遠野 |「とおの物語の館」遠野の方言で語られる昔話に耳を傾けよう

遠野 |「とおの物語の館」遠野の方言で語られる昔話に耳を傾けよう

山あいにほのぼのとした田園風景が広がる岩手県遠野市は、柳田國男の『遠野物語』の舞台として有名です。民話の世界を体験できるテーマパーク「とおの物語の館」では、語り部による昔話の実演を開催。遠野のおばあちゃんたちによるやさしい遠野弁の響きが、物語の世界へと誘ってくれます。


『遠野物語』を体験しよう

『遠野物語』は、柳田國男が遠野地方に伝わる民話を採集・編纂し、1910年に発行した、民俗学の先駆けといわれている作品。内容は座敷わらしやカッパ、雪女などの妖怪にまつわるものから、オシラサマや神隠しなど神事にまつわるもの、怪談など、民間に伝聞された話が収録されています。

『遠野物語』の世界をわかりやすく体験できるのが、JR遠野駅から徒歩5分のところにある「とおの物語の館」。語り部が昔話を実演する「遠野座」をはじめ、物語を切り絵や影絵、映像などで楽しむ「昔話蔵」など、子どもから大人まで楽しめる民話のテーマパークです。

11月まで毎日開催!昔話の実演

4月から11月は毎日、12月から3月は土・日曜、祝日に、昔の造り酒屋の蔵を利用したレトロな劇場空間「遠野座」で、「遠野昔話語り部会」の語り部による昔語りの実演が行なわれています。

「昔、あったずもな~」ではじまる素朴でやわらかい遠野の方言で昔話が語られ、語り部の身ぶりによる表現も多彩。方言がわからなくても物語の世界に引き込まれます。

実演の20分間で語られるのは3~5話。題材はその日の語り部によってよってさまざまです。

お子さんに人気な物語は、長者の家に住む大きなねずみと、仲のよいおじいちゃんおばあちゃんの家に住む小さなねずみが相撲をとる「ねずみの相撲っこ」や、いたずら好きのカッパが改心する「河童淵」などだそうです。

とおの物語の館の支配人・多田さんは、「おばあちゃんたちが語る遠野の昔話を聞いて、正直に生きることの大切さを感じてもらえたらうれしい」と話します。

見て、さわって昔話の世界へ

遠野座で昔話の実演を楽しんだあとは、敷地内の「昔話蔵」を見学しましょう。

座敷わらしや雪女のイラストが出迎える館内では、『遠野物語』だけでなく、『桃太郎』や『鶴の恩返し』といった日本の昔話もマルチスクリーンによる映像や影絵で紹介。エンターテインメント性の高い展示が好評です。

映像ライブラリーや絵本コーナーなどもあり、大人もお子さんも楽しみながら想像を膨らませることができそう。

今度の休日は、「とおの物語の館」を訪れ、奥深い『遠野物語』の世界を、気軽に体験してみませんか?

「とおの物語の館」をより楽しむためのななびチェック!

「柳田國男展示館」を見学

「とおの物語の館」内には、柳田國男が滞在した旧高善旅館と、晩年を過ごした旧柳田國男隠遁所が移築されていて、柳田の生涯と功績を紹介する貴重な資料が見られます。

日本のグリム「佐々木喜善(ささききぜん)」を知ろう

遠野市生まれの民俗学者で、柳田國男に遠野に伝わる物語を伝え『遠野物語』の成立に貢献した佐々木喜善。数多くの昔話を集め「日本のグリム」と呼ばれました。

カッパが住む…!?「カッパ淵」に行こう

昔語りの題材で人気のカッパ。とおの物語の館から車で約15分の常堅寺の裏にある小川「カッパ淵」は、カッパが現れたという伝説が残る場所です。

「とおの物語の館」について詳しくはこちら

関連する投稿


遠野 |「夢産直かみごう」で朝採り野菜とジェラート、五右衛門そばを!

遠野 |「夢産直かみごう」で朝採り野菜とジェラート、五右衛門そばを!

