東松島 |「ちょこっと惣菜 結びや」手づくりの惣菜販売が、地域のふれあいの一助に

東松島 |「ちょこっと惣菜 結びや」手づくりの惣菜販売が、地域のふれあいの一助に

宮城県東松島市の小野地区に2017年5月にオープンした「ちょこっと惣菜 結びや」。運営を担っているのは、2008年頃から地域親睦のためにと活動をスタートさせた「まざ~らいん」の皆さんです。営業日は火・水曜のみにもかかわらず、開店前から地元の人たちが集まり、はやくも地域コミュニティーの拠点になっています。


製造販売を手がけるのは東松島の主婦たち

三陸自動車道鳴瀬奥松島ICから車で5分ほど、東松島市の小野地区の鳴瀬桜華小学校前に「ちょこっと惣菜 結びや」はあります。主婦たちの手づくりのおにぎりや惣菜、採れたての野菜などを販売する小さなプレハブ店舗横には、地元の人たちが気軽にふれあえるようにとつくられたコミュニティースペースも。

運営するのは、小野地区の主婦たちが2008年頃に結成した「まざ~らいん」。地域に高齢者世帯や1人暮らしのお年寄りなどが増えるなか、東日本大震災後、近所にあったスーパーマーケットがなくなってしまったことに危機感を覚え、2017年5月にちょこっと惣菜 結びやをオープンしました。

地域の高齢化は、どこの地域でも今後の課題かもしれません。それを、手をこまねいて見ているのではなく、実際になんとかしようと思って立ち上がったのが「まざ~らいん」のみなさん。

事務局長として現場を取り仕切る大江公子さんは、「震災の影響もあって小野地区唯一のスーパーがなくなってしまった時、とても危機感を覚えました。地域住民のなかには、車で運転して買い物へ…というふうにいかない人もいます」と話します。

現在、お店の営業は火・水曜のみですが、開店前から客が来るのも珍しくはない盛況ぶり。週に2日でも、地域の知人たちとふれあいながら買い物ができるのは、地域住民にとって楽しみのひとつになっているようです。

早朝から仕込みが始まり、10:00に店がオープン

もともと地元の人向けにスタートした店舗でしたが、安くておいしいと評判になり、最近は地元以外の人も来店するようになっています。日によっては商品が売り切れてしまうことも。

また、買い物だけではなく、結びやで地元の人たち同士が久しぶりに会うことも。店がご近所付きあいの一端をも担っているのです。店舗の横には、10人ほどがくつろげるコミュニティースペースを設置。「ここでお茶でもしながらおしゃべりをしてもらえれば」と大江さんたちは考えています。

結びやの惣菜は、その日によって内容が変わります。種類は10種ほどで、きんぴらごぼう、鶏の唐揚げ、天ぷらなど。また、炊きたての「ひとめぼれ」でつくった味噌おにぎりは人気が高く、売り切れることも珍しくありません。

どの惣菜でも野菜はなるべく地元のものを使い、地産地消を心がけています。

さらに、惣菜以外にスイーツも充実。「牛乳かんてん」「プリン」「バナナケーキ」など、手づくりのスイーツがお手頃価格で販売されています。

東松島を愛する主婦たちが地元食材でつくった惣菜

東松島を愛するまざ~らいんの人たちの手づくり感が、店全体にあふれている結びや。「スタッフが、楽しみながら店をやっていきたい。その上で地域の人たちにも喜んでもらえたら…」と話す大江さん。今後、住民の人たちに気軽に利用してもらい、その輪がどんどん広がっていくことが、地域貢献につながっていくのかもしれません。

「結びや」をもっと楽しくおいしく!ななびチェック!

地産地消をモットーに、おにぎり&惣菜はすべて手づくり

使う野菜や米などはなるべく地元のものを使うというのが店の方針。それだけに安心して食べられますね。

隣接するコミュニティースペースを利用

惣菜をすぐに食べたい時は、自由に使える隣のコミュニティースペースを利用しましょう。

スイーツはすべて130円というお得さ

お子さんが喜びそうな「牛乳かんてん」や「プリン」も、「結びや」スタッフの手づくり。素朴な甘さでお子さんのおやつにオススメです。

関連する投稿


川崎 |「HASEKURA カカオ亭」廃校をリノベーションした施設のカフェレストランでカカオグルメを堪能!

川崎 |「HASEKURA カカオ亭」廃校をリノベーションした施設のカフェレストランでカカオグルメを堪能!

