北秋田 |「森吉山 阿仁スキー場」ゴンドラで空中散歩&山歩きを楽しもう

北秋田 |「森吉山 阿仁スキー場」ゴンドラで空中散歩&山歩きを楽しもう

秋田県の内陸部にあり、“マタギの里”として知られる北秋田市。そんな北秋田のシンボル「森吉山」は、山頂近くまでゴンドラで行けて、気軽にトレッキングが楽しめる人気スポットです。夏のゴンドラ運行期間中は、ガイド付きの自然観察会をはじめ、さまざまなツアーも開催。家族みんなで参加して、大自然のなかでアクティブに過ごしましょう。


周囲の山々を見渡すゴンドラでの空中散歩

秋田県のほぼ中央に位置する森吉山は、地元では「秋田山」と呼ばれ親しまれる名峰です。トレッキングの拠点となる「森吉山 阿仁スキー場」へは、秋田自動車道 五城目八郎潟ICから車で約1時間半。公共交通機関を利用する場合は、秋田内陸線の阿仁合駅から運行する周遊タクシー(1日に往復で9便、要事前予約)が便利です。

秋田内陸線の角館駅から阿仁合駅のフリーきっぷ、乗合タクシー(往復)、ゴンドラ(往復)の3つの乗車券がセットになったお得な切符「森吉山パス」も人気ですよ。

山麓駅からゴンドラに乗り込み、いざ出発。山頂に近づくにつれて、周囲の山々を望む壮大な景色が目の前にあらわれます。

時季によっては、クマが木の実を食べた跡にできる「クマ棚」が見られるので、窓の外の木々にも注目してみてくださいね。空中散歩を楽しむこと約20分、ゴンドラは山頂駅に到着します。

グリーンシーズンの森吉山は高山植物の宝庫

山頂駅を降りたら、軽くストレッチをしてから登山道に入ります。登山道は比較的ゆるやかで歩きやすいので、初心者やお子さんでも安心。ただし、ところどころに滑りやすい場所や傾斜がある道もあるので、足元に注意しながら登りましょう。不安な場合は登山用ストックを持参するのもオススメ。バランスがとりやすくなり、脚や腰への負担を軽くできますよ。

森吉山は、「花の百名山」に選ばれるほど多種多様な高山植物が生育している山。初夏から秋にかけて次々と見ごろを迎えるので、登山道のあちこちでかわいらしい花々が目を楽しませてくれます。

途中の「石森」や「稚児平」と呼ばれるエリアには、鮮やかな黄色い花を咲かせる「ニッコウキスゲ」が群生。6月下旬~7月中旬に見頃を迎えます。

淡い紫色と釣り鐘のような形がかわいらしい「ハクサンシャジン」。山頂付近に多く見られ、7月下旬~9月上旬が見ごろです。高山植物は、木陰に生育しているものや、見落としてしまうくらい小さなものもあるので、ゆっくり歩きながら観察してみてくださいね。

山頂部一帯にはアオモリトドマツの原生林が広がり、甘くさわやかな香りが周辺に漂っています。この香りは、アオモリトドマツが生み出すフィトンチッドという成分によるもの。ゆっくりと深呼吸をして、天然のアロマでリラックスしましょう。

山頂で360度のパノラマを楽しみながらランチタイム

ラストスパートの登り坂を抜けると、いよいよ1,454メートルの山頂です。この日は天候がすぐれず山頂付近は霧がかかっていましたが、晴れた日には、鳥海山や田沢湖、男鹿半島や日本海をぐるりと見渡すことができます。

無事登頂したら、お待ちかねのお弁当タイム!事前に予約しておけば、阿仁スキー場のレストランで「マタギ弁当」を購入できます。予約は5個以上からなので、ファミリーやグループでのトレッキングのお供にぴったりです。

お弁当には、比内地鶏入りの五目ご飯や馬肉の煮込み、地元の山で採れた山菜など、秋田ならではの味覚を堪能できるおかずがぎっしり。山頂のすがすがしい空気を吸いながら味わえば、さらにおいしく感じられますよ。

山頂からの絶景とお弁当を楽しんだあとは、足元に気を付けながら下山しましょう。森吉山は、グリーンシーズンはもちろん秋の紅葉シーズンもキレイです。四季折々に表情を変える山の自然にふれて、リフレッシュしてみませんか。

ファミリーでトレッキングを楽しむ!「森吉山 阿仁スキー場」のななびチェック!

グリーンシーズンのゴンドラ運行はいつまで?

雪解け後の6月から紅葉が楽しめる10月まで運行しています。例年12月上旬からはスキー場としてオープン。1月上旬には樹氷も見られますよ。

トレッキングにはどんな装備が必要?

ウェアは速乾性の高い素材のものがベスト。体温調整をしやすいように重ね着をしましょう。靴はスニーカーではなく登山用のシューズがオススメ。日焼け止めと虫よけグッズも必須です。

山でのマナーに注意しましょう

登山道ではさまざまな高山植物を見ることができますが、採ったり踏みつけたりするのはNG。ゴミの投げ捨ても、もちろん厳禁です。

「森吉山 阿仁スキー場」について詳しくはこちら

関連する投稿




秋田 |「秋田市大森山動物園~あきぎんオモリンの森~」の動物イベントに参加しよう!

