新型コロナウイルス感染症の影響により、「ななび」に掲載しているスポットやイベントなどの
開催・営業時間に、変更が発生している場合がございます。
おでかけ前に、各スポット公式サイトをご確認くださいませ。
 

新潟 |「新潟まつり」、「長岡まつり」…2018年新潟の夏まつりまとめ

新潟 |「新潟まつり」、「長岡まつり」…2018年新潟の夏まつりまとめ

2018年の夏も、全国でさまざまなイベントが催されます。「新潟まつり」や「長岡まつり」など、新潟県で開催される夏まつりをいくつかピックアップしてご紹介します!観光などで県外から参加する方にも、地元で毎年参加される方にもお役立ていただけるようにまとめました!ぜひご覧ください。


8月:夏の夜空に大輪の花が咲く!「長岡まつり」

慰霊、復興、平和への祈りを込めて開催される「長岡まつり」。3日間の日程で、平和祭・昼行事・大花火大会と大きく3つのプログラムで構成されています。2018年はより一層の盛り上げを期待して、例年よりも30分早くスタートさせ、4時間30分の拡大バージョンとなります。

1日目は、長岡駅前大手通り・スズラン通りを会場にパレードや大民謡流し(長岡甚句)などが行なわれ、夜には慰霊の花火が打ち上げられます。2日目の昼間は、パレードやサマーミュージックフェスティバル、や企業ブースの出店などがふれあい広場で行われます。3日目は、わんぱくおまつり広場で吉本お笑いライブなどのステージイベントが目白押し!

2日目・3日目の夜には信濃川の河川敷で「長岡大花火大会」が開催されますので、ぜひ3日間まるごとの参加がオススメ。「長岡大花火大会」は越後三大花火のひとつで、信濃川を舞台に「ナイアガラ超大型スターマイン」をはじめ、数多くの花火が盛大に打ち上げられる様子は圧巻です!

「長岡まつり大花火大会」は、こちらの記事で詳しくご紹介中です!

「長岡まつり」について詳しくはこちら

8月:伝統行事を3日間で一挙開催!「新潟まつり」

住吉祭、商工祭、川開き、開港記念祭。この歴史のある4つのまつりが合体したのが「新潟まつり」。3日間にわたり多彩な催しがあり、期間中は休みなく楽しむことができます。

1日目は日本最大級の「大民謡流し」。約14,000人もの躍り手が、萬代橋を中心に踊り歩きます。飛び入り参加もできるので、参加してみてはいかがでしょうか。

2日目は、伝統的な衣装をまとい練り歩く「住吉行列」(2回)、鼓笛隊やダンスが華やかな「新潟キラキラパレード」、信濃川を渡る「水上みこし渡御」、神輿7基を約4,000人が白山神社へとかつぐ「市民みこし」などが行なわれ、盛り上がります。3日目は、フィナーレを飾る「花火大会~新潟開港150周年記念~」。音楽にあわせて花火を打ち上げる「まちなか音楽花火」、スターマインは新潟の夜空を華やかに染めます。

とくに大型ワイドスターマイン「エボリューション(進化)」は、ほかの花火大会ではなかなか見ることができない圧巻の花火!花火大会は有料席も販売中ですので、ご検討中の方はそちらもチェックしましょう。

「新潟まつり」について詳しくはこちら

9月:熱気と迫力がすごい!歴史ある伝統行事「葛塚まつり」

新潟市の北区にある旧豊栄市街地で開催される,260年の歴史がある伝統的なまつり「葛塚まつり」。毎年9月6日~8日の3日間にわたり開催されます。

地域の小学生のマーチングバンドパレードが披露され、灯籠の山車巡行、石動神社へのお宮参りをする「葛塚石動神社秋季祭礼」が行なわれます。

2日目~3日目は稲荷神社などへ山車が巡行する「葛塚稲荷神社秋季祭礼」。そして、この祭りの見どころといえば、最終日の夜に行われる「灯籠入舞」です。

「けんか灯籠」とも呼ばれ、石動神社と稲荷神社の、それぞれ4基の灯籠が激しくぶつかりあいます!2016年、安全のために押し合いを中止していましたが、2017年にルールを工夫することで復活。待ち望んだ行事が再開できたとあって、大変な盛り上がりを見せました。「灯籠入舞」以外にも出店が200店以上あり、食べ歩きを楽しむこともできます。

夏の終わり、そして秋のはじまり。季節の移り変わりを感じながら参加してみてはいかがでしょうか。

「葛塚まつり」について詳しくはこちら

8月 歴史ある伝統技術を体感!「細身の鉈と専用木鞘の制作体験 城下の風情と鍛冶屋まち三条寺町通りで楽しむ 夏の朝餉と季節の実り」

新潟県三条市で活動しているNPO法人えんがわ主催で、三条市の新たなものづくりコンテンツとして開催する1泊2日のイベント。各職人から直々に指導していただきながら、自分だけの登山鉈をつくることができる貴重な機会です。

金物の町として知られる三条市に伝わる伝統技術を継承している三条鍛冶の職人から「鎚目入れ」「刃卸・刃研ぎ」といった鉈づくりの工程を指導していただきます。さらに、害獣対策で集められた鹿角を使用して、オリジナルの木鞘も制作できます。

伝統技術だけではなく、季節を感じる郷土グルメ、風情ある街並みを心ゆくまで楽しめる機会をどうぞお見逃しなく!なお、18歳以上が対象で定員制ですのでご注意ください。

「細身の鉈と専用木鞘の制作体験 城下の風情と鍛冶屋まち三条寺町通りで楽しむ 夏の朝餉と季節の実り」について詳しくはこちら

いかがでしたか?ぜひ、新潟県の伝統あるお祭りに足を運んでみてくださいね。興味深いと思われた方は、SNSなどでシェアをお願いします!

