南陽 |「マルシチ遠藤鮮魚店」おしゃれにリニューアルした創業140年の鮮魚店

南陽 |「マルシチ遠藤鮮魚店」おしゃれにリニューアルした創業140年の鮮魚店

日本三熊野のひとつで、パワースポットとして人気の熊野大社や、開湯900年の歴史がある赤湯温泉などで知られる山形県南陽市。この街で5代続く老舗の「マルシチ遠藤鮮魚店」が、斬新なスタイルの新店舗にリニューアルして話題となっています。地元で長く愛されている鮮魚店の、新たな取り組みをご紹介します。


たしかな目利きで選ぶおいしい魚が評判

山形鉄道フラワー長井線の宮内駅から歩いて約7分。熊野大社へと続く参道の入り口近くに、創業140年の「マルシチ遠藤鮮魚店」はあります。南陽は海に面していない街ですが、新鮮でおいしい魚が手に入るとあって、地元で欠かせない存在として頼りにされてきました。

2018年6月、店構えはがらりとリニューアル。どこか懐かしさを感じさせる旧店舗の向かいに、グレーの壁に覆われたスタイリッシュな新店舗が誕生しました。

一見、カフェかパン屋さんかと思うようなたたずまいで、店内も黒を基調とした落ち着きのある空間。国内外の著名なデザイナーによる照明が、店内をやさしく照らしています。

建物のデザインは大きく変わりましたが、店内のレイアウトを旧店舗と同じにしたのが特徴です。お客さんとの会話がしやすい対面式の販売スタイルと、品ぞろえのたしかさは変わらぬまま。大きなショーケースのなかには、日によって10~20種類の鮮魚、干物や塩辛などの加工品がずらりと並びます。

はじめは店構えの変化に驚くお客さんもいたそう。しかし今は、店は日々の買い物や飲食店の食材の仕入れに訪れる人たちで以前にも増して活気を見せています。

魚のプロが手がける料理が味わえる飲食部門を新設

リニューアルで変わったのは、建物のデザインだけではありません。

「若い人たちが気軽に鮮魚店に足を運ぶきっかけになれば」との想いから、鮮魚を販売するコーナーの一角に飲食部門をオープン。鮮魚店ならではの新鮮な魚を活かした料理と、それにあわせたオススメの日本酒が味わえるようになりました。

飲食スペースの営業は夜のみで、メニューもコース料理限定(要予約)。前菜や刺身、揚げ物など、ひとつずつ丁寧に仕上げた5品が味わえます。

この日の刺身は、まぐろやたこ、金目鯛、旬の新さんまなど6種類の盛り合わせ。ウニといくらを添えた茶碗蒸しも、彩り鮮やかな一品です。料理は仕入れによって替わるので、どんなメニューに出会えるかはお楽しみ。

日本酒やワインのラインナップが豊富なことも、マルシチ遠藤鮮魚店の自慢のひとつです。日本酒は常時60種類ほどを取りそろえ、なかには“幻の酒”といわれる山形の名酒「十四代」などの希少な銘柄も。ワインは山形産をはじめ日本ワインが中心です。

お酒はコースの料金内で、好きな銘柄を少しずつ何種類でも味わえるのがうれしいポイント(一部プラス料金あり)。料理との相性を考えてオススメのお酒をセレクトしてくれるので、魚のおいしさがぐっと引き立ちます。

飲食部門もまた、こだわりの家具や照明でコーディネートされたおしゃれな空間。おいしい魚とお酒をゆっくりと楽しみながら、特別なひとときを過ごせそうです。

マイルドな味わいで大人気!自家製塩辛をおみやげに

マルシチ遠藤鮮魚店の自家製「いか塩辛」は、ファンの多い人気商品です。

イカの皮やゲソ、エンペラなどを取り除き、身の部分と塩だけで熟成させる「白造り」で仕上げた塩辛は、くせがなく上品な味わい。白いごはんがどんどん進むおいしさです。大人のお酒のおつまみにもぴったりですよ。

140年の歴史と伝統を受け継ぎながら、装いを新たに再びスタートを切ったマルシチ遠藤鮮魚店。南陽市を訪れたら、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。

ピチピチ新鮮な魚がそろう「マルシチ遠藤鮮魚店」のななびチェック!

旬の魚を刺身で味わおう

魚の種類など、要望に応じて刺身の注文を受け付けています。その時季にオススメの魚を聞いてみるのもいいですね。

こだわりぬいた器の数々にも注目!

飲食部門で使われる器は、器好きのご店主がセレクトしたもの。器作家さんによるアイテムを中心に、主役の料理を引き立ててくれる器を試行錯誤して選んだそう。

イカの旨みがギュッと詰まった手づくりの塩辛

「マルシチ遠藤鮮魚店」の塩辛は、保存料や化学調味料などを一切使わず、イカと塩のみで熟成。「いか塩辛」のほかに、辛みを効かせた「からい塩辛」もありますよ。

「マルシチ遠藤鮮魚店」について詳しくはこちら

関連する投稿


寒河江 |「やまがた雪フェスティバル」グルメと雪遊びを楽しめる冬イベント

寒河江 |「やまがた雪フェスティバル」グルメと雪遊びを楽しめる冬イベント

冬の山形県は、豪雪地帯ならではの雪にちなんだイベントが目白押し。その先陣を切るのが、寒河江市で開催される「やまがた雪フェスティバル」です。巨大な雪像をバックに行なわれるアーティストのライブや、雪を使ったアトラクション、ラーメンをはじめ地元のグルメが集まる屋台、夜のイルミネーションに花火大会と、お楽しみがいっぱいです。


