気仙沼 |【ななび連載:気仙沼編vol.1】気仙沼市ってどんなところ?

気仙沼 |【ななび連載:気仙沼編vol.1】気仙沼市ってどんなところ?

宮城県沿岸部の最北端に位置し、東を太平洋に面する気仙沼市。漁業が盛んな港町としても知られ、「気仙沼市魚市場」では、カツオ、サンマ、マグロなど多彩な魚種の水揚げ量を誇ります。現在建設中の巨大アーチ橋「気仙沼大島大橋」や、夏の一大イベント「気仙沼みなとまつり」など、ピチピチの魚のように活きのいい街・気仙沼をご紹介します。


活気あふれる港町・気仙沼の魅力が凝縮!「気仙沼市魚市場」

日本有数の港町である気仙沼は、複雑に入り組んだリアス海岸が特徴。親潮と黒潮が入り交じる三陸沖は、世界有数の漁場として知られ、気仙沼漁港に豊富な水揚げ量をもたらしています。

また、気仙沼漁港は遠洋漁船の母港でもあることから、カツオやサンマのほか、脂がのったメカジキやフカヒレの原料となるサメなども、全国屈指の水揚げ量を誇ります。

日々、大量の魚介類が水揚げされる「気仙沼市魚市場」は、気仙沼の中心街からもほど近い場所にある市の公設市場。建物の2階には全長354メートルもの国内最大級の規模を誇る見学デッキがあり、水揚げや選別など早朝から活気づく魚市場を無料で見学できます。100キロはありそうな大きなマグロなどがずらりと並ぶ光景は、まさに壮観!

「気仙沼市魚市場」もっと知りたいときは、気仙沼観光コンベンション協会が案内する「魚市場復興物語~ちょい食べ付き~」がオススメ。魚市場のお仕事や、水揚げされる魚のこと、市場の被災から復興への道のりについて、ガイドに説明してもらいながら市場内を見学できます。

旬の新鮮な魚を試食できるのもうれしいポイント。希望日の1週間前まで予約を受け付けていて、6:00~17:00の間に開催していますが、水揚げ作業が行なわれている9:00までに参加するのがオススメです。

離島・大島と本土を結ぶ巨大アーチ橋「気仙沼大島大橋」

(C)気仙沼土木事務所

気仙沼の新たなランドマークとして注目を集める大型アーチ橋「気仙沼大島大橋」は、2019年3月の完成を目指し建設中。本土と離島・大島を結ぶ橋の長さは約356メートルにもおよび、同形式の橋梁としては東日本では1番、全国的にも最大級の長さとなります。

(C)気仙沼土木事務所

白く優美な曲線を描くその姿は、気仙沼市内のいたる場所から望むことができるほど巨大で、お子さんも驚くことでしょう。船上からの眺めもオススメで、大島への定期船のほか、大型連休や夏休みにあわせて遊覧船が運航され、建設真っ最中の橋の下を船でくぐる貴重な体験ができます。

踊りや花火に気仙沼が熱く盛り上がる!「気仙沼みなとまつり」

気仙沼のまつりといえば、8月上旬に2日間にわたり行なわれる「気仙沼みなとまつり」です。港町の祭りとあって、とにかく豪快でにぎやか!初日の見どころ「はまらいんや踊り」では、バンドによる演奏と太鼓にあわせて、参加チームが趣向を凝らしたオリジナルの踊りを披露し、会場が熱気に包まれます。

2日目は、神輿や山車が練り歩く「みなとまつりパレード」や、約600基もの和太鼓を一斉に打ち鳴らす「打ちばやし大競演」、縁起物の装飾を施した船上で太鼓演奏を披露する「海上うんづら」も航行し、見どころが目白押し。

フィナーレには、海上から約2,400発もの花火が打ち上がり、気仙沼の夏を鮮やかに彩ります。

活気あふれる魚市場や東日本随一の大型アーチ橋、豪快な夏祭りと、多彩な魅力がいっぱいの気仙沼。今度の週末に、家族みんなでおでかけしてみては?

港町・気仙沼の見どころ「気仙沼市魚市場」を楽しむ!ななびチェック

魚市場の活気を感じられるのは6:00~8:00時頃

入札が行なわれる6:00~8:00時頃は、魚市場がもっとも活気にあふれる時間帯。仲買人たちのスピーディーなやりとりにびっくり!

カツオの水揚げ量日本一

気仙沼は、2017年まで21年連続で生鮮カツオの水揚げ量日本一を誇ります。ほとんどの魚の水揚げは早朝に行なわれますが、カツオに限り、昼以降でも入船があれば、水揚げの風景を見ることができます。

食事をするなら隣接の「気仙沼海の市」へ

魚市場を見学し、気仙沼の海鮮グルメを味わいたくなったら、隣接の「気仙沼海の市」へ。リーズナブルな価格でお寿司や海鮮丼を味わえる飲食店がずらりと並びます。

「気仙沼海の市」は、こちらの記事で詳しくご紹介中です!

