能代 |「ときめきマルシェ」毎回替わるテーマが楽しみな話題のイベント

能代 |「ときめきマルシェ」毎回替わるテーマが楽しみな話題のイベント

秋田県能代市といえば、全国屈指のバスケットボールの強豪校があることで知られる街。そんな能代市内中心部の上町通りで行なわれるイベント「ときめきマルシェ」が、いま地元で注目を集めています。毎回工夫が凝らされたテーマに沿ってさまざまな店が出店し、能代の新たな魅力に出会えると人気なんですよ。


「ときめきマルシェ」ってどんなイベント?

市役所をはじめ官公庁が建ち並ぶ、能代市の上町(かみまち)地区。街の中心部でありながら、古くからの個人商店が多く残るエリアでもあります。

この上町エリアを会場に2018年にスタートした「ときめきマルシェ」は、“参加するすべての人にとって魅力ある空間に”をモットーにしたイベント。毎月第3日曜の朝、上町通りの約100メートルが歩行者天国になり、能代周辺を拠点とした30ほどの店舗が集まります。

ときめきマルシェを主催するのは、地元で農業を営む人たちを中心に発足したNPO法人「常盤ときめき隊」。もともとは、農産物を販売する朝市を毎週日曜に開催していましたが、街の人口減少や高齢化などによりお客さんは年々減少傾向に…。

そこで、イベントを通して街にかつてのにぎわいを取り戻したいと、月1回、第3日曜の開催日は内容を一新。農産物の生産者だけでなく、菓子店や精肉店、さらには雑貨店やリラクゼーションサロンなど異業種の店も巻き込んで、テーマを設けたマルシェ形式で新たにスタートしたのです。

魅力的な店がずらり!“ときめき”いっぱいの朝マルシェ

ときめきマルシェのいちばんの特徴は、月ごとにテーマが異なること。

例えば、能代市にJAXAのロケット実験場があることから「宇宙マルシェ」、地元特産のお茶にちなんだ「桧山茶マルシェ」など、毎回ユニークなテーマが設けられています。

出店するそれぞれの店が、テーマにあわせたメニューやワークショップなど、バラエティに富んだ企画を用意。毎回新鮮な驚きがあることが、人気を集めている理由のひとつです。

過去の「宇宙マルシェ」では、映画『スター・ウォーズ』のキャラクターが登場し、お子さんから大人まで大興奮!「桧山茶マルシェ」では、和菓子とともにお茶を味わう「お抹茶体験」や、フライパンを使った「お茶の手もみ体験」などが行なわれました。

ときめきマルシェは、雪が降る前の11月まで開催されます。10月はこれからおいしい季節を迎える「新米」、11月は秋田弁で漬け物を意味する「がっこ」がテーマなので、どんな企画が登場するか楽しみですね。

創業150年の老舗「平山はかり店」の特別企画も見逃せない!

上町商店街の入り口にある「平山はかり店」は、“はかる”ことにちなんだ雑貨が並ぶセレクトショップ。スプーンやカップなどのキッチンツールから、温度計や万歩計といった機器類まで、店頭には約200種類もの商品が並びます。

なかには、目盛りがプリントされたハンカチやメジャーの模様をしたマフラーなど、ユニークなアイテムもあるんですよ。

2018年には、平山はかり店が創業150年を迎えたことを記念して、ときめきマルシェとのコラボレーション企画を期間限定で開催。マルシェのテーマにあわせた展示やワークショップが楽しめます。10月は木のおもちゃで遊ぶワークショップ、11月は能代の伝統工芸・能代春慶の漆器の展示が行なわれる予定です。

ファミリーで楽しめる「ときめきマルシェ」で、休日の朝をアクティブに過ごしてみませんか?

早起きは三文の徳!?「ときめきマルシェ」のななびチェック!

マルシェのスタート前に「ときめき朝市体操」でウォーミングアップ

ときめきマルシェでは、イベント開始前に体操タイムがあります。地元の民謡にあわせて、出店者とお客さんが一緒にストレッチ。日曜の朝、心も体もシャキッと目覚められそう。

毎回替わるテーマと多彩な企画でリピーター増加中!

マルシェには、農産物や加工品を扱う店だけでなく、手づくり雑貨やアロマテラピーなど飲食物以外の店も登場。月ごとのテーマに応じて各店舗が用意するオリジナル企画も楽しみです。

地元の店同士がコラボレーションした限定商品をチェック

マルシェの常連、ドライフルーツ専門店「wara no bag」と糀専門店「今井糀屋」がコラボレーションした「マンゴー甘酒」もオススメ。

「ときめきマルシェ」について詳しくはこちら

関連する投稿




秋田 |「秋田市大森山動物園~あきぎんオモリンの森~」の動物イベントに参加しよう!

