新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、2020年4月21日以降の記事更新をお休みいたします。
不要不急のおでかけを控え、おうちでバックナンバーをご覧いただきながら、ゆっくりお過ごしください。
 

男鹿 |【ななび連載:男鹿編vol.4】なまはげスポットをめぐろう

男鹿 |【ななび連載:男鹿編vol.4】なまはげスポットをめぐろう

男鹿といえば「なまはげ」が全国的に有名です。なまはげとは山に棲む神様の化身で、大晦日の夜に「泣ぐ子はいねがー」と叫びながら家々を回る男鹿の伝統行事。2018年の冬には「来訪神行事」のひとつとしてユネスコの無形文化遺産に登録される予定です。今回はなまはげを体験できる施設やなまはげ立像など、なまはげスポットをご紹介!


“なまはげ行事”を体験!「男鹿真山伝承館」

1年の厄を祓い、無病息災をもたらすといわれる大晦日の男鹿の伝統行事「なまはげ行事」。なまはげ発祥の地といわれる真山地区にある「男鹿真山伝承館」は、なまはげ行事を体験できるスポットです。

舞台となるのは、秋田杉に囲まれ神秘的な雰囲気が漂う江戸時代後期の茅葺き屋根の民家。大きな物音とうめき声を立てながら登場する2体のなまはげが、シコを踏み家のなかに入ると「泣く子はいねがー、怠け者はいねがー」と叫びながら家中を探し回ります。大迫力なその様子は、大人でも怖いと感じるほど。

4月から11月までの毎日と、12月から3月までの土・日曜、祝日に、30分~1時間おきになまはげ行事が再現され、男鹿の伝統行事にふれることができます。

「なまはげ館」でなまはげに変身!

男鹿真山伝承館から徒歩ですぐのところにある、なまはげを紹介・展示している施設が「なまはげ館」。「なまはげ勢揃い」コーナーには、男鹿市の約60の地区に伝わる110体ものなまはげがずらり!地区によって異なっているのが特徴です。もっとも古いもので江戸時代につくられた木彫り面を見ることもできます。

ファミリーにオススメなのが「なまはげ変身コーナー」。無料でなまはげの面や衣装を身にまとうことができ、記念撮影ができます。

ほかにも館内には、大晦日のなまはげ行事を紹介する映画『なまはげの一夜』を上映する「なまはげ伝承ホール」や、不定期でなまはげの面を彫る職人さんの実演が見られるコーナーも。なまはげをさまざまな角度から楽しめるスポットです。

その存在感に圧倒される!「門前のなまはげ立像」

男鹿市はなまはげの街とあって、いろいろな場所でなまはげに出会えます。なかでも県道59号沿い、男鹿市門前地区にある「門前のなまはげ立像」がインパクト大。この地区にある赤神神社五社堂には、なまはげが一晩で999段の石段を積み上げたという伝説が残っていることから、なまはげ立像の高さは9.99メートル。片手を前に伸ばした前かがみのポーズをとっていて、迫力満点!駐車場もあり、記念撮影スポットとしても人気です。

温泉にもなまはげが!「なまはげの湯 元湯 雄山閣」

男鹿半島の北側に湧く男鹿温泉は、806~810年頃に坂上田村麻呂によって発見されたと伝わり、江戸時代は秋田藩主にもこよなく愛された秋田の奥座敷。ナトリウムを含んだぽかぽかとあたたまる湯が特徴です。

男鹿温泉郷のなまはげ立像の近くにある「なまはげの湯 元湯 雄山閣」は、自家源泉をもち、源泉掛け流しのフレッシュな湯に浸かることができます。大浴場にはなまはげが飾られ、なまはげの口からは不規則に温泉が吹き出しています。個性的な湯船に、お子さんもよろこびそう。宿泊だけでなく、日帰り入浴も受け付けているので、ドライブ途中に立ち寄るのもオススメです。

なまはげの文化を知って、体験して、記念撮影に温泉も。驚くほど多彩になまはげにふれられる男鹿へ、今度の休日はでかけてみませんか。

まだある!男鹿のなまはげスポットをななびチェック!

「男鹿温泉交流会館 五風(ごふう)」でなまはげ太鼓!

男鹿温泉街にある交流施設でなまはげに扮した地元の若者による和太鼓ライブ「なまはげ太鼓」を4月下旬から11月上旬まで公演。毎週土曜は、男鹿温泉郷の宿泊客は無料に。

「男鹿総合観光案内所」の2体のなまはげ立像

男鹿半島への入り口、国道101号沿いに「男鹿総合観光案内所」の高さ15メートルと12メートルの2体のなまはげ像が立っています。記念撮影をしたら男鹿の観光情報も入手しよう!

