秋田 |「秋田竿燈まつり」、「大曲の花火 全国花火競技大会」…2018年秋田の夏まつりまとめ

秋田 |「秋田竿燈まつり」、「大曲の花火 全国花火競技大会」…2018年秋田の夏まつりまとめ

2018年の夏も、全国でさまざまなイベントが催されます。「秋田竿燈まつり」や「大曲の花火 全国花火競技大会」など、秋田県で開催される夏まつりをいくつかピックアップしてご紹介します!観光などで県外から参加する方にも、地元で毎年参加される方にもお役立ていただけるようにまとめました!ぜひご覧ください。


7月:楽しくなければ能代じゃない!「港まつり 能代の花火」

“楽しくなければ能代じゃない!Are you レディ?Okay!”を2018年のテーマに掲げている「港まつり 能代の花火」。60年の歴史がある伝統的な花火大会で、世界自然遺産・白神山地を背に、90分間で15,000発をも打ち上げる圧巻な演出が見どころです。

スターマインをはじめとしたワイドな花火、東北でも能代の花火だけといわれる、最大幅1,000メートルの三尺玉。光と音楽の素晴らしいコラボレーションをお楽しみください。

安全のため会場内はすべて指定席となっています。ファミリー席をはじめいろいろな席が用意されていますので、ぜひチェックしてみてください。

「港まつり 能代の花火」について詳しくはこちら

8月:シンプルながらに妙技が光る!「秋田竿燈まつり」

真夏の病魔・邪気を払う「ねぶり流し」が原型だといわれている「秋田竿燈まつり」。「青森ねぶた祭」、「仙台七夕まつり」と並ぶ東北三大祭りのひとつとして知られ、五穀豊穣を祈願するまつりです。
 
竹竿と提灯でつくられた竿燈、そして太鼓や笛で奏でるお囃子で祭りを飾るシンプルなスタイルですが、竿燈は長さ12メートル、提灯は46個になるものも!それをたったひとりで支え、額や肩などに移動させていく重要無形民俗文化財の妙技をぜひご覧ください。

また、「秋田竿燈まつり」は昼の部と夜の部の二部で構成されています。昼竿燈は秋田駅前の中通り、「エリアなかいち」のにぎわい広場で。夜本番は竿燈大通りを会場に、18:50から竿燈が入場します。

ほかにも、秋田駅西口側のアゴラ広場を会場にした「竿燈体験コーナー」や、市役所会場・中央会場で行われる「竿燈屋台村」など、観覧以外のお楽しみも。秋田商工会議所主催の「ご当地グルメフェスティバル」も大町イベント広場で開催されますので、秋田ご当地グルメもご堪能ください。

「秋田竿燈まつり」は、こちらの記事で詳しくご紹介中です!

「秋田竿燈まつり」について詳しくはこちら

8月:競うからこそ美しい!「大曲の花火 全国花火競技大会」

2018年も、花火の街と名高い「大曲の花火 全国花火競技大会」が開催されます。会場はJR大曲駅から徒歩で約30分ほど。雄物川河川敷です。

花火職人が自らの手で打ち上げて競う「大曲の花火」は、正真正銘の「競技大会」。単なる花火ではなく「競技玉」として創造花火が採用されたことで、花火と音楽が融合した一大エンターテイメントとして、真夏の夜空に花を咲かせます。

遊覧観覧席はA席、C席、イス席と3タイプ用意されていますが、無くなり次第販売終了です。席のない遊覧観覧自由エリアも用意されますが、混雑が予想されますので、時間に余裕をもって会場入りしたほうがよさそうです。

「大曲の花火 全国花火競技大会」は、こちらの記事で詳しくご紹介中です!

「大曲の花火 全国花火競技大会」について詳しくはこちら

8月:時代を超えて復活!「能代七夕 天空の不夜城」

能登市に古くから伝わる七夕行事が「能代七夕 天空の不夜城」。かつて伝統的に行われていた「能代七夕」が「天空の不夜城」として2013年に蘇りました。子どもたちが長方形の灯籠を頭にのせ、城郭型の巨大な灯籠を引いて練り歩きます。

高さ17.メートルの「嘉六(かろく)」と、24.1メートルの「愛季(ちかすえ)」。2基の大型灯籠が国道101号の能代市役所から通町の区間を運行。さらに能代若七夕2基、向能代小若七夕2基も出場します。

「能代七夕 天空の不夜城」について詳しくはこちら

いかがでしたか?ぜひ、秋田県の伝統あるお祭りに足を運んでみてくださいね。興味深いと思われた方は、SNSなどでシェアをお願いします!

