山形 |「山形花笠まつり」、「酒田花火ショー」…2018年山形の夏まつりまとめ

山形 |「山形花笠まつり」、「酒田花火ショー」…2018年山形の夏まつりまとめ

2018年の夏も、全国でさまざまなイベントが催されます。「山形花笠まつり」や「酒田花火ショー」など、山形県で開催される夏まつりをいくつかピックアップしてご紹介します!観光などで県外から参加する方にも、地元で毎年参加される方にもお役立ていただけるようにまとめました!ぜひご覧ください。


8月:当日参加OK!花笠音頭の躍り手に「山形花笠まつり」

山形市の夏まつりといえば、東北4大祭りのひとつでもある「山形花笠まつり」。3日間で約14,000人・約160団体もの躍り手が華やかに飾られた山車とともに、花笠音頭を踊って街を練り歩きます。

花笠音頭はスゲ笠に赤い花を飾りつけた“花笠”を手に、「ヤッショ、マカショ」の掛け声と花笠太鼓で踊る伝統舞踊。団体によってさまざまな工夫を凝らした踊りは、見応えがあります。

パレードのメインコースは、JR奥羽本線山形駅前、十日町~本町~七日町通り~文翔館前。パレードには飛び入り参加ができるチャンスも!パレードのゴールに近い市役所前、そしてパレード最後尾の2ヶ所に、飛び込み参加の看板を持った係員が待機しているそうなので、ぜひそちらから参加してみてはいかがでしょうか。

「山形花笠まつり」について詳しくはこちら

8月:最上川と夜空を彩る大迫力の花火「酒田花火ショー」

85年以上も前から行われている伝統行事「酒田花火ショー」。広大な最上川を舞台に12,000発以上の花火が打ち上げられ、尺玉はもちろん、水上スターマイン・空中スターマインの同時打ち上げや、展開幅が約2キロメートルもある超ワイドスターマイン、大空中ナイアガラまで多彩で高度な花火エンターテイメイントが展開されます。

大型スピーカーによる音楽に合わせて花火が打ちあがる、音楽と花火のコラボも楽しめます。このエンターテイメント性の高さ、豪華で大迫力な花火の数々が、「酒田花火ショー」の見どころです。

「酒田花火ショー」について詳しくはこちら

8月:日本最高峰の花火師たちの共演を間近で!「赤川花火大会」

「全国デザイン花火競技会」という別名を持つ鶴岡市の「赤川花火大会」。日本最高峰の花火職人たちがその腕を競い合う大会でもあります。迫力のある花火をより間近で見られる、有料の特別観覧席(マス席)は、次々と埋まってしまうようなので、ぜひお急ぎください。

2018年のテーマは「誇り~こころゆさぶる感動花火~」。珠玉の花火職人たちが、それぞれに趣向を凝らしたクオリティの高いデザイン花火を打ち上げ、観客を魅了します。たくさんの感動的な花火が見られる貴重な機会をお見逃しなく!

「赤川花火大会」について詳しくはこちら

8月:現代によみがえる歴史絵巻!「新庄まつり」

東北地方の夏まつりのフィナーレを飾るのが、ユネスコ世界文化遺産に認定されている「新庄まつり」。毎年40万人を超える観覧客が集まる伝統行事となっています。

1日目の「宵まつり」は、戸沢神社・護国神社・天満宮がある「最上公園」で奉納新庄囃子や所沢神社の例大祭、新庄周辺のエリアでは合同演奏会、南本町十字路では歌舞伎の名場面や歴史絵巻を再現した豪華絢爛な山車がまつり囃子とともに「山車行列運行コース」を練り歩くプログラムが行われます。

2日目の「本まつり」では、まつりのメインとなる山車行列が行われ、盛り上がりも最高潮に!「本まつり」の山車は「宵まつり」とはまた違い、「神輿渡御行列巡行コース」を進みます。

最終日の「後まつり」では山車全20台が展示されたり、小学生以下の子どもたちが日頃の成果を披露する「小若連囃子演奏会」が行われたりと、「本まつり」の余韻を楽しめます。

日にち、プログラムによって開催場所が異なりますので、事前のチェックをお忘れなく!

「新庄まつり」について詳しくはこちら

いかがでしたか?ぜひ、山形県の伝統あるお祭りに足を運んでみてくださいね。興味深いと思われた方は、SNSなどでシェアをお願いします!

関連する投稿


庄内 |「しょうない秋まつり」地元ゆかりのおいしいものが勢ぞろい!

庄内 |「しょうない秋まつり」地元ゆかりのおいしいものが勢ぞろい!

毎年10月上旬に山形県庄内町で開かれる「しょうない秋まつり」。例年、地元特産品の販売、餅つき大会や和太鼓の演奏などが行なわれて賑わいます。なかでも人気なのは、地元食のコーナー。川ガニ汁やイワナの塩焼きをはじめとした山形県の郷土料理、庄内町の友好町・宮城県南三陸町のホタテの炭火焼きといったグルメが充実しています。


鶴岡 |【ななび連載:鶴岡編vol.4】お子さんとおでかけ!レジャースポット3選

鶴岡 |【ななび連載:鶴岡編vol.4】お子さんとおでかけ!レジャースポット3選

日本海と山に抱かれた鶴岡市で、お子さんと思う存分遊んでみませんか?今回は、世界的に有名なクラゲの水族館「鶴岡市立加茂水族館」、全天候型の遊戯施設「KIDS DOME SORAI」、江戸時代にタイムスリップした気分になれる映画の撮影所「スタジオセディック庄内オープンセット」をご紹介。ファミリーでのおでかけにオススメです!


