男鹿 |【ななび連載:男鹿編vol.4】なまはげスポットをめぐろう

男鹿 |【ななび連載:男鹿編vol.4】なまはげスポットをめぐろう

男鹿といえば「なまはげ」が全国的に有名です。なまはげとは山に棲む神様の化身で、大晦日の夜に「泣ぐ子はいねがー」と叫びながら家々を回る男鹿の伝統行事。2018年の冬には「来訪神行事」のひとつとしてユネスコの無形文化遺産に登録される予定です。今回はなまはげを体験できる施設やなまはげ立像など、なまはげスポットをご紹介!


“なまはげ行事”を体験!「男鹿真山伝承館」

1年の厄を祓い、無病息災をもたらすといわれる大晦日の男鹿の伝統行事「なまはげ行事」。なまはげ発祥の地といわれる真山地区にある「男鹿真山伝承館」は、なまはげ行事を体験できるスポットです。

舞台となるのは、秋田杉に囲まれ神秘的な雰囲気が漂う江戸時代後期の茅葺き屋根の民家。大きな物音とうめき声を立てながら登場する2体のなまはげが、シコを踏み家のなかに入ると「泣く子はいねがー、怠け者はいねがー」と叫びながら家中を探し回ります。大迫力なその様子は、大人でも怖いと感じるほど。

4月から11月までの毎日と、12月から3月までの土・日曜、祝日に、30分~1時間おきになまはげ行事が再現され、男鹿の伝統行事にふれることができます。

「なまはげ館」でなまはげに変身!

男鹿真山伝承館から徒歩ですぐのところにある、なまはげを紹介・展示している施設が「なまはげ館」。「なまはげ勢揃い」コーナーには、男鹿市の約60の地区に伝わる110体ものなまはげがずらり!地区によって異なっているのが特徴です。もっとも古いもので江戸時代につくられた木彫り面を見ることもできます。

ファミリーにオススメなのが「なまはげ変身コーナー」。無料でなまはげの面や衣装を身にまとうことができ、記念撮影ができます。

ほかにも館内には、大晦日のなまはげ行事を紹介する映画『なまはげの一夜』を上映する「なまはげ伝承ホール」や、不定期でなまはげの面を彫る職人さんの実演が見られるコーナーも。なまはげをさまざまな角度から楽しめるスポットです。

その存在感に圧倒される!「門前のなまはげ立像」

男鹿市はなまはげの街とあって、いろいろな場所でなまはげに出会えます。なかでも県道59号沿い、男鹿市門前地区にある「門前のなまはげ立像」がインパクト大。この地区にある赤神神社五社堂には、なまはげが一晩で999段の石段を積み上げたという伝説が残っていることから、なまはげ立像の高さは9.99メートル。片手を前に伸ばした前かがみのポーズをとっていて、迫力満点!駐車場もあり、記念撮影スポットとしても人気です。

温泉にもなまはげが!「なまはげの湯 元湯 雄山閣」

男鹿半島の北側に湧く男鹿温泉は、806~810年頃に坂上田村麻呂によって発見されたと伝わり、江戸時代は秋田藩主にもこよなく愛された秋田の奥座敷。ナトリウムを含んだぽかぽかとあたたまる湯が特徴です。

男鹿温泉郷のなまはげ立像の近くにある「なまはげの湯 元湯 雄山閣」は、自家源泉をもち、源泉掛け流しのフレッシュな湯に浸かることができます。大浴場にはなまはげが飾られ、なまはげの口からは不規則に温泉が吹き出しています。個性的な湯船に、お子さんもよろこびそう。宿泊だけでなく、日帰り入浴も受け付けているので、ドライブ途中に立ち寄るのもオススメです。

なまはげの文化を知って、体験して、記念撮影に温泉も。驚くほど多彩になまはげにふれられる男鹿へ、今度の休日はでかけてみませんか。

まだある!男鹿のなまはげスポットをななびチェック!

「男鹿温泉交流会館 五風(ごふう)」でなまはげ太鼓!

男鹿温泉街にある交流施設でなまはげに扮した地元の若者による和太鼓ライブ「なまはげ太鼓」を4月下旬から11月上旬まで公演。毎週土曜は、男鹿温泉郷の宿泊客は無料に。

「男鹿総合観光案内所」の2体のなまはげ立像

男鹿半島への入り口、国道101号沿いに「男鹿総合観光案内所」の高さ15メートルと12メートルの2体のなまはげ像が立っています。記念撮影をしたら男鹿の観光情報も入手しよう!

男鹿温泉郷のシンボル、なまはげ立像

男鹿温泉郷の入り口にも巨大ななまはげ立像が立ち、観光客を出迎えてくれます。

「男鹿真山伝承館」について詳しくはこちら
「なまはげ館」について詳しくはこちら
「門前のなまはげ立像」について詳しくはこちら
「なまはげの湯 元湯 雄山閣」について詳しくはこちら

関連する投稿


鹿角 |「花輪ばやし」華やかな屋台が夜の街を彩る夏の祭典

鹿角 |「花輪ばやし」華やかな屋台が夜の街を彩る夏の祭典

秋田県鹿角市で行なわれる「花輪ばやし」。地元で信仰される神様を祀った幸稲荷神社にお囃子を奉納する、江戸時代から伝わる祭りです。壮麗な屋台と賑やかなお囃子が連なるパレードや、全町内会の屋台が駅前広場にそろい人々が円陣を組んでお囃子を奏でる「駅前行事」は大迫力。花輪の夏を派手に締めくくる伝統行事を楽しみましょう。


