西磐井郡平泉 | 「春の藤原まつり」世界遺産の街・平泉で豪華絢爛な平安絵巻を楽しもう

西磐井郡平泉 | 「春の藤原まつり」世界遺産の街・平泉で豪華絢爛な平安絵巻を楽しもう

世界遺産の中世都市、平泉。今から約900年前、奥州藤原氏が治めるこの地には、仏教思想をもとにした平和な黄金文化が華開きました。毎年5月に行われる「春の藤原まつり」では、「源義経公東下り行列」や古式ゆかしい「延年の舞」、可憐な「稚児行列」など、華麗でドラマチックな平安時代の歴史物語が現代によみがえります。


平安絵巻を再現する華やかな時代行列

岩手県の南西部に位置する平泉町。「春の藤原まつり」の会場となる「毛越寺」は、JR平泉駅から徒歩で約10分のところにあります。そこから金色堂で知られる「中尊寺」までは平泉町循環バス「るんるん」で約7分、徒歩では30分ほどです。

藤原まつりは1955年にはじまった祭りで、毎年2回春と秋に開催され、中尊寺能や延年の舞などで奥州藤原氏の繁栄ぶりを今に伝えています。特に5月1日~5日の「春の藤原まつり」は、源義経公東下り行列が最大の見どころ。

華やかな時代行列や、頼朝に追われた義経一行が藤原秀衡公や平泉の民に迎え入れられる様子を再現する場面などを見ることができます。

壮観!牛車や騎馬武者約100名の大行列

祭りのクライマックスである「源義経公東下り行列」は、5月3日に行われます。

午前中に中尊寺を出発した出迎え行列は、昼頃に毛越寺に到着。毛越寺本堂で「対面の場」が行われ、それから浄土庭園の「大泉が池」に場所を移し、それぞれに義経公や北の方、秀衡公が乗った2艘の舟を浮かべ、「ねぎらいの場」が再現されます。

その後、毛越寺から中尊寺まで約2時間をかけて、牛車や騎馬武者を連ねた行列が、のどかな街並みを練り歩きます。

行列は長時間にわたるので、一連の流れをおさえておき、見たい場面に合わせて移動するのがオススメ。運行ルートとなる道路の幅がそれほど広くないため行列との距離が近く、臨場感もたっぷりです。新緑のなかを行く約100名の豪華な時代行列には、大人も子どもも圧倒されてしまうはず。900年前の平安時代が色鮮やかに現代によみがえる光景は、ご家族みんなで楽しむのにぴったりです。

毎年、義経役を努める若手俳優が話題になりますが、2017年は「仮面ライダー」シリーズにも出演し、舞台やテレビで活躍中の横浜流星さんに決定。沿道から間近に見る凛々しい姿に期待が高まります。

可憐な稚児行列や力餅競技会も見もの

祭りの初日は、中尊寺で「稚児行列」が行われます。烏帽子をかぶった男の子やきらびやかな冠で頭を飾った女の子が、平安貴族の衣装で本堂から金色堂まで約300mを歩いて祭りに華を添えます。また、「弁慶の力餅つき」も行われ、つきたての餅がふるまわれます。

さらに、最終日の5月5日には、「弁慶力餅競技会」が行われ、参加者は、餅と餅を載せる台を合わせた計160kgの重量を担いでどれだけ長い距離を歩けるか力自慢を競います。見物人からは応援の声も上がって大盛り上がり。

ほかにも毛越寺の延々の舞や中尊寺の能など、5日間を通してさまざまなイベントが楽しめますよ。

まとめ

「春の藤原まつり」の期間中、平泉は多くの人でにぎわいます。豪華絢爛な時代行列や弁慶にちなんだ餅つき大会など、毎日見どころが盛りだくさん。世界遺産の古都で繰り広げられる華麗な平安絵巻を見に、新緑の平泉へ出かけてみてはいかがでしょう。

「毛越寺」について詳しくはこちら
「中尊寺」について詳しくはこちら
「平泉観光協会」について詳しくはこちら

関連する投稿


大船渡 |「三陸・大船渡つばきまつり」街のシンボル・ツバキを見て、食べて、楽しめるイベント

大船渡 |「三陸・大船渡つばきまつり」街のシンボル・ツバキを見て、食べて、楽しめるイベント

岩手県の沿岸南部に位置する大船渡市は、ヤブツバキが自生する太平洋沿岸の北限域の地。1月下旬~4月下旬にかけて、街のあちこちで美しく咲き誇る花々を見ることができます。この時季に行なわれる「三陸・大船渡つばきまつり」は、ツバキにちなんだ催しがいっぱいのイベントです。


盛岡 |「BAzaR et panpantutu 盛岡店」女の子が夢見るかわいいデザインの子ども服

盛岡 |「BAzaR et panpantutu 盛岡店」女の子が夢見るかわいいデザインの子ども服

岩手県盛岡市にある「BAzaR et panpantutu 盛岡店」は、小さな女の子がときめくようなキュートな服が集まるショップ。白を基調にした明るい店内には、カラフルなチュチュスカート、リボンや花をモチーフにした飾りが付いたコート、帽子などが所狭しと並びます。出産祝いにぴったりのギフトアイテムも豊富ですよ。


