気仙沼 |【ななび連載:気仙沼編vol.4】ダイナミックな大自然の絶景スポットをめぐる

気仙沼 |【ななび連載:気仙沼編vol.4】ダイナミックな大自然の絶景スポットをめぐる

太平洋に面し、三陸ジオパークや三陸復興国立公園に含まれる気仙沼には、大自然の景勝地がいっぱい。複雑に折り重なるリアス海岸が織りなす海岸美の「岩井崎」と「巨釜・半造」、日本有数のツツジの名所である「徳仙丈山」など、気仙沼が誇る雄大な絶景スポットをご紹介します!


豪快に潮を噴く潮吹岩に注目!「岩井崎」

太古の時代から地球が長い年月をかけてつくった貴重な地質遺産が残るエリアを「ジオパーク」と呼び、気仙沼にもそうした「ジオパーク」があります。

「岩井崎」は、青森県八戸市から太平洋沿岸を縦断して宮城県気仙沼市まで続く、日本一広大なジオパークである「三陸ジオパーク」の南端に位置する岬。岩井崎は、ゴツゴツとした石灰岩地質になっていて、岩の表面には化石を観察することもできます。

この化石は、サンゴやアンモナイト、ウミユリなどで、約2億6,000万年前の古生代ペルム紀に海の中に生息していたもの。宮城県の天然記念物に指定されています。

岬の先端の潮吹岩は岩井崎の随一の名所で、波が打ち寄せるたびに潮を吹き上げるダイナミックな光景が見られます。

また、岩井崎には、東日本大震災の津波により龍の形となって奇跡的残った松の木「龍の松」もあり、見学ができます。

塔のようにそそり立つ奇岩!「巨釜・半造」

気仙沼湾の東に突き出す唐桑半島は、海岸線が複雑に入り組んだリアス海岸特有の風景が広がります。そんな唐桑半島随一の景勝地が「巨釜・半造(おおがまはんぞう)」で、荒波による海蝕によってつくられた奇岩が長さ約1キロメートルに渡って連なります。

巨釜には、高さ16メートル、幅3メートルの大理石の石柱「折石(おれいし)」が海中からそびえ立ち、その姿はまるで荒波に耐える塔のよう。1896年の三陸地震の大津波によって先端の石の先端2メートルが折れたことが名前の由来で、折れる前は「天柱岩」や「ろうそく岩」と呼ばれていました。

巨釜から遊歩道を歩いて500メートル行ったところにある半造では、波に削られゴツゴツ尖った大理石や鍾乳洞などが見られます。

山が深紅に染まる!ツツジの名所「徳仙丈山」

気仙沼の内陸部にある標高711メートルの「徳仙丈山(とくせんじょうさん)」は、日本最大級のツツジの名所として有名。例年5月中旬から5月下旬には約50万本ものヤマツツジやレンゲツツジが咲き誇ります。山一面が深紅に染まる眺めは壮観そのものです。

駐車場から山頂までは約40分の登山道が整備され、シーズンにはツツジのトンネルを歩くことができます。山頂では、赤く染まるツツジとともにリアス海岸の海の絶景が広がります。

ツツジのシーズン以外も、野鳥のさえずりや渓流のせせらぎを聴きながらピクニック気分で散策ができ、トレッキングスポットとしても人気です。また、登山道には2棟の「ツリーハウス」もあり、外側から見ることができます。木の上にある秘密基地のようで、お子さんもワクワクしそう。

海から山へ。山から海へ。ドライブを楽しみながら、気仙沼の絶景スポットをめぐってみてくださいね。

気仙沼の絶景をさらに楽しむ!ななびチェック

気仙沼湾に浮かぶ「気仙沼大島」

気仙沼湾に浮かぶ周囲約22キロメートルの「気仙沼大島」へは、気仙沼港から船で約25分。「緑の真珠」と呼ばれるほど自然がいっぱいの島です。

気仙沼大島にある鳴き浜「十八鳴浜(くぐなりはま)」

気仙沼大島の北東部にある弓なりの美しい砂浜で、乾いた砂を踏むと「キュッキュッ」と音が鳴ります。国の天然記念物に指定されています。

龍が舞い上がるような景観「龍舞崎」

気仙沼大島南端の岬。クロマツ林に囲まれた遊歩道の先に建つ龍舞崎灯台から、海食によるダイナミックな奇岩が眺められます。岩に荒波が打ち寄せる様は、まさに龍が舞い上がるかのようです。

「岩井崎」について詳しくはこちら
「巨釜・半造」について詳しくはこちら
「徳仙丈山」について詳しくはこちら

関連する投稿


気仙沼 |【ななび連載:気仙沼編vol.3】買い物以外にも楽しみ方いろいろ!気仙沼のショッピングスポット

気仙沼 |【ななび連載:気仙沼編vol.3】買い物以外にも楽しみ方いろいろ!気仙沼のショッピングスポット

マグロやカツオなどさまざまな魚の豊富な水揚げ量を誇る気仙沼。今回は、港町ならではの海の幸の買い物を楽しめて、併設するレストランやイートインスペースで海鮮メニューなどが味わえる人気ショッピング施設をご紹介します。おみやげにぴったりな、愛らしいご当地キャラクターのスイーツも要チェック!


