青森 |「青森ねぶた」、「八戸三社大祭」…2018年青森の夏まつりまとめ

青森 |「青森ねぶた」、「八戸三社大祭」…2018年青森の夏まつりまとめ

2018年の夏も、全国でさまざまなイベントが催されます。「青森ねぶた祭り」や「弘前ねぷたまつり」など、青森県で開催される夏まつりをいくつかピックアップしてご紹介します!観光などで県外から参加する方にも、地元で毎年参加される方にもお役立ていただけるようにまとめました!ぜひご覧ください。


7月~8月:豪華絢爛!夏のはじまりを告げる「八戸三社大祭」

八戸地方のなかでは最も規模が大きく、江戸時代から受け継がれている伝統的な夏まつり「八戸三社大祭」。国の重要無形民俗文化財でもあり、ユネスコ無形文化遺産「山・鉾・屋台行事」にも登録されています。

「八戸三社大祭」の見どころは、おがみ神社・新羅神社・神明宮の「三神社」で行われる神輿行列。そして、神話や歌舞伎などをテーマにつくられた山車の合同運行。

高さ10メートルにもなる大きな山車が道を通ると、その豪華さに思わず歓声があがり、大変盛り上がります。夜になればライトアップされ、夏の夜空に浮かぶ幻想的な山車運行を見ることができます。

青森の短い夏は、「八戸三社大祭」で幕を開けます。夏のはじまりを実感しに出かけませんか?

「八戸三社大祭」について詳しくはこちら

8月:東北三大祭りのひとつ。大迫力の「青森ねぶた祭り」

東北三大祭りのひとつ「青森ねぶた祭り」は、毎年多くの来場者数を誇る一大イベント。国の重要無形民俗文化財に指定されています。

子どもねぶた、地域ねぶた、大型ねぶた、そして花火大会とともに受賞したねぶたの海上運行と、ねぶたづくしの見どころが満載です!子どもねぶた、地域ねぶた、大型ねぶたは、歴史的な物語などをテーマとしてつくられた華やかで幻想的な「ねぶた(灯篭)」。お囃子とともに青森市の中心街を練り歩き運行されます。

大型ねぶたは約20台がいっせいに動き、国道4号線から青森駅前を経由してぐるりと1周する運行ルート。たとえ雨天であっても、カバーをかけて運行します。ぜひ雨具を持参してご観覧ください。観覧席設置場所以外はフリースペースとなっています。場所取りはできませんので、マナーを守って観覧しましょう。

最終日の7日は、第64回青森花火大会とともに、受賞したねぶたが青森港を運行してフィナーレを飾ります。

「青森ねぶた祭り」について詳しくはこちら

8月:津軽の夏を彩る「弘前ねぷたまつり」

城下町である弘前をきらびやかな約80台の山車燈籠が練り歩く「弘前ねぷたまつり」は、津軽の夏の風物詩です。毎年160万人を超える数の来場者は、東北地方のお祭りのなかでも上位。大変賑わう夏祭りです。

県外の方は、「青森ねぶた祭り」と「弘前ねぷたまつり」に違いはあるのか疑問に思うかもしれませんが、一般的には「ねぶた」は立体的な人型の燈籠なのに対して、弘前などの「ねぷた」は扇型の平面の燈籠の違いだといわれています。

「ねぶた」「ねぷた」で文化はさまざまですが、山車の燈籠とともに町を練り歩くという形式は同じ。観覧参加する上で異なる点としては、掛け声。「青森ねぶた祭り」の「らっせーらー」に対し、「弘前ねぷたまつり」では「やーやどー」になります。

土手町コース、駅前コース、土手町なぬか日コース(7日のみ)と3種類のコースを数日に分けてねぷた運行を行います。コースを事前にチェックしてお出かけください。

「弘前ねぷたまつり」について詳しくはこちら

8月:大きさに圧巻!巨大なねぶたに会える「五所川原立佞武多祭り」

「五所川原立佞武多祭り(ごしょがわらたちねぷたまつり)」は「青森のねぶた」「弘前ねぷた」と並んで青森三大ねぶたのひとつとされる大規模なイベント。

なんといっても最大23メートル・重さ19トンという巨大な山車燈籠の運行が見どころで、「やってしまえ!」という意味の「ヤッテマレ!ヤッテマレ!」という掛け声とともに、五所川原の市街地を練り歩く姿に圧倒されます。

立佞武多の館に展示されている3台の大型立佞武多、そして町内や学校などでつくられた中・小型のねぷた、約15台ほどの山車で大賑わいを見せます。開催前夜となる8月3日(金)は花火大会が行われるため、立佞武多の運行はありません。この日は花火大会をぜひお楽しみくださいね。

