男鹿 |【ななび連載:男鹿編vol.3】男鹿といえばコレ!人気のテイクアウトグルメを満喫

男鹿 |【ななび連載:男鹿編vol.3】男鹿といえばコレ!人気のテイクアウトグルメを満喫

日本海に囲まれた街・男鹿のグルメといえば、「海鮮丼」や「石焼き鍋」など豊富に獲れる海の幸を活かしたメニューが定番ですが、観光客にはあまり知られていない、地元の人たちが足繁く通う人気グルメもたくさんあります。地元で愛されるローカルグルメを、街歩きをしながら楽しんでみましょう。


「グルメストアフクシマ」のコロッケ

グルメストアフクシマは、JR男鹿駅から歩いて5分ほどの場所にある創業100年の老舗精肉店。男鹿だけでなく遠方から訪れるファンも多いほど有名なのが、この店のコロッケです。

創業時から販売しているというコロッケは、材料もレシピもほとんど当時のまま。今も多くの人たちが愛してやまないロングセラー商品です。

お子さんから大人まで、みんながおいしく食べられるものを提供することが、グルメストアフクシマのポリシー。おいしさはもちろん安全性や環境にも配慮し、地元の生産者さんが豊かな自然のなかで大切にはぐくんだ素材を使うことも大切にしています。

コロッケには、地元の黒毛和牛「秋田錦牛」や、近隣の農家で無農薬で育ったじゃがいもや玉ねぎ、男鹿の塩など、シンプルながら選りすぐりの材料がふんだんに使われています。

コロッケは、挽き肉や玉ねぎを炒めてからマッシュしたじゃがいもに混ぜて成型するのが一般的ですが、グルメストアフクシマのコロッケは、ほかとは違うつくり方においしさの秘密があります。

はじめに生肉のかたまりをボイルしてから、じゃがいもと一緒にミートチョッパーにかけて挽きます。こうすることですべての食材がよく混ざりあい、味の一体感となめらかな食感が生まれます。細目のパン粉を付けて国産の米油で揚げれば、外はサクサク、なかはクリーミーなコロッケのできあがりです。

ほかにも店頭には、自家製の惣菜が豊富にラインナップ。なかでもメンチカツはコロッケに次ぐ人気商品です。コロッケとは異なる粗目のパン粉を使っているので、衣はザクザクとした歯ごたえ、中身はジュワッと濃厚な肉汁にあふれています。

コロッケやメンチカツは5分ほど待てば揚げたてを提供してもらえるので、急いでいなければ断然待つのがオススメ!アツアツ&ジューシーな味わいを楽しんでくださいね。

「ベーカリートラ」のカレーパン

JR船越駅から車で約5分。住宅街の一角にある「ベーカリートラ」では、自家製のチキンカレーがたっぷり詰まったカレーパン「トラカレー」が大人気です。

ベーカリートラはもともと秋田市でオープンしたパン屋さんです。厳選した小麦でつくるふっくらモチモチのパンが地元で評判を呼び、あっという間に人気店に。2016年に男鹿市に移転してからも、店には毎朝早くからひっきりなしにお客さんが訪れます。

店頭に並ぶパンは、食パンやバゲットなどの定番商品をはじめ、菓子パンや惣菜パンまでバラエティ豊か。どれを選ぶか迷ってしまいます。

なかでも人気のトラカレーは、中身のカレーに秋田の名酒・銀鱗を使っているのがポイント。あまり市場には出回らない、貴重なお酒だそうですよ。

日本酒で煮込むことで鶏肉はやわらかく、にんじんや玉ねぎなどの野菜は甘みが引き出され、まろやかな味わいに。素材の旨みが溶け込んだカレーは、外はカリカリ、なかはモチモチの生地と相性抜群。アルコールは飛んでいるので、お子さんでも大丈夫です。

ベーカリートラのパンのおいしさの秘密をうかがうと、「時間をかけて生地を熟成させ、あまりこねすぎないこと」と教えてくれたオーナーの寺田さん。生地の水分量を多めにすることで、モチモチの食感に仕上がるのだそう。そのモチモチの生地を活かしたフォカッチャも人気ですよ。