民話の里・岩手県遠野市と沿岸の街・釜石市を結ぶ国道340号線沿いにある「夢産直かみごう」は、地元の人たちに親しまれている産直施設。朝採りのフレッシュ野菜をはじめ、手づくりスイーツ、搾りたてのミルクを使ったジェラートが大人気です。辛いもの好きが多い土地柄という遠野のソウルフード「五右衛門そば」を味わえる食堂もあります。


久慈 |「山根六郷水車市・水車まつり」郷土グルメをおなかいっぱい味わおう

久慈 |「山根六郷水車市・水車まつり」郷土グルメをおなかいっぱい味わおう

伝統行事や古い食文化が残る岩手県久慈市山根町。「山根六郷水車市」は地元を代表するイベントで、会場は地域のシンボルである水車が建つ「桂の水車広場」です。特産の雑穀を使っただんごや餅など、地元の味をたっぷり味わいましょう。11月開催の「水車まつり」では餅つき大会が行なわれ、つきたてのあわ餅が無料で振る舞われます。


紫波 |「紫波フルーツパーク」でぶどう畑に囲まれた食育体験を

紫波 |「紫波フルーツパーク」でぶどう畑に囲まれた食育体験を

岩手県盛岡市の南部に位置する紫波(しわ)町は、ぶどうやりんごなどフルーツの栽培が盛ん。そんな紫波町にある「紫波フルーツパーク」は、地元のぶどうを使ったワイナリーの見学や、食の手づくり体験などが楽しめる農業公園です。手づくり体験を通して、ファミリーで農業や食に親しんでみませんか?




最新の投稿


遠野 |「夢産直かみごう」で朝採り野菜とジェラート、五右衛門そばを!

遠野 |「夢産直かみごう」で朝採り野菜とジェラート、五右衛門そばを!

民話の里・岩手県遠野市と沿岸の街・釜石市を結ぶ国道340号線沿いにある「夢産直かみごう」は、地元の人たちに親しまれている産直施設。朝採りのフレッシュ野菜をはじめ、手づくりスイーツ、搾りたてのミルクを使ったジェラートが大人気です。辛いもの好きが多い土地柄という遠野のソウルフード「五右衛門そば」を味わえる食堂もあります。


郡山 |「開成マルシェ」生産者自慢の品が直接買えるマルシェにおでかけ

郡山 |「開成マルシェ」生産者自慢の品が直接買えるマルシェにおでかけ

毎年4月~11月の第4土曜と、12月第2土曜に「柏屋 開成柏屋」の中庭で開催される「開成マルシェ」。福島県内の生産者さんたちがおいしいものを持ち寄り、自慢の品々を直接購入できるマルシェの魅力をご紹介します。


三種 |「サンドクラフトinみたね」まるで砂の美術館!巨大な砂像が砂浜にずらり

三種 |「サンドクラフトinみたね」まるで砂の美術館!巨大な砂像が砂浜にずらり

秋田県北西部に位置し、日本海に面した三種町(みたねちょう)。秋田名物として知られる水草の一種「じゅんさい」の生産が古くから盛んで、国内生産量の約90%を占める日本一の産地です。この町で例年7月末に開催される「サンドクラフトinみたね」は、夏を盛り上げる名物イベント。砂でつくられた巨大な像の数々が、砂浜に勢ぞろいします。


十和田 |「手づくり村 鯉艸郷」趣あふれる花園で自然の魅力と癒やしを体感しよう

十和田 |「手づくり村 鯉艸郷」趣あふれる花園で自然の魅力と癒やしを体感しよう

“自然を感じながら食事や体験などができるフラワーガーデン”として整備されてきた「手づくり村 鯉艸郷」。1988年、村内に花菖蒲園を開園して以来、ルピナス園、芍薬園、山野草園を増設し、県内外から観光客が訪れる人気スポットに。今回は、自然の魅力はもちろん、体験メニューやお食事処といったポイントまでたっぷりとご紹介します!


湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.4】湯沢の三大温泉郷でゆったりのんびり

湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.4】湯沢の三大温泉郷でゆったりのんびり

“湯沢”という名前の通り、温泉が豊富な湯沢市。秋田県内最古といわれる「秋の宮温泉郷」をはじめ、渓谷沿いに宿が連なる「小安峡温泉」、泥水のように白濁した湯が特徴の「泥湯温泉」など、個性的な温泉地がそろいます。それぞれの温泉の近くには、噴気孔や泥火山などの見どころも点在。温泉と大自然をあわせて満喫しましょう。