関連する投稿


上越 |「上越市立水族博物館 うみがたり」子どもから大人まで海の世界に癒やされる空間

上越 |「上越市立水族博物館 うみがたり」子どもから大人まで海の世界に癒やされる空間

新潟県上越市にある、地元の人から80年以上愛されていきた「上越市立水族博物館」が、2018年に装いも新たにグランドオープン!名称も「上越市立水族博物館 うみがたり」とし、迫力のあるドルフィンパフォーマンスや100羽以上のマゼランペンギンなど、1日中楽しめるゾーンが盛りだくさん!家族やカップル、友達みんなと満喫できるスポットです。※現在新型コロナウイルス感染症対策を行っています


新潟 |「秋葉硝子」吹きガラスの魅力を伝えるガラス工房

新潟 |「秋葉硝子」吹きガラスの魅力を伝えるガラス工房

新潟市街から車で30分ほどの場所にある秋葉区新津地域。かつてこの地域ではガラス工業が盛んで、10数社の工場があったそう。現在は「秋葉硝子」の1社のみとなりましたが、美しい吹きガラスの魅力を伝えています。大量生産ではなく、手づくりのガラス作品が醸しだす風合いは、多くの人を魅了しています。


津南 |「つなん雪まつり」で雪と友達になろう!

津南 |「つなん雪まつり」で雪と友達になろう!

日本有数の豪雪地帯の津南町で行なわれる「つなん雪まつり」は、雪の楽しさ、美しさを体験できるイベント。注目イベントはスカイランタンの打ち上げですが、ほかにも雪を使ったアトラクションや露店市などイベントが盛りだくさんです。


魚沼 |「第32回魚沼国際雪合戦」で冬の寒さを吹き飛ばそう!

魚沼 |「第32回魚沼国際雪合戦」で冬の寒さを吹き飛ばそう!

新潟県でも有数の豪雪地で知られている魚沼市。市内の小出地区で開催する「魚沼国際雪合戦」は、2020年で32回目を迎えます。雪を楽しもうという発想から誕生し、地元はもちろん、県外からの参加も多数。今では魚沼市の冬を代表するイベントになっています。


新発田 |「城下町しばた全国雑煮合戦」で、体も心もホカホカに

新発田 |「城下町しばた全国雑煮合戦」で、体も心もホカホカに

「城下町しばた全国雑煮合戦」は毎年1月に城下町・新発田市で開催されるイベント。新潟県内のみならず、全国から個性あふれるお雑煮が大集合し、みなさんの投票でグランプリが決まります。当日は餅まきなどのイベントもあり、親子でたっぷりと楽しめます。


最新の投稿


上越 |「上越市立水族博物館 うみがたり」子どもから大人まで海の世界に癒やされる空間

上越 |「上越市立水族博物館 うみがたり」子どもから大人まで海の世界に癒やされる空間

新潟県上越市にある、地元の人から80年以上愛されていきた「上越市立水族博物館」が、2018年に装いも新たにグランドオープン!名称も「上越市立水族博物館 うみがたり」とし、迫力のあるドルフィンパフォーマンスや100羽以上のマゼランペンギンなど、1日中楽しめるゾーンが盛りだくさん!家族やカップル、友達みんなと満喫できるスポットです。※現在新型コロナウイルス感染症対策を行っています


東根 |「東根市さくらんぼタントクルセンター」お子さんの想像力を刺激する遊びがいっぱい

東根 |「東根市さくらんぼタントクルセンター」お子さんの想像力を刺激する遊びがいっぱい

「お子さんをのびのびと遊ばせたい」「楽しみながら自分で考える力を養ってほしい」…そんなパパとママの願いを叶えてくれるのが、山形県東根市にある「東根市さくらんぼタントクルセンター」。巨大な複合遊具をはじめとする多彩な遊びが盛りだくさんのスポットです。大人も一緒に楽しみたくなる遊び場の魅力に迫ります。


秋田 |「ブックスタート推進事業」赤ちゃんの絵本デビューをサポート

秋田 |「ブックスタート推進事業」赤ちゃんの絵本デビューをサポート

全国で広がりをみせる「ブックスタート推進事業」。秋田県秋田市では、0歳児とその保護者を対象に絵本の読み聞かせを定期開催し、絵本をプレゼントする子育て支援事業のひとつとして推進されています。無料で参加できるので、赤ちゃんのはじめての絵本選びや読み聞かせの参考にしてみてくださいね。


名取 |「カフェ モーツァルト ユリイカ」図書館にある地元食材が味わえるカフェ

名取 |「カフェ モーツァルト ユリイカ」図書館にある地元食材が味わえるカフェ

宮城県名取市の「カフェ モーツァルト ユリイカ」は、JR名取駅と直結している「名取市図書館」併設のカフェ。日差しがたっぷり入り込む明るい店内で、地元食材を活かしたランチや華やかなスイーツが味わえます。カフェと同じフロアに設けられた図書館の児童コーナーには、靴を脱いでお子さんと一緒に読書が楽しめるスペースもありますよ。


奥州 |「N'CAFE」体にやさしいスイーツを味わえる“無添加”の住宅ショールーム

奥州 |「N'CAFE」体にやさしいスイーツを味わえる“無添加”の住宅ショールーム

岩手県南部の奥州市水沢地区にある「N'CAFE」は、住宅ショールーム内に設けられたカフェ。“無添加”をキーワードにしたナチュラルな空間で、体にやさしい素材を使ったスイーツをいただけます。日によって担当シェフが替わるランチも要チェックですよ。