南陽 |「マルシチ遠藤鮮魚店」おしゃれにリニューアルした創業140年の鮮魚店

南陽 |「マルシチ遠藤鮮魚店」おしゃれにリニューアルした創業140年の鮮魚店

日本三熊野のひとつで、パワースポットとして人気の熊野大社や、開湯900年の歴史がある赤湯温泉などで知られる山形県南陽市。この街で5代続く老舗の「マルシチ遠藤鮮魚店」が、斬新なスタイルの新店舗にリニューアルして話題となっています。地元で長く愛されている鮮魚店の、新たな取り組みをご紹介します。


たしかな目利きで選ぶおいしい魚が評判

山形鉄道フラワー長井線の宮内駅から歩いて約7分。熊野大社へと続く参道の入り口近くに、創業140年の「マルシチ遠藤鮮魚店」はあります。南陽は海に面していない街ですが、新鮮でおいしい魚が手に入るとあって、地元で欠かせない存在として頼りにされてきました。

2018年6月、店構えはがらりとリニューアル。どこか懐かしさを感じさせる旧店舗の向かいに、グレーの壁に覆われたスタイリッシュな新店舗が誕生しました。

一見、カフェかパン屋さんかと思うようなたたずまいで、店内も黒を基調とした落ち着きのある空間。国内外の著名なデザイナーによる照明が、店内をやさしく照らしています。

建物のデザインは大きく変わりましたが、店内のレイアウトを旧店舗と同じにしたのが特徴です。お客さんとの会話がしやすい対面式の販売スタイルと、品ぞろえのたしかさは変わらぬまま。大きなショーケースのなかには、日によって10~20種類の鮮魚、干物や塩辛などの加工品がずらりと並びます。

はじめは店構えの変化に驚くお客さんもいたそう。しかし今は、店は日々の買い物や飲食店の食材の仕入れに訪れる人たちで以前にも増して活気を見せています。

魚のプロが手がける料理が味わえる飲食部門を新設

リニューアルで変わったのは、建物のデザインだけではありません。

「若い人たちが気軽に鮮魚店に足を運ぶきっかけになれば」との想いから、鮮魚を販売するコーナーの一角に飲食部門をオープン。鮮魚店ならではの新鮮な魚を活かした料理と、それにあわせたオススメの日本酒が味わえるようになりました。

飲食スペースの営業は夜のみで、メニューもコース料理限定(要予約)。前菜や刺身、揚げ物など、ひとつずつ丁寧に仕上げた5品が味わえます。

この日の刺身は、まぐろやたこ、金目鯛、旬の新さんまなど6種類の盛り合わせ。ウニといくらを添えた茶碗蒸しも、彩り鮮やかな一品です。料理は仕入れによって替わるので、どんなメニューに出会えるかはお楽しみ。

日本酒やワインのラインナップが豊富なことも、マルシチ遠藤鮮魚店の自慢のひとつです。日本酒は常時60種類ほどを取りそろえ、なかには“幻の酒”といわれる山形の名酒「十四代」などの希少な銘柄も。ワインは山形産をはじめ日本ワインが中心です。

お酒はコースの料金内で、好きな銘柄を少しずつ何種類でも味わえるのがうれしいポイント(一部プラス料金あり)。料理との相性を考えてオススメのお酒をセレクトしてくれるので、魚のおいしさがぐっと引き立ちます。

飲食部門もまた、こだわりの家具や照明でコーディネートされたおしゃれな空間。おいしい魚とお酒をゆっくりと楽しみながら、特別なひとときを過ごせそうです。

マイルドな味わいで大人気!自家製塩辛をおみやげに

マルシチ遠藤鮮魚店の自家製「いか塩辛」は、ファンの多い人気商品です。

イカの皮やゲソ、エンペラなどを取り除き、身の部分と塩だけで熟成させる「白造り」で仕上げた塩辛は、くせがなく上品な味わい。白いごはんがどんどん進むおいしさです。大人のお酒のおつまみにもぴったりですよ。

140年の歴史と伝統を受け継ぎながら、装いを新たに再びスタートを切ったマルシチ遠藤鮮魚店。南陽市を訪れたら、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。

ピチピチ新鮮な魚がそろう「マルシチ遠藤鮮魚店」のななびチェック!

旬の魚を刺身で味わおう

魚の種類など、要望に応じて刺身の注文を受け付けています。その時季にオススメの魚を聞いてみるのもいいですね。

こだわりぬいた器の数々にも注目!

飲食部門で使われる器は、器好きのご店主がセレクトしたもの。器作家さんによるアイテムを中心に、主役の料理を引き立ててくれる器を試行錯誤して選んだそう。

イカの旨みがギュッと詰まった手づくりの塩辛

「マルシチ遠藤鮮魚店」の塩辛は、保存料や化学調味料などを一切使わず、イカと塩のみで熟成。「いか塩辛」のほかに、辛みを効かせた「からい塩辛」もありますよ。

「マルシチ遠藤鮮魚店」について詳しくはこちら

関連する投稿


山形 |「シベールファクトリーパーク」ショッピングとラスク工場の見学を楽しもう

山形 |「シベールファクトリーパーク」ショッピングとラスク工場の見学を楽しもう

山形県山形市の「シベールファクトリーパーク」は、洋菓子店「シベール」のショップやラスク工場がたつスイーツのテーマパーク。ラスクやケーキ、パンなどが盛りだくさんにそろうショップでのお買いものや、ラスク工場の見学を満喫できます。カフェを併設していて、ファミリーでゆっくり過ごすのにオススメのスポットです。


