仙台 |「RonD Factory」おいしくてヘルシーな本場仕込みのグラノーラ

仙台 |「RonD Factory」おいしくてヘルシーな本場仕込みのグラノーラ

宮城県仙台市にある「RonD Factory」は、東北ではめずらしいグラノーラ専門店。グラノーラ発祥の地・アメリカで学んだオーナーがつくるグラノーラは、素材本来の栄養価やおいしさを体感できます。また、店内で味わえるオリジナルスイーツも人気なのだとか。ファミリーの健康が気になるママ注目の専門店へ、さっそくでかけましょう!


本場のグラノーラを日本人向けにアレンジ

仙台市地下鉄南北線旭ヶ丘駅から徒歩15分ほど。ファミリーのおでかけスポットとしても人気の台原森林公園の近くに、グラノーラ専門店「RonD Factory(ロンドファクトリー)」はあります。

ご自身のことを“栄養素マニア”だと話す、オーナーの長谷川さん。グラノーラの高い栄養価に魅了され、発祥の地であるアメリカでつくり方や歴史を勉強し、帰国後、仙台にグラノーラ専門店・RonD Factoryをオープン。日本人の味覚にあうグラノーラを手づくりし、販売しています。

「RonD Factory」のグラノーラ

日本でも朝食やおやつとして人気の高いグラノーラ。しかし、国内で製造されているグラノーラの多くは、アラレやパフなど砂糖やオイルが多く、海外で完全栄養食とうたわれるグラノーラとは質が異なるものなのだそう。

「グラノーラ本来の価値やおいしさを知ってほしい」と、RonD Factoryでは本場のグラノーラと同様、オーガニックオーツ麦を使っています。不要な素材を加えていないので、オーツ麦のもつ、食物繊維や鉄分といった豊富な栄養をダイレクトに摂取できます。噛みごたえもほどよく、よく噛んでゆっくり味わう習慣づけにもぴったりですよ。無添加なので、お子さんも安心して味わえます。

好みのグラノーラを加えた、オリジナルスイーツをいただきます

RonD Factoryのグラノーラで驚くのは種類の多さ。ナッツやフルーツなどの定番からカレーといった変わり種まで、約30種類がそろいます。

店内では、豊富なグラノーラを使ったスイーツを味わえます。お店イチオシの「しるきーすたいる」は、アイスクリームとヨーグルトにグラノーラと自家製ブルーベリージャムをトッピングしたオリジナルスイーツ。グラノーラはディスプレイされた商品のなかから好きなものを選べます。素材の種類や味の特徴も紹介されているので、気になるグラノーラを探しましょう。

迷ってしまったときは長谷川さんにご相談を。好みの味わいにあったグラノーラを選んでくれますよ。

この日はきな粉と黒糖をミックスしたグラノーラ「オリエンタルブラウン」をチョイス。見た目もかわいい「しるきーすたいる」ですが、食べるときは中身を全部混ぜて味わうのがオススメです。ミルキーなアイスクリームとヨーグルトに、ナッツやピスタチオ、クルミなどの香ばしさが加わり、ザクザクとした食感もアクセントに。きな粉と黒糖の深い甘みで、お子さんもペロリと食べてしまいそう。

テイクアウトメニューもチェック!

スイーツはほかにも、4種類がラインナップ。また、厳選した素材でつくるタコライスや生パスタなどのフードメニューもそろいます。

ドリンクの人気メニュー・スムージーは、テイクアウトも可能。水を加えていないので、素材となるフルーツや野菜の濃厚な味わいを楽しめます。美肌を目指すママには、ビタミンとカロテンが豊富な「ブルーベリー&ラズベリー&パイナップル&レモン&大葉」がオススメですよ。

外出先でも気軽にグラノーラを味わいたい方は、テイクアウト用グラノーラ「カップdeグラノーラ」をどうぞ。スプーン付きなのでおでかけ中のお子さんのおやつにもぴったりですね。

RonD Factoryのグラノーラはおいしくて、体にもうれしいポイントがいっぱい。グラノーラを生活に取り入れて、ファミリーで元気な毎日を送りましょう。

「RonD Factory」のグラノーラをもっとおいしく味わう!ななびチェック!

1回に食べる量は30~35グラムが最適

食物繊維が豊富なRonD Factoryのグラノーラは、少量でもおなかいっぱいに。30~35グラムほどで十分な満腹感を得られます。

保存は冷蔵庫で

開封前のグラノーラは、直射日光の当たらない場所であれば常温での保存で大丈夫。開封後は冷蔵庫に保存するほうがよりおいしさが長持ちします。

動画をチェック!おいしいグラノーラの食べ方

RonD FactoryのFacebookでは、グラノーラのおいしい食べ方を動画で紹介。たとえば、黒糖グラノーラにきな粉と黒ゴマ、バナナ、豆乳をかけたメニューなど。栄養価アップでおいしさ倍増です。

「RonD Factory」について詳しくはこちら

関連する投稿


白石 |「こじゅうろうキッズランド」がオープン!宮城県内最大級の屋内遊び場

白石 |「こじゅうろうキッズランド」がオープン!宮城県内最大級の屋内遊び場

宮城県南端の街・白石市に2018年8月にオープンしたばかりの「こじゅうろうキッズランド」は、一度に260人が入場できる屋内遊び場。乳幼児から小学生まで年齢にあわせて遊べる3つのエリアに分かれていて、自由に利用できる休憩スペースも充実。オープンから2ヶ月で来場者が約2万人となり、宮城県南エリアの人気スポットになっています。