久慈 |「北三陸くじ冬の市」地元ならではのグルメを満喫できる冬イベント

久慈 |「北三陸くじ冬の市」地元ならではのグルメを満喫できる冬イベント

岩手県久慈市で行なわれる「北三陸くじ冬の市」は、海の幸が豊富な三陸沿岸地域ならではの冬の味覚を中心に、久慈の魅力をまるごと体感できるイベント。例年11月~2月に開催され、地元の特産品や選りすぐりのグルメを味わえるほか、ファミリーで楽しめる企画がいっぱいです。


雫石 |「元祖!しずくいし軽トラ市」軽トラックが並ぶユニークな屋外マーケット

雫石 |「元祖!しずくいし軽トラ市」軽トラックが並ぶユニークな屋外マーケット

毎年5月~11月の第1日曜に、岩手県雫石町の「雫石よしゃれ通り商店街」で開催される「元祖!しずくいし軽トラ市」。470メートルの通りを埋め尽くすように、新鮮な野菜やフルーツ、海産物、クラフト雑貨などを積んだ軽トラックがずらりと並びます。ショッピングはもちろん、お子さんが楽しめるワークショップもありますよ。


奥州 |「奥州市水沢産業まつり」地元グルメを楽しめる一大イベント

奥州 |「奥州市水沢産業まつり」地元グルメを楽しめる一大イベント

岩手県奥州市で毎年10月中旬に開催される「奥州市水沢産業まつり」。旬の地場産品の販売が行なわれる、実りの秋にぴったりのイベントです。同時開催の「奥州水沢グルメまつり」には、巨大な鉄鍋で煮込む芋の子汁が登場!食欲の秋を存分に満喫できる名物イベントの内容をご紹介します。


最新の投稿


南三陸 |「南三陸モアイファミリー」話題のモアイグッズの魅力に迫る

南三陸 |「南三陸モアイファミリー」話題のモアイグッズの魅力に迫る

宮城県南三陸町は、県内外から観光客が集まる商店街や、旬魚をたっぷりと盛った丼が有名な街。そんな南三陸町のおみやげの定番は“モアイグッズ”!手がけるのは、モアイグッズの専門店「南三陸モアイファミリー」です。なぜ南三陸町でモアイなのか、どんなアイテムが人気なのか…、気になる疑問をリサーチします。


魚沼 |「第32回魚沼国際雪合戦」で冬の寒さを吹き飛ばそう!

魚沼 |「第32回魚沼国際雪合戦」で冬の寒さを吹き飛ばそう!

新潟県でも有数の豪雪地で知られている魚沼市。市内の小出地区で開催する「魚沼国際雪合戦」は、2020年で32回目を迎えます。雪を楽しもうという発想から誕生し、地元はもちろん、県外からの参加も多数。今では魚沼市の冬を代表するイベントになっています。


下郷町 |「大内宿雪まつり」フォトジェニックな雪まつりを満喫!

下郷町 |「大内宿雪まつり」フォトジェニックな雪まつりを満喫!

茅葺き屋根の街並みが美しい、福島県下郷町の大内宿。毎年2月には「大内宿雪まつり」が開催され、「1度は訪れてみたい!」と遠方にもファンが多いお祭りです。雪まつりの夜には、雪灯籠が灯り雪に覆われ白くなった茅葺き屋根を、打ち上げ花火が照らし幻想的な雰囲気に!雪国ならではの風景と、伝統行事や郷土料理が楽しめるのも魅力です。


鶴岡 |「鶴岡冬まつり」雪の街のロマンチックなイベント

鶴岡 |「鶴岡冬まつり」雪の街のロマンチックなイベント

名曲『雪の降るまちを』の発想地・山形県鶴岡市で、冬の風物詩として市民から愛される「鶴岡冬まつり」。おまつり期間中は、明治時代・大正時代に建てられた歴史的建造物のライトアップ、『雪の降るまちを』にちなんだ「鶴岡音楽祭」、郷土料理の寒鱈汁を味わう「日本海寒鱈まつり」など、さまざまなイベントが行なわれます。


大船渡 |「三陸・大船渡つばきまつり」街のシンボル・ツバキを見て、食べて、楽しめるイベント

大船渡 |「三陸・大船渡つばきまつり」街のシンボル・ツバキを見て、食べて、楽しめるイベント

岩手県の沿岸南部に位置する大船渡市は、ヤブツバキが自生する太平洋沿岸の北限域の地。1月下旬~4月下旬にかけて、街のあちこちで美しく咲き誇る花々を見ることができます。この時季に行なわれる「三陸・大船渡つばきまつり」は、ツバキにちなんだ催しがいっぱいのイベントです。