新潟 |「krtek select toys」遊びを通して生きる力や考える力を育てる、遊びとおもちゃの専門店

新潟 |「krtek select toys」遊びを通して生きる力や考える力を育てる、遊びとおもちゃの専門店

新潟市中央区にある「krtek select toys」は、ヨーロッパのおもちゃやボードゲームなどを扱うおもちゃの専門店。木のぬくもりを感じられるものから、さまざまな遊び方ができるものなど親子で夢中になれるおもちゃばかり!ご自身のお子さんのおもちゃ選びはもちろん、出産祝いや誕生日プレゼントを探したい方にもオススメです。


新潟市中心部のビルの一角にある、遊びとおもちゃの専門店

「krtek select toys(クルテク セレクト トイズ)」があるのは、新潟市役所や大学病院、昔ながらの飲食店などが並ぶ新潟市中央区中心部の一角。築43年になる3階建ての「医学町ビル」の2階にあります。エレベーターがないため、階段を利用しましょう。

お店を営むのは、おもちゃコーディネーター、おもちゃコンサルタントマスターなどの資格を持つ横山智香さんです。保育士の資格を持ち、3人の男の子のママでもある横山さんは、おもちゃや遊びの心強い味方となってくれることでしょう。

壁一面の棚に並ぶカラフルなおもちゃ!店主えりすぐりの品が勢ぞろい

ビルの階段を上り、お店の扉を開けると出迎えてくれるのは、壁一面の棚に並んだカラフルなおもちゃたち!まるでおもちゃ箱をひっくり返したような、かわいらしい店内です。

靴を脱いで上がるようになっていて、床はぬくもりあふれるパイン材を使用。ハイハイをはじめたばかりの赤ちゃんや、歩きはじめのお子さんも安心してくつろげます。

取り扱うのは、NAEF(ネフ)やHABA(ハバ)、Dusyma(デュシマ)、SINA(ジーナ)、NIC(ニック)、GRIMM'S(グリム)、Selecta(セレクタ)など、ヨーロッパのおもちゃやアナログゲームが中心。

積み木などの木でつくられた知育玩具から、車や船など組み立てて遊ぶおもちゃ、おままごとセット、楽器、ボードゲームと、幅広い年齢層のお子さんが楽しめるおもちゃが、たくさん揃っています。

お店のモットーは「おもちゃを実際に見て、さわって、遊んで楽しむこと」

14年前にお店を開いたオーナーの横山さん。当時からずっとモットーとしているのが「店に来て、おもちゃで遊べること」だといいます。

おもちゃというと、箱に入った状態でずらりと並び、一部で遊ぶことができるというパターンが多いもの。しかしkrtek select toysでは、販売されているほとんどのおもちゃを実際にさわって、遊べるのです。

「例えば、一見赤ちゃん向けのおもちゃと思えるものでも、遊び方を工夫することで長く遊べます。最初はさわるだけ、次は転がしてみる、並べて形をつくったり、積んだり、数を数えたり…と、経験と年齢を重ねていくごとに、お子さん自身が遊びをつくり出せるんです」と横山さん。

実際におもちゃで遊んでみると「どんな仕組みなのかな?」「こうするとどうなる?」と次々に疑問がわいて、一工夫することでその疑問が解決していくような、実験さながらのおもしろさがあるものばかり。

親子で一緒になって、おもちゃの遊び方を考えながら遊べるので、お子さんと同様にママやパパもおもちゃに夢中になれそうですね。

「質の良いおもちゃを長く大切に使う」オーナー・横山さんの子育てとおもちゃへの想い

大学生、高校生、中学生の3人の男の子のママでもあるオーナーの横山さん。結婚前に東京で保育士として働いていた時に出会った木のおもちゃが、お店のルーツだと教えてくれました。

「つくり手が一つひとつ手づくりしているぬくもりや、遊び方を通じて子どもたちの想像力やものをつくり出す力を導いてくれる木のおもちゃに魅了されました。私自身も息子たちの子育てを通じて木のおもちゃに夢中になったんです。」

当時の新潟では、木のおもちゃを専門に扱う店はなかったため、20年前から自身で店の構想を練り、三男出産後の2004年に念願のお店をオープン。2018年で14年目を迎えます。

