能代 |「ときめきマルシェ」毎回替わるテーマが楽しみな話題のイベント

能代 |「ときめきマルシェ」毎回替わるテーマが楽しみな話題のイベント

秋田県能代市といえば、全国屈指のバスケットボールの強豪校があることで知られる街。そんな能代市内中心部の上町通りで行なわれるイベント「ときめきマルシェ」が、いま地元で注目を集めています。毎回工夫が凝らされたテーマに沿ってさまざまな店が出店し、能代の新たな魅力に出会えると人気なんですよ。


「ときめきマルシェ」ってどんなイベント?

市役所をはじめ官公庁が建ち並ぶ、能代市の上町(かみまち)地区。街の中心部でありながら、古くからの個人商店が多く残るエリアでもあります。

この上町エリアを会場に2018年にスタートした「ときめきマルシェ」は、“参加するすべての人にとって魅力ある空間に”をモットーにしたイベント。毎月第3日曜の朝、上町通りの約100メートルが歩行者天国になり、能代周辺を拠点とした30ほどの店舗が集まります。

ときめきマルシェを主催するのは、地元で農業を営む人たちを中心に発足したNPO法人「常盤ときめき隊」。もともとは、農産物を販売する朝市を毎週日曜に開催していましたが、街の人口減少や高齢化などによりお客さんは年々減少傾向に…。

そこで、イベントを通して街にかつてのにぎわいを取り戻したいと、月1回、第3日曜の開催日は内容を一新。農産物の生産者だけでなく、菓子店や精肉店、さらには雑貨店やリラクゼーションサロンなど異業種の店も巻き込んで、テーマを設けたマルシェ形式で新たにスタートしたのです。

魅力的な店がずらり!“ときめき”いっぱいの朝マルシェ

ときめきマルシェのいちばんの特徴は、月ごとにテーマが異なること。

例えば、能代市にJAXAのロケット実験場があることから「宇宙マルシェ」、地元特産のお茶にちなんだ「桧山茶マルシェ」など、毎回ユニークなテーマが設けられています。

出店するそれぞれの店が、テーマにあわせたメニューやワークショップなど、バラエティに富んだ企画を用意。毎回新鮮な驚きがあることが、人気を集めている理由のひとつです。

過去の「宇宙マルシェ」では、映画『スター・ウォーズ』のキャラクターが登場し、お子さんから大人まで大興奮!「桧山茶マルシェ」では、和菓子とともにお茶を味わう「お抹茶体験」や、フライパンを使った「お茶の手もみ体験」などが行なわれました。

ときめきマルシェは、雪が降る前の11月まで開催されます。10月はこれからおいしい季節を迎える「新米」、11月は秋田弁で漬け物を意味する「がっこ」がテーマなので、どんな企画が登場するか楽しみですね。

創業150年の老舗「平山はかり店」の特別企画も見逃せない!

上町商店街の入り口にある「平山はかり店」は、“はかる”ことにちなんだ雑貨が並ぶセレクトショップ。スプーンやカップなどのキッチンツールから、温度計や万歩計といった機器類まで、店頭には約200種類もの商品が並びます。

なかには、目盛りがプリントされたハンカチやメジャーの模様をしたマフラーなど、ユニークなアイテムもあるんですよ。

2018年には、平山はかり店が創業150年を迎えたことを記念して、ときめきマルシェとのコラボレーション企画を期間限定で開催。マルシェのテーマにあわせた展示やワークショップが楽しめます。10月は木のおもちゃで遊ぶワークショップ、11月は能代の伝統工芸・能代春慶の漆器の展示が行なわれる予定です。

ファミリーで楽しめる「ときめきマルシェ」で、休日の朝をアクティブに過ごしてみませんか?

早起きは三文の徳!?「ときめきマルシェ」のななびチェック!

マルシェのスタート前に「ときめき朝市体操」でウォーミングアップ

ときめきマルシェでは、イベント開始前に体操タイムがあります。地元の民謡にあわせて、出店者とお客さんが一緒にストレッチ。日曜の朝、心も体もシャキッと目覚められそう。

毎回替わるテーマと多彩な企画でリピーター増加中!

マルシェには、農産物や加工品を扱う店だけでなく、手づくり雑貨やアロマテラピーなど飲食物以外の店も登場。月ごとのテーマに応じて各店舗が用意するオリジナル企画も楽しみです。

地元の店同士がコラボレーションした限定商品をチェック

マルシェの常連、ドライフルーツ専門店「wara no bag」と糀専門店「今井糀屋」がコラボレーションした「マンゴー甘酒」もオススメ。

「ときめきマルシェ」について詳しくはこちら

関連する投稿


由利本荘 |「自然食堂パドマーニー」でカラダがよろこぶヘルシーメニューを味わおう!

由利本荘 |「自然食堂パドマーニー」でカラダがよろこぶヘルシーメニューを味わおう!