男鹿温泉郷のシンボル、なまはげ立像

男鹿温泉郷の入り口にも巨大ななまはげ立像が立ち、観光客を出迎えてくれます。

「男鹿真山伝承館」について詳しくはこちら
「なまはげ館」について詳しくはこちら
「門前のなまはげ立像」について詳しくはこちら
「なまはげの湯 元湯 雄山閣」について詳しくはこちら

関連する投稿


由利本荘 |「鳥海山 木のおもちゃ美術館」美しい廃校を利用したおもちゃの世界

由利本荘 |「鳥海山 木のおもちゃ美術館」美しい廃校を利用したおもちゃの世界

標高2,236メートルの鳥海山の自然に恵まれた、秋田県由利本荘市にある「鳥海山 木のおもちゃ美術館」。国登録有形文化財の廃校を利用した館内では、由利本荘産の木材のおもちゃで遊びながら、木の魅力と文化にふれることができます。赤ちゃんからお年寄りまで多世代で楽しめるとあって、2018年のオープン以来人気を集めています。


横手 |「小松屋本店」本物のような幼虫チョコレートが人気の菓子店

横手 |「小松屋本店」本物のような幼虫チョコレートが人気の菓子店

秋田県横手市にある菓子店「小松屋本店」。こちらで販売されている「カブトムシの幼虫チョコレート」は、そのリアルな見た目が県内外で話題となっています。昔ながらの製法で手づくりするアイスキャンディーやイートインメニューなども種類豊富にそろっているので、お気に入りのスイーツを探してみませんか?


秋田 |「nico」焼きたてのパンケーキが人気!ファミリーでくつろげるカフェ

秋田 |「nico」焼きたてのパンケーキが人気!ファミリーでくつろげるカフェ

夏の「秋田竿灯まつり」で有名な秋田市の中心街に、朝から元気に営業しているカフェ「nico」があります。素材と盛り付けにこだわったパンケーキをはじめ、手づくりのメニューとおしゃれなインテリアが評判で、多くのお客さんから人気を集めています。おいしいスイーツと淹れたてコーヒーで、癒やしの時間を過ごしましょう。


湯沢 |「犬っこまつり」雪国で400年続く伝統の小正月行事

湯沢 |「犬っこまつり」雪国で400年続く伝統の小正月行事

秋田県湯沢市は、積雪期間が年間100日以上あり、街全域が特別豪雪地帯になっている雪国。そんな厳しい寒さが続く冬の湯沢で、毎年2月に行なわれるお祭りが「犬っこまつり」です。お祭りが開催される2日間、街には犬の雪像と雪のお堂が並び、冬の寒さをやわらげるようなあたたかな光景がつくりだされます。


横手 |「横手市増田まんが美術館」マンガの世界を体感しよう!

横手 |「横手市増田まんが美術館」マンガの世界を体感しよう!

秋田県横手市にある「横手市増田まんが美術館」は、マンガをテーマにした美術館です。原画の所蔵枚数はなんと23万枚以上!マンガファンなら一度は目にしたい名作マンガの原画を見られるとあって、国内はもちろん海外からも注目されています。


最新の投稿


本宮 |「プリンス・ウィリアムズ・パーク」1日遊べる憩いのあそび場

本宮 |「プリンス・ウィリアムズ・パーク」1日遊べる憩いのあそび場

福島県本宮市にある「プリンス・ウィリアムズ・パーク」は、「スマイルキッズパーク」の名前で親しまれてきた屋内外で遊べる公園。2014年にイギリスのウィリアム王子が訪れたことをきっかけに、英国庭園が整備され、現在の名前へと変わりました。幼児~小学生まで思いきり遊べるのはもちろん、パパやママ、おじいちゃんやおばあちゃんまで楽しめる公園です。


七戸 |「しちのへ春まつり」家族で楽しめるイベントで、町の魅力と春の訪れを満喫しよう!

七戸 |「しちのへ春まつり」家族で楽しめるイベントで、町の魅力と春の訪れを満喫しよう!

青森県東部に位置する七戸町は、季節によってがらりと変わる風景美や、幅広い年代が楽しめるイベント、歴史を感じる町並みや史跡、豊富な特産品やめずらしい名物など体感したくなるような魅力が満載です。そんな七戸町の春を彩るイベントにおでかけしてみませんか?※2020年度は新型コロナウイルス感染症の影響で中止となりました(詳しくは公式ホームページをご確認ください)


黒石 |「松の湯交流館」銭湯を活用した交流拠点で、心あたたまるひとときを過ごそう

黒石 |「松の湯交流館」銭湯を活用した交流拠点で、心あたたまるひとときを過ごそう

青森県黒石市の「松の湯交流館」は、こみせと呼ばれるアーケード状の通路がまとまって残る、全国的にもめずらしい通りに位置する多目的交流施設です。今回は、観光客向けの案内所や、市民の憩いの場として親しまれている「松の湯交流館」の魅力をご紹介します。


猪苗代 |「野口英世記念館」遊んで学べる体験型ミュージアム

猪苗代 |「野口英世記念館」遊んで学べる体験型ミュージアム

福島県猪苗代町出身の偉人といえば、現行の1,000円札の肖像画でもおなじみの野口英世。細菌学者として世界中でさまざまな業績を残した人物です。猪苗代町には、その生家を保存してたてられた「野口英世記念館」があり、ノーベル賞候補になった野口英世の生涯とその業績をわかりやすく紹介しています。


新潟 |「秋葉硝子」吹きガラスの魅力を伝えるガラス工房

新潟 |「秋葉硝子」吹きガラスの魅力を伝えるガラス工房

新潟市街から車で30分ほどの場所にある秋葉区新津地域。かつてこの地域ではガラス工業が盛んで、10数社の工場があったそう。現在は「秋葉硝子」の1社のみとなりましたが、美しい吹きガラスの魅力を伝えています。大量生産ではなく、手づくりのガラス作品が醸しだす風合いは、多くの人を魅了しています。