関連する投稿


湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.3】ショッピングしながらくつろげるカフェ併設の雑貨店3選

湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.3】ショッピングしながらくつろげるカフェ併設の雑貨店3選

気になるカフェや雑貨店があっても、ファミリーでおでかけすると1日に何軒もめぐるのは難しいもの。スイーツを楽しみながらおしゃれなアイテム選びもできる、そんなお店はうれしいですよね。今回は、カフェのある雑貨店をご紹介。秋田県湯沢市の伝統工芸品やエキゾチックな雑貨など、旅行気分を盛り上げるお気に入りが見つかりますよ。


湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.2】稲庭の郷で味わう秋田名物・稲庭うどん

湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.2】稲庭の郷で味わう秋田名物・稲庭うどん

お子さんに人気のグルメのひとつ「うどん」!湯沢市稲庭町は、秋田名物として有名な「稲庭うどん」の発祥地。栗駒山系の山々と田園風景に囲まれたこの町は「稲庭の郷(さと)」と呼ばれ、20数軒のうどん製造工場が集まっています。なめらかでコシのある稲庭うどんを食べに、製造元の直営店を訪ねてみませんか?


湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.1】湯沢ってどんなところ?

湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.1】湯沢ってどんなところ?

秋田県南部に位置する湯沢市は、鎌倉時代に城下町として開かれ、江戸時代以降は鉱山の発展とともに栄えた街。日本三大うどんのひとつ・稲庭うどん発祥の地で、おいしい地酒が豊富です。美しい自然がつくり出すダイナミックな景観と、各地に湧き出る温泉も魅力。グルメにイベント、温泉と、湯沢自慢の見どころをたっぷりご紹介します。


横手 |「増田の朝市」内蔵が残る町の、藩政時代から続く伝統の朝市

横手 |「増田の朝市」内蔵が残る町の、藩政時代から続く伝統の朝市

明治から昭和期の商家の蔵が今も残り、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されている秋田県横手市増田町。歴史を感じさせる蔵めぐりが人気のこのエリアでは、地元の人でにぎわう朝市の散策もオススメです。その歴史は古く、はじまりはなんと江戸時代。地元ならではのアットホームな雰囲気を楽しみましょう。



最新の投稿


須賀川 |「Rojima~すかがわの路地deマーケット~」須賀川の街にこだわりのモノが集まる手づくり市 

須賀川 |「Rojima~すかがわの路地deマーケット~」須賀川の街にこだわりのモノが集まる手づくり市 

福島県の空の玄関口「福島空港」がある須賀川市。その須賀川市で、福島県内だけではなく、県外からもこだわりのモノが集まるのが「Rojima(ロジマ)」です。路地や空き地、商店街の空き店舗などを利用して開催され、毎回たくさんの人で賑わっています。


湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.3】ショッピングしながらくつろげるカフェ併設の雑貨店3選

湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.3】ショッピングしながらくつろげるカフェ併設の雑貨店3選

気になるカフェや雑貨店があっても、ファミリーでおでかけすると1日に何軒もめぐるのは難しいもの。スイーツを楽しみながらおしゃれなアイテム選びもできる、そんなお店はうれしいですよね。今回は、カフェのある雑貨店をご紹介。秋田県湯沢市の伝統工芸品やエキゾチックな雑貨など、旅行気分を盛り上げるお気に入りが見つかりますよ。


新潟 | 濃厚なバタークリームがたっぷり!愛され続けるサンドパン4選

新潟 | 濃厚なバタークリームがたっぷり!愛され続けるサンドパン4選

あまり聞きなれない「サンドパン」。コッペパンにクリームを塗ったもので、新潟県の人にとってはおなじみのパンです。クリームの種類はたくさんあり、レトロなパッケージに入っているのも特徴のひとつ。新潟県内で「サンドパン」を販売するお店のなかから、今回はオススメの「サンドパン」4店舗をご紹介します。


三沢 |「青森県立三沢航空科学館」大人も子どもも夢中!航空機と科学の魅力を全身で体感しよう

三沢 |「青森県立三沢航空科学館」大人も子どもも夢中!航空機と科学の魅力を全身で体感しよう

青森県三沢市にある「青森県立三沢航空科学館」は、「大空」と「飛翔」をテーマとした航空科学を学べる施設です。本物の航空機に搭乗したり、豊富な体験型展示で科学のおもしろさを体感したりと、大人も盛り上がってしまうような仕掛けがいっぱい!今回は、何時間でもいたくなる楽しい内容をたっぷりご紹介します。


湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.2】稲庭の郷で味わう秋田名物・稲庭うどん

湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.2】稲庭の郷で味わう秋田名物・稲庭うどん

お子さんに人気のグルメのひとつ「うどん」!湯沢市稲庭町は、秋田名物として有名な「稲庭うどん」の発祥地。栗駒山系の山々と田園風景に囲まれたこの町は「稲庭の郷(さと)」と呼ばれ、20数軒のうどん製造工場が集まっています。なめらかでコシのある稲庭うどんを食べに、製造元の直営店を訪ねてみませんか?