新潟 |「新潟まつり」、「長岡まつり」…2018年新潟の夏まつりまとめ

新潟 |「新潟まつり」、「長岡まつり」…2018年新潟の夏まつりまとめ

2018年の夏も、全国でさまざまなイベントが催されます。「新潟まつり」や「長岡まつり」など、新潟県で開催される夏まつりをいくつかピックアップしてご紹介します!観光などで県外から参加する方にも、地元で毎年参加される方にもお役立ていただけるようにまとめました!ぜひご覧ください。


8月:夏の夜空に大輪の花が咲く!「長岡まつり」

慰霊、復興、平和への祈りを込めて開催される「長岡まつり」。3日間の日程で、平和祭・昼行事・大花火大会と大きく3つのプログラムで構成されています。2018年はより一層の盛り上げを期待して、例年よりも30分早くスタートさせ、4時間30分の拡大バージョンとなります。

1日目は、長岡駅前大手通り・スズラン通りを会場にパレードや大民謡流し(長岡甚句)などが行なわれ、夜には慰霊の花火が打ち上げられます。2日目の昼間は、パレードやサマーミュージックフェスティバル、や企業ブースの出店などがふれあい広場で行われます。3日目は、わんぱくおまつり広場で吉本お笑いライブなどのステージイベントが目白押し!

2日目・3日目の夜には信濃川の河川敷で「長岡大花火大会」が開催されますので、ぜひ3日間まるごとの参加がオススメ。「長岡大花火大会」は越後三大花火のひとつで、信濃川を舞台に「ナイアガラ超大型スターマイン」をはじめ、数多くの花火が盛大に打ち上げられる様子は圧巻です!

「長岡まつり大花火大会」は、こちらの記事で詳しくご紹介中です!

「長岡まつり」について詳しくはこちら

8月:伝統行事を3日間で一挙開催!「新潟まつり」

住吉祭、商工祭、川開き、開港記念祭。この歴史のある4つのまつりが合体したのが「新潟まつり」。3日間にわたり多彩な催しがあり、期間中は休みなく楽しむことができます。

1日目は日本最大級の「大民謡流し」。約14,000人もの躍り手が、萬代橋を中心に踊り歩きます。飛び入り参加もできるので、参加してみてはいかがでしょうか。

2日目は、伝統的な衣装をまとい練り歩く「住吉行列」(2回)、鼓笛隊やダンスが華やかな「新潟キラキラパレード」、信濃川を渡る「水上みこし渡御」、神輿7基を約4,000人が白山神社へとかつぐ「市民みこし」などが行なわれ、盛り上がります。3日目は、フィナーレを飾る「花火大会~新潟開港150周年記念~」。音楽にあわせて花火を打ち上げる「まちなか音楽花火」、スターマインは新潟の夜空を華やかに染めます。

とくに大型ワイドスターマイン「エボリューション(進化)」は、ほかの花火大会ではなかなか見ることができない圧巻の花火!花火大会は有料席も販売中ですので、ご検討中の方はそちらもチェックしましょう。

「新潟まつり」について詳しくはこちら

9月:熱気と迫力がすごい!歴史ある伝統行事「葛塚まつり」

新潟市の北区にある旧豊栄市街地で開催される,260年の歴史がある伝統的なまつり「葛塚まつり」。毎年9月6日~8日の3日間にわたり開催されます。

地域の小学生のマーチングバンドパレードが披露され、灯籠の山車巡行、石動神社へのお宮参りをする「葛塚石動神社秋季祭礼」が行なわれます。

2日目~3日目は稲荷神社などへ山車が巡行する「葛塚稲荷神社秋季祭礼」。そして、この祭りの見どころといえば、最終日の夜に行われる「灯籠入舞」です。

「けんか灯籠」とも呼ばれ、石動神社と稲荷神社の、それぞれ4基の灯籠が激しくぶつかりあいます!2016年、安全のために押し合いを中止していましたが、2017年にルールを工夫することで復活。待ち望んだ行事が再開できたとあって、大変な盛り上がりを見せました。「灯籠入舞」以外にも出店が200店以上あり、食べ歩きを楽しむこともできます。

夏の終わり、そして秋のはじまり。季節の移り変わりを感じながら参加してみてはいかがでしょうか。

「葛塚まつり」について詳しくはこちら

8月 歴史ある伝統技術を体感!「細身の鉈と専用木鞘の制作体験 城下の風情と鍛冶屋まち三条寺町通りで楽しむ 夏の朝餉と季節の実り」

新潟県三条市で活動しているNPO法人えんがわ主催で、三条市の新たなものづくりコンテンツとして開催する1泊2日のイベント。各職人から直々に指導していただきながら、自分だけの登山鉈をつくることができる貴重な機会です。

金物の町として知られる三条市に伝わる伝統技術を継承している三条鍛冶の職人から「鎚目入れ」「刃卸・刃研ぎ」といった鉈づくりの工程を指導していただきます。さらに、害獣対策で集められた鹿角を使用して、オリジナルの木鞘も制作できます。

伝統技術だけではなく、季節を感じる郷土グルメ、風情ある街並みを心ゆくまで楽しめる機会をどうぞお見逃しなく!なお、18歳以上が対象で定員制ですのでご注意ください。

「細身の鉈と専用木鞘の制作体験 城下の風情と鍛冶屋まち三条寺町通りで楽しむ 夏の朝餉と季節の実り」について詳しくはこちら

いかがでしたか?ぜひ、新潟県の伝統あるお祭りに足を運んでみてくださいね。興味深いと思われた方は、SNSなどでシェアをお願いします!