新庄 |「CAFE LABO」チーズがとろとろ♪ラクレットチーズを使ったメニューが評判のカフェレストラン

新庄 |「CAFE LABO」チーズがとろとろ♪ラクレットチーズを使ったメニューが評判のカフェレストラン

山形県新庄市にある「CAFE LABO」は、ラクレットチーズをたっぷりトッピングしたメニューが人気のカフェレストラン。パンケーキやパフェなどのスイーツもそろうほか、手づくりのお弁当やオードブルが地元のファミリーから好評です。映像制作会社が運営を手がけていることから、写真撮影ができるフォトスタジオも併設しているんですよ。


鶴岡 |【ななび連載:鶴岡編vol.3】フレッシュ野菜&フルーツスイーツを買うならココ!

鶴岡 |【ななび連載:鶴岡編vol.3】フレッシュ野菜&フルーツスイーツを買うならココ!

月山と鳥海山という2,000メートル級の2つの山と日本海に囲まれた庄内平野は、伏流水と肥沃な大地に恵まれた農産物の宝庫。夏には、「だだちゃ豆」や「庄内砂丘メロン」といった全国的によく知られる特産品が登場します。旬の採れたて野菜やみずみずしいフルーツを求めて、鶴岡の産直市場へショッピングに出かけましょう。


鶴岡 |【ななび連載:鶴岡編vol.2】おいしい素材をもりもり食べよう!鶴岡でオススメのランチスポット3選

鶴岡 |【ななび連載:鶴岡編vol.2】おいしい素材をもりもり食べよう!鶴岡でオススメのランチスポット3選

山形県の西側・庄内地方にある鶴岡市は、ミネラルが豊富な鳥海山の伏流水や夏と冬の寒暖差などの風土が、おいしいお米や野菜、フルーツの生育にぴったりな土地。日本海にも面しているので、海の幸も豊富です。鶴岡市内にたくさんある地産地消レストランで、フレッシュな食材を生かしたランチをいただきましょう!


最新の投稿


妙高 |「アパリュージョン」音楽とイルミネーションによる幻想的な世界を楽しもう!

妙高 |「アパリュージョン」音楽とイルミネーションによる幻想的な世界を楽しもう!

新潟県妙高市にあるホテル&リゾート「アパリゾート上越妙高」では、2014年からイルミネーションイベントが開催されています。2018年に「アパリュージョン」という名称になってから、光と音で構成するデジタルアートイリュージョンとして、内容も規模もパワーアップ!その魅力をご紹介します!


仙北 |「田沢湖キャンプ場」でキャンプ&アウトドアスポーツを体験!

仙北 |「田沢湖キャンプ場」でキャンプ&アウトドアスポーツを体験!

秋田県仙北市にたたずむ日本一深い湖・田沢湖。湖畔から歩いて約5分の場所にあるのが「田沢湖キャンプ場」です。雑木林に囲まれたキャンプサイトは、エメラルドグリーンに輝く田沢湖を望む絶好のロケーション。湖でのカヌーやカヤック、周辺の山や川でのトレッキングやラフティングなど、さまざまなアウトドアツアーも行なっています。


奥州 |「奥州市水沢産業まつり」地元グルメを楽しめる一大イベント

奥州 |「奥州市水沢産業まつり」地元グルメを楽しめる一大イベント

岩手県奥州市で毎年10月中旬に開催される「奥州市水沢産業まつり」。旬の地場産品の販売が行なわれる、実りの秋にぴったりのイベントです。同時開催の「奥州水沢グルメまつり」には、巨大な鉄鍋で煮込む芋の子汁が登場!食欲の秋を存分に満喫できる名物イベントの内容をご紹介します。


庄内 |「しょうない秋まつり」地元ゆかりのおいしいものが勢ぞろい!

庄内 |「しょうない秋まつり」地元ゆかりのおいしいものが勢ぞろい!

毎年10月上旬に山形県庄内町で開かれる「しょうない秋まつり」。例年、地元特産品の販売、餅つき大会や和太鼓の演奏などが行なわれて賑わいます。なかでも人気なのは、地元食のコーナー。川ガニ汁やイワナの塩焼きをはじめとした山形県の郷土料理、庄内町の友好町・宮城県南三陸町のホタテの炭火焼きといったグルメが充実しています。


おいらせ |「おいらせ百石まつり」「おいらせ下田まつり」華やかな山車で豊作を祈る、秋の2大山車祭り

おいらせ |「おいらせ百石まつり」「おいらせ下田まつり」華やかな山車で豊作を祈る、秋の2大山車祭り

青森県おいらせ町で毎年9月に行なわれる「おいらせ百石まつり」と「おいらせ下田まつり」。旧百石町と旧下田町が合併して生まれた“おいらせ町”の秋祭りで、豊作や大漁、無病息災などを祈願して行なわれます。全国的にも珍しい種類の山車からさまざまな催し物まで、見どころをたっぷりとご紹介します!