福島 |郡山「柳橋歌舞伎」江戸時代から息づく伝統芸能。住民一丸となって継承する柳橋歌舞伎に感動!

福島 |郡山「柳橋歌舞伎」江戸時代から息づく伝統芸能。住民一丸となって継承する柳橋歌舞伎に感動!

福島県郡山市柳橋地区で毎年第3日曜日に開催されている「柳橋歌舞伎」。江戸時代から伝承されている伝統芸能で、役者から義太夫、衣装、三味線、音響、照明、化粧など、すべて住民が行っています。地域住民が一丸となって継承する、郡山市の重要無形民俗文化財にも指定された「柳橋歌舞伎」をご紹介します。


伝統芸能「柳橋歌舞伎」とは?

柳橋歌舞伎とは、福島県郡山市の山間部、中田町柳橋地区で毎年第3日曜日に行われている素人歌舞伎(農村歌舞伎)で、江戸時代から200年以上に渡り伝承されている伝統芸能です。

1804~1830年の文化・文政期に、各地の旅芸人が宿場町であった柳橋地区の宿に住み続けるようになり、宿賃の代わりに菅布禰(すがふね)神社に歌舞伎奉納したことが始まりと伝えられています。

柳橋歌舞伎の現在に至るまでの歴史

1840年に初めて柳橋村・木目沢村で歌舞伎(義経千本桜)が上演され、当時使用していた化粧道具が今でも残っています。

その後、宗像亀佐氏以下地元の有志により、歌舞伎研究部を発足。1940年、太平洋戦争で歌舞伎上演は余儀なく中断させられますが、1947年に青年歌舞伎として復活しました。

1980年に柳橋歌舞伎保存会を結成。1983年に「郡山市指定重要無形民俗文化財」となり、この年から毎年第3日曜日に、柳橋歌舞伎伝承館(黒石荘)にて定期公演を行っています。

2003年には、衣装17点も「郡山市指定重要有形民俗文化財」に指定されました。

伝統芸能を守り継ぐ「柳橋歌舞伎保存会」

柳橋歌舞伎保存会は、歌舞伎定期公演と、地元中学校が授業として行っている柳橋歌舞伎の公演に向けての指導や協力を中心に活動しています。また、各地からの公演依頼にも対応し、今年度は南会津の大桃舞台公演、東京一ツ橋での公演、郡山民俗芸能大会での公演が予定され、各地で人気を呼んでいます。

柳橋歌舞伎伝承館について

柳橋歌舞伎は、農村集落施設の「黒石荘」を利用して歌舞伎公演を行っています。回を重ねるごとに、常設の舞台が必要ということで、黒石荘を改修する形でできたのが「柳橋歌舞伎伝承館」です。それ以降「黒石荘」は、主に定期公演の際に「柳橋歌舞伎伝承館」として利用されています。

なお、1995年には伝承館の敷地内に「歌舞伎衣装収蔵庫」が建設され、貴重な衣装やカツラ、その他の歌舞伎の備品や道具等を収納しています。守り継がれた豪華絢爛な衣装も、歌舞伎の見どころの一つです。

地元中学校では授業でも「柳橋歌舞伎が」!

地元・御舘中学校では、地域連携の授業として、歌舞伎の定期公演や学校祭での公演をしています。全校生徒が参加して、役者、化粧、舞台係、音曲(三味線)、司会進行まで、生徒自身で担当。演目は「義経千本桜」と「白浪五人男」。中学生が一生懸命演じる歌舞伎も必見です!

最後に…
柳橋歌舞伎は、役者はもちろん、三味線、衣装、音響、義太夫、化粧、照明など、あらゆる裏方までが全て住民が行っています。手作りゆえの大変さや面白さがあり、また、手作りとは思えない迫力で観客を魅了します。年に一度しか観られない郡山市指定重要無形民俗文化財「柳橋歌舞伎」を観に、ぜひ一度足をお運びください。

「柳橋歌舞伎」をもっと楽しむためのななびチェック!

毎年変わる演目で、観る者に新鮮な感動を

一の谷嫩軍記 3演目、奥州安達ヶ原 2演目、絵本太功記、義経千本桜、菅原伝授手習鑑など、これまで17演目のレパートリーがありました。現在ではその内の7演目をメインに、毎年演目が変わります。

売店や出店も登場

公演日にはおにぎりや焼き鳥、ビールなど、数々の売店や出店がずらりと並び、年に一度のお祭りを盛り上げます。地元の方とわいわいお酒などを酌み交わしながら観覧するのも、楽しそうですね。

「柳橋歌舞伎」について詳しくはこちら

関連する投稿


小野町 |「ACNあぶくまキャンプランド」と、「コピスCafe」でおいしい秋を楽しもう!

小野町 |「ACNあぶくまキャンプランド」と、「コピスCafe」でおいしい秋を楽しもう!

