天童 |「平成鍋合戦」でおいしい鍋を味わって日本一を決めよう!

天童 |「平成鍋合戦」でおいしい鍋を味わって日本一を決めよう!

毎年、冬の山形県天童市では国内最大の鍋イベントが開催されます。武器を使わずに味で勝負する平和な戦い、「平成鍋合戦」です。山形県をはじめ、東北や全国各地、さらには海外の料理も幅広く参戦。多彩な鍋を食べ比べ、お気に入りに投票して、初冬の一日をおいしく楽しく過ごしてみてはいかがでしょう。


郷土の味やぜいたく鍋、工夫を凝らした創作鍋が大集合

「平成鍋合戦」の会場は、天童市にある山形県立総合運動公園。広々とした会場の真ん中には、飲食用の椅子やテーブルが用意され、正面にはステージが設けられています。周囲を取り囲むように並ぶ約40のテントでは、調理したての料理が大鍋で湯気を立ててスタンバイ。10:00開場で、10:30に発せられる鍋奉行の「いざ出陣!」の号令とともに、鍋料理の販売がスタートします。

鍋料理の値段は、1杯300~600円。どのテントも行列ができる盛況ぶりで、次々にアツアツの鍋料理が配られていきます。

2017年は山形牛のすじ煮込みや新庄名物のとりもつラーメンなどの山形グルメのほか、遠方からは北海道・網走のカニ鍋や沖縄のソーキ鍋も大集結。普段は食べられない各地の名物料理が一度に味わえるのも、平成鍋合戦ならではの醍醐味です。

世界各国の味も参戦

平成鍋合戦に出品される料理は日本国内だけではありません。2017年はニュージーランドのチャウダーや中国の餃子鍋も大好評でした。

開会式では参加団体がそれぞれ30秒で自分の料理をアピールし、会場内には写真入りの案内も貼り出されます。いずれもなくなり次第終了なので、食べたい料理はあらかじめ決めておくのがオススメです。

お気に入りの鍋に投票して、鍋将軍を決定しよう

平成鍋合戦の勝敗は2段階の評価で決まり、まずは一般参加者の投票による一次審査です。鍋を食べると1鍋ごとにスタンプがもらえます。スタンプを3つ集めると投票に使える投票駒1個と交換できるので、こちらを会場内の投票箱に入れましょう。

一次審査で残った上位5つの鍋は決勝審査へ進み、審査員がステージ上で実食して最高賞の「鍋将軍」が決まります。

2017年の「鍋将軍」は、天童市立南部小学校の5年生による「天下布武!織田リアン鍋」。南部小ゆかりの織田藩をイメージした、真っ赤なトマトスープに豚肉や野菜がたっぷり入った鍋です。平成最後となる2018年は、どんな鍋料理が鍋将軍になるのか、お楽しみに。

大道芸人のパフォーマンスなど、鍋以外のお楽しみもいっぱい

平成鍋合戦の会場では、鍋料理だけでなく、飲み物も販売しています。また、会場入り口の「おかげ参道」には、旬のフルーツや地元の銘菓など、さまざまなおみやげを扱う店も。たこ焼きやクレープなどの軽食もあるので、食べ歩きをするのもいいですね。

懐かしさあふれる郷土の鍋料理から、本場の味が堪能できる世界の鍋料理まで、さまざまなおいしい鍋を味わって、わくわくしながら審査結果を待つ平成鍋合戦。つくる人も食べる人も一緒に盛り上がる鍋イベントを存分に楽しみましょう。

当日は、にぎやかなステージショーやパトカー、高所作業車など、お子さんたちに大人気の働く車の展示もありますよ。大人からお子さんまで家族みんなが楽しめるイベント「平成鍋合戦」におでかけしませんか。

平成最後の「平成鍋合戦」で多彩な鍋料理を楽しむ!ななびチェック!

山形名物や全国各地の鍋が味わえます

郷土食あふれる東北の鍋や、全国の個性豊かな鍋が集まって、一度に食べ比べできます。

鍋3種を食べて投票駒をもらおう

鍋を食べてスタンプを集めると、投票駒がもらえます。鍋日本一は、あなたの一票によって左右されるかも?

ステージショーやおみやげの販売も

にぎやかなステージショーや、旬のフルーツなどが買えるおみやげ販売も楽しみです。

「平成鍋合戦」について詳しくはこちら

関連する投稿


鶴岡 |【ななび連載:鶴岡編vol.3】フレッシュ野菜&フルーツスイーツを買うならココ!

鶴岡 |【ななび連載:鶴岡編vol.3】フレッシュ野菜&フルーツスイーツを買うならココ!

月山と鳥海山という2,000メートル級の2つの山と日本海に囲まれた庄内平野は、伏流水と肥沃な大地に恵まれた農産物の宝庫。夏には、「だだちゃ豆」や「庄内砂丘メロン」といった全国的によく知られる特産品が登場します。旬の採れたて野菜やみずみずしいフルーツを求めて、鶴岡の産直市場へショッピングに出かけましょう。


鶴岡 |【ななび連載:鶴岡編vol.2】おいしい素材をもりもり食べよう!鶴岡でオススメのランチスポット3選

鶴岡 |【ななび連載:鶴岡編vol.2】おいしい素材をもりもり食べよう!鶴岡でオススメのランチスポット3選

山形県の西側・庄内地方にある鶴岡市は、ミネラルが豊富な鳥海山の伏流水や夏と冬の寒暖差などの風土が、おいしいお米や野菜、フルーツの生育にぴったりな土地。日本海にも面しているので、海の幸も豊富です。鶴岡市内にたくさんある地産地消レストランで、フレッシュな食材を生かしたランチをいただきましょう!


