気仙沼 |【ななび連載:気仙沼編vol.1】気仙沼市ってどんなところ?

気仙沼 |【ななび連載:気仙沼編vol.1】気仙沼市ってどんなところ?

宮城県沿岸部の最北端に位置し、東を太平洋に面する気仙沼市。漁業が盛んな港町としても知られ、「気仙沼市魚市場」では、カツオ、サンマ、マグロなど多彩な魚種の水揚げ量を誇ります。現在建設中の巨大アーチ橋「気仙沼大島大橋」や、夏の一大イベント「気仙沼みなとまつり」など、ピチピチの魚のように活きのいい街・気仙沼をご紹介します。


活気あふれる港町・気仙沼の魅力が凝縮!「気仙沼市魚市場」

日本有数の港町である気仙沼は、複雑に入り組んだリアス海岸が特徴。親潮と黒潮が入り交じる三陸沖は、世界有数の漁場として知られ、気仙沼漁港に豊富な水揚げ量をもたらしています。

また、気仙沼漁港は遠洋漁船の母港でもあることから、カツオやサンマのほか、脂がのったメカジキやフカヒレの原料となるサメなども、全国屈指の水揚げ量を誇ります。

日々、大量の魚介類が水揚げされる「気仙沼市魚市場」は、気仙沼の中心街からもほど近い場所にある市の公設市場。建物の2階には全長354メートルもの国内最大級の規模を誇る見学デッキがあり、水揚げや選別など早朝から活気づく魚市場を無料で見学できます。100キロはありそうな大きなマグロなどがずらりと並ぶ光景は、まさに壮観!

「気仙沼市魚市場」もっと知りたいときは、気仙沼観光コンベンション協会が案内する「魚市場復興物語~ちょい食べ付き~」がオススメ。魚市場のお仕事や、水揚げされる魚のこと、市場の被災から復興への道のりについて、ガイドに説明してもらいながら市場内を見学できます。

旬の新鮮な魚を試食できるのもうれしいポイント。希望日の1週間前まで予約を受け付けていて、6:00~17:00の間に開催していますが、水揚げ作業が行なわれている9:00までに参加するのがオススメです。

離島・大島と本土を結ぶ巨大アーチ橋「気仙沼大島大橋」

(C)気仙沼土木事務所

気仙沼の新たなランドマークとして注目を集める大型アーチ橋「気仙沼大島大橋」は、2019年3月の完成を目指し建設中。本土と離島・大島を結ぶ橋の長さは約356メートルにもおよび、同形式の橋梁としては東日本では1番、全国的にも最大級の長さとなります。

(C)気仙沼土木事務所

白く優美な曲線を描くその姿は、気仙沼市内のいたる場所から望むことができるほど巨大で、お子さんも驚くことでしょう。船上からの眺めもオススメで、大島への定期船のほか、大型連休や夏休みにあわせて遊覧船が運航され、建設真っ最中の橋の下を船でくぐる貴重な体験ができます。

踊りや花火に気仙沼が熱く盛り上がる!「気仙沼みなとまつり」

気仙沼のまつりといえば、8月上旬に2日間にわたり行なわれる「気仙沼みなとまつり」です。港町の祭りとあって、とにかく豪快でにぎやか!初日の見どころ「はまらいんや踊り」では、バンドによる演奏と太鼓にあわせて、参加チームが趣向を凝らしたオリジナルの踊りを披露し、会場が熱気に包まれます。

2日目は、神輿や山車が練り歩く「みなとまつりパレード」や、約600基もの和太鼓を一斉に打ち鳴らす「打ちばやし大競演」、縁起物の装飾を施した船上で太鼓演奏を披露する「海上うんづら」も航行し、見どころが目白押し。

フィナーレには、海上から約2,400発もの花火が打ち上がり、気仙沼の夏を鮮やかに彩ります。

活気あふれる魚市場や東日本随一の大型アーチ橋、豪快な夏祭りと、多彩な魅力がいっぱいの気仙沼。今度の週末に、家族みんなでおでかけしてみては?

港町・気仙沼の見どころ「気仙沼市魚市場」を楽しむ!ななびチェック

魚市場の活気を感じられるのは6:00~8:00時頃

入札が行なわれる6:00~8:00時頃は、魚市場がもっとも活気にあふれる時間帯。仲買人たちのスピーディーなやりとりにびっくり!

カツオの水揚げ量日本一

気仙沼は、2017年まで21年連続で生鮮カツオの水揚げ量日本一を誇ります。ほとんどの魚の水揚げは早朝に行なわれますが、カツオに限り、昼以降でも入船があれば、水揚げの風景を見ることができます。

食事をするなら隣接の「気仙沼海の市」へ

魚市場を見学し、気仙沼の海鮮グルメを味わいたくなったら、隣接の「気仙沼海の市」へ。リーズナブルな価格でお寿司や海鮮丼を味わえる飲食店がずらりと並びます。

「気仙沼海の市」は、こちらの記事で詳しくご紹介中です!

