福島 |郡山「柳橋歌舞伎」江戸時代から息づく伝統芸能。住民一丸となって継承する柳橋歌舞伎に感動!

福島 |郡山「柳橋歌舞伎」江戸時代から息づく伝統芸能。住民一丸となって継承する柳橋歌舞伎に感動!

福島県郡山市柳橋地区で毎年第3日曜日に開催されている「柳橋歌舞伎」。江戸時代から伝承されている伝統芸能で、役者から義太夫、衣装、三味線、音響、照明、化粧など、すべて住民が行っています。地域住民が一丸となって継承する、郡山市の重要無形民俗文化財にも指定された「柳橋歌舞伎」をご紹介します。


伝統芸能「柳橋歌舞伎」とは?

柳橋歌舞伎とは、福島県郡山市の山間部、中田町柳橋地区で毎年第3日曜日に行われている素人歌舞伎(農村歌舞伎)で、江戸時代から200年以上に渡り伝承されている伝統芸能です。

1804~1830年の文化・文政期に、各地の旅芸人が宿場町であった柳橋地区の宿に住み続けるようになり、宿賃の代わりに菅布禰(すがふね)神社に歌舞伎奉納したことが始まりと伝えられています。

柳橋歌舞伎の現在に至るまでの歴史

1840年に初めて柳橋村・木目沢村で歌舞伎(義経千本桜)が上演され、当時使用していた化粧道具が今でも残っています。

その後、宗像亀佐氏以下地元の有志により、歌舞伎研究部を発足。1940年、太平洋戦争で歌舞伎上演は余儀なく中断させられますが、1947年に青年歌舞伎として復活しました。

1980年に柳橋歌舞伎保存会を結成。1983年に「郡山市指定重要無形民俗文化財」となり、この年から毎年第3日曜日に、柳橋歌舞伎伝承館(黒石荘)にて定期公演を行っています。

2003年には、衣装17点も「郡山市指定重要有形民俗文化財」に指定されました。

伝統芸能を守り継ぐ「柳橋歌舞伎保存会」

柳橋歌舞伎保存会は、歌舞伎定期公演と、地元中学校が授業として行っている柳橋歌舞伎の公演に向けての指導や協力を中心に活動しています。また、各地からの公演依頼にも対応し、今年度は南会津の大桃舞台公演、東京一ツ橋での公演、郡山民俗芸能大会での公演が予定され、各地で人気を呼んでいます。

柳橋歌舞伎伝承館について

柳橋歌舞伎は、農村集落施設の「黒石荘」を利用して歌舞伎公演を行っています。回を重ねるごとに、常設の舞台が必要ということで、黒石荘を改修する形でできたのが「柳橋歌舞伎伝承館」です。それ以降「黒石荘」は、主に定期公演の際に「柳橋歌舞伎伝承館」として利用されています。

なお、1995年には伝承館の敷地内に「歌舞伎衣装収蔵庫」が建設され、貴重な衣装やカツラ、その他の歌舞伎の備品や道具等を収納しています。守り継がれた豪華絢爛な衣装も、歌舞伎の見どころの一つです。

地元中学校では授業でも「柳橋歌舞伎が」!

地元・御舘中学校では、地域連携の授業として、歌舞伎の定期公演や学校祭での公演をしています。全校生徒が参加して、役者、化粧、舞台係、音曲(三味線)、司会進行まで、生徒自身で担当。演目は「義経千本桜」と「白浪五人男」。中学生が一生懸命演じる歌舞伎も必見です!

最後に…
柳橋歌舞伎は、役者はもちろん、三味線、衣装、音響、義太夫、化粧、照明など、あらゆる裏方までが全て住民が行っています。手作りゆえの大変さや面白さがあり、また、手作りとは思えない迫力で観客を魅了します。年に一度しか観られない郡山市指定重要無形民俗文化財「柳橋歌舞伎」を観に、ぜひ一度足をお運びください。

「柳橋歌舞伎」をもっと楽しむためのななびチェック!

毎年変わる演目で、観る者に新鮮な感動を

一の谷嫩軍記 3演目、奥州安達ヶ原 2演目、絵本太功記、義経千本桜、菅原伝授手習鑑など、これまで17演目のレパートリーがありました。現在ではその内の7演目をメインに、毎年演目が変わります。

売店や出店も登場

公演日にはおにぎりや焼き鳥、ビールなど、数々の売店や出店がずらりと並び、年に一度のお祭りを盛り上げます。地元の方とわいわいお酒などを酌み交わしながら観覧するのも、楽しそうですね。