宮城県南部に位置する川崎町に、廃校となった旧支倉小学校をリノベーションし、「イーレ!はせくら王国」として生まれ変わった観光交流施設があります。施設内のカフェレストラン「HASEKURA カカオ亭」では、カカオを使った多彩なメニューが味わえると話題です。


仙台 |「感性の森」木のぬくもりを感じながら感性を育む室内遊び場

仙台 |「感性の森」木のぬくもりを感じながら感性を育む室内遊び場

仙台市郊外のショッピングセンター「錦ケ丘ヒルサイドモール」内にある「感性の森」は、0歳から小学生までのお子さんを対象とした、雨の日でも楽しく遊べる屋内施設。エントランスから遊具まですべてが木でできていて、地元をはじめ、宮城県内外のファミリーが多く訪れる人気のスポットです。


仙台 |「伊達美味マーケット」「お薬師さんの手づくり市」「新寺こみち市」仙台市内のマルシェイベント

仙台 |「伊達美味マーケット」「お薬師さんの手づくり市」「新寺こみち市」仙台市内のマルシェイベント

政令指定都市になり2018年で30周年を迎えた仙台市は、中心部をはじめ近代化が進んでいます。そんな仙台市内では、生産者や地域の人とのつながりを大切にした昔ながらのお買い物ができるマルシェイベントが毎月開かれています。お店の人とやりとりをしながら、お得なショッピングを楽しみましょう。


蔵王 |「みやぎ蔵王の樹氷めぐり」で絶景に出会える非日常体験を!

蔵王 |「みやぎ蔵王の樹氷めぐり」で絶景に出会える非日常体験を!

世界でも数ヶ所でしか見られない冬の自然現象・樹氷。宮城県蔵王町にある「みやぎ蔵王すみかわスノーパーク」で行なわれるツアー「みやぎ蔵王の樹氷めぐり」では、雪上車・ワイルドモンスター号で雪山を登り、10メートル近い高さの樹氷を間近で見られます。観賞後は、レストハウスの名物メニューと蔵王山の麓にある温泉も満喫しましょう。


白石 |「こじゅうろうキッズランド」がオープン!宮城県内最大級の屋内遊び場

白石 |「こじゅうろうキッズランド」がオープン!宮城県内最大級の屋内遊び場

宮城県南端の街・白石市に2018年8月にオープンしたばかりの「こじゅうろうキッズランド」は、一度に260人が入場できる屋内遊び場。乳幼児から小学生まで年齢にあわせて遊べる3つのエリアに分かれていて、自由に利用できる休憩スペースも充実。オープンから2ヶ月で来場者が約2万人となり、宮城県南エリアの人気スポットになっています。


最新の投稿


にかほ |「TDK歴史みらい館」驚きの連続!最新技術を遊んで体感しよう

にかほ |「TDK歴史みらい館」驚きの連続!最新技術を遊んで体感しよう

秋田県にかほ市にある「TDK歴史みらい館」は、電子部品メーカー・TDKの歴史や技術を紹介するミュージアム。企業の施設と聞くと難しそうなイメージがあるかもしれませんが、電化製品の内部展示やデジタル技術を駆使したシアターがあるなど、館内には楽しい仕掛けがいっぱい!さらには入場料無料と、親子のおでかけにぴったりなんですよ。


八幡平 |「岩手県 県民の森」で大自然と木にふれあいながら1日中遊ぼう!

八幡平 |「岩手県 県民の森」で大自然と木にふれあいながら1日中遊ぼう!

十和田八幡平国立公園内、標高2,038メートルの岩手山の北麓に広がる「岩手県 県民の森」は、360ヘクタールもの広大な森林公園。森のなかで自然観察や散策が楽しめるのはもちろん、屋内施設もあり、大型遊具「ぼくらの秘密基地」で遊んだり、木を使った工作にも気軽にチャレンジしたりできるわくわくのスポットです。


川崎 |「HASEKURA カカオ亭」廃校をリノベーションした施設のカフェレストランでカカオグルメを堪能!

川崎 |「HASEKURA カカオ亭」廃校をリノベーションした施設のカフェレストランでカカオグルメを堪能!

宮城県南部に位置する川崎町に、廃校となった旧支倉小学校をリノベーションし、「イーレ!はせくら王国」として生まれ変わった観光交流施設があります。施設内のカフェレストラン「HASEKURA カカオ亭」では、カカオを使った多彩なメニューが味わえると話題です。


郡山市|「仁井田本家」酒蔵なのにスイーツ?! 自然酒造りが自慢の酒蔵が手がける「糀スイーツ」

郡山市|「仁井田本家」酒蔵なのにスイーツ?! 自然酒造りが自慢の酒蔵が手がける「糀スイーツ」

創業300年超の歴史を誇り、自然米・純米・自然派酒母すべて100%の日本酒の醸造、販売をしている「仁井田本家」。ここ数年、日本酒造りと並行して力を入れているのが、発酵食品の開発や製造で、無肥料・無農薬栽培の自然米だけでつくった「糀」のスイーツが人気を呼んでいます。


村上 |「城下町村上 町屋の人形さま巡り」町屋に伝わる貴重なひな人形を見に行きましょう

村上 |「城下町村上 町屋の人形さま巡り」町屋に伝わる貴重なひな人形を見に行きましょう

日本海に面した「北限の茶どころ」である村上市では、毎年3月1日~4月3日まで「城下町村上 町屋の人形さま巡り」が行われています。村上市は江戸時代、村上藩の城下町として栄えた街で、旧町人町一帯には今も情緒あふれる古い町並みや町屋が残っています。村上市内の町屋を訪ね、各家庭に代々受け継がれながら大切に保管されてきた「人形さま」を見に行きませんか。