「気仙沼市魚市場」について詳しくはこちら
「気仙沼大島大橋」について詳しくはこちら
「気仙沼みなとまつり」について詳しくはこちら

関連する投稿


気仙沼 |【ななび連載:気仙沼編vol.3】買い物以外にも楽しみ方いろいろ!気仙沼のショッピングスポット

気仙沼 |【ななび連載:気仙沼編vol.3】買い物以外にも楽しみ方いろいろ!気仙沼のショッピングスポット

マグロやカツオなどさまざまな魚の豊富な水揚げ量を誇る気仙沼。今回は、港町ならではの海の幸の買い物を楽しめて、併設するレストランやイートインスペースで海鮮メニューなどが味わえる人気ショッピング施設をご紹介します。おみやげにぴったりな、愛らしいご当地キャラクターのスイーツも要チェック!


気仙沼 |【ななび連載:気仙沼編vol.2】気仙沼で食べたい三大ご当地グルメ

気仙沼 |【ななび連載:気仙沼編vol.2】気仙沼で食べたい三大ご当地グルメ

東北有数の漁港をもつ気仙沼は、フカヒレの生産量日本一、生鮮カツオの水揚げ日本一など、新鮮な魚介類が味わえることで有名です。ただ、魚介だけでなく、気仙沼で独自に発展してきたご当地グルメも、古くから地元の人に愛されてきました。今回は、そんな気仙沼ならではのオススメの味をご紹介します。


松島 |「REST -花と朝食 CoffeeとSweets-」早起きして休日の朝イベントを楽しもう

松島 |「REST -花と朝食 CoffeeとSweets-」早起きして休日の朝イベントを楽しもう

江戸時代に仙台城と石巻を結ぶ街道沿いの宿場町として栄えた、宮城県松島町の高城(たかぎ)エリア。2018年の春、地元の商店街を盛り上げようと、“花”と“朝食”をテーマにした新たなマルシェイベント「REST -花と朝食 CoffeeとSweets-」がスタートしました。日曜の朝は早起きをして、家族でみんなでおでかけしてみませんか。


仙台 |「RonD Factory」おいしくてヘルシーな本場仕込みのグラノーラ

仙台 |「RonD Factory」おいしくてヘルシーな本場仕込みのグラノーラ

宮城県仙台市にある「RonD Factory」は、東北ではめずらしいグラノーラ専門店。グラノーラ発祥の地・アメリカで学んだオーナーがつくるグラノーラは、素材本来の栄養価やおいしさを体感できます。また、店内で味わえるオリジナルスイーツも人気なのだとか。ファミリーの健康が気になるママ注目の専門店へ、さっそくでかけましょう!


登米 |「とよま秋まつり」で豪華絢爛な山車やレトロな街並みを楽しむ

登米 |「とよま秋まつり」で豪華絢爛な山車やレトロな街並みを楽しむ

宮城県登米市は「みやぎの明治村」と呼ばれ、明治時代の洋風建築が残る街。毎年秋、そのレトロな街並みを彩る祭りが「とよま秋まつり」です。町民たちがつくり上げた豪華な山車10台が、独特のお囃子を響かせながら練り歩く光景は圧巻!宵祭りに行なわれる「薪能」では、薪の炎に照らし出される能舞台の幽玄な世界を体験できますよ。


最新の投稿


気仙沼 |【ななび連載:気仙沼編vol.3】買い物以外にも楽しみ方いろいろ!気仙沼のショッピングスポット

気仙沼 |【ななび連載:気仙沼編vol.3】買い物以外にも楽しみ方いろいろ!気仙沼のショッピングスポット

マグロやカツオなどさまざまな魚の豊富な水揚げ量を誇る気仙沼。今回は、港町ならではの海の幸の買い物を楽しめて、併設するレストランやイートインスペースで海鮮メニューなどが味わえる人気ショッピング施設をご紹介します。おみやげにぴったりな、愛らしいご当地キャラクターのスイーツも要チェック!



会津若松 |「会津まつり」会津最大のお祭りをさらに楽しめる「会津で着物レンタル」

会津若松 |「会津まつり」会津最大のお祭りをさらに楽しめる「会津で着物レンタル」

福島県会津若松市のシンボル・鶴ヶ城で、毎年9月下旬に開催される会津最大のお祭り「会津まつり」。メインの会津藩公行列では、豪華ゲストや地元の子どもから大人まで、約500人が武家姿に扮して市内を練り歩きます。さらに、伝統のお祭りを楽しみながら、話題の「会津で着物レンタル」をして街散策するのもオススメです。


五所川原 |「米パン工房 稲i~ne」原材料からつくりあげる、完全オリジナルのこだわり米粉パン専門店

五所川原 |「米パン工房 稲i~ne」原材料からつくりあげる、完全オリジナルのこだわり米粉パン専門店

青森県五所川原市の田園風景のなかにたたずむ「米パン工房 稲i~ne」。2017年4月のオープン以来、口コミでおいしさが広まり、あっという間に売り切れてしまう人気店となりました。今回は、オーナー自ら材料のお米の栽培を行うこだわりの販売スタイルや、もっちりふわふわな米粉パンの魅力をたっぷりとご紹介します!


気仙沼 |【ななび連載:気仙沼編vol.2】気仙沼で食べたい三大ご当地グルメ

気仙沼 |【ななび連載:気仙沼編vol.2】気仙沼で食べたい三大ご当地グルメ

東北有数の漁港をもつ気仙沼は、フカヒレの生産量日本一、生鮮カツオの水揚げ日本一など、新鮮な魚介類が味わえることで有名です。ただ、魚介だけでなく、気仙沼で独自に発展してきたご当地グルメも、古くから地元の人に愛されてきました。今回は、そんな気仙沼ならではのオススメの味をご紹介します。