「柳橋歌舞伎」について詳しくはこちら

関連する投稿


郡山市 |「AMEKAZE」“ローカル”に特化した食のセレクトショップ

郡山市 |「AMEKAZE」“ローカル”に特化した食のセレクトショップ

黒を基調としたシンプルなたたずまいが特徴的な、グローサリーマーケット「AMEKAZE」。カーショップのようなスタイリッシュな外観ですが、店内には地元の名産物をはじめ、各地のおいしいものがずらりと勢ぞろい。おみやげやプレゼント選びにもピッタリなお店です。




郡山 |「仁井田本家」酒蔵なのにスイーツ?! 自然酒造りが自慢の酒蔵が手がける「糀スイーツ」

郡山 |「仁井田本家」酒蔵なのにスイーツ?! 自然酒造りが自慢の酒蔵が手がける「糀スイーツ」

創業300年超の歴史を誇り、自然米・純米・自然派酒母すべて100%の日本酒の醸造、販売をしている「仁井田本家」。ここ数年、日本酒造りと並行して力を入れているのが、発酵食品の開発や製造で、無肥料・無農薬栽培の自然米だけでつくった「糀」のスイーツが人気を呼んでいます。


郡山 |「のんびりアルパカ牧場」遊んで食べてのんびりできる、アットホームな雰囲気の小さな牧場

郡山 |「のんびりアルパカ牧場」遊んで食べてのんびりできる、アットホームな雰囲気の小さな牧場

郡山市の静かな山あいにある施設「のんびり温泉別館イワナの里」。この施設にある「アルパカ牧場」では、アルパカや羊、ミニチュアホースなどの動物たちが、のんびり暮らしています。動物たちとふれあった後は、カフェやベーカリーでのんびりとくつろぎ、至福のひとときを過ごしてみませんか?


最新の投稿


郡山市 |「AMEKAZE」“ローカル”に特化した食のセレクトショップ

郡山市 |「AMEKAZE」“ローカル”に特化した食のセレクトショップ

黒を基調としたシンプルなたたずまいが特徴的な、グローサリーマーケット「AMEKAZE」。カーショップのようなスタイリッシュな外観ですが、店内には地元の名産物をはじめ、各地のおいしいものがずらりと勢ぞろい。おみやげやプレゼント選びにもピッタリなお店です。


蔵王 |【ななび連載:蔵王編vol.3】遠刈田温泉で探すほっこりアイテム&手づくり体験

蔵王 |【ななび連載:蔵王編vol.3】遠刈田温泉で探すほっこりアイテム&手づくり体験

蔵王町の人気スポットのひとつといえば、開湯約400年の歴史をもつ遠刈田温泉。温泉街はこぢんまりとしていますが、見どころがたくさんあって散策にぴったり。ステキなアイテムがそろう陶芸工房やギャラリーショップも点在しているので、作家ものの器をおみやげにしたり、絵付け体験でオリジナルアイテムをつくったりするのもオススメです。


鶴岡 |「フルーツショップ青森屋」こぼれんばかりのフルーツにびっくり!ぜいたくなタルト&ケーキを味わおう

鶴岡 |「フルーツショップ青森屋」こぼれんばかりのフルーツにびっくり!ぜいたくなタルト&ケーキを味わおう

山形県といえば、日本屈指のフルーツ王国。鶴岡市にある「フルーツショップ青森屋」は、地元をはじめ全国各地から仕入れたよりすぐりのフルーツを扱う青果店です。店内にはカフェスペースも併設し、青果店ならではの新鮮なフルーツをたっぷり使ったタルトやケーキが大人気。遊び心あふれる空間にも注目してみてくださいね。


松島 |「ザ・ミュージアム MATSUSHIMA」3つのコレクションの魅力を一度に楽しめる博物館

松島 |「ザ・ミュージアム MATSUSHIMA」3つのコレクションの魅力を一度に楽しめる博物館

日本三景のひとつ、宮城県の松島にある「ザ・ミュージアム MATSUSHIMA」は、レトロなおもちゃ・モードファッション・オルゴールの3つのコレクションをひとつの施設で観ることができるミュージアムです。普段はなかなかお目にかかれない貴重なコレクションをたくさん展示しているので、じっくり鑑賞を楽しみましょう。


蔵王 |【ななび連載:蔵王編vol.2】家族みんなが大満足の蔵王グルメを満喫

蔵王 |【ななび連載:蔵王編vol.2】家族みんなが大満足の蔵王グルメを満喫

自然豊かな蔵王町には、大地の恵みがギュッと詰まったおいしい農産物がいっぱい!また、近隣の市町村も農業が盛んだったり、ブランド豚を飼育していたりすることから、フレッシュな食材でつくる料理自慢のお店がたくさんあります。今回はそんな蔵王町のお店のなかから、お子さんの大好物がそろう人気の3店をご紹介します。