朝日町 |「朝日町産業まつり・りんごまつり」地元の特産品が勢ぞろいする秋のイベント

朝日町 |「朝日町産業まつり・りんごまつり」地元の特産品が勢ぞろいする秋のイベント

山形県の中央部・村山地域に位置し、朝日連峰の主峰・大朝日岳がある朝日町。毎年11月に開催される「朝日町産業まつり・りんごまつり」では、農産物の販売や街の名産品であるりんごの品評会、お子さんが楽しめる催しが行なわれます。餅まきや三平汁のふるまいなど、うれしいサービスも盛りだくさんのイベントですよ。


上山 |「上山市総合子どもセンター めんごりあ」親子にやさしい無料で楽しめる屋内遊び場

上山 |「上山市総合子どもセンター めんごりあ」親子にやさしい無料で楽しめる屋内遊び場

名湯・かみのやま温泉で有名な山形県上山市にある「上山市総合子どもセンター めんごりあ」。大型遊具でわんぱくに遊べるエリアと、小さいお子さんが安心して遊べるエリアに分かれた屋内遊び場です。気軽に参加できるイベントや休憩スペースも充実。しかも入館無料とあって、地元をはじめ県内外のファミリーが訪れる人気のスポットです。


庄内 |「しょうない秋まつり」地元ゆかりのおいしいものが勢ぞろい!

庄内 |「しょうない秋まつり」地元ゆかりのおいしいものが勢ぞろい!

毎年10月上旬に山形県庄内町で開かれる「しょうない秋まつり」。例年、地元特産品の販売、餅つき大会や和太鼓の演奏などが行なわれて賑わいます。なかでも人気なのは、地元食のコーナー。川ガニ汁やイワナの塩焼きをはじめとした山形県の郷土料理、庄内町の友好町・宮城県南三陸町のホタテの炭火焼きといったグルメが充実しています。


鶴岡 |【ななび連載:鶴岡編vol.4】お子さんとおでかけ!レジャースポット3選

鶴岡 |【ななび連載:鶴岡編vol.4】お子さんとおでかけ!レジャースポット3選

日本海と山に抱かれた鶴岡市で、お子さんと思う存分遊んでみませんか?今回は、世界的に有名なクラゲの水族館「鶴岡市立加茂水族館」、全天候型の遊戯施設「KIDS DOME SORAI」、江戸時代にタイムスリップした気分になれる映画の撮影所「スタジオセディック庄内オープンセット」をご紹介。ファミリーでのおでかけにオススメです!


最新の投稿


青森 |【ななび連載:青森編vol.2】青森の大地・海の恵みを収穫して食べられる体験スポット3選

青森 |【ななび連載:青森編vol.2】青森の大地・海の恵みを収穫して食べられる体験スポット3選

青森といえば、リンゴ、ほたて…とたくさんの特産品があります。今回はそんな青森市内にある、自分で収穫して食べられる体験スポットをご紹介。収穫時期によってさまざまな食材を楽しめるので、何度訪れても楽しめますよ。


新発田 |「城下町しばた全国雑煮合戦」で、体も心もホカホカに

新発田 |「城下町しばた全国雑煮合戦」で、体も心もホカホカに

「城下町しばた全国雑煮合戦」は毎年1月に城下町・新発田市で開催されるイベント。新潟県内のみならず、全国から個性あふれるお雑煮が大集合し、みなさんの投票でグランプリが決まります。当日は餅まきなどのイベントもあり、親子でたっぷりと楽しめます。


寒河江 |「やまがた雪フェスティバル」グルメと雪遊びを楽しめる冬イベント

寒河江 |「やまがた雪フェスティバル」グルメと雪遊びを楽しめる冬イベント

冬の山形県は、豪雪地帯ならではの雪にちなんだイベントが目白押し。その先陣を切るのが、寒河江市で開催される「やまがた雪フェスティバル」です。巨大な雪像をバックに行なわれるアーティストのライブや、雪を使ったアトラクション、ラーメンをはじめ地元のグルメが集まる屋台、夜のイルミネーションに花火大会と、お楽しみがいっぱいです。


青森 |【ななび連載:青森編vol.1】青森ってどんなところ?

青森 |【ななび連載:青森編vol.1】青森ってどんなところ?

青森県の県庁所在地である青森市は、美しい自然や新鮮な海の幸・山の幸、歴史を感じる文化財に恵まれた中心都市。四季の風景や熱く盛り上がるイベントなどは、海外からの観光客にも注目される、魅力たっぷりの街です。今回は、家族でおでかけしたくなるイベントや観光スポットをご紹介します!


横手 |「横手市増田まんが美術館」マンガの世界を体感しよう!

横手 |「横手市増田まんが美術館」マンガの世界を体感しよう!

秋田県横手市にある「横手市増田まんが美術館」は、マンガをテーマにした美術館です。原画の所蔵枚数はなんと23万枚以上!マンガファンなら一度は目にしたい名作マンガの原画を見られるとあって、国内はもちろん海外からも注目されています。