秋田 |「秋田市大森山動物園~あきぎんオモリンの森~」の動物イベントに参加しよう!

秋田県秋田市の大森山公園にある「秋田市大森山動物園~あきぎんオモリンの森~」は、動物たちとふれあえる人気スポット。ユキヒョウやレッサーパンダなどの動物たちを観察できるほか、食事風景が見られる「まんまタイム」を開催しています。また、イベントも多数行なわれ、動物たちとのさまざまな時間を楽しめます。


にかほ |「TDK歴史みらい館」驚きの連続!最新技術を遊んで体感しよう

にかほ |「TDK歴史みらい館」驚きの連続!最新技術を遊んで体感しよう

秋田県にかほ市にある「TDK歴史みらい館」は、電子部品メーカー・TDKの歴史や技術を紹介するミュージアム。企業の施設と聞くと難しそうなイメージがあるかもしれませんが、電化製品の内部展示やデジタル技術を駆使したシアターがあるなど、館内には楽しい仕掛けがいっぱい!さらには入場料無料と、親子のおでかけにぴったりなんですよ。


鹿角 |「道の駅おおゆ」ショップにカフェ、足湯やビオトープもそろう道の駅

鹿角 |「道の駅おおゆ」ショップにカフェ、足湯やビオトープもそろう道の駅

秋田県鹿角市に2018年4月にオープンした「道の駅おおゆ」。世界的な建築家が設計を手がけた建物には、秋田はもちろん全国から選りすぐりのアイテムを集めたショップや、地元のブランド肉を味わえるカフェなどがあります。思いきり走り回れる天然芝の広場や、ビオトープを設けた散策エリアも整備されているので、家族でのびのびと過ごせますよ。


最新の投稿


蔵王 |【ななび連載:蔵王編vol.3】遠刈田温泉で探すほっこりアイテム&手づくり体験

蔵王 |【ななび連載:蔵王編vol.3】遠刈田温泉で探すほっこりアイテム&手づくり体験

蔵王町の人気スポットのひとつといえば、開湯約400年の歴史をもつ遠刈田温泉。温泉街はこぢんまりとしていますが、見どころがたくさんあって散策にぴったり。ステキなアイテムがそろう陶芸工房やギャラリーショップも点在しているので、作家ものの器をおみやげにしたり、絵付け体験でオリジナルアイテムをつくったりするのもオススメです。


鶴岡 |「フルーツショップ青森屋」こぼれんばかりのフルーツにびっくり!ぜいたくなタルト&ケーキを味わおう

鶴岡 |「フルーツショップ青森屋」こぼれんばかりのフルーツにびっくり!ぜいたくなタルト&ケーキを味わおう

山形県といえば、日本屈指のフルーツ王国。鶴岡市にある「フルーツショップ青森屋」は、地元をはじめ全国各地から仕入れたよりすぐりのフルーツを扱う青果店です。店内にはカフェスペースも併設し、青果店ならではの新鮮なフルーツをたっぷり使ったタルトやケーキが大人気。遊び心あふれる空間にも注目してみてくださいね。


松島 |「ザ・ミュージアム MATSUSHIMA」3つのコレクションの魅力を一度に楽しめる博物館

松島 |「ザ・ミュージアム MATSUSHIMA」3つのコレクションの魅力を一度に楽しめる博物館

日本三景のひとつ、宮城県の松島にある「ザ・ミュージアム MATSUSHIMA」は、レトロなおもちゃ・モードファッション・オルゴールの3つのコレクションをひとつの施設で観ることができるミュージアムです。普段はなかなかお目にかかれない貴重なコレクションをたくさん展示しているので、じっくり鑑賞を楽しみましょう。


蔵王 |【ななび連載:蔵王編vol.2】家族みんなが大満足の蔵王グルメを満喫

蔵王 |【ななび連載:蔵王編vol.2】家族みんなが大満足の蔵王グルメを満喫

自然豊かな蔵王町には、大地の恵みがギュッと詰まったおいしい農産物がいっぱい!また、近隣の市町村も農業が盛んだったり、ブランド豚を飼育していたりすることから、フレッシュな食材でつくる料理自慢のお店がたくさんあります。今回はそんな蔵王町のお店のなかから、お子さんの大好物がそろう人気の3店をご紹介します。


新潟 | 米どころ・新潟は大福のレベルも高し!人気の大福3選

新潟 | 米どころ・新潟は大福のレベルも高し!人気の大福3選

新潟の大福は、県外の人がびっくりするほどのおいしさで知られています。新潟にはきんぴらごぼうを入れたものや、塩だけで煮た甘くないあんこが入った「おやき」と呼ばれる大福など、珍しい大福も。ただ、今回紹介するのは定番の豆大福。新潟の老舗がつくるこだわりや工夫が詰まった豆大福をぜひ食べ比べてみてください。