秋田 |「秋田竿燈まつり」、「大曲の花火 全国花火競技大会」…2018年秋田の夏まつりまとめ

秋田 |「秋田竿燈まつり」、「大曲の花火 全国花火競技大会」…2018年秋田の夏まつりまとめ

2018年の夏も、全国でさまざまなイベントが催されます。「秋田竿燈まつり」や「大曲の花火 全国花火競技大会」など、秋田県で開催される夏まつりをいくつかピックアップしてご紹介します!観光などで県外から参加する方にも、地元で毎年参加される方にもお役立ていただけるようにまとめました!ぜひご覧ください。


7月:楽しくなければ能代じゃない!「港まつり 能代の花火」

“楽しくなければ能代じゃない!Are you レディ?Okay!”を2018年のテーマに掲げている「港まつり 能代の花火」。60年の歴史がある伝統的な花火大会で、世界自然遺産・白神山地を背に、90分間で15,000発をも打ち上げる圧巻な演出が見どころです。

スターマインをはじめとしたワイドな花火、東北でも能代の花火だけといわれる、最大幅1,000メートルの三尺玉。光と音楽の素晴らしいコラボレーションをお楽しみください。

安全のため会場内はすべて指定席となっています。ファミリー席をはじめいろいろな席が用意されていますので、ぜひチェックしてみてください。

「港まつり 能代の花火」について詳しくはこちら

8月:シンプルながらに妙技が光る!「秋田竿燈まつり」

真夏の病魔・邪気を払う「ねぶり流し」が原型だといわれている「秋田竿燈まつり」。「青森ねぶた祭」、「仙台七夕まつり」と並ぶ東北三大祭りのひとつとして知られ、五穀豊穣を祈願するまつりです。
 
竹竿と提灯でつくられた竿燈、そして太鼓や笛で奏でるお囃子で祭りを飾るシンプルなスタイルですが、竿燈は長さ12メートル、提灯は46個になるものも!それをたったひとりで支え、額や肩などに移動させていく重要無形民俗文化財の妙技をぜひご覧ください。

また、「秋田竿燈まつり」は昼の部と夜の部の二部で構成されています。昼竿燈は秋田駅前の中通り、「エリアなかいち」のにぎわい広場で。夜本番は竿燈大通りを会場に、18:50から竿燈が入場します。

ほかにも、秋田駅西口側のアゴラ広場を会場にした「竿燈体験コーナー」や、市役所会場・中央会場で行われる「竿燈屋台村」など、観覧以外のお楽しみも。秋田商工会議所主催の「ご当地グルメフェスティバル」も大町イベント広場で開催されますので、秋田ご当地グルメもご堪能ください。

「秋田竿燈まつり」は、こちらの記事で詳しくご紹介中です!

「秋田竿燈まつり」について詳しくはこちら

8月:競うからこそ美しい!「大曲の花火 全国花火競技大会」

2018年も、花火の街と名高い「大曲の花火 全国花火競技大会」が開催されます。会場はJR大曲駅から徒歩で約30分ほど。雄物川河川敷です。

花火職人が自らの手で打ち上げて競う「大曲の花火」は、正真正銘の「競技大会」。単なる花火ではなく「競技玉」として創造花火が採用されたことで、花火と音楽が融合した一大エンターテイメントとして、真夏の夜空に花を咲かせます。

遊覧観覧席はA席、C席、イス席と3タイプ用意されていますが、無くなり次第販売終了です。席のない遊覧観覧自由エリアも用意されますが、混雑が予想されますので、時間に余裕をもって会場入りしたほうがよさそうです。

「大曲の花火 全国花火競技大会」は、こちらの記事で詳しくご紹介中です!

「大曲の花火 全国花火競技大会」について詳しくはこちら

8月:時代を超えて復活!「能代七夕 天空の不夜城」

能登市に古くから伝わる七夕行事が「能代七夕 天空の不夜城」。かつて伝統的に行われていた「能代七夕」が「天空の不夜城」として2013年に蘇りました。子どもたちが長方形の灯籠を頭にのせ、城郭型の巨大な灯籠を引いて練り歩きます。

高さ17.メートルの「嘉六(かろく)」と、24.1メートルの「愛季(ちかすえ)」。2基の大型灯籠が国道101号の能代市役所から通町の区間を運行。さらに能代若七夕2基、向能代小若七夕2基も出場します。

「能代七夕 天空の不夜城」について詳しくはこちら

いかがでしたか?ぜひ、秋田県の伝統あるお祭りに足を運んでみてくださいね。興味深いと思われた方は、SNSなどでシェアをお願いします!

関連する投稿


湯沢 |「佐藤養助総本店」で稲庭うどんを食べる、知る、つくる!

湯沢 |「佐藤養助総本店」で稲庭うどんを食べる、知る、つくる!

そのつやつや輝く麺を一口すすると、なめらかなのどごしにうっとりする秋田名物・稲庭うどん。「佐藤養助総本店」は、伝統の製法を守り、職人が手作業で稲庭うどんをつくり続ける創業150有余年の老舗。おいしい稲庭うどんを味わえるだけでなく、製造工程の見学や、手づくり体験にもチャレンジできるのが魅力です。


秋田 |「なかいちウィンターパーク2018-2019」秋田県内の冬イベントが大集合!