秋田 |「秋田市大森山動物園~あきぎんオモリンの森~」の動物イベントに参加しよう!

秋田県秋田市の大森山公園にある「秋田市大森山動物園~あきぎんオモリンの森~」は、動物たちとふれあえる人気スポット。ユキヒョウやレッサーパンダなどの動物たちを観察できるほか、食事風景が見られる「まんまタイム」を開催しています。また、イベントも多数行なわれ、動物たちとのさまざまな時間を楽しめます。


にかほ |「TDK歴史みらい館」驚きの連続!最新技術を遊んで体感しよう

にかほ |「TDK歴史みらい館」驚きの連続!最新技術を遊んで体感しよう

秋田県にかほ市にある「TDK歴史みらい館」は、電子部品メーカー・TDKの歴史や技術を紹介するミュージアム。企業の施設と聞くと難しそうなイメージがあるかもしれませんが、電化製品の内部展示やデジタル技術を駆使したシアターがあるなど、館内には楽しい仕掛けがいっぱい!さらには入場料無料と、親子のおでかけにぴったりなんですよ。


鹿角 |「道の駅おおゆ」ショップにカフェ、足湯やビオトープもそろう道の駅

鹿角 |「道の駅おおゆ」ショップにカフェ、足湯やビオトープもそろう道の駅

秋田県鹿角市に2018年4月にオープンした「道の駅おおゆ」。世界的な建築家が設計を手がけた建物には、秋田はもちろん全国から選りすぐりのアイテムを集めたショップや、地元のブランド肉を味わえるカフェなどがあります。思いきり走り回れる天然芝の広場や、ビオトープを設けた散策エリアも整備されているので、家族でのびのびと過ごせますよ。


最新の投稿


郡山市 |「AMEKAZE」“ローカル”に特化した食のセレクトショップ

郡山市 |「AMEKAZE」“ローカル”に特化した食のセレクトショップ

黒を基調としたシンプルなたたずまいが特徴的な、グローサリーマーケット「AMEKAZE」。カーショップのようなスタイリッシュな外観ですが、店内には地元の名産物をはじめ、各地のおいしいものがずらりと勢ぞろい。おみやげやプレゼント選びにもピッタリなお店です。


蔵王 |【ななび連載:蔵王編vol.3】遠刈田温泉で探すほっこりアイテム&手づくり体験

蔵王 |【ななび連載:蔵王編vol.3】遠刈田温泉で探すほっこりアイテム&手づくり体験

蔵王町の人気スポットのひとつといえば、開湯約400年の歴史をもつ遠刈田温泉。温泉街はこぢんまりとしていますが、見どころがたくさんあって散策にぴったり。ステキなアイテムがそろう陶芸工房やギャラリーショップも点在しているので、作家ものの器をおみやげにしたり、絵付け体験でオリジナルアイテムをつくったりするのもオススメです。


鶴岡 |「フルーツショップ青森屋」こぼれんばかりのフルーツにびっくり!ぜいたくなタルト&ケーキを味わおう

鶴岡 |「フルーツショップ青森屋」こぼれんばかりのフルーツにびっくり!ぜいたくなタルト&ケーキを味わおう

山形県といえば、日本屈指のフルーツ王国。鶴岡市にある「フルーツショップ青森屋」は、地元をはじめ全国各地から仕入れたよりすぐりのフルーツを扱う青果店です。店内にはカフェスペースも併設し、青果店ならではの新鮮なフルーツをたっぷり使ったタルトやケーキが大人気。遊び心あふれる空間にも注目してみてくださいね。


松島 |「ザ・ミュージアム MATSUSHIMA」3つのコレクションの魅力を一度に楽しめる博物館

松島 |「ザ・ミュージアム MATSUSHIMA」3つのコレクションの魅力を一度に楽しめる博物館

日本三景のひとつ、宮城県の松島にある「ザ・ミュージアム MATSUSHIMA」は、レトロなおもちゃ・モードファッション・オルゴールの3つのコレクションをひとつの施設で観ることができるミュージアムです。普段はなかなかお目にかかれない貴重なコレクションをたくさん展示しているので、じっくり鑑賞を楽しみましょう。


蔵王 |【ななび連載:蔵王編vol.2】家族みんなが大満足の蔵王グルメを満喫

蔵王 |【ななび連載:蔵王編vol.2】家族みんなが大満足の蔵王グルメを満喫

自然豊かな蔵王町には、大地の恵みがギュッと詰まったおいしい農産物がいっぱい!また、近隣の市町村も農業が盛んだったり、ブランド豚を飼育していたりすることから、フレッシュな食材でつくる料理自慢のお店がたくさんあります。今回はそんな蔵王町のお店のなかから、お子さんの大好物がそろう人気の3店をご紹介します。