遠野 |「とおの物語の館」遠野の方言で語られる昔話に耳を傾けよう

遠野 |「とおの物語の館」遠野の方言で語られる昔話に耳を傾けよう

山あいにほのぼのとした田園風景が広がる岩手県遠野市は、柳田國男の『遠野物語』の舞台として有名です。民話の世界を体験できるテーマパーク「とおの物語の館」では、語り部による昔話の実演を開催。遠野のおばあちゃんたちによるやさしい遠野弁の響きが、物語の世界へと誘ってくれます。


『遠野物語』を体験しよう

『遠野物語』は、柳田國男が遠野地方に伝わる民話を採集・編纂し、1910年に発行した、民俗学の先駆けといわれている作品。内容は座敷わらしやカッパ、雪女などの妖怪にまつわるものから、オシラサマや神隠しなど神事にまつわるもの、怪談など、民間に伝聞された話が収録されています。

『遠野物語』の世界をわかりやすく体験できるのが、JR遠野駅から徒歩5分のところにある「とおの物語の館」。語り部が昔話を実演する「遠野座」をはじめ、物語を切り絵や影絵、映像などで楽しむ「昔話蔵」など、子どもから大人まで楽しめる民話のテーマパークです。

11月まで毎日開催!昔話の実演

4月から11月は毎日、12月から3月は土・日曜、祝日に、昔の造り酒屋の蔵を利用したレトロな劇場空間「遠野座」で、「遠野昔話語り部会」の語り部による昔語りの実演が行なわれています。

「昔、あったずもな~」ではじまる素朴でやわらかい遠野の方言で昔話が語られ、語り部の身ぶりによる表現も多彩。方言がわからなくても物語の世界に引き込まれます。

実演の20分間で語られるのは3~5話。題材はその日の語り部によってよってさまざまです。

お子さんに人気な物語は、長者の家に住む大きなねずみと、仲のよいおじいちゃんおばあちゃんの家に住む小さなねずみが相撲をとる「ねずみの相撲っこ」や、いたずら好きのカッパが改心する「河童淵」などだそうです。

とおの物語の館の支配人・多田さんは、「おばあちゃんたちが語る遠野の昔話を聞いて、正直に生きることの大切さを感じてもらえたらうれしい」と話します。

見て、さわって昔話の世界へ

遠野座で昔話の実演を楽しんだあとは、敷地内の「昔話蔵」を見学しましょう。

座敷わらしや雪女のイラストが出迎える館内では、『遠野物語』だけでなく、『桃太郎』や『鶴の恩返し』といった日本の昔話もマルチスクリーンによる映像や影絵で紹介。エンターテインメント性の高い展示が好評です。

映像ライブラリーや絵本コーナーなどもあり、大人もお子さんも楽しみながら想像を膨らませることができそう。

今度の休日は、「とおの物語の館」を訪れ、奥深い『遠野物語』の世界を、気軽に体験してみませんか?

「とおの物語の館」をより楽しむためのななびチェック!

「柳田國男展示館」を見学

「とおの物語の館」内には、柳田國男が滞在した旧高善旅館と、晩年を過ごした旧柳田國男隠遁所が移築されていて、柳田の生涯と功績を紹介する貴重な資料が見られます。

日本のグリム「佐々木喜善(ささききぜん)」を知ろう

遠野市生まれの民俗学者で、柳田國男に遠野に伝わる物語を伝え『遠野物語』の成立に貢献した佐々木喜善。数多くの昔話を集め「日本のグリム」と呼ばれました。

カッパが住む…!?「カッパ淵」に行こう

昔語りの題材で人気のカッパ。とおの物語の館から車で約15分の常堅寺の裏にある小川「カッパ淵」は、カッパが現れたという伝説が残る場所です。

「とおの物語の館」について詳しくはこちら

関連する投稿




盛岡 |「光原社」ていねいにつくられた工芸品からお気に入りを見つけよう

盛岡 |「光原社」ていねいにつくられた工芸品からお気に入りを見つけよう

岩手県盛岡市にある「光原社」は、全国から集めた漆器や焼き物を扱う工芸品店で、盛岡では外せない観光スポット。東北の雑貨や食品が並ぶショップ、クラシカルな喫茶店など、見どころがたくさんあります。特に本館からつながる石畳の中庭では、レトロな木造の建物が並ぶ外国の街並みを訪れたような、ちょっとした旅行気分を楽しめます。


八幡平 |「岩手県 県民の森」で大自然と木にふれあいながら1日中遊ぼう!