三種 |「サンドクラフトinみたね」まるで砂の美術館!巨大な砂像が砂浜にずらり

三種 |「サンドクラフトinみたね」まるで砂の美術館!巨大な砂像が砂浜にずらり

秋田県北西部に位置し、日本海に面した三種町(みたねちょう)。秋田名物として知られる水草の一種「じゅんさい」の生産が古くから盛んで、国内生産量の約90%を占める日本一の産地です。この町で例年7月末に開催される「サンドクラフトinみたね」は、夏を盛り上げる名物イベント。砂でつくられた巨大な像の数々が、砂浜に勢ぞろいします。


湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.4】湯沢の三大温泉郷でゆったりのんびり

湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.4】湯沢の三大温泉郷でゆったりのんびり

“湯沢”という名前の通り、温泉が豊富な湯沢市。秋田県内最古といわれる「秋の宮温泉郷」をはじめ、渓谷沿いに宿が連なる「小安峡温泉」、泥水のように白濁した湯が特徴の「泥湯温泉」など、個性的な温泉地がそろいます。それぞれの温泉の近くには、噴気孔や泥火山などの見どころも点在。温泉と大自然をあわせて満喫しましょう。


羽後 |「道の駅 うご 端縫いの郷」イベントが充実!名物の西馬音内そばも味わえる道の駅

羽後 |「道の駅 うご 端縫いの郷」イベントが充実!名物の西馬音内そばも味わえる道の駅

秋田県羽後町にある「道の駅 うご 端縫いの郷」は、羽後の夏の風物詩「西馬音内盆踊り」で踊り手が着用する伝統的な衣装・端縫いにちなんで愛称が付けられた道の駅。週末にはフリーマーケットやグルメイベントを開催しています。名物の西馬音内そばをセルフ方式で味わえる食事処や、搾りたての生乳を使ったジェラートショップも人気です。


湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.3】ショッピングしながらくつろげるカフェ併設の雑貨店3選

湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.3】ショッピングしながらくつろげるカフェ併設の雑貨店3選

気になるカフェや雑貨店があっても、ファミリーでおでかけすると1日に何軒もめぐるのは難しいもの。スイーツを楽しみながらおしゃれなアイテム選びもできる、そんなお店はうれしいですよね。今回は、カフェのある雑貨店をご紹介。秋田県湯沢市の伝統工芸品やエキゾチックな雑貨など、旅行気分を盛り上げるお気に入りが見つかりますよ。


最新の投稿


鶴岡 |【ななび連載:鶴岡編vol.3】フレッシュ野菜&フルーツスイーツを買うならココ!

鶴岡 |【ななび連載:鶴岡編vol.3】フレッシュ野菜&フルーツスイーツを買うならココ!

月山と鳥海山という2,000メートル級の2つの山と日本海に囲まれた庄内平野は、伏流水と肥沃な大地に恵まれた農産物の宝庫。夏には、「だだちゃ豆」や「庄内砂丘メロン」といった全国的によく知られる特産品が登場します。旬の採れたて野菜やみずみずしいフルーツを求めて、鶴岡の産直市場へショッピングに出かけましょう。


田舎館 |「道の駅いなかだて 弥生の里」のんびりくつろげる、歴史と芸術があふれる道の駅

田舎館 |「道の駅いなかだて 弥生の里」のんびりくつろげる、歴史と芸術があふれる道の駅

「田んぼアート」の村として知られる青森県田舎館村は、弥生時代中期の水田跡が東北で初めて発見された米づくりが盛んな村。そんな歴史ある村の道の駅には、田んぼアートだけでなく、地元の味が堪能できる産直施設やレストラン、大型遊具など魅力的なスポットがたくさんあります。大人から子どもまでわくわくする道の駅におでかけしてみませんか?


鶴岡 |【ななび連載:鶴岡編vol.2】おいしい素材をもりもり食べよう!鶴岡でオススメのランチスポット3選

鶴岡 |【ななび連載:鶴岡編vol.2】おいしい素材をもりもり食べよう!鶴岡でオススメのランチスポット3選

山形県の西側・庄内地方にある鶴岡市は、ミネラルが豊富な鳥海山の伏流水や夏と冬の寒暖差などの風土が、おいしいお米や野菜、フルーツの生育にぴったりな土地。日本海にも面しているので、海の幸も豊富です。鶴岡市内にたくさんある地産地消レストランで、フレッシュな食材を生かしたランチをいただきましょう!


耶麻郡 |「ヒロのお菓子屋さん」手づくりにこだわったスイーツが評判!宿泊もできるカフェ

耶麻郡 |「ヒロのお菓子屋さん」手づくりにこだわったスイーツが評判!宿泊もできるカフェ

福島県北部・北塩原村にある磐梯山のふもと、標高800メートルの所に位置する高原リゾート地「裏磐梯」。今回は裏磐梯の中心部、大自然に囲まれたのどかな場所にたたずむカフェ「ヒロのお菓子屋さん」をご紹介します。


盛岡 |「盛岡手づくり村」岩手に伝わる伝統産業を気軽に体験!

盛岡 |「盛岡手づくり村」岩手に伝わる伝統産業を気軽に体験!

岩手県盛岡市の郊外、美しいロケーションの御所湖近くにあるのが「盛岡手づくり村」です。「南部曲り家ゾーン」「手づくり工房ゾーン」「盛岡地域地場産業振興センター」の3つの施設からなり、その中心となるのが「手づくり工房ゾーン」。南部せんべい手焼きや木地玩具の絵付けなど、岩手ならではのさまざまな伝統産業の体験ができますよ。