男鹿 |【ななび連載:男鹿編vol.1】男鹿ってどんなところ?

男鹿 |【ななび連載:男鹿編vol.1】男鹿ってどんなところ?

秋田県の西側、日本海に突き出た男鹿半島の大部分を占める男鹿市は、国の重要無形民俗文化財である「なまはげ」で有名な街。今回は、オープンしたばかりの新施設をはじめ、本物のなまはげを間近で見られる「なまはげ柴灯まつり」や、ファミリーに大人気の「男鹿水族館GAO」など、男鹿の魅力をたっぷりとご紹介します。


2018年夏、NEWオープン!「JR男鹿駅」&「道の駅 おが」

男鹿の旬な話題といえば、陸の玄関口であるJR男鹿駅のリニューアル。もとの駅から約100メートル離れた場所に、2018年7月にピカピカの新駅舎がお目見えしました。

屋上テラスからは、街のシンボルである寒風山や日本海を一望できます。

新駅舎の開業にあわせて、駅のすぐ近くに「道の駅 おが(なまはげの里 オガーレ)」もオープンしました。

三方を海に囲まれ、四季を通じて海の幸に恵まれた男鹿半島。館内の直売所には新鮮な魚介類が豊富にそろいます。

地元の漁師さんが獲れたての魚をパック詰めして店頭に並べるので、時にはパックのなかで跳びはねている魚も!そんな新鮮な魚介類がお手ごろな価格で手に入るとあって、お昼頃にはすでに品薄状態になってしまいます。店内の調理コーナーで買った魚をさばいてもらえる(調理費は有料)のもうれしいポイントですね。

魚介類だけでなく、男鹿ならではの特産品もラインナップ。6月下旬~8月中旬までは「若美メロン」、9月下旬~10月上旬までは「男鹿梨」など、地元で採れたみずみずしいフルーツがオススメです。

ほかにも、男鹿ならではの食材を使ったメニューが味わえるレストランやジェラートショップも併設。名産のハタハタを使った魚醤「しょっつる」風味のソフトクリームや、男鹿の海水でつくる塩をブレンドしたジェラートなどが人気ですよ。

本物のなまはげに会える!男鹿の冬の風物詩「なまはげ柴灯まつり」

「なまはげ柴灯(せど)まつり」は、なまはげに縁のある「真山神社」を会場に、例年2月上旬に開催される男鹿のビッグイベントです。900年以上前から続く神事「柴灯祭(さいとうさい)」と、民俗行事であるなまはげを組み合わせた観光イベントで、迫力満点のなまはげを間近で体験しようと多くの見物客でにぎわいます。

祭りでは、家内安全や五穀豊穣などを願い、15体のなまはげが力強い和太鼓の音にあわせて乱舞を繰り広げます。恐ろしい形相のなまはげが、赤々と燃える焚き火のもとで勇ましく踊る様子は幻想的。

さらにクライマックスとなる「なまはげ下山」では、松明をかざしたなまはげが雪山から降りてきます。なまはげは観客に近付きながら練り歩くので、大人もお子さんもびっくりしてしまうかもしれません。

「男鹿水族館GAO」で海の生き物に癒やされよう

男鹿半島の海沿いに建つ「男鹿水族館GAO」は、ファミリーに大人気のスポット。約400種10,000点もの生き物を飼育・展示し、秋田県の魚・ハタハタに特化した「ハタハタ博物館」、かわいらしいアザラシやアシカが見られる「ひれあし's 館」など、バラエティに富んだコーナーが楽しめます。

見どころは、男鹿の海を再現した「男鹿の海大水槽」。マダイやシマアジ、アオウミガメなど、約40種2,000匹もの生き物がダイナミックに泳ぎまわります。

やんちゃなホッキョクグマの豪太くんは、水族館の人気者。体長約280センチメートル、体重約350キロの大きな体で、おもちゃで遊んだりプールのなかをのんびり泳いだり、ユーモラスな動きでお客さんを楽しませてくれます。

観察室では至近距離で豪太くんを見られるため、お子さんたちは大喜び!「クマの手観察窓」からは豪太くんがエサを取る様子が見られるので、エサの時間をチェックしておくのがオススメです。

館内のミュージアムショップには、豪太くんグッズはもちろん、海の生き物たちをモチーフにしたかわいいぬいぐるみやオリジナルアイテムがたくさん。男鹿ならではのおみやげも充実しているので、見学を楽しんだ後は忘れずにチェックしてくださいね。

次回は、男鹿を訪れたら味わいたい絶品グルメをご紹介。豊富な海の幸を活かした、鮮度・味・ボリュームすべてに大満足のお店ばかりですよ。

男鹿市での街歩きをもっと楽しむ!ななびチェック!

男鹿の見どころを結ぶ「なまはげシャトル」が便利

JR男鹿駅と主要な観光スポットを結ぶ相乗りタクシー「なまはげシャトル」が運行しています(前日までに要予約)。

「なまはげ柴灯まつり」開催日はシャトルバスが運行

「なまはげ柴灯まつり」の会場へは、JR男鹿駅から臨時有料バスが運行します。駐車場はありますが、真冬の道路は積雪や凍結の恐れも。公共交通機関での来場がオススメです。

宿泊するなら「男鹿温泉郷」へ

1,000年以上の歴史をもつ男鹿温泉郷には、“なまはげ風呂”のある宿など、個性的な宿が集まります。

「道の駅 おが」について詳しくはこちら
「なまはげ柴灯まつり」について詳しくはこちら
「男鹿水族館GAO」について詳しくはこちら

関連する投稿




秋田 |「秋田市大森山動物園~あきぎんオモリンの森~」の動物イベントに参加しよう!

