託児所を利用せず、カフェだけでの入店ももちろんOKです。人気のメニューは、毎日お店で焼き上げる手づくりのスコーン。岩手県産の南部小麦を使った「バタースコーン」や乳製品不使用の「豆乳スコーン」、週替わりで登場する「本日のスコーン」がラインナップしています。スコーン以外では、たっぷりの野菜をじっくり煮込んだ「トマトチキンカレー」も、ファンの多い一品ですよ。

カフェからは窓越しに託児所の様子が見え、お子さんの笑い声や走り回る音がここちよいBGMのように聴こえてきます。和やかな空間でのんびりとくつろいでくださいね。

おもちゃ箱のような古道具店「FUCHI」もチェック

建物の2階には、古道具店「FUCHI(フチ)」があります。店内に入ると、洋服や家具、雑貨など、あらゆるジャンルのアイテムがずらり。これらのほとんどは、地域の人から譲り受けたものだとか。なかには、値札がなく「値段はご自由に」という貼り紙が付いたアイテムも。宝探しのような気分で見て回れば、ステキな掘り出し物が見つかりそうです。

小さなお子さんがいるファミリーだけでなく、さまざまな世代の人たちが思い思いの時間を過ごせる「Cafe&Living Uchida」へ、ぜひおでかけしてみてください。

「Cafe&Living Uchida」をもっと知りたい!ななびチェック!

保育士さんが常駐で安心

「Living」には2名ほどの保育士さんが常駐し、満6ヶ月~未就学児のお子さんを受け入れています。遊びの内容やお昼寝の時間など、ひとりひとりの月齢にあわせて細やかに対応してくれます。

短時間の預かりもOK

カフェを利用する場合はその間だけお子さんを見てもらうこともできます。

親子で楽しめるイベントに参加しよう

毎週木曜には、親子向けの絵本の読み聞かせが行なわれています。ほかにも不定期で展示会などのイベントを開催。詳細はFacebookやInstagramでチェックしてくださいね。

「Cafe&Living Uchida」のFacebookについて詳しくはこちら
「Cafe&Living Uchida」のInstagramについて詳しくはこちら

関連する投稿


盛岡 |「チーズケーキのチロル 大通店」ふわふわ食感&濃厚な味わいのチーズケーキ

盛岡 |「チーズケーキのチロル 大通店」ふわふわ食感&濃厚な味わいのチーズケーキ

盛岡市中心部、飲食店や映画館がたち並ぶ通りの一角に、赤白ストライプ模様のテント看板が印象的な「チーズケーキのチロル 大通店」があります。こちらのお店で人気なのが、手づくりにこだわったチーズケーキ。ふわっと軽い口あたりとクリームチーズの濃厚な味わいを、スプーンですくって楽しみましょう。


遠野 |「遠野どべっこ祭り」遠野の濁り酒と郷土料理に舌つづみ

遠野 |「遠野どべっこ祭り」遠野の濁り酒と郷土料理に舌つづみ

民話の里として知られる岩手県遠野市では、古くから「どぶろく」の文化が生きていました。“どべっこ”とは、地元の方言で「どぶろく」を意味します。毎年冬になると、「遠野ふるさと村」オリジナルのどぶろくや地元造り酒屋の濁り酒が楽しめる「遠野どべっこ祭り」が開催されます。郷土芸能の披露や昔話の語りなどを、ファミリーで楽しめますよ。


大船渡 |「三陸・大船渡つばきまつり」街のシンボル・ツバキを見て、食べて、楽しめるイベント

大船渡 |「三陸・大船渡つばきまつり」街のシンボル・ツバキを見て、食べて、楽しめるイベント

岩手県の沿岸南部に位置する大船渡市は、ヤブツバキが自生する太平洋沿岸の北限域の地。1月下旬~4月下旬にかけて、街のあちこちで美しく咲き誇る花々を見ることができます。この時季に行なわれる「三陸・大船渡つばきまつり」は、ツバキにちなんだ催しがいっぱいのイベントです。


