東通 |「ログレストラン南川」隠れ家でいただく、地産食材をふんだんに使った料理

東通 |「ログレストラン南川」隠れ家でいただく、地産食材をふんだんに使った料理

本州最北東端・東通村の、ひっそりとした森のなかにある隠れ家レストラン「ログレストラン南川」は、知る人ぞ知る隠れ家レストラン。ヒラメの水揚げ青森県ナンバー2、定置網漁ではナンバー1の東通村ご当地グルメ「東通天然ヒラメ刺身重」をはじめ、東通村特産の食材をふんだんに活かした絶品グルメをいただける、「ログレストラン南川」をご紹介します。


こんなところにログハウス!?オーナーが自ら建てたこだわりのお店

東通村は本州の最果て、青森県下北半島の端に位置する村。そんな村のなかにある「ログレストラン南川」は、国道から山道に入った森のなかにひっそりと佇む、正真正銘の隠れ家レストラン。

オーナーの南川さんこだわりのログハウスは、森を切り開いた際に育っていた杉の木を木材にして、手づくりで建てたのだそう。ログハウスの店内は木のぬくもりたっぷりで、聞こえてくる鳥の鳴き声に癒やされます。

むつ市のホテルでシェフをしていたというオーナーの南川さん。東通村出身で、子どもの頃から森が身近にあったという南川さんは、この場所に店をつくりたいと考えていたそうです。

日常から少し離れた森のなかで、ゆったりとした時間を過ごしてほしい、そんな想いで隠れ家レストランを開業し、2018年で6年目。常連のお客さんにも、初めて訪ねてくるお客さんにも満足してもらえるよう、店のメニューは季節にあわせて東通村自慢の食材を使った料理を提供しています。

地産食材をふんだんに使用したパスタが絶品!

お店の看板メニュー、東通牛のボロネーゼパスタは、市場になかなか出回ることがない東通牛を使った一品。牛挽肉がとてもジューシーで、牛肉の風味がぎゅっとつまった絶品パスタです。

東通村産のミズダコのカルパッチョは、トッピングされた季節の食材であるトマトとじゅんさいがミズダコにぴったりマッチしていて、噛めば噛むほど旨みが感じられる一品です。

ほかにも季節によってウニのパスタがあったり、その時期に1番おいしい旬の食材を使ったメニューを提供してもらえます。訪れるたびにそのときの東通村の旬の食材が食べられるのは「ログレストラン南川」ならでは。

ディナー営業中には、「こういうものが食べたい」というお客さんのリクエストにお応えして、食のジャンルを問わずつくってもらえるそう。一品料理からフルコースまで、幅広く応えてくれるレストランはなかなかないですよね。

東通村渾身のご当地グルメもいただけます!

「ログレストラン南川」は、東通村のご当地グルメ「東通天然ヒラメ刺身重」を食べられる貴重なお店でもあります。提供しているお店は東通村内、全部で3店舗。そのうちの1軒が「ログレストラン南川」です。

「東通天然ヒラメ刺身重」とは、青森県の県魚でもあるヒラメをもっと味わってもらおうと、東通村と、東通村の料理人が協力してつくったご当地グルメ。プロデュースは、全国約70ヶ所のご当地グルメを手掛けた、ヒロ中田氏です。この刺身重では、天然ヒラメのさまざまな食べ方を提案してくれています。

「東通天然ヒラメ刺身重」のここがすごい

「東通天然ヒラメ刺身重」は3回に分けて配膳され、コース料理のように楽しむことができます。全部で12品にも及ぶ刺身重のいたるところに、東通産の食材が散りばめられています。

メインは、なんといっても天然ヒラメの刺身5点盛り。活〆、神経〆、昆布〆…それぞれにあうつけダレでいただきます。

鍋もののアクアパッツァでは、東通村で獲れたヒラメとミズダコが味わえます。お重になっているのはご飯もの3種類。もちろんすべてヒラメでアクセントをつけてあります。お刺身とは一味違う、天むすやなめろうなど、このヒラメ重でしか味わえないヒラメの食べ方です。

前菜やスープ、デザートまでついて、1,600円(税込)で味わうことができますよ。

「ログレストラン南川」では、普段なかなかお目にかかることができない東通牛や、新鮮な旬の魚介類などの食材をおいしくいただけます。東通村の料理人たちの想いがつまったこだわりの「東通天然ヒラメ刺身重」もぜひ一度食べてみてくださいね。

「ログレストラン南川」をさらに満喫!ななびチェック!

昼はその日のオススメ、夜はおまかせメニューで旬のものをいただける

夜の部はコース料理でもオーナーにおまかせでも、その日の旬なものをいただけます。事前に電話連絡して、その日のメニューを伺ってから行ってもよいでしょう。

ヒラメが獲れない時期もあり、「東通天然ヒラメ刺身重」は予約必須!

天然ヒラメを使用した刺身重なので、ヒラメが獲れなければ提供できないそう。予約して行くのがベターです。

森のなかの隠れ家なので、ナビはしっかり!

