山形 |「山形まるごと館 紅の蔵 十日市」季節の振る舞いや体験など、テーマは月替わりのお楽しみ!

山形 |「山形まるごと館 紅の蔵 十日市」季節の振る舞いや体験など、テーマは月替わりのお楽しみ!

「山形まるごと館 紅の蔵」は、山形市の中心街に明治時代に建てられた蔵屋敷を利用し、観光案内所や食事処、みやげ店、直売所を備えた施設です。毎月10日の「十日市」では、旬のグルメの振る舞いや季節にあわせた体験教室など、趣向を凝らしたイベントを開催し、地元でも話題に。イベントのテーマは月替わりなので、何度行っても楽しめるのも魅力です。


「山形まるごと館 紅の蔵 十日市」ってどんなイベント?

「山形まるごと館 紅の蔵 十日市」は、「山形まるごと館 紅の蔵」で毎月10日に開催されるイベント。季節にあわせてイベント内容はがらりと変わるので、事前にホームページでチェックするのがオススメです。

たとえば、春はかしわ餅の振る舞い、夏は昔懐かしい縁日や盆栽教室、冬は山形名物・ひっぱりうどんの振る舞いなど、盛りだくさん。訪れるたびに、地元・山形の魅力に触れられます。

「山形まるごと館 紅の蔵」は、こちらの記事で詳しくご紹介中です!

例年11月の振る舞いは地元産「悪戸いも」の芋煮

2018年11月10日(土)は、「村木沢産フェア」を開催。

村木沢地区は山形市西部の地域で、古くから伝統野菜「悪戸いも」を栽培してきました。特徴は、とろけるような食感と深いコクで、当日はその悪戸いもを使った芋煮が味わえます。芋煮の振る舞いは11:00からで、なくなり次第終了なのでおはやめに。

もちろん、村木沢産の悪戸いもの販売も行なわれます。家族や仲間で楽しむ芋煮も、悪戸いもを使えば、味わいがワンランクアップ!

そのほか、悪戸いも入りのそばやラーメン、梅干など、村木沢地区の特産品も販売あります。

築100年の蔵に山形みやげが勢ぞろい!おみやげ処「あがらっしゃい」

十日市が行なわれる山形まるごと館 紅の蔵を訪れたら、ぜひ館内の各施設にも立ち寄って。紅花商人の蔵屋敷をリノベーションした情緒あふれる建物のなかで、食事やショッピングを楽しめるとあって、人気の観光スポットとなっています。

おみやげ処「あがらっしゃい」は、山形銘菓や伝統工芸品、季節の漬物や地酒などが並び、山形みやげを選ぶのにぴったり。定番のミルク菓子「ミルクケーキ」は、さくらんぼやラ・フランスなど多彩な味がそろい、お子さんのおやつにオススメ。

食べる醤油として親しまれる「しょうゆの実」は、白米に添えたり野菜につけたりと、毎日の食卓で活躍しそう。

山形の地産地消グルメを味わえる食事処もチェック

山形の食材を堪能できる食事処もそろいます。

「Cafe & Dining 990(クックレイ)」は、天井の高いクラシカルな店内で、フレンチやパスタ、スイーツが味わえるレストラン。新鮮な野菜や魚の「パスタランチ」や、「山形牛のビーフシチュー」など、地元食材をふんだんに使ったメニューは味わい豊か。

カフェタイムには、地元の人気洋菓子店「プティフリボン」のケーキをドリンクとセットで楽しめます。

そば処「紅山水」では、石臼挽きに手打ちの本格的な山形そばが味わえます。山形県産のそば「でわかおり」や「最上早生」を使った香り高いそばは、そば通にも評判。大きな板箱にそばを盛り付けた「十割 板そば」は1.5人前と3人前があるので、ファミリーでの食事にぴったりです。

月に1度のお楽しみイベント「山形まるごと館 紅の蔵 十日市」。おでかけの際には、おみやげ処や食事処にも立ち寄って、山形の魅力をまるごと堪能しましょう。

「山形まるごと館 紅の蔵 十日市」を楽しむ!ななびチェック!

「十日市」のスタートは11:00から!

「山形まるごと館 紅の蔵 十日市」の開始時間は11:00。振る舞いや限定フードがなくなり次第終了となるので、はやめの来場がオススメ。

当日限定のフードにも注目!