鶴岡 |【ななび連載:鶴岡編vol.1】鶴岡ってどんなところ?

鶴岡 |【ななび連載:鶴岡編vol.1】鶴岡ってどんなところ?

かつて庄内藩の城下町として栄えた山形県鶴岡市。藩政時代や明治・大正時代に建てられた建築が今も残り、ノスタルジックな雰囲気が漂う街です。最近では著名な建築家が手がけた斬新な建物も増え、新しい風が吹き込まれています。また、日本で唯一の「ユネスコ食文化創造都市」に認められた食の街でもあり、多彩なグルメが楽しめますよ。


鶴岡 |「KIDS DOME SORAI」遊び方は無限!体や頭を使って自由に楽しめる屋内遊び場

鶴岡 |「KIDS DOME SORAI」遊び方は無限!体や頭を使って自由に楽しめる屋内遊び場

山形県鶴岡市にある「KIDS DOME SORAI」は、大きなドーム型の児童遊戯施設。体を思い切り動かせるネット遊具や巨大バンクを備えた「アソビバ」と、さまざまな素材と道具を使って工作が楽しめる「ツクルバ」で、お子さんがのびのびと遊べます。隣接する「ショウナイホテル スイデンテラス」では、温泉とグルメも楽しめますよ。


寒河江 |「さがえ さくらんぼの祭典」さくらんぼの街の一大イベント

寒河江 |「さがえ さくらんぼの祭典」さくらんぼの街の一大イベント

さくらんぼの収穫量が日本一を誇る山形県。なかでも寒河江市は県内屈指のさくらんぼ産地として知られています。さくらんぼの最盛期である6月に、寒河江の魅力を体感できる「さがえ さくらんぼの祭典」を開催。1ヶ月間繰り広げられるこちらの祭典には、お子さんから大人まで楽しめるイベントが盛りだくさんです。


最新の投稿


鶴岡 |【ななび連載:鶴岡編vol.3】フレッシュ野菜&フルーツスイーツを買うならココ!

鶴岡 |【ななび連載:鶴岡編vol.3】フレッシュ野菜&フルーツスイーツを買うならココ!

月山と鳥海山という2,000メートル級の2つの山と日本海に囲まれた庄内平野は、伏流水と肥沃な大地に恵まれた農産物の宝庫。夏には、「だだちゃ豆」や「庄内砂丘メロン」といった全国的によく知られる特産品が登場します。旬の採れたて野菜やみずみずしいフルーツを求めて、鶴岡の産直市場へショッピングに出かけましょう。


田舎館 |「道の駅いなかだて 弥生の里」のんびりくつろげる、歴史と芸術があふれる道の駅

田舎館 |「道の駅いなかだて 弥生の里」のんびりくつろげる、歴史と芸術があふれる道の駅

「田んぼアート」の村として知られる青森県田舎館村は、弥生時代中期の水田跡が東北で初めて発見された米づくりが盛んな村。そんな歴史ある村の道の駅には、田んぼアートだけでなく、地元の味が堪能できる産直施設やレストラン、大型遊具など魅力的なスポットがたくさんあります。大人から子どもまでわくわくする道の駅におでかけしてみませんか?


鶴岡 |【ななび連載:鶴岡編vol.2】おいしい素材をもりもり食べよう!鶴岡でオススメのランチスポット3選

鶴岡 |【ななび連載:鶴岡編vol.2】おいしい素材をもりもり食べよう!鶴岡でオススメのランチスポット3選

山形県の西側・庄内地方にある鶴岡市は、ミネラルが豊富な鳥海山の伏流水や夏と冬の寒暖差などの風土が、おいしいお米や野菜、フルーツの生育にぴったりな土地。日本海にも面しているので、海の幸も豊富です。鶴岡市内にたくさんある地産地消レストランで、フレッシュな食材を生かしたランチをいただきましょう!


耶麻郡 |「ヒロのお菓子屋さん」手づくりにこだわったスイーツが評判!宿泊もできるカフェ

耶麻郡 |「ヒロのお菓子屋さん」手づくりにこだわったスイーツが評判!宿泊もできるカフェ

福島県北部・北塩原村にある磐梯山のふもと、標高800メートルの所に位置する高原リゾート地「裏磐梯」。今回は裏磐梯の中心部、大自然に囲まれたのどかな場所にたたずむカフェ「ヒロのお菓子屋さん」をご紹介します。


盛岡 |「盛岡手づくり村」岩手に伝わる伝統産業を気軽に体験!

盛岡 |「盛岡手づくり村」岩手に伝わる伝統産業を気軽に体験!

岩手県盛岡市の郊外、美しいロケーションの御所湖近くにあるのが「盛岡手づくり村」です。「南部曲り家ゾーン」「手づくり工房ゾーン」「盛岡地域地場産業振興センター」の3つの施設からなり、その中心となるのが「手づくり工房ゾーン」。南部せんべい手焼きや木地玩具の絵付けなど、岩手ならではのさまざまな伝統産業の体験ができますよ。