盛岡 |「BAzaR et panpantutu 盛岡店」女の子が夢見るかわいいデザインの子ども服

盛岡 |「BAzaR et panpantutu 盛岡店」女の子が夢見るかわいいデザインの子ども服

岩手県盛岡市にある「BAzaR et panpantutu 盛岡店」は、小さな女の子がときめくようなキュートな服が集まるショップ。白を基調にした明るい店内には、カラフルなチュチュスカート、リボンや花をモチーフにした飾りが付いたコート、帽子などが所狭しと並びます。出産祝いにぴったりのギフトアイテムも豊富ですよ。


久慈 |「北三陸くじ冬の市」地元ならではのグルメを満喫できる冬イベント

久慈 |「北三陸くじ冬の市」地元ならではのグルメを満喫できる冬イベント

岩手県久慈市で行なわれる「北三陸くじ冬の市」は、海の幸が豊富な三陸沿岸地域ならではの冬の味覚を中心に、久慈の魅力をまるごと体感できるイベント。例年11月~2月に開催され、地元の特産品や選りすぐりのグルメを味わえるほか、ファミリーで楽しめる企画がいっぱいです。


最新の投稿


本宮 |「プリンス・ウィリアムズ・パーク」1日遊べる憩いのあそび場

本宮 |「プリンス・ウィリアムズ・パーク」1日遊べる憩いのあそび場

福島県本宮市にある「プリンス・ウィリアムズ・パーク」は、「スマイルキッズパーク」の名前で親しまれてきた屋内外で遊べる公園。2014年にイギリスのウィリアム王子が訪れたことをきっかけに、英国庭園が整備され、現在の名前へと変わりました。幼児~小学生まで思いきり遊べるのはもちろん、パパやママ、おじいちゃんやおばあちゃんまで楽しめる公園です。


七戸 |「しちのへ春まつり」家族で楽しめるイベントで、町の魅力と春の訪れを満喫しよう!

七戸 |「しちのへ春まつり」家族で楽しめるイベントで、町の魅力と春の訪れを満喫しよう!

青森県東部に位置する七戸町は、季節によってがらりと変わる風景美や、幅広い年代が楽しめるイベント、歴史を感じる町並みや史跡、豊富な特産品やめずらしい名物など体感したくなるような魅力が満載です。そんな七戸町の春を彩るイベントにおでかけしてみませんか?※2020年度は新型コロナウイルス感染症の影響で中止となりました(詳しくは公式ホームページをご確認ください)


黒石 |「松の湯交流館」銭湯を活用した交流拠点で、心あたたまるひとときを過ごそう

黒石 |「松の湯交流館」銭湯を活用した交流拠点で、心あたたまるひとときを過ごそう

青森県黒石市の「松の湯交流館」は、こみせと呼ばれるアーケード状の通路がまとまって残る、全国的にもめずらしい通りに位置する多目的交流施設です。今回は、観光客向けの案内所や、市民の憩いの場として親しまれている「松の湯交流館」の魅力をご紹介します。


猪苗代 |「野口英世記念館」遊んで学べる体験型ミュージアム

猪苗代 |「野口英世記念館」遊んで学べる体験型ミュージアム

福島県猪苗代町出身の偉人といえば、現行の1,000円札の肖像画でもおなじみの野口英世。細菌学者として世界中でさまざまな業績を残した人物です。猪苗代町には、その生家を保存してたてられた「野口英世記念館」があり、ノーベル賞候補になった野口英世の生涯とその業績をわかりやすく紹介しています。


新潟 |「秋葉硝子」吹きガラスの魅力を伝えるガラス工房

新潟 |「秋葉硝子」吹きガラスの魅力を伝えるガラス工房

新潟市街から車で30分ほどの場所にある秋葉区新津地域。かつてこの地域ではガラス工業が盛んで、10数社の工場があったそう。現在は「秋葉硝子」の1社のみとなりましたが、美しい吹きガラスの魅力を伝えています。大量生産ではなく、手づくりのガラス作品が醸しだす風合いは、多くの人を魅了しています。