秋田 |「秋田市大森山動物園~あきぎんオモリンの森~」の動物イベントに参加しよう!

秋田県秋田市の大森山公園にある「秋田市大森山動物園~あきぎんオモリンの森~」は、動物たちとふれあえる人気スポット。ユキヒョウやレッサーパンダなどの動物たちを観察できるほか、食事風景が見られる「まんまタイム」を開催しています。また、イベントも多数行なわれ、動物たちとのさまざまな時間を楽しめます。


にかほ |「TDK歴史みらい館」驚きの連続!最新技術を遊んで体感しよう

にかほ |「TDK歴史みらい館」驚きの連続!最新技術を遊んで体感しよう

秋田県にかほ市にある「TDK歴史みらい館」は、電子部品メーカー・TDKの歴史や技術を紹介するミュージアム。企業の施設と聞くと難しそうなイメージがあるかもしれませんが、電化製品の内部展示やデジタル技術を駆使したシアターがあるなど、館内には楽しい仕掛けがいっぱい!さらには入場料無料と、親子のおでかけにぴったりなんですよ。


鹿角 |「道の駅おおゆ」ショップにカフェ、足湯やビオトープもそろう道の駅

鹿角 |「道の駅おおゆ」ショップにカフェ、足湯やビオトープもそろう道の駅

秋田県鹿角市に2018年4月にオープンした「道の駅おおゆ」。世界的な建築家が設計を手がけた建物には、秋田はもちろん全国から選りすぐりのアイテムを集めたショップや、地元のブランド肉を味わえるカフェなどがあります。思いきり走り回れる天然芝の広場や、ビオトープを設けた散策エリアも整備されているので、家族でのびのびと過ごせますよ。


最新の投稿


蔵王 |【ななび連載:蔵王編vol.3】遠刈田温泉で探すほっこりアイテム&手づくり体験

蔵王 |【ななび連載:蔵王編vol.3】遠刈田温泉で探すほっこりアイテム&手づくり体験

蔵王町の人気スポットのひとつといえば、開湯約400年の歴史をもつ遠刈田温泉。温泉街はこぢんまりとしていますが、見どころがたくさんあって散策にぴったり。ステキなアイテムがそろう陶芸工房やギャラリーショップも点在しているので、作家ものの器をおみやげにしたり、絵付け体験でオリジナルアイテムをつくったりするのもオススメです。


鶴岡 |「フルーツショップ青森屋」こぼれんばかりのフルーツにびっくり!ぜいたくなタルト&ケーキを味わおう

鶴岡 |「フルーツショップ青森屋」こぼれんばかりのフルーツにびっくり!ぜいたくなタルト&ケーキを味わおう

山形県といえば、日本屈指のフルーツ王国。鶴岡市にある「フルーツショップ青森屋」は、地元をはじめ全国各地から仕入れたよりすぐりのフルーツを扱う青果店です。店内にはカフェスペースも併設し、青果店ならではの新鮮なフルーツをたっぷり使ったタルトやケーキが大人気。遊び心あふれる空間にも注目してみてくださいね。


松島 |「ザ・ミュージアム MATSUSHIMA」3つのコレクションの魅力を一度に楽しめる博物館

松島 |「ザ・ミュージアム MATSUSHIMA」3つのコレクションの魅力を一度に楽しめる博物館

日本三景のひとつ、宮城県の松島にある「ザ・ミュージアム MATSUSHIMA」は、レトロなおもちゃ・モードファッション・オルゴールの3つのコレクションをひとつの施設で観ることができるミュージアムです。普段はなかなかお目にかかれない貴重なコレクションをたくさん展示しているので、じっくり鑑賞を楽しみましょう。


蔵王 |【ななび連載:蔵王編vol.2】家族みんなが大満足の蔵王グルメを満喫

蔵王 |【ななび連載:蔵王編vol.2】家族みんなが大満足の蔵王グルメを満喫

自然豊かな蔵王町には、大地の恵みがギュッと詰まったおいしい農産物がいっぱい!また、近隣の市町村も農業が盛んだったり、ブランド豚を飼育していたりすることから、フレッシュな食材でつくる料理自慢のお店がたくさんあります。今回はそんな蔵王町のお店のなかから、お子さんの大好物がそろう人気の3店をご紹介します。


新潟 | 米どころ・新潟は大福のレベルも高し!人気の大福3選

新潟 | 米どころ・新潟は大福のレベルも高し!人気の大福3選

新潟の大福は、県外の人がびっくりするほどのおいしさで知られています。新潟にはきんぴらごぼうを入れたものや、塩だけで煮た甘くないあんこが入った「おやき」と呼ばれる大福など、珍しい大福も。ただ、今回紹介するのは定番の豆大福。新潟の老舗がつくるこだわりや工夫が詰まった豆大福をぜひ食べ比べてみてください。