秋田県南部の日本海に面した街・由利本荘市にある「自然食堂パドマーニー」は、地元産の有機野菜を使った総菜や発酵熟成玄米が味わえるレストラン。カラダにやさしいメニューにこだわり、調味料もオーガニックのものを使っています。店内は広々としているので、お子さん連れでも安心ですよ。


男鹿 |【ななび連載:男鹿編vol.4】なまはげスポットをめぐろう

男鹿 |【ななび連載:男鹿編vol.4】なまはげスポットをめぐろう

男鹿といえば「なまはげ」が全国的に有名です。なまはげとは山に棲む神様の化身で、大晦日の夜に「泣ぐ子はいねがー」と叫びながら家々を回る男鹿の伝統行事。2018年の冬には「来訪神行事」のひとつとしてユネスコの無形文化遺産に登録される予定です。今回はなまはげを体験できる施設やなまはげ立像など、なまはげスポットをご紹介!


五城目 |「ただのあそび場ゴジョーメ」お子さん自身が遊びを生み出す!好奇心をくすぐるプレイスポット

五城目 |「ただのあそび場ゴジョーメ」お子さん自身が遊びを生み出す!好奇心をくすぐるプレイスポット

最近お子さんと一緒に思いきり遊べていますか?近ごろは遊びにさまざまな制約が設けられるなど、遊びの環境が以前と比べ少し窮屈になっています。そんな状況を変えようとオープンしたのが、秋田県五城目町の「ただのあそび場ゴジョーメ」。一歩足を踏み入れればワクワクが止まらない、たくさんの魅力がつまった遊び場にさっそく出かけましょう。


男鹿 |【ななび連載:男鹿編vol.3】男鹿といえばコレ!人気のテイクアウトグルメを満喫

男鹿 |【ななび連載:男鹿編vol.3】男鹿といえばコレ!人気のテイクアウトグルメを満喫

日本海に囲まれた街・男鹿のグルメといえば、「海鮮丼」や「石焼き鍋」など豊富に獲れる海の幸を活かしたメニューが定番ですが、観光客にはあまり知られていない、地元の人たちが足繁く通う人気グルメもたくさんあります。地元で愛されるローカルグルメを、街歩きをしながら楽しんでみましょう。


男鹿 |【ななび連載:男鹿編vol.2】男鹿半島で味わう三大グルメ

男鹿 |【ななび連載:男鹿編vol.2】男鹿半島で味わう三大グルメ

秋田県の日本海に大きく突き出た男鹿は、なまはげでよく知られる自然に恵まれた街。ダイナミックな日本海を目の前にした男鹿では、魚介を豪快に味わう漁師料理「石焼き」をはじめ、海産物がてんこ盛りの「海鮮丼」、伝統調味料の「しょっつる」を使った「男鹿しょっつる焼きそば」など名物料理がたくさん!男鹿の三大グルメを味わってみましょう。


最新の投稿


小野町 |「ACNあぶくまキャンプランド」と、「コピスCafe」でおいしい秋を楽しもう!

小野町 |「ACNあぶくまキャンプランド」と、「コピスCafe」でおいしい秋を楽しもう!

福島県小野町にあるキャンプ場「ACNあぶくまキャンプランド」では、BBQのほか、ピサ焼きや燻製づくりなどの本格的なアウトドアメニューを体験できます!また、焼き立てのパンやピザが味わえる人気のパン屋さん「コピスCafe」も併設。季節の味覚を味わいながら、オーナーさん手づくりの遊び場で遊んだり、親子で秋を満喫しませんか?


山形 |「山形まるごと館 紅の蔵 十日市」季節の振る舞いや体験など、テーマは月替わりのお楽しみ!

山形 |「山形まるごと館 紅の蔵 十日市」季節の振る舞いや体験など、テーマは月替わりのお楽しみ!

「山形まるごと館 紅の蔵」は、山形市の中心街に明治時代に建てられた蔵屋敷を利用し、観光案内所や食事処、みやげ店、直売所を備えた施設です。毎月10日の「十日市」では、旬のグルメの振る舞いや季節にあわせた体験教室など、趣向を凝らしたイベントを開催し、地元でも話題に。イベントのテーマは月替わりなので、何度行っても楽しめるのも魅力です。



能代 |「ときめきマルシェ」毎回替わるテーマが楽しみな話題のイベント

能代 |「ときめきマルシェ」毎回替わるテーマが楽しみな話題のイベント

秋田県能代市といえば、全国屈指のバスケットボールの強豪校があることで知られる街。そんな能代市内中心部の上町通りで行なわれるイベント「ときめきマルシェ」が、いま地元で注目を集めています。毎回工夫が凝らされたテーマに沿ってさまざまな店が出店し、能代の新たな魅力に出会えると人気なんですよ。


遠野 |「とおの物語の館」遠野の方言で語られる昔話に耳を傾けよう

遠野 |「とおの物語の館」遠野の方言で語られる昔話に耳を傾けよう

山あいにほのぼのとした田園風景が広がる岩手県遠野市は、柳田國男の『遠野物語』の舞台として有名です。民話の世界を体験できるテーマパーク「とおの物語の館」では、語り部による昔話の実演を開催。遠野のおばあちゃんたちによるやさしい遠野弁の響きが、物語の世界へと誘ってくれます。