新型コロナウイルス感染症の影響により、「ななび」に掲載しているスポットやイベントなどの
開催・営業時間に、変更が発生している場合がございます。
おでかけ前に、各スポット公式サイトをご確認くださいませ。
 

西磐井郡平泉 | 「春の藤原まつり」世界遺産の街・平泉で豪華絢爛な平安絵巻を楽しもう

西磐井郡平泉 | 「春の藤原まつり」世界遺産の街・平泉で豪華絢爛な平安絵巻を楽しもう

世界遺産の中世都市、平泉。今から約900年前、奥州藤原氏が治めるこの地には、仏教思想をもとにした平和な黄金文化が華開きました。毎年5月に行われる「春の藤原まつり」では、「源義経公東下り行列」や古式ゆかしい「延年の舞」、可憐な「稚児行列」など、華麗でドラマチックな平安時代の歴史物語が現代によみがえります。


平安絵巻を再現する華やかな時代行列

岩手県の南西部に位置する平泉町。「春の藤原まつり」の会場となる「毛越寺」は、JR平泉駅から徒歩で約10分のところにあります。そこから金色堂で知られる「中尊寺」までは平泉町循環バス「るんるん」で約7分、徒歩では30分ほどです。

藤原まつりは1955年にはじまった祭りで、毎年2回春と秋に開催され、中尊寺能や延年の舞などで奥州藤原氏の繁栄ぶりを今に伝えています。特に5月1日~5日の「春の藤原まつり」は、源義経公東下り行列が最大の見どころ。

華やかな時代行列や、頼朝に追われた義経一行が藤原秀衡公や平泉の民に迎え入れられる様子を再現する場面などを見ることができます。

壮観!牛車や騎馬武者約100名の大行列

祭りのクライマックスである「源義経公東下り行列」は、5月3日に行われます。

午前中に中尊寺を出発した出迎え行列は、昼頃に毛越寺に到着。毛越寺本堂で「対面の場」が行われ、それから浄土庭園の「大泉が池」に場所を移し、それぞれに義経公や北の方、秀衡公が乗った2艘の舟を浮かべ、「ねぎらいの場」が再現されます。

その後、毛越寺から中尊寺まで約2時間をかけて、牛車や騎馬武者を連ねた行列が、のどかな街並みを練り歩きます。

行列は長時間にわたるので、一連の流れをおさえておき、見たい場面に合わせて移動するのがオススメ。運行ルートとなる道路の幅がそれほど広くないため行列との距離が近く、臨場感もたっぷりです。新緑のなかを行く約100名の豪華な時代行列には、大人も子どもも圧倒されてしまうはず。900年前の平安時代が色鮮やかに現代によみがえる光景は、ご家族みんなで楽しむのにぴったりです。

毎年、義経役を努める若手俳優が話題になりますが、2017年は「仮面ライダー」シリーズにも出演し、舞台やテレビで活躍中の横浜流星さんに決定。沿道から間近に見る凛々しい姿に期待が高まります。

可憐な稚児行列や力餅競技会も見もの

祭りの初日は、中尊寺で「稚児行列」が行われます。烏帽子をかぶった男の子やきらびやかな冠で頭を飾った女の子が、平安貴族の衣装で本堂から金色堂まで約300mを歩いて祭りに華を添えます。また、「弁慶の力餅つき」も行われ、つきたての餅がふるまわれます。

さらに、最終日の5月5日には、「弁慶力餅競技会」が行われ、参加者は、餅と餅を載せる台を合わせた計160kgの重量を担いでどれだけ長い距離を歩けるか力自慢を競います。見物人からは応援の声も上がって大盛り上がり。

ほかにも毛越寺の延々の舞や中尊寺の能など、5日間を通してさまざまなイベントが楽しめますよ。

まとめ

「春の藤原まつり」の期間中、平泉は多くの人でにぎわいます。豪華絢爛な時代行列や弁慶にちなんだ餅つき大会など、毎日見どころが盛りだくさん。世界遺産の古都で繰り広げられる華麗な平安絵巻を見に、新緑の平泉へ出かけてみてはいかがでしょう。

「毛越寺」について詳しくはこちら
「中尊寺」について詳しくはこちら
「平泉観光協会」について詳しくはこちら

関連する投稿


花巻 |「花巻おもちゃ美術館」岩手県の魅力がたっぷりつまった木育施設

花巻 |「花巻おもちゃ美術館」岩手県の魅力がたっぷりつまった木育施設

お子さんとのおでかけは、せっかくなら大人も一緒に楽しみたいもの。そこで親子で遊ぶのにぴったりなのが、岩手県花巻市にある木育施設「花巻おもちゃ美術館」です。館内に並ぶ木のおもちゃは、お子さんはもちろん、大人も童心に返って楽しめるものばかり。遊びながら地域の魅力にもふれられる人気の施設です。


奥州 |「N'CAFE」体にやさしいスイーツを味わえる“無添加”の住宅ショールーム

奥州 |「N'CAFE」体にやさしいスイーツを味わえる“無添加”の住宅ショールーム

岩手県南部の奥州市水沢地区にある「N'CAFE」は、住宅ショールーム内に設けられたカフェ。“無添加”をキーワードにしたナチュラルな空間で、体にやさしい素材を使ったスイーツをいただけます。日によって担当シェフが替わるランチも要チェックですよ。