関連する投稿


新潟 | 米どころ・新潟は大福のレベルも高し!人気の大福3選

新潟 | 米どころ・新潟は大福のレベルも高し!人気の大福3選

新潟の大福は、県外の人がびっくりするほどのおいしさで知られています。新潟にはきんぴらごぼうを入れたものや、塩だけで煮た甘くないあんこが入った「おやき」と呼ばれる大福など、珍しい大福も。ただ、今回紹介するのは定番の豆大福。新潟の老舗がつくるこだわりや工夫が詰まった豆大福をぜひ食べ比べてみてください。




村上 |「城下町村上 町屋の人形さま巡り」町屋に伝わる貴重なひな人形を見に行きましょう

村上 |「城下町村上 町屋の人形さま巡り」町屋に伝わる貴重なひな人形を見に行きましょう

日本海に面した「北限の茶どころ」である村上市では、毎年3月1日~4月3日まで「城下町村上 町屋の人形さま巡り」が行われています。村上市は江戸時代、村上藩の城下町として栄えた街で、旧町人町一帯には今も情緒あふれる古い町並みや町屋が残っています。村上市内の町屋を訪ね、各家庭に代々受け継がれながら大切に保管されてきた「人形さま」を見に行きませんか。


小千谷 |「おぢや風船一揆」冬の青空を、カラフルな熱気球が彩るファンタジーな世界

小千谷 |「おぢや風船一揆」冬の青空を、カラフルな熱気球が彩るファンタジーな世界

新潟県小千谷市で開催される「おぢや風船一揆」。毎年2月下旬の土曜・日曜に行なわれ、2019年で43回目を迎えます。「風船」といっても実は熱気球のこと。雪に覆われた田んぼの上空を、色鮮やかな熱気球が飛び交う光景は圧巻です! ほかにもみどころ盛りだくさんな、大人も子どもも楽しめる「おぢや風船一揆」をご紹介します。


最新の投稿


蔵王 |【ななび連載:蔵王編vol.3】遠刈田温泉で探すほっこりアイテム&手づくり体験

蔵王 |【ななび連載:蔵王編vol.3】遠刈田温泉で探すほっこりアイテム&手づくり体験

蔵王町の人気スポットのひとつといえば、開湯約400年の歴史をもつ遠刈田温泉。温泉街はこぢんまりとしていますが、見どころがたくさんあって散策にぴったり。ステキなアイテムがそろう陶芸工房やギャラリーショップも点在しているので、作家ものの器をおみやげにしたり、絵付け体験でオリジナルアイテムをつくったりするのもオススメです。


鶴岡 |「フルーツショップ青森屋」こぼれんばかりのフルーツにびっくり!ぜいたくなタルト&ケーキを味わおう

鶴岡 |「フルーツショップ青森屋」こぼれんばかりのフルーツにびっくり!ぜいたくなタルト&ケーキを味わおう

山形県といえば、日本屈指のフルーツ王国。鶴岡市にある「フルーツショップ青森屋」は、地元をはじめ全国各地から仕入れたよりすぐりのフルーツを扱う青果店です。店内にはカフェスペースも併設し、青果店ならではの新鮮なフルーツをたっぷり使ったタルトやケーキが大人気。遊び心あふれる空間にも注目してみてくださいね。


松島 |「ザ・ミュージアム MATSUSHIMA」3つのコレクションの魅力を一度に楽しめる博物館

松島 |「ザ・ミュージアム MATSUSHIMA」3つのコレクションの魅力を一度に楽しめる博物館

日本三景のひとつ、宮城県の松島にある「ザ・ミュージアム MATSUSHIMA」は、レトロなおもちゃ・モードファッション・オルゴールの3つのコレクションをひとつの施設で観ることができるミュージアムです。普段はなかなかお目にかかれない貴重なコレクションをたくさん展示しているので、じっくり鑑賞を楽しみましょう。


蔵王 |【ななび連載:蔵王編vol.2】家族みんなが大満足の蔵王グルメを満喫

蔵王 |【ななび連載:蔵王編vol.2】家族みんなが大満足の蔵王グルメを満喫

自然豊かな蔵王町には、大地の恵みがギュッと詰まったおいしい農産物がいっぱい!また、近隣の市町村も農業が盛んだったり、ブランド豚を飼育していたりすることから、フレッシュな食材でつくる料理自慢のお店がたくさんあります。今回はそんな蔵王町のお店のなかから、お子さんの大好物がそろう人気の3店をご紹介します。


新潟 | 米どころ・新潟は大福のレベルも高し!人気の大福3選

新潟 | 米どころ・新潟は大福のレベルも高し!人気の大福3選

新潟の大福は、県外の人がびっくりするほどのおいしさで知られています。新潟にはきんぴらごぼうを入れたものや、塩だけで煮た甘くないあんこが入った「おやき」と呼ばれる大福など、珍しい大福も。ただ、今回紹介するのは定番の豆大福。新潟の老舗がつくるこだわりや工夫が詰まった豆大福をぜひ食べ比べてみてください。