鶴岡 |「木村屋 ファクトリーストア」焼きたてパンが並ぶ人気の老舗菓子店

鶴岡 |「木村屋 ファクトリーストア」焼きたてパンが並ぶ人気の老舗菓子店

山形県鶴岡市にある「木村屋 ファクトリーストア」は、明治時代に創業した老舗菓子店「木村屋」の工場直営店舗。ケーキや和菓子が種類豊富にそろい、ラインナップは季節ごとに入れ替わります。工場直営店舗ならではの焼きたてパンのコーナーも要チェック。イートインスペースを併設する広い店内で、ゆっくりショッピングを楽しみませんか?


鶴岡 |「鶴岡冬まつり」雪の街のロマンチックなイベント

鶴岡 |「鶴岡冬まつり」雪の街のロマンチックなイベント

名曲『雪の降るまちを』の発想地・山形県鶴岡市で、冬の風物詩として市民から愛される「鶴岡冬まつり」。おまつり期間中は、明治時代・大正時代に建てられた歴史的建造物のライトアップ、『雪の降るまちを』にちなんだ「鶴岡音楽祭」、郷土料理の寒鱈汁を味わう「日本海寒鱈まつり」など、さまざまなイベントが行なわれます。


寒河江 |「やまがた雪フェスティバル」グルメと雪遊びを楽しめる冬イベント

寒河江 |「やまがた雪フェスティバル」グルメと雪遊びを楽しめる冬イベント

冬の山形県は、豪雪地帯ならではの雪にちなんだイベントが目白押し。その先陣を切るのが、寒河江市で開催される「やまがた雪フェスティバル」です。巨大な雪像をバックに行なわれるアーティストのライブや、雪を使ったアトラクション、ラーメンをはじめ地元のグルメが集まる屋台、夜のイルミネーションに花火大会と、お楽しみがいっぱいです。


朝日町 |「朝日町産業まつり・りんごまつり」地元の特産品が勢ぞろいする秋のイベント

朝日町 |「朝日町産業まつり・りんごまつり」地元の特産品が勢ぞろいする秋のイベント

山形県の中央部・村山地域に位置し、朝日連峰の主峰・大朝日岳がある朝日町。毎年11月に開催される「朝日町産業まつり・りんごまつり」では、農産物の販売や街の名産品であるりんごの品評会、お子さんが楽しめる催しが行なわれます。餅まきや三平汁のふるまいなど、うれしいサービスも盛りだくさんのイベントですよ。


最新の投稿


黒石 |「松の湯交流館」銭湯を活用した交流拠点で、心あたたまるひとときを過ごそう

黒石 |「松の湯交流館」銭湯を活用した交流拠点で、心あたたまるひとときを過ごそう

青森県黒石市の「松の湯交流館」は、こみせと呼ばれるアーケード状の通路がまとまって残る、全国的にもめずらしい通りに位置する多目的交流施設です。今回は、観光客向けの案内所や、市民の憩いの場として親しまれている「松の湯交流館」の魅力をご紹介します。


猪苗代 |「野口英世記念館」遊んで学べる体験型ミュージアム

猪苗代 |「野口英世記念館」遊んで学べる体験型ミュージアム

福島県猪苗代町出身の偉人といえば、現行の1,000円札の肖像画でもおなじみの野口英世。細菌学者として世界中でさまざまな業績を残した人物です。猪苗代町には、その生家を保存してたてられた「野口英世記念館」があり、ノーベル賞候補になった野口英世の生涯とその業績をわかりやすく紹介しています。


新潟 |「秋葉硝子」吹きガラスの魅力を伝えるガラス工房

新潟 |「秋葉硝子」吹きガラスの魅力を伝えるガラス工房

新潟市街から車で30分ほどの場所にある秋葉区新津地域。かつてこの地域ではガラス工業が盛んで、10数社の工場があったそう。現在は「秋葉硝子」の1社のみとなりましたが、美しい吹きガラスの魅力を伝えています。大量生産ではなく、手づくりのガラス作品が醸しだす風合いは、多くの人を魅了しています。


山形 |「シベールファクトリーパーク」ショッピングとラスク工場の見学を楽しもう

山形 |「シベールファクトリーパーク」ショッピングとラスク工場の見学を楽しもう

山形県山形市の「シベールファクトリーパーク」は、洋菓子店「シベール」のショップやラスク工場がたつスイーツのテーマパーク。ラスクやケーキ、パンなどが盛りだくさんにそろうショップでのお買いものや、ラスク工場の見学を満喫できます。カフェを併設していて、ファミリーでゆっくり過ごすのにオススメのスポットです。


由利本荘 |「鳥海山 木のおもちゃ美術館」美しい廃校を利用したおもちゃの世界

由利本荘 |「鳥海山 木のおもちゃ美術館」美しい廃校を利用したおもちゃの世界

標高2,236メートルの鳥海山の自然に恵まれた、秋田県由利本荘市にある「鳥海山 木のおもちゃ美術館」。国登録有形文化財の廃校を利用した館内では、由利本荘産の木材のおもちゃで遊びながら、木の魅力と文化にふれることができます。赤ちゃんからお年寄りまで多世代で楽しめるとあって、2018年のオープン以来人気を集めています。