盛岡 |「チーズケーキのチロル 大通店」ふわふわ食感&濃厚な味わいのチーズケーキ

盛岡 |「チーズケーキのチロル 大通店」ふわふわ食感&濃厚な味わいのチーズケーキ

盛岡市中心部、飲食店や映画館がたち並ぶ通りの一角に、赤白ストライプ模様のテント看板が印象的な「チーズケーキのチロル 大通店」があります。こちらのお店で人気なのが、手づくりにこだわったチーズケーキ。ふわっと軽い口あたりとクリームチーズの濃厚な味わいを、スプーンですくって楽しみましょう。


遠野 |「遠野どべっこ祭り」遠野の濁り酒と郷土料理に舌つづみ

遠野 |「遠野どべっこ祭り」遠野の濁り酒と郷土料理に舌つづみ

民話の里として知られる岩手県遠野市では、古くから「どぶろく」の文化が生きていました。“どべっこ”とは、地元の方言で「どぶろく」を意味します。毎年冬になると、「遠野ふるさと村」オリジナルのどぶろくや地元造り酒屋の濁り酒が楽しめる「遠野どべっこ祭り」が開催されます。郷土芸能の披露や昔話の語りなどを、ファミリーで楽しめますよ。


大船渡 |「三陸・大船渡つばきまつり」街のシンボル・ツバキを見て、食べて、楽しめるイベント

大船渡 |「三陸・大船渡つばきまつり」街のシンボル・ツバキを見て、食べて、楽しめるイベント

岩手県の沿岸南部に位置する大船渡市は、ヤブツバキが自生する太平洋沿岸の北限域の地。1月下旬~4月下旬にかけて、街のあちこちで美しく咲き誇る花々を見ることができます。この時季に行なわれる「三陸・大船渡つばきまつり」は、ツバキにちなんだ催しがいっぱいのイベントです。


最新の投稿


花巻 |「花巻おもちゃ美術館」岩手県の魅力がたっぷりつまった木育施設

花巻 |「花巻おもちゃ美術館」岩手県の魅力がたっぷりつまった木育施設

お子さんとのおでかけは、せっかくなら大人も一緒に楽しみたいもの。そこで親子で遊ぶのにぴったりなのが、岩手県花巻市にある木育施設「花巻おもちゃ美術館」です。館内に並ぶ木のおもちゃは、お子さんはもちろん、大人も童心に返って楽しめるものばかり。遊びながら地域の魅力にもふれられる人気の施設です。


新潟 |「ジェラテリア Popolo」こだわりの素材と味で長年人気のジェラート店

新潟 |「ジェラテリア Popolo」こだわりの素材と味で長年人気のジェラート店

新潟県新潟市中央区にある「ジェラテリア Popolo」は、海と松林に囲まれたジェラートショップです。日替わりや季節限定フレーバーのジェラート、アイスケーキなど、メニュー数は100種類以上。新潟県の自然を感じながら、新鮮な牛乳と旬の素材を使ったおいしいジェラートやアイスクリームを味わってみませんか。


仙台 |「ひげぱんだ イオンタウン仙台泉大沢」ふわふわでなめらかなパンケーキを召し上がれ

仙台 |「ひげぱんだ イオンタウン仙台泉大沢」ふわふわでなめらかなパンケーキを召し上がれ

宮城県仙台市郊外のショッピングセンターにあるレストラン「ひげぱんだ」。クリームやナッツ、フルーツをたっぷり盛り付けたパンケーキがファミリーに人気のお店です。ほかにも、ハンバーグやカレーライスを味わえるキッズメニュー、おもちゃや絵本が充実したキッズスペースなど、お子さんがわくわくするポイントがたくさんありますよ。


十和田 |「道の駅とわだ とわだぴあ」十和田の魅力がぎゅっと詰まった、アットホームな道の駅

十和田 |「道の駅とわだ とわだぴあ」十和田の魅力がぎゅっと詰まった、アットホームな道の駅

日本三大開拓地でもある青森県十和田市は、新鮮な農畜産物が豊富な街。そんな十和田市にある「道の駅とわだ とわだぴあ」は、産直施設でのショッピングだけではなく、郷土の味をその場で堪能できる名物メニューなどおいしい魅力が満載です。今回は、食も遊びも家族で楽しめるポイントをたっぷりご紹介します!


山形 |「丸十大屋」味噌と醤油の老舗醸造元がつくるカレーとスイーツを味わおう

山形 |「丸十大屋」味噌と醤油の老舗醸造元がつくるカレーとスイーツを味わおう

「丸十大屋」は、山形県山形市十日町で江戸時代から続く味噌と醤油の醸造元。県内で愛される万能調味料「味マルジュウ」の製造元として知られています。店内にはイートインスペースを備えたアンテナショップ「蔵膳屋」を併設。カレーやプリン、シュークリームなど、「丸十大屋」の調味料を隠し味に使用したメニューを堪能できますよ。