「気仙沼市魚市場」について詳しくはこちら
「気仙沼大島大橋」について詳しくはこちら
「気仙沼みなとまつり」について詳しくはこちら

関連する投稿


白石 |「tsuribori cafe Clover」カフェや駄菓子屋も登場!お楽しみ満載の釣りスポット

白石 |「tsuribori cafe Clover」カフェや駄菓子屋も登場!お楽しみ満載の釣りスポット

伊達政宗の腹心・片倉小十郎の城下町として知られる宮城県白石(しろいし)市。街の中心部から離れたのどかな山間部にたたずむ「tsuribori cafe Clover」は、釣り掘とカフェ、駄菓子屋の3つを楽しめるユニークなお店です。お子さんはもちろん、大人も夢中になってしまう注目のスポットをご紹介します。


蔵王 |【ななび連載:蔵王編vol.4】蔵王連峰の絶景&アクティビティ体験

蔵王 |【ななび連載:蔵王編vol.4】蔵王連峰の絶景&アクティビティ体験

蔵王連峰の雄大な自然に抱かれた宮城県蔵王町。春の「みやぎ蔵王えぼし すいせん祭り」にはじまり、夏・秋の満天にきらめく星空散歩、秋の紅葉ドライブ、冬は樹氷ツアーと、この街ならではの楽しみがいっぱい!今回は蔵王の四季が織り成す美しい絶景と、アクティビティをご紹介します。


蔵王 |【ななび連載:蔵王編vol.3】遠刈田温泉で探すほっこりアイテム&手づくり体験

蔵王 |【ななび連載:蔵王編vol.3】遠刈田温泉で探すほっこりアイテム&手づくり体験

蔵王町の人気スポットのひとつといえば、開湯約400年の歴史をもつ遠刈田温泉。温泉街はこぢんまりとしていますが、見どころがたくさんあって散策にぴったり。ステキなアイテムがそろう陶芸工房やギャラリーショップも点在しているので、作家ものの器をおみやげにしたり、絵付け体験でオリジナルアイテムをつくったりするのもオススメです。


松島 |「ザ・ミュージアム MATSUSHIMA」3つのコレクションの魅力を一度に楽しめる博物館

松島 |「ザ・ミュージアム MATSUSHIMA」3つのコレクションの魅力を一度に楽しめる博物館

日本三景のひとつ、宮城県の松島にある「ザ・ミュージアム MATSUSHIMA」は、レトロなおもちゃ・モードファッション・オルゴールの3つのコレクションをひとつの施設で観ることができるミュージアムです。普段はなかなかお目にかかれない貴重なコレクションをたくさん展示しているので、じっくり鑑賞を楽しみましょう。



最新の投稿


須賀川 |「Rojima~すかがわの路地deマーケット~」須賀川の街にこだわりのモノが集まる手づくり市 

須賀川 |「Rojima~すかがわの路地deマーケット~」須賀川の街にこだわりのモノが集まる手づくり市 

福島県の空の玄関口「福島空港」がある須賀川市。その須賀川市で、福島県内だけではなく、県外からもこだわりのモノが集まるのが「Rojima(ロジマ)」です。路地や空き地、商店街の空き店舗などを利用して開催され、毎回たくさんの人で賑わっています。


湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.3】ショッピングしながらくつろげるカフェ併設の雑貨店3選

湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.3】ショッピングしながらくつろげるカフェ併設の雑貨店3選

気になるカフェや雑貨店があっても、ファミリーでおでかけすると1日に何軒もめぐるのは難しいもの。スイーツを楽しみながらおしゃれなアイテム選びもできる、そんなお店はうれしいですよね。今回は、カフェのある雑貨店をご紹介。秋田県湯沢市の伝統工芸品やエキゾチックな雑貨など、旅行気分を盛り上げるお気に入りが見つかりますよ。


新潟 | 濃厚なバタークリームがたっぷり!愛され続けるサンドパン4選

新潟 | 濃厚なバタークリームがたっぷり!愛され続けるサンドパン4選

あまり聞きなれない「サンドパン」。コッペパンにクリームを塗ったもので、新潟県の人にとってはおなじみのパンです。クリームの種類はたくさんあり、レトロなパッケージに入っているのも特徴のひとつ。新潟県内で「サンドパン」を販売するお店のなかから、今回はオススメの「サンドパン」4店舗をご紹介します。


三沢 |「青森県立三沢航空科学館」大人も子どもも夢中!航空機と科学の魅力を全身で体感しよう

三沢 |「青森県立三沢航空科学館」大人も子どもも夢中!航空機と科学の魅力を全身で体感しよう

青森県三沢市にある「青森県立三沢航空科学館」は、「大空」と「飛翔」をテーマとした航空科学を学べる施設です。本物の航空機に搭乗したり、豊富な体験型展示で科学のおもしろさを体感したりと、大人も盛り上がってしまうような仕掛けがいっぱい!今回は、何時間でもいたくなる楽しい内容をたっぷりご紹介します。


湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.2】稲庭の郷で味わう秋田名物・稲庭うどん

湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.2】稲庭の郷で味わう秋田名物・稲庭うどん

お子さんに人気のグルメのひとつ「うどん」!湯沢市稲庭町は、秋田名物として有名な「稲庭うどん」の発祥地。栗駒山系の山々と田園風景に囲まれたこの町は「稲庭の郷(さと)」と呼ばれ、20数軒のうどん製造工場が集まっています。なめらかでコシのある稲庭うどんを食べに、製造元の直営店を訪ねてみませんか?