福島県小野町にあるキャンプ場「ACNあぶくまキャンプランド」では、BBQのほか、ピサ焼きや燻製づくりなどの本格的なアウトドアメニューを体験できます!また、焼き立てのパンやピザが味わえる人気のパン屋さん「コピスCafe」も併設。季節の味覚を味わいながら、オーナーさん手づくりの遊び場で遊んだり、親子で秋を満喫しませんか?


会津若松 |「会津まつり」会津最大のお祭りをさらに楽しめる「会津で着物レンタル」

会津若松 |「会津まつり」会津最大のお祭りをさらに楽しめる「会津で着物レンタル」

福島県会津若松市のシンボル・鶴ヶ城で、毎年9月下旬に開催される会津最大のお祭り「会津まつり」。メインの会津藩公行列では、豪華ゲストや地元の子どもから大人まで、約500人が武家姿に扮して市内を練り歩きます。さらに、伝統のお祭りを楽しみながら、話題の「会津で着物レンタル」をして街散策するのもオススメです。


福島 |「honey bee」アイス大好き福島っ子に大人気の絶品ジェラート!

福島 |「honey bee」アイス大好き福島っ子に大人気の絶品ジェラート!

実は、アイスの消費量が全国第2位の福島市。アイス大好き福島っ子に愛される本格ジェラートを提供する「honey bee」は、素材にとことんこだわったくだもの屋さんが運営するお店です。旬なくだものと、福島の上質なミルクを使用したジェラートレシピは、なんと100種類以上!福島のおいしいさがぎゅっと詰まっています。


福島 |「相馬野馬追」、「ふくしま花火大会」…2018年福島の夏まつりまとめ

福島 |「相馬野馬追」、「ふくしま花火大会」…2018年福島の夏まつりまとめ

2018年の夏も、全国でさまざまなイベントが催されます。「ふくしま花火大会」や「相馬野馬追」など、福島県で開催される夏まつりをいくつかピックアップしてご紹介します!観光などで県外から参加する方にも、地元で毎年参加される方にもお役立ていただけるようにまとめました!ぜひご覧ください。


福島 |「流しそうめん 吾妻庵」湧き水の豊かな恵みを味わう、ジャパニーズアウトドア!

福島 |「流しそうめん 吾妻庵」湧き水の豊かな恵みを味わう、ジャパニーズアウトドア!

福島県福島市に、本格的な流しそうめんが人気のお店「吾妻庵」があります。本物の滝を目の前にしながらいただく食べ放題の流しそうめんは、まるでアトラクションを体験しているようなおもしろさ!クレソンの天ぷらに、イワナやニジマスの塩焼きも絶品です。さらに釣りまで楽しめる、まさにジャパニーズアウトドアを満喫できるお店です。


最新の投稿


小野町 |「ACNあぶくまキャンプランド」と、「コピスCafe」でおいしい秋を楽しもう!

小野町 |「ACNあぶくまキャンプランド」と、「コピスCafe」でおいしい秋を楽しもう!

福島県小野町にあるキャンプ場「ACNあぶくまキャンプランド」では、BBQのほか、ピサ焼きや燻製づくりなどの本格的なアウトドアメニューを体験できます!また、焼き立てのパンやピザが味わえる人気のパン屋さん「コピスCafe」も併設。季節の味覚を味わいながら、オーナーさん手づくりの遊び場で遊んだり、親子で秋を満喫しませんか?


山形 |「山形まるごと館 紅の蔵 十日市」季節の振る舞いや体験など、テーマは月替わりのお楽しみ!

山形 |「山形まるごと館 紅の蔵 十日市」季節の振る舞いや体験など、テーマは月替わりのお楽しみ!

「山形まるごと館 紅の蔵」は、山形市の中心街に明治時代に建てられた蔵屋敷を利用し、観光案内所や食事処、みやげ店、直売所を備えた施設です。毎月10日の「十日市」では、旬のグルメの振る舞いや季節にあわせた体験教室など、趣向を凝らしたイベントを開催し、地元でも話題に。イベントのテーマは月替わりなので、何度行っても楽しめるのも魅力です。



能代 |「ときめきマルシェ」毎回替わるテーマが楽しみな話題のイベント

能代 |「ときめきマルシェ」毎回替わるテーマが楽しみな話題のイベント

秋田県能代市といえば、全国屈指のバスケットボールの強豪校があることで知られる街。そんな能代市内中心部の上町通りで行なわれるイベント「ときめきマルシェ」が、いま地元で注目を集めています。毎回工夫が凝らされたテーマに沿ってさまざまな店が出店し、能代の新たな魅力に出会えると人気なんですよ。


遠野 |「とおの物語の館」遠野の方言で語られる昔話に耳を傾けよう

遠野 |「とおの物語の館」遠野の方言で語られる昔話に耳を傾けよう

山あいにほのぼのとした田園風景が広がる岩手県遠野市は、柳田國男の『遠野物語』の舞台として有名です。民話の世界を体験できるテーマパーク「とおの物語の館」では、語り部による昔話の実演を開催。遠野のおばあちゃんたちによるやさしい遠野弁の響きが、物語の世界へと誘ってくれます。