「ここにあるおもちゃは、5年、10年と長く遊んでいただけるものが中心で、耐久性もばっちり。利便性や流行を重視してはいませんが、親子で一緒に遊べたり、遊び方が多様なものを選んでいます。ママやパパがおもちゃを通じて、いつもの子育てをより楽しめるようになるのが私の願いですね」と横山さん。

月齢や性別、おもちゃを使う空間など、おもちゃに関する相談にも気軽に応じてくれるのもうれしいポイントです。

つくり手の思いとオーナーの願いが込められたおもちゃが並ぶkrtek select toys。遊んで楽しめるだけでなく、「いいおもちゃとは何か」を考えるきっかけや、子育てや遊びへの気付きもきっと得られることでしょう。

お子さんが長く付き合えるおもちゃを探しに、ぜひ親子で一緒におでかけしてみてくださいね。

遊びに関するイベントや相談・お悩みも「krtek select toys」へ!ななびチェック!

幼児教育の最先端を学ぶ「クルテク保育STUDY 2018」開催!

2018年10月7日(日)、「遊びを引き出す保育環境」をテーマに、保育や遊びを学び合う講習会をお店主催で開催されます。保育園や幼稚園の先生だけでなく、パパ&ママ、県外の方でも参加OKです。詳細やお申し込みはホームページをご覧ください。

積み木ショー&ファミリーゲーム会で盛り上がろう!

2018年10月6日(土)は、積み木パフォーマーの相沢康夫さんによる「積み木ショー」と、家族で楽しめるボードゲーム会が開催されます。相沢さんによる、積み木を見事に操った技の数々は必見。ボードゲームは大人も子どもも一緒に楽しめますよ!詳細やお申し込みはホームページをご覧ください。

おもちゃやお子さんの遊び、ゲームに関する相談も随時受け付け中

「今の年齢にはどんなおもちゃがいい?」「小学生にオススメのゲームは?」など、おもちゃや遊びに関する疑問や相談は、オーナーの横山さんにお任せあれ。個人でも保育園や学童など団体でもOKです。お気軽にどうぞ。

「krtek select toys」について詳しくはこちら

関連する投稿


新潟 |「ウィンターイルミネーション」でカラフルにきらめく新潟の冬を楽しもう

新潟 |「ウィンターイルミネーション」でカラフルにきらめく新潟の冬を楽しもう

クリスマスやお正月など、わくわくするイベントが多い冬。2018年の冬は新潟できらめくイルミネーションを楽しんでみませんか。「子どもも一緒に楽しみたい」「いろんな形や色のイルミネーションも見てみたい」そんな人にオススメの3つのイルミネーションスポットをご紹介します。防寒対策をしっかりして、幻想的な光の世界へでかけませんか。


新潟 |「そら野テラス」新潟の農業、食、自然を一度に体験できる産直市場

新潟 |「そら野テラス」新潟の農業、食、自然を一度に体験できる産直市場

新潟市西蒲区にある「そら野テラス」は、農園と直売所、カフェが一体となったスポットです。新鮮な野菜や果物を買えるのはもちろん、その土地で大切に育てられた季節の食材を使った料理も味わえ、楽しみ方はさまざま!豊かな自然に囲まれたのどかな場所で、四季を感じながら新潟の農業やおいしいグルメにふれてみませんか。


南魚沼 |南魚沼プロジェクト「本気丼2018」コシヒカリ×地元食材×地元料理人の“本気”なうまさを味わう!

南魚沼 |南魚沼プロジェクト「本気丼2018」コシヒカリ×地元食材×地元料理人の“本気”なうまさを味わう!

ツヤツヤと美しい粒と噛むほどにうま味と香りを口いっぱいに堪能できる「南魚沼産コシヒカリ」。日本一おいしいとも言われるこの米を主役にした南魚沼市独自のプロジェクト「本気丼2018」が今年も開催中です。4度目の開催となる2018年は、66杯の本気丼が登場。その土地ならではの美味や料理人たちの趣向を凝らした1杯を味わってみませんか?


