遠野 |「とおの物語の館」遠野の方言で語られる昔話に耳を傾けよう

遠野 |「とおの物語の館」遠野の方言で語られる昔話に耳を傾けよう

山あいにほのぼのとした田園風景が広がる岩手県遠野市は、柳田國男の『遠野物語』の舞台として有名です。民話の世界を体験できるテーマパーク「とおの物語の館」では、語り部による昔話の実演を開催。遠野のおばあちゃんたちによるやさしい遠野弁の響きが、物語の世界へと誘ってくれます。


『遠野物語』を体験しよう

『遠野物語』は、柳田國男が遠野地方に伝わる民話を採集・編纂し、1910年に発行した、民俗学の先駆けといわれている作品。内容は座敷わらしやカッパ、雪女などの妖怪にまつわるものから、オシラサマや神隠しなど神事にまつわるもの、怪談など、民間に伝聞された話が収録されています。

『遠野物語』の世界をわかりやすく体験できるのが、JR遠野駅から徒歩5分のところにある「とおの物語の館」。語り部が昔話を実演する「遠野座」をはじめ、物語を切り絵や影絵、映像などで楽しむ「昔話蔵」など、子どもから大人まで楽しめる民話のテーマパークです。

11月まで毎日開催!昔話の実演

4月から11月は毎日、12月から3月は土・日曜、祝日に、昔の造り酒屋の蔵を利用したレトロな劇場空間「遠野座」で、「遠野昔話語り部会」の語り部による昔語りの実演が行なわれています。

「昔、あったずもな~」ではじまる素朴でやわらかい遠野の方言で昔話が語られ、語り部の身ぶりによる表現も多彩。方言がわからなくても物語の世界に引き込まれます。

実演の20分間で語られるのは3~5話。題材はその日の語り部によってよってさまざまです。

お子さんに人気な物語は、長者の家に住む大きなねずみと、仲のよいおじいちゃんおばあちゃんの家に住む小さなねずみが相撲をとる「ねずみの相撲っこ」や、いたずら好きのカッパが改心する「河童淵」などだそうです。

とおの物語の館の支配人・多田さんは、「おばあちゃんたちが語る遠野の昔話を聞いて、正直に生きることの大切さを感じてもらえたらうれしい」と話します。

見て、さわって昔話の世界へ

遠野座で昔話の実演を楽しんだあとは、敷地内の「昔話蔵」を見学しましょう。

座敷わらしや雪女のイラストが出迎える館内では、『遠野物語』だけでなく、『桃太郎』や『鶴の恩返し』といった日本の昔話もマルチスクリーンによる映像や影絵で紹介。エンターテインメント性の高い展示が好評です。

映像ライブラリーや絵本コーナーなどもあり、大人もお子さんも楽しみながら想像を膨らませることができそう。

今度の休日は、「とおの物語の館」を訪れ、奥深い『遠野物語』の世界を、気軽に体験してみませんか?

「とおの物語の館」をより楽しむためのななびチェック!

「柳田國男展示館」を見学

「とおの物語の館」内には、柳田國男が滞在した旧高善旅館と、晩年を過ごした旧柳田國男隠遁所が移築されていて、柳田の生涯と功績を紹介する貴重な資料が見られます。

日本のグリム「佐々木喜善(ささききぜん)」を知ろう

遠野市生まれの民俗学者で、柳田國男に遠野に伝わる物語を伝え『遠野物語』の成立に貢献した佐々木喜善。数多くの昔話を集め「日本のグリム」と呼ばれました。

カッパが住む…!?「カッパ淵」に行こう

昔語りの題材で人気のカッパ。とおの物語の館から車で約15分の常堅寺の裏にある小川「カッパ淵」は、カッパが現れたという伝説が残る場所です。

「とおの物語の館」について詳しくはこちら

関連する投稿


西和賀 |「雪あかり in にしわが」町全体がろうそくの明かりに包まれる、心あたたまる冬イベント

西和賀 |「雪あかり in にしわが」町全体がろうそくの明かりに包まれる、心あたたまる冬イベント

岩手県の最西端にある西和賀町は、三方を山々に囲まれた小さな町。県内有数の豪雪地帯として知られ、例年2月に開催されるライトアップイベント「雪あかり in にしわが」は冬の風物詩となっています。当日は町内全域が会場となり、ろうそくを灯した雪像や雪灯籠があちこちに。白い雪とやわらかな明かりが街を包む、幻想的な光景が広がります。


久慈 |【ななび連載:久慈編vol.4】個性派ミュージアムをファミリーでめぐろう

久慈 |【ななび連載:久慈編vol.4】個性派ミュージアムをファミリーでめぐろう

周囲を山と海に抱かれ、グルメや自然の魅力を満喫できる久慈。実は親子で楽しめるスポットもいっぱいなんです。琥珀の産地ならではの博物館や、ドラマで話題になった北限の海女に出会える水族館、道の駅内にあるレトロな博物館と、個性的なスポットをめぐってみませんか?すべて屋内なので、天候を気にせずおでかけできるのもうれしいですね。