お昼頃にはパンがだいぶ少なくなってしまうので、確実に購入したい場合は、はやめの来店がオススメです。

「ゴンタロー」の白くまのいちごムース

“男鹿でケーキを買うならココ!”と評判なのが、和洋菓子店「ゴンタロー」。男鹿の定番スポット「男鹿水族館GAO」で人気のホッキョクグマ・豪太くんをモチーフにした「白くまのいちごムース」がかわいいと話題です。

地元で古くから親しまれ、男鹿市内に2店舗、潟上市内に1店舗を構えるゴンタローでは、どらやきに羊羹、ケーキにクッキーと、和洋さまざまなお菓子を製造・販売。なまはげの面をかたどったサブレやもろこしなど、おみやげにぴったりな商品もそろいます。

話題の「白くまのいちごムース」は、食べるのがもったいなくなるキュートさ。なめらかないちごのムースと濃厚ないちごソースの上に、スポンジと生クリームをたっぷりと重ねた一品で、耳や鼻、目はチョコレートでできています。甘酸っぱいいちごの風味にコクのある生クリームがマッチして、1個で大満足のおいしさですよ。

暑い時季にオススメなのが、フルーツたっぷりで見た目もカラフルな「フローズンキャンディ」です。

アップルシャーベットにキウイやオレンジの果肉を加えた「フルーツミックス」のほか、大きめにカットしたいちごがごろごろと入った「いちごミルク」が定番の人気商品。男鹿の若美地区で採れるメロンを使った「メロンメロン」、シャリッとした食感が魅力の「男鹿梨」など、男鹿ならではの素材を活かしたフレーバーもそろいます。見た目もカラフルでかわいらしいので、SNSにアップしたくなりますね。

次回は、男鹿のシンボル・なまはげにちなんだスポットを一挙ご紹介!本物のなまはげ行事を体験できる施設や、その大きさに驚くこと間違いなしの巨大ななまはげ像など、情報盛りだくさんでお届けします。

男鹿でのショッピングをもっと楽しむ!ななびチェック!

食べ歩き限定!「グルメストアフクシマ」のコロッケを学割でお得にGET

グルメストアフクシマのコロッケには学割があり、小学生~大学生・専門学校生は1個40円引きで購入できます。ただし、持ち帰りやおみやげの場合は対象外です。

コーヒーが無料!「ベーカリートラ」のイートインスペース

ベーカリートラの店内にはイートインスペースがあり、パンを購入すれば自由にコーヒーを飲むことができます。焼きたてのパンを頬張りながらのひと休みにぴったり。

夏の一番人気!「ゴンタロー」のスイカソフト

ゴンタローの店頭ではソフトクリームを販売。バニラをはじめとした定番のフレーバーに加え、期間限定のメニューも登場します。なかでも7~9月の「スイカソフト」は、遠方から食べに来るお客さんがいるほど人気だそう。

「グルメストアフクシマ」について詳しくはこちら
「ベーカリートラ」について詳しくはこちら
「ゴンタロー 船越店」について詳しくはこちら

関連する投稿


湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.3】ショッピングしながらくつろげるカフェ併設の雑貨店3選

湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.3】ショッピングしながらくつろげるカフェ併設の雑貨店3選

気になるカフェや雑貨店があっても、ファミリーでおでかけすると1日に何軒もめぐるのは難しいもの。スイーツを楽しみながらおしゃれなアイテム選びもできる、そんなお店はうれしいですよね。今回は、カフェのある雑貨店をご紹介。秋田県湯沢市の伝統工芸品やエキゾチックな雑貨など、旅行気分を盛り上げるお気に入りが見つかりますよ。


湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.2】稲庭の郷で味わう秋田名物・稲庭うどん

湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.2】稲庭の郷で味わう秋田名物・稲庭うどん

お子さんに人気のグルメのひとつ「うどん」!湯沢市稲庭町は、秋田名物として有名な「稲庭うどん」の発祥地。栗駒山系の山々と田園風景に囲まれたこの町は「稲庭の郷(さと)」と呼ばれ、20数軒のうどん製造工場が集まっています。なめらかでコシのある稲庭うどんを食べに、製造元の直営店を訪ねてみませんか?


湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.1】湯沢ってどんなところ?

湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.1】湯沢ってどんなところ?

秋田県南部に位置する湯沢市は、鎌倉時代に城下町として開かれ、江戸時代以降は鉱山の発展とともに栄えた街。日本三大うどんのひとつ・稲庭うどん発祥の地で、おいしい地酒が豊富です。美しい自然がつくり出すダイナミックな景観と、各地に湧き出る温泉も魅力。グルメにイベント、温泉と、湯沢自慢の見どころをたっぷりご紹介します。


横手 |「増田の朝市」内蔵が残る町の、藩政時代から続く伝統の朝市

横手 |「増田の朝市」内蔵が残る町の、藩政時代から続く伝統の朝市

明治から昭和期の商家の蔵が今も残り、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されている秋田県横手市増田町。歴史を感じさせる蔵めぐりが人気のこのエリアでは、地元の人でにぎわう朝市の散策もオススメです。その歴史は古く、はじまりはなんと江戸時代。地元ならではのアットホームな雰囲気を楽しみましょう。



最新の投稿


須賀川 |「Rojima~すかがわの路地deマーケット~」須賀川の街にこだわりのモノが集まる手づくり市 

須賀川 |「Rojima~すかがわの路地deマーケット~」須賀川の街にこだわりのモノが集まる手づくり市 

福島県の空の玄関口「福島空港」がある須賀川市。その須賀川市で、福島県内だけではなく、県外からもこだわりのモノが集まるのが「Rojima(ロジマ)」です。路地や空き地、商店街の空き店舗などを利用して開催され、毎回たくさんの人で賑わっています。


湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.3】ショッピングしながらくつろげるカフェ併設の雑貨店3選

湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.3】ショッピングしながらくつろげるカフェ併設の雑貨店3選

気になるカフェや雑貨店があっても、ファミリーでおでかけすると1日に何軒もめぐるのは難しいもの。スイーツを楽しみながらおしゃれなアイテム選びもできる、そんなお店はうれしいですよね。今回は、カフェのある雑貨店をご紹介。秋田県湯沢市の伝統工芸品やエキゾチックな雑貨など、旅行気分を盛り上げるお気に入りが見つかりますよ。


新潟 | 濃厚なバタークリームがたっぷり!愛され続けるサンドパン4選

新潟 | 濃厚なバタークリームがたっぷり!愛され続けるサンドパン4選

あまり聞きなれない「サンドパン」。コッペパンにクリームを塗ったもので、新潟県の人にとってはおなじみのパンです。クリームの種類はたくさんあり、レトロなパッケージに入っているのも特徴のひとつ。新潟県内で「サンドパン」を販売するお店のなかから、今回はオススメの「サンドパン」4店舗をご紹介します。


三沢 |「青森県立三沢航空科学館」大人も子どもも夢中!航空機と科学の魅力を全身で体感しよう

三沢 |「青森県立三沢航空科学館」大人も子どもも夢中!航空機と科学の魅力を全身で体感しよう

青森県三沢市にある「青森県立三沢航空科学館」は、「大空」と「飛翔」をテーマとした航空科学を学べる施設です。本物の航空機に搭乗したり、豊富な体験型展示で科学のおもしろさを体感したりと、大人も盛り上がってしまうような仕掛けがいっぱい!今回は、何時間でもいたくなる楽しい内容をたっぷりご紹介します。


湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.2】稲庭の郷で味わう秋田名物・稲庭うどん

湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.2】稲庭の郷で味わう秋田名物・稲庭うどん

お子さんに人気のグルメのひとつ「うどん」!湯沢市稲庭町は、秋田名物として有名な「稲庭うどん」の発祥地。栗駒山系の山々と田園風景に囲まれたこの町は「稲庭の郷(さと)」と呼ばれ、20数軒のうどん製造工場が集まっています。なめらかでコシのある稲庭うどんを食べに、製造元の直営店を訪ねてみませんか?