胎内 |「坂井神楽米」山間のおいしい水で育てられたお米

胎内 |「坂井神楽米」山間のおいしい水で育てられたお米

炊きたてのご飯をほおばると、お米の甘さや粘りが口のなかいっぱいに広がり、幸せな気持ちになるもの。秋の新米となれば、なおのことですよね。新潟県は全国有数の米どころとして知られていますが、今回紹介する胎内市の「坂井神楽米」は、2014年お米日本一コンテストで最高金賞を受賞するなど、おいしいお米として、注目を集めています。


十日町・津南 |「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2018」棚田や里山が芸術の舞台に!

十日町・津南 |「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2018」棚田や里山が芸術の舞台に!

新潟県の南端、十日町市と津南町。棚田や里山が連なるその一帯は“越後妻有”と呼ばれています。ここで自然と地元の人々を巻き込んで芸術祭プロジェクトが始まってから約20年。2018年で7回目を迎える「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2018」が9月17日(月・祝)まで開催されています。旅するようにアートを楽しんでみては?


最新の投稿


天栄村 |「エンゼルフォレスト那須白河」親子で、おじいちゃんおばあちゃんも、ペットも!冬でも楽しめるリゾートキャンプ場!

天栄村 |「エンゼルフォレスト那須白河」親子で、おじいちゃんおばあちゃんも、ペットも!冬でも楽しめるリゾートキャンプ場!

アウトドアというと、春から秋にかけてがメインシーズンのイメージがあると思いますが、キャンパーたちがこぞってオススメするのが、実は冬のキャンプ!冬の澄んだ空気や火の温かさをダイレクトに感じる“冬キャン”こそ、アウトドアの醍醐味なのだそう。アウトドア初心者でも四季折々の魅力を満喫できる「エンゼルフォレスト那須白河」をご紹介します。


久慈 |【ななび連載:久慈編vol.2】久慈に行ったら必食!絶対にはずせない三大グルメ

久慈 |【ななび連載:久慈編vol.2】久慈に行ったら必食!絶対にはずせない三大グルメ

岩手県久慈市は、世界有数の漁場として知られる三陸沖の魚介、テレビドラマ『あまちゃん』で注目を集めた郷土料理「まめぶ汁」、さらには豊かな森が広がる山間部では赤身がおいしいブランド牛「短角牛」と、グルメが充実した街でもあります。そんな久慈のおいしさを満喫するグルメ旅へでかけましょう。


蔵王 |「みやぎ蔵王の樹氷めぐり」で絶景に出会える非日常体験を!

蔵王 |「みやぎ蔵王の樹氷めぐり」で絶景に出会える非日常体験を!

世界でも数ヶ所でしか見られない冬の自然現象・樹氷。宮城県蔵王町にある「みやぎ蔵王すみかわスノーパーク」で行なわれるツアー「みやぎ蔵王の樹氷めぐり」では、雪上車・ワイルドモンスター号で雪山を登り、10メートル近い高さの樹氷を間近で見られます。観賞後は、レストハウスの名物メニューと蔵王山の麓にある温泉も満喫しましょう。


新潟 |「ウィンターイルミネーション」でカラフルにきらめく新潟の冬を楽しもう

新潟 |「ウィンターイルミネーション」でカラフルにきらめく新潟の冬を楽しもう

クリスマスやお正月など、わくわくするイベントが多い冬。2018年の冬は新潟できらめくイルミネーションを楽しんでみませんか。「子どもも一緒に楽しみたい」「いろんな形や色のイルミネーションも見てみたい」そんな人にオススメの3つのイルミネーションスポットをご紹介します。防寒対策をしっかりして、幻想的な光の世界へでかけませんか。


新潟 |「そら野テラス」新潟の農業、食、自然を一度に体験できる産直市場

新潟 |「そら野テラス」新潟の農業、食、自然を一度に体験できる産直市場

新潟市西蒲区にある「そら野テラス」は、農園と直売所、カフェが一体となったスポットです。新鮮な野菜や果物を買えるのはもちろん、その土地で大切に育てられた季節の食材を使った料理も味わえ、楽しみ方はさまざま!豊かな自然に囲まれたのどかな場所で、四季を感じながら新潟の農業やおいしいグルメにふれてみませんか。