おみやげ処「あがらっしゃい」では、カスタードクリームがたっぷり入った「ベニちゃんパン」を販売。山形産米粉入りのモチモチ食感でくせになる味わいです。

直売所では旬野菜の試食販売も

併設の「おいしさ直売所」では、季節の野菜やフルーツを試食販売するほか、毎週金曜は庄内浜の海の幸を販売する産直カー「海丸」が出店します(庄内浜が荒天により出漁できない場合は運休)。

「山形まるごと館 紅の蔵」について詳しくはこちら

関連する投稿


寒河江 |「さがえ さくらんぼの祭典」さくらんぼの街の一大イベント

寒河江 |「さがえ さくらんぼの祭典」さくらんぼの街の一大イベント

さくらんぼの収穫量が日本一を誇る山形県。なかでも寒河江市は県内屈指のさくらんぼ産地として知られています。さくらんぼの最盛期である6月に、寒河江の魅力を体感できる「さがえ さくらんぼの祭典」を開催。1ヶ月間繰り広げられるこちらの祭典には、お子さんから大人まで楽しめるイベントが盛りだくさんです。


南陽 |「漆山果樹園」30品種以上ものぶどうを栽培!果樹園直営のカフェで味わう絶品メニュー

南陽 |「漆山果樹園」30品種以上ものぶどうを栽培!果樹園直営のカフェで味わう絶品メニュー

山形県といえば、国内有数のぶどうの産地。なかでも南陽市は、県内のぶどう栽培発祥の地といわれる街です。「漆山果樹園」は30品種以上ものぶどうを栽培する果樹園で、自慢のぶどうをたっぷり使ったパフェやジェラートを提供するカフェを併設。無添加とできたてにこだわってつくるメニューの数々は、ファミリーから評判なんですよ。




鶴岡 |「フルーツショップ青森屋」こぼれんばかりのフルーツにびっくり!ぜいたくなタルト&ケーキを味わおう

鶴岡 |「フルーツショップ青森屋」こぼれんばかりのフルーツにびっくり!ぜいたくなタルト&ケーキを味わおう

山形県といえば、日本屈指のフルーツ王国。鶴岡市にある「フルーツショップ青森屋」は、地元をはじめ全国各地から仕入れたよりすぐりのフルーツを扱う青果店です。店内にはカフェスペースも併設し、青果店ならではの新鮮なフルーツをたっぷり使ったタルトやケーキが大人気。遊び心あふれる空間にも注目してみてくださいね。


最新の投稿


遠野 |「夢産直かみごう」で朝採り野菜とジェラート、五右衛門そばを!

遠野 |「夢産直かみごう」で朝採り野菜とジェラート、五右衛門そばを!

民話の里・岩手県遠野市と沿岸の街・釜石市を結ぶ国道340号線沿いにある「夢産直かみごう」は、地元の人たちに親しまれている産直施設。朝採りのフレッシュ野菜をはじめ、手づくりスイーツ、搾りたてのミルクを使ったジェラートが大人気です。辛いもの好きが多い土地柄という遠野のソウルフード「五右衛門そば」を味わえる食堂もあります。


郡山 |「開成マルシェ」生産者自慢の品が直接買えるマルシェにおでかけ

郡山 |「開成マルシェ」生産者自慢の品が直接買えるマルシェにおでかけ

毎年4月~11月の第4土曜と、12月第2土曜に「柏屋 開成柏屋」の中庭で開催される「開成マルシェ」。福島県内の生産者さんたちがおいしいものを持ち寄り、自慢の品々を直接購入できるマルシェの魅力をご紹介します。


三種 |「サンドクラフトinみたね」まるで砂の美術館!巨大な砂像が砂浜にずらり

三種 |「サンドクラフトinみたね」まるで砂の美術館!巨大な砂像が砂浜にずらり

秋田県北西部に位置し、日本海に面した三種町(みたねちょう)。秋田名物として知られる水草の一種「じゅんさい」の生産が古くから盛んで、国内生産量の約90%を占める日本一の産地です。この町で例年7月末に開催される「サンドクラフトinみたね」は、夏を盛り上げる名物イベント。砂でつくられた巨大な像の数々が、砂浜に勢ぞろいします。


十和田 |「手づくり村 鯉艸郷」趣あふれる花園で自然の魅力と癒やしを体感しよう

十和田 |「手づくり村 鯉艸郷」趣あふれる花園で自然の魅力と癒やしを体感しよう

“自然を感じながら食事や体験などができるフラワーガーデン”として整備されてきた「手づくり村 鯉艸郷」。1988年、村内に花菖蒲園を開園して以来、ルピナス園、芍薬園、山野草園を増設し、県内外から観光客が訪れる人気スポットに。今回は、自然の魅力はもちろん、体験メニューやお食事処といったポイントまでたっぷりとご紹介します!


湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.4】湯沢の三大温泉郷でゆったりのんびり

湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.4】湯沢の三大温泉郷でゆったりのんびり

“湯沢”という名前の通り、温泉が豊富な湯沢市。秋田県内最古といわれる「秋の宮温泉郷」をはじめ、渓谷沿いに宿が連なる「小安峡温泉」、泥水のように白濁した湯が特徴の「泥湯温泉」など、個性的な温泉地がそろいます。それぞれの温泉の近くには、噴気孔や泥火山などの見どころも点在。温泉と大自然をあわせて満喫しましょう。