東松島 |「ちょこっと惣菜 結びや」手づくりの惣菜販売が、地域のふれあいの一助に

東松島 |「ちょこっと惣菜 結びや」手づくりの惣菜販売が、地域のふれあいの一助に

宮城県東松島市の小野地区に2017年5月にオープンした「ちょこっと惣菜 結びや」。運営を担っているのは、2008年頃から地域親睦のためにと活動をスタートさせた「まざ~らいん」の皆さんです。営業日は火・水曜のみにもかかわらず、開店前から地元の人たちが集まり、はやくも地域コミュニティーの拠点になっています。


気仙沼 |【ななび連載:気仙沼編vol.4】ダイナミックな大自然の絶景スポットをめぐる

気仙沼 |【ななび連載:気仙沼編vol.4】ダイナミックな大自然の絶景スポットをめぐる

太平洋に面し、三陸ジオパークや三陸復興国立公園に含まれる気仙沼には、大自然の景勝地がいっぱい。複雑に折り重なるリアス海岸が織りなす海岸美の「岩井崎」と「巨釜・半造」、日本有数のツツジの名所である「徳仙丈山」など、気仙沼が誇る雄大な絶景スポットをご紹介します!


気仙沼 |【ななび連載:気仙沼編vol.3】買い物以外にも楽しみ方いろいろ!気仙沼のショッピングスポット

気仙沼 |【ななび連載:気仙沼編vol.3】買い物以外にも楽しみ方いろいろ!気仙沼のショッピングスポット

マグロやカツオなどさまざまな魚の豊富な水揚げ量を誇る気仙沼。今回は、港町ならではの海の幸の買い物を楽しめて、併設するレストランやイートインスペースで海鮮メニューなどが味わえる人気ショッピング施設をご紹介します。おみやげにぴったりな、愛らしいご当地キャラクターのスイーツも要チェック!


気仙沼 |【ななび連載:気仙沼編vol.2】気仙沼で食べたい三大ご当地グルメ

気仙沼 |【ななび連載:気仙沼編vol.2】気仙沼で食べたい三大ご当地グルメ

東北有数の漁港をもつ気仙沼は、フカヒレの生産量日本一、生鮮カツオの水揚げ日本一など、新鮮な魚介類が味わえることで有名です。ただ、魚介だけでなく、気仙沼で独自に発展してきたご当地グルメも、古くから地元の人に愛されてきました。今回は、そんな気仙沼ならではのオススメの味をご紹介します。


最新の投稿


西郷村 |「セブン-イレブン白河インター店」ワインショップ顔負けの品揃えを誇るコンビニ

西郷村 |「セブン-イレブン白河インター店」ワインショップ顔負けの品揃えを誇るコンビニ

東北自動車道白河I.Cを降りて国道4号線を東京方面に1kmほどのところにある「セブン-イレブン白河インター店」は、ワインショップといってもいいほどワインの品揃えが豊富。それもそのはず、オーナーはソムリエ兼ワインのインポーター。しかもお値段は1,500円前後が主流とお手頃価格。今回は番外編として、パーティーシーンに大活躍のコスパワインもご紹介します。


秋田 |「なかいちウィンターパーク2018-2019」秋田県内の冬イベントが大集合!

秋田 |「なかいちウィンターパーク2018-2019」秋田県内の冬イベントが大集合!

秋田県秋田市で開催される「なかいちウィンターパーク2018-2019」は、イルミネーションや雪遊びなど、ファミリーで楽しめる体験が盛りだくさんの冬限定イベント。開催期間が長く内容も大充実と地元で評判なんですよ。今回は、そんな大人気イベントの最新情報を詳しくご紹介します。


白石 |「こじゅうろうキッズランド」がオープン!宮城県内最大級の屋内遊び場

白石 |「こじゅうろうキッズランド」がオープン!宮城県内最大級の屋内遊び場

宮城県南端の街・白石市に2018年8月にオープンしたばかりの「こじゅうろうキッズランド」は、一度に260人が入場できる屋内遊び場。乳幼児から小学生まで年齢にあわせて遊べる3つのエリアに分かれていて、自由に利用できる休憩スペースも充実。オープンから2ヶ月で来場者が約2万人となり、宮城県南エリアの人気スポットになっています。


天童 |「平成鍋合戦」でおいしい鍋を味わって日本一を決めよう!

天童 |「平成鍋合戦」でおいしい鍋を味わって日本一を決めよう!

毎年、冬の山形県天童市では国内最大の鍋イベントが開催されます。武器を使わずに味で勝負する平和な戦い、「平成鍋合戦」です。山形県をはじめ、東北や全国各地、さらには海外の料理も幅広く参戦。多彩な鍋を食べ比べ、お気に入りに投票して、初冬の一日をおいしく楽しく過ごしてみてはいかがでしょう。


南魚沼 |南魚沼プロジェクト「本気丼2018」コシヒカリ×地元食材×地元料理人の“本気”なうまさを味わう!

南魚沼 |南魚沼プロジェクト「本気丼2018」コシヒカリ×地元食材×地元料理人の“本気”なうまさを味わう!

ツヤツヤと美しい粒と噛むほどにうま味と香りを口いっぱいに堪能できる「南魚沼産コシヒカリ」。日本一おいしいとも言われるこの米を主役にした南魚沼市独自のプロジェクト「本気丼2018」が今年も開催中です。4度目の開催となる2018年は、66杯の本気丼が登場。その土地ならではの美味や料理人たちの趣向を凝らした1杯を味わってみませんか?