気仙沼 |【ななび連載:気仙沼編vol.2】気仙沼で食べたい三大ご当地グルメ

気仙沼 |【ななび連載:気仙沼編vol.2】気仙沼で食べたい三大ご当地グルメ

東北有数の漁港をもつ気仙沼は、フカヒレの生産量日本一、生鮮カツオの水揚げ日本一など、新鮮な魚介類が味わえることで有名です。ただ、魚介だけでなく、気仙沼で独自に発展してきたご当地グルメも、古くから地元の人に愛されてきました。今回は、そんな気仙沼ならではのオススメの味をご紹介します。


気仙沼 |【ななび連載:気仙沼編vol.1】気仙沼市ってどんなところ?

気仙沼 |【ななび連載:気仙沼編vol.1】気仙沼市ってどんなところ?

宮城県沿岸部の最北端に位置し、東を太平洋に面する気仙沼市。漁業が盛んな港町としても知られ、「気仙沼市魚市場」では、カツオ、サンマ、マグロなど多彩な魚種の水揚げ量を誇ります。現在建設中の巨大アーチ橋「気仙沼大島大橋」や、夏の一大イベント「気仙沼みなとまつり」など、ピチピチの魚のように活きのいい街・気仙沼をご紹介します。


松島 |「REST -花と朝食 CoffeeとSweets-」早起きして休日の朝イベントを楽しもう

松島 |「REST -花と朝食 CoffeeとSweets-」早起きして休日の朝イベントを楽しもう

江戸時代に仙台城と石巻を結ぶ街道沿いの宿場町として栄えた、宮城県松島町の高城(たかぎ)エリア。2018年の春、地元の商店街を盛り上げようと、“花”と“朝食”をテーマにした新たなマルシェイベント「REST -花と朝食 CoffeeとSweets-」がスタートしました。日曜の朝は早起きをして、家族でみんなでおでかけしてみませんか。


仙台 |「RonD Factory」おいしくてヘルシーな本場仕込みのグラノーラ

仙台 |「RonD Factory」おいしくてヘルシーな本場仕込みのグラノーラ

宮城県仙台市にある「RonD Factory」は、東北ではめずらしいグラノーラ専門店。グラノーラ発祥の地・アメリカで学んだオーナーがつくるグラノーラは、素材本来の栄養価やおいしさを体感できます。また、店内で味わえるオリジナルスイーツも人気なのだとか。ファミリーの健康が気になるママ注目の専門店へ、さっそくでかけましょう!


最新の投稿


小野町 |「ACNあぶくまキャンプランド」と、「コピスCafe」でおいしい秋を楽しもう!

小野町 |「ACNあぶくまキャンプランド」と、「コピスCafe」でおいしい秋を楽しもう!

福島県小野町にあるキャンプ場「ACNあぶくまキャンプランド」では、BBQのほか、ピサ焼きや燻製づくりなどの本格的なアウトドアメニューを体験できます!また、焼き立てのパンやピザが味わえる人気のパン屋さん「コピスCafe」も併設。季節の味覚を味わいながら、オーナーさん手づくりの遊び場で遊んだり、親子で秋を満喫しませんか?


山形 |「山形まるごと館 紅の蔵 十日市」季節の振る舞いや体験など、テーマは月替わりのお楽しみ!

山形 |「山形まるごと館 紅の蔵 十日市」季節の振る舞いや体験など、テーマは月替わりのお楽しみ!

「山形まるごと館 紅の蔵」は、山形市の中心街に明治時代に建てられた蔵屋敷を利用し、観光案内所や食事処、みやげ店、直売所を備えた施設です。毎月10日の「十日市」では、旬のグルメの振る舞いや季節にあわせた体験教室など、趣向を凝らしたイベントを開催し、地元でも話題に。イベントのテーマは月替わりなので、何度行っても楽しめるのも魅力です。



能代 |「ときめきマルシェ」毎回替わるテーマが楽しみな話題のイベント

能代 |「ときめきマルシェ」毎回替わるテーマが楽しみな話題のイベント

秋田県能代市といえば、全国屈指のバスケットボールの強豪校があることで知られる街。そんな能代市内中心部の上町通りで行なわれるイベント「ときめきマルシェ」が、いま地元で注目を集めています。毎回工夫が凝らされたテーマに沿ってさまざまな店が出店し、能代の新たな魅力に出会えると人気なんですよ。


遠野 |「とおの物語の館」遠野の方言で語られる昔話に耳を傾けよう

遠野 |「とおの物語の館」遠野の方言で語られる昔話に耳を傾けよう

山あいにほのぼのとした田園風景が広がる岩手県遠野市は、柳田國男の『遠野物語』の舞台として有名です。民話の世界を体験できるテーマパーク「とおの物語の館」では、語り部による昔話の実演を開催。遠野のおばあちゃんたちによるやさしい遠野弁の響きが、物語の世界へと誘ってくれます。