秋田 |「なかいちウィンターパーク2018-2019」秋田県内の冬イベントが大集合!

秋田県秋田市で開催される「なかいちウィンターパーク2018-2019」は、イルミネーションや雪遊びなど、ファミリーで楽しめる体験が盛りだくさんの冬限定イベント。開催期間が長く内容も大充実と地元で評判なんですよ。今回は、そんな大人気イベントの最新情報を詳しくご紹介します。


能代 |「ときめきマルシェ」毎回替わるテーマが楽しみな話題のイベント

能代 |「ときめきマルシェ」毎回替わるテーマが楽しみな話題のイベント

秋田県能代市といえば、全国屈指のバスケットボールの強豪校があることで知られる街。そんな能代市内中心部の上町通りで行なわれるイベント「ときめきマルシェ」が、いま地元で注目を集めています。毎回工夫が凝らされたテーマに沿ってさまざまな店が出店し、能代の新たな魅力に出会えると人気なんですよ。


由利本荘 |「自然食堂パドマーニー」でカラダがよろこぶヘルシーメニューを味わおう!

由利本荘 |「自然食堂パドマーニー」でカラダがよろこぶヘルシーメニューを味わおう!

秋田県南部の日本海に面した街・由利本荘市にある「自然食堂パドマーニー」は、地元産の有機野菜を使った総菜や発酵熟成玄米が味わえるレストラン。カラダにやさしいメニューにこだわり、調味料もオーガニックのものを使っています。店内は広々としているので、お子さん連れでも安心ですよ。


男鹿 |【ななび連載:男鹿編vol.4】なまはげスポットをめぐろう

男鹿 |【ななび連載:男鹿編vol.4】なまはげスポットをめぐろう

男鹿といえば「なまはげ」が全国的に有名です。なまはげとは山に棲む神様の化身で、大晦日の夜に「泣ぐ子はいねがー」と叫びながら家々を回る男鹿の伝統行事。2018年の冬には「来訪神行事」のひとつとしてユネスコの無形文化遺産に登録される予定です。今回はなまはげを体験できる施設やなまはげ立像など、なまはげスポットをご紹介!


最新の投稿


西和賀 |「雪あかり in にしわが」町全体がろうそくの明かりに包まれる、心あたたまる冬イベント

西和賀 |「雪あかり in にしわが」町全体がろうそくの明かりに包まれる、心あたたまる冬イベント

岩手県の最西端にある西和賀町は、三方を山々に囲まれた小さな町。県内有数の豪雪地帯として知られ、例年2月に開催されるライトアップイベント「雪あかり in にしわが」は冬の風物詩となっています。当日は町内全域が会場となり、ろうそくを灯した雪像や雪灯籠があちこちに。白い雪とやわらかな明かりが街を包む、幻想的な光景が広がります。


仙台 |「伊達美味マーケット」「お薬師さんの手づくり市」「新寺こみち市」仙台市内のマルシェイベント

仙台 |「伊達美味マーケット」「お薬師さんの手づくり市」「新寺こみち市」仙台市内のマルシェイベント

政令指定都市になり2018年で30周年を迎えた仙台市は、中心部をはじめ近代化が進んでいます。そんな仙台市内では、生産者や地域の人とのつながりを大切にした昔ながらのお買い物ができるマルシェイベントが毎月開かれています。お店の人とやりとりをしながら、お得なショッピングを楽しみましょう。


十日町 |「むこ投げ」「すみ塗り」雪深い土地で続く、めずらしいお祭り

十日町 |「むこ投げ」「すみ塗り」雪深い土地で続く、めずらしいお祭り

新潟県のなかでも屈指の豪雪地帯として知られている、十日町市松之山温泉。この地域に伝わる冬の伝統行事が「むこ投げ」と「すみ塗り」です。「越後の奇祭」とも呼ばれる2つの伝統行事を一目見ようと、毎年多くの人が訪れています。また、豊かな効能で知られる松之山温泉も有名です。おまつりと温泉を楽しみにでかけませんか?


平川 |「Green Note」体験型ふれあい農家カフェで、知らなかったおいしさに出会おう

平川 |「Green Note」体験型ふれあい農家カフェで、知らなかったおいしさに出会おう

青森県平川市の住宅地にある「Green Note」は、青森県の魅力を農業や食を通じて発信しているカフェ。女性農家でもあるオーナーさんとの楽しい会話と、地元ならではの食材をふんだんに取り入れた料理を堪能できる、くつろぎの空間です。おいしさはもちろん、こだわり食材の魅力までたっぷりとご紹介します!


久慈 |【ななび連載:久慈編vol.4】個性派ミュージアムをファミリーでめぐろう

久慈 |【ななび連載:久慈編vol.4】個性派ミュージアムをファミリーでめぐろう

周囲を山と海に抱かれ、グルメや自然の魅力を満喫できる久慈。実は親子で楽しめるスポットもいっぱいなんです。琥珀の産地ならではの博物館や、ドラマで話題になった北限の海女に出会える水族館、道の駅内にあるレトロな博物館と、個性的なスポットをめぐってみませんか?すべて屋内なので、天候を気にせずおでかけできるのもうれしいですね。