花巻 |「山の駅 昭和の学校」レトロなアイテムが20万点以上!廃校を利用したミュージアム

花巻 |「山の駅 昭和の学校」レトロなアイテムが20万点以上!廃校を利用したミュージアム

東北有数の温泉地として有名な「花巻温泉郷」のある岩手県花巻市。旅館やリゾートホテルが点在する山あいに建つ「山の駅 昭和の学校」は、昔なつかしい昭和の雑貨や日用品を集めた資料館です。廃校になった小学校の校舎を活用した施設内には、20万点以上ものアイテムがずらり!お子さんから大人まで楽しめると人気なんですよ。


久慈 |【ななび連載:久慈編vol.3】久慈琥珀に小久慈焼!久慈ならではのステキアイテム&手づくり体験

久慈 |【ななび連載:久慈編vol.3】久慈琥珀に小久慈焼!久慈ならではのステキアイテム&手づくり体験

日本最大の琥珀の産地である久慈市。珍しい琥珀の専門店「久慈琥珀博物館 久慈琥珀本店」があり、日常使いできるオリジナルの琥珀アイテムを加工・販売しています。また、古くから地元で親しまれている「小久慈焼」は、シンプルで使い勝手がいい陶器。久慈ならではのステキなアイテムを探しながら、手づくり体験も楽しみましょう。


久慈 |【ななび連載:久慈編vol.2】久慈に行ったら必食!絶対にはずせない三大グルメ

久慈 |【ななび連載:久慈編vol.2】久慈に行ったら必食!絶対にはずせない三大グルメ

岩手県久慈市は、世界有数の漁場として知られる三陸沖の魚介、テレビドラマ『あまちゃん』で注目を集めた郷土料理「まめぶ汁」、さらには豊かな森が広がる山間部では赤身がおいしいブランド牛「短角牛」と、グルメが充実した街でもあります。そんな久慈のおいしさを満喫するグルメ旅へでかけましょう。


最新の投稿


十和田 |【ななび連載:十和田編vol.3】子ども連れも安心!十和田の大満足ランチ3選

十和田 |【ななび連載:十和田編vol.3】子ども連れも安心!十和田の大満足ランチ3選

青森県十和田市は、長いも、ごぼう、にんにくなどの根菜類の農業が盛んな土地。また、古くから馬肉がよく食べられていて、郷土料理として地元民に親しまれ、最近では観光客にも人気です。今回はそんな十和田市のおいしい食材をふんだんに使った、おすすめのランチスポット3店舗をご紹介します。


鹿角 |「道の駅おおゆ」ショップにカフェ、足湯やビオトープもそろう道の駅

鹿角 |「道の駅おおゆ」ショップにカフェ、足湯やビオトープもそろう道の駅

秋田県鹿角市に2018年4月にオープンした「道の駅おおゆ」。世界的な建築家が設計を手がけた建物には、秋田はもちろん全国から選りすぐりのアイテムを集めたショップや、地元のブランド肉を味わえるカフェなどがあります。思いきり走り回れる天然芝の広場や、ビオトープを設けた散策エリアも整備されているので、家族でのびのびと過ごせますよ。


小千谷 |「おぢや風船一揆」冬の青空を、カラフルな熱気球が彩るファンタジーな世界

小千谷 |「おぢや風船一揆」冬の青空を、カラフルな熱気球が彩るファンタジーな世界

新潟県小千谷市で開催される「おぢや風船一揆」。毎年2月下旬の土曜・日曜に行なわれ、2019年で43回目を迎えます。「風船」といっても実は熱気球のこと。雪に覆われた田んぼの上空を、色鮮やかな熱気球が飛び交う光景は圧巻です! ほかにもみどころ盛りだくさんな、大人も子どもも楽しめる「おぢや風船一揆」をご紹介します。


十和田 |【ななび連載:十和田編vol.2】四季折々の風情が詰まったイベント4選

十和田 |【ななび連載:十和田編vol.2】四季折々の風情が詰まったイベント4選

十和田市には、桜・新緑・紅葉・雪…と、自然風景の美しさを感じながら、大人数でわいわいしたくなるような毎年恒例のイベントがたくさん。今回は、家族、友達、カップルで訪れたくなる魅力をたっぷりご紹介します!


尾花沢 |「尾花沢雪まつり&徳良湖 WINTER JAM」冬のアクティビティを満喫しよう!

尾花沢 |「尾花沢雪まつり&徳良湖 WINTER JAM」冬のアクティビティを満喫しよう!

山形県尾花沢市で冬に行なわれる「尾花沢雪まつり&徳良湖 WINTER JAM」は、エアボードやスノーストライダーを使った雪遊びやスノーモービル体験など、冬の楽しみが一度に体験できるイベントです。2019年は2月23日(土)・24日(日)に開催。冬だからこそ楽しめるアクティビティ体験や、幻想的な雪景色を見に訪れてみませんか。