お店へ行く途中の道は「本当にこの道で合っているのかな…」と不安になるような砂利道ですが、それであっています!大きなスギの木に囲まれたログハウスが見えたら、そのお店が「ログレストラン南川」です。

「東通天然ヒラメ刺身重」について詳しくはこちら

関連する投稿


五所川原 |「米パン工房 稲i~ne」原材料からつくりあげる、完全オリジナルのこだわり米粉パン専門店

五所川原 |「米パン工房 稲i~ne」原材料からつくりあげる、完全オリジナルのこだわり米粉パン専門店

青森県五所川原市の田園風景のなかにたたずむ「米パン工房 稲i~ne」。2017年4月のオープン以来、口コミでおいしさが広まり、あっという間に売り切れてしまう人気店となりました。今回は、オーナー自ら材料のお米の栽培を行うこだわりの販売スタイルや、もっちりふわふわな米粉パンの魅力をたっぷりとご紹介します!


南郷 |「南郷カッコーの森エコーランド」開放感あふれるレクリエーション施設で、スポーツもイベントも満喫!

南郷 |「南郷カッコーの森エコーランド」開放感あふれるレクリエーション施設で、スポーツもイベントも満喫!

八戸市南部に位置する南郷(旧・南郷村)は、“ジャズとそばの郷”として全国的にも知られている自然豊かな地域。そんな自然のなかで、スポーツや文化体験、さまざまな催し物が楽しめるのが「南郷カッコーの森エコーランド」です。今回は、家族みなさんで利用できるオススメポイントや、人気のイベントまでたっぷりとご紹介します!


八戸 |【ななび連載:八戸編vol.4】なじみの人気店から新スポットまで、八戸グルメを満喫!

八戸 |【ななび連載:八戸編vol.4】なじみの人気店から新スポットまで、八戸グルメを満喫!

港町・八戸市の名物といえば、外せないのが海産物。今回は、そんなイメージを裏切らない絶品丼ぶりご飯をはじめ、デザートにオススメな濃厚ソフトクリーム、新グルメスポットとして人気のお米専門店など、さまざまな“うまい!”をたっぷりご紹介します!


田子 |「大黒森タプコプ創遊村」で昔ながらの暮らしを体験!田子ならではのスイーツも堪能

田子 |「大黒森タプコプ創遊村」で昔ながらの暮らしを体験!田子ならではのスイーツも堪能

青森県田子町にある「大黒森タプコプ創遊村」は、里山暮らしの原風景が広がる観光スポット。“陸の孤島”“秘境”と呼ばれる田子町の魅力とともに、昔ながらの暮らしを体験できる「大黒森タプコプ創遊村」をご紹介します。ここでしか味わえないスイーツも要チェックです!


八戸 |【ななび連載:八戸編vol.3】港町の活気で早朝から元気に!八戸市を代表する朝市2選

八戸 |【ななび連載:八戸編vol.3】港町の活気で早朝から元気に!八戸市を代表する朝市2選

港町・八戸の朝はとっても早く、夜明け前から威勢のいい声が飛び交う―そんな活気あふれる町を訪れたら外すことのできないのが「朝市」。ここは、新鮮食材や地元で愛されるメニューがずらりと並ぶ食の宝庫です。今回は、八戸を代表する巨大朝市と、市民に昔から親しまれている朝市の魅力をたっぷりとご紹介します!


最新の投稿


気仙沼 |【ななび連載:気仙沼編vol.3】買い物以外にも楽しみ方いろいろ!気仙沼のショッピングスポット

気仙沼 |【ななび連載:気仙沼編vol.3】買い物以外にも楽しみ方いろいろ!気仙沼のショッピングスポット

マグロやカツオなどさまざまな魚の豊富な水揚げ量を誇る気仙沼。今回は、港町ならではの海の幸の買い物を楽しめて、併設するレストランやイートインスペースで海鮮メニューなどが味わえる人気ショッピング施設をご紹介します。おみやげにぴったりな、愛らしいご当地キャラクターのスイーツも要チェック!



会津若松 |「会津まつり」会津最大のお祭りをさらに楽しめる「会津で着物レンタル」

会津若松 |「会津まつり」会津最大のお祭りをさらに楽しめる「会津で着物レンタル」

福島県会津若松市のシンボル・鶴ヶ城で、毎年9月下旬に開催される会津最大のお祭り「会津まつり」。メインの会津藩公行列では、豪華ゲストや地元の子どもから大人まで、約500人が武家姿に扮して市内を練り歩きます。さらに、伝統のお祭りを楽しみながら、話題の「会津で着物レンタル」をして街散策するのもオススメです。


五所川原 |「米パン工房 稲i~ne」原材料からつくりあげる、完全オリジナルのこだわり米粉パン専門店

五所川原 |「米パン工房 稲i~ne」原材料からつくりあげる、完全オリジナルのこだわり米粉パン専門店

青森県五所川原市の田園風景のなかにたたずむ「米パン工房 稲i~ne」。2017年4月のオープン以来、口コミでおいしさが広まり、あっという間に売り切れてしまう人気店となりました。今回は、オーナー自ら材料のお米の栽培を行うこだわりの販売スタイルや、もっちりふわふわな米粉パンの魅力をたっぷりとご紹介します!


気仙沼 |【ななび連載:気仙沼編vol.2】気仙沼で食べたい三大ご当地グルメ

気仙沼 |【ななび連載:気仙沼編vol.2】気仙沼で食べたい三大ご当地グルメ

東北有数の漁港をもつ気仙沼は、フカヒレの生産量日本一、生鮮カツオの水揚げ日本一など、新鮮な魚介類が味わえることで有名です。ただ、魚介だけでなく、気仙沼で独自に発展してきたご当地グルメも、古くから地元の人に愛されてきました。今回は、そんな気仙沼ならではのオススメの味をご紹介します。