八幡平 |「岩手県 県民の森」で大自然と木にふれあいながら1日中遊ぼう!

十和田八幡平国立公園内、標高2,038メートルの岩手山の北麓に広がる「岩手県 県民の森」は、360ヘクタールもの広大な森林公園。森のなかで自然観察や散策が楽しめるのはもちろん、屋内施設もあり、大型遊具「ぼくらの秘密基地」で遊んだり、木を使った工作にも気軽にチャレンジしたりできるわくわくのスポットです。


盛岡 |「P.B.CAFÉ」のびのび遊べるキッズスペースが魅力のスタイリッシュなカフェ

盛岡 |「P.B.CAFÉ」のびのび遊べるキッズスペースが魅力のスタイリッシュなカフェ

岩手県盛岡市にある「P.B.CAFÉ」は、お子さんが夢中になって遊べる大きなキッズスペースを備えたカフェ。平日のランチタイムや週末には、ママ友とのランチ会やファミリーでのカフェタイムなどで多くの人が訪れます。ニューヨークのカフェをイメージしたスタイリッシュな店内の雰囲気と新鮮野菜が盛りだくさんのメニューも評判ですよ。


最新の投稿


郡山市 |「AMEKAZE」“ローカル”に特化した食のセレクトショップ

郡山市 |「AMEKAZE」“ローカル”に特化した食のセレクトショップ

黒を基調としたシンプルなたたずまいが特徴的な、グローサリーマーケット「AMEKAZE」。カーショップのようなスタイリッシュな外観ですが、店内には地元の名産物をはじめ、各地のおいしいものがずらりと勢ぞろい。おみやげやプレゼント選びにもピッタリなお店です。


蔵王 |【ななび連載:蔵王編vol.3】遠刈田温泉で探すほっこりアイテム&手づくり体験

蔵王 |【ななび連載:蔵王編vol.3】遠刈田温泉で探すほっこりアイテム&手づくり体験

蔵王町の人気スポットのひとつといえば、開湯約400年の歴史をもつ遠刈田温泉。温泉街はこぢんまりとしていますが、見どころがたくさんあって散策にぴったり。ステキなアイテムがそろう陶芸工房やギャラリーショップも点在しているので、作家ものの器をおみやげにしたり、絵付け体験でオリジナルアイテムをつくったりするのもオススメです。


鶴岡 |「フルーツショップ青森屋」こぼれんばかりのフルーツにびっくり!ぜいたくなタルト&ケーキを味わおう

鶴岡 |「フルーツショップ青森屋」こぼれんばかりのフルーツにびっくり!ぜいたくなタルト&ケーキを味わおう

山形県といえば、日本屈指のフルーツ王国。鶴岡市にある「フルーツショップ青森屋」は、地元をはじめ全国各地から仕入れたよりすぐりのフルーツを扱う青果店です。店内にはカフェスペースも併設し、青果店ならではの新鮮なフルーツをたっぷり使ったタルトやケーキが大人気。遊び心あふれる空間にも注目してみてくださいね。


松島 |「ザ・ミュージアム MATSUSHIMA」3つのコレクションの魅力を一度に楽しめる博物館

松島 |「ザ・ミュージアム MATSUSHIMA」3つのコレクションの魅力を一度に楽しめる博物館

日本三景のひとつ、宮城県の松島にある「ザ・ミュージアム MATSUSHIMA」は、レトロなおもちゃ・モードファッション・オルゴールの3つのコレクションをひとつの施設で観ることができるミュージアムです。普段はなかなかお目にかかれない貴重なコレクションをたくさん展示しているので、じっくり鑑賞を楽しみましょう。


蔵王 |【ななび連載:蔵王編vol.2】家族みんなが大満足の蔵王グルメを満喫

蔵王 |【ななび連載:蔵王編vol.2】家族みんなが大満足の蔵王グルメを満喫

自然豊かな蔵王町には、大地の恵みがギュッと詰まったおいしい農産物がいっぱい!また、近隣の市町村も農業が盛んだったり、ブランド豚を飼育していたりすることから、フレッシュな食材でつくる料理自慢のお店がたくさんあります。今回はそんな蔵王町のお店のなかから、お子さんの大好物がそろう人気の3店をご紹介します。