「五所川原立佞武多祭り」について詳しくはこちら

8月:間近で楽しめる小型の灯籠「大湊ネブタ」

2015年に130周年を迎えた、むつ市・大湊地区の伝統ある祭り「大湊ネブタ」。町内会や職場などで立体的な人形ねぶたのクオリティを競い合ったり、むつ・下北の伝統芸能「おしまこ流し踊り」や「下北小唄」を楽しんだりと盛り上がります。

ねぶたといえば「青森ねぶた」や「弘前ねぷた」が知られていますが、実は下北半島の各地でもねぶた祭りは行われています。そのなかでも注目していただきたいのが、この「大湊ねぶた」。青森ねぶた祭りなどのいわゆる企業ねぶたと違い、ねぶたという作品の完成度、出来栄えを競うというのが大きな見どころ。

通常であれば遠くから観賞するはずのねぶたを、間近で見られるというのももオススメのポイントです。青森ねぶたなどと比較すれば小型ではありますが、台車に乗せれば高さ約5メートルもあるねぶたは、見応え十分です!

「大湊ネブタ」について詳しくはこちら

8月:町ごとにつくる2階建ての山車「田名部まつり」

大湊ネブタと同じように、むつ市の田名部地区で行われるのが「田名部(たなぶ)まつり」。別名「田名部神社例大祭」。青森県の無形民俗文化財に指定されています。

およそ370年以上の古い歴史がある伝統行事のため、地元は盛り上がります。見どころは、京都祇園の流れを汲んでいるという5台の山車。横迎町、小川町、柳町、本町、新町で構成された“田名部5町”のそれぞれに、木製で黒漆塗りの「2階建て山車」が用意されています。

2階には御神体、1階には乗子(のりこ)と呼ばれる囃子方が乗り、この山車を引いて田名部地区を練り歩きます。山車(ヤマ)の、昼と夜で変わりが飾るのも楽しみのひとつ。さらに18日には「おしまこ流し踊り」19日には「みこしまつり」も開催されていっそう華やかです。

「田名部まつり」について詳しくはこちら

いかがでしたか?ぜひ、青森県の伝統あるお祭りに足を運んでみてくださいね。興味深いと思われた方は、SNSなどでシェアをお願いします!

関連する投稿


平川 |「Green Note」体験型ふれあい農家カフェで、知らなかったおいしさに出会おう

平川 |「Green Note」体験型ふれあい農家カフェで、知らなかったおいしさに出会おう

青森県平川市の住宅地にある「Green Note」は、青森県の魅力を農業や食を通じて発信しているカフェ。女性農家でもあるオーナーさんとの楽しい会話と、地元ならではの食材をふんだんに取り入れた料理を堪能できる、くつろぎの空間です。おいしさはもちろん、こだわり食材の魅力までたっぷりとご紹介します!


十和田 |「奥入瀬渓流館」たっぷりのマイナスイオンのなかで味わう自然の魅力

十和田 |「奥入瀬渓流館」たっぷりのマイナスイオンのなかで味わう自然の魅力

日本を代表する渓流美として有名な奥入瀬渓流は、青森県の十和田湖“子ノ口”から“焼山”までを流れる約14キロの奥入瀬川の渓流で、八幡平国立公園に所属しています。その入り口にある「奥入瀬渓流館」は、奥入瀬渓流の自然を学び、味わいながら楽しめる施設。今回は、そんな奥入瀬渓流館の魅力をご紹介します。


青森 |「三ッ星製パン」ひとつひとつにこだわりが光る、オリジナルのおいしさにわくわくするパン屋さん

青森 |「三ッ星製パン」ひとつひとつにこだわりが光る、オリジナルのおいしさにわくわくするパン屋さん

青森市の駅前公園に隣接する「三ッ星製パン」。販売しているパンのひとつひとつに、ターゲットやテーマを決めているというこだわりのメニューが並びます。一見小ぶりに見えるパンですが、実はおいしさの秘密が詰まっているのだとか。今回は、ここでしか味わえないこだわりのパンの魅力をたっぷりとご紹介します!


五所川原 |「米パン工房 稲i~ne」原材料からつくりあげる、完全オリジナルのこだわり米粉パン専門店

五所川原 |「米パン工房 稲i~ne」原材料からつくりあげる、完全オリジナルのこだわり米粉パン専門店

青森県五所川原市の田園風景のなかにたたずむ「米パン工房 稲i~ne」。2017年4月のオープン以来、口コミでおいしさが広まり、あっという間に売り切れてしまう人気店となりました。今回は、オーナー自ら材料のお米の栽培を行うこだわりの販売スタイルや、もっちりふわふわな米粉パンの魅力をたっぷりとご紹介します!


東通 |「ログレストラン南川」隠れ家でいただく、地産食材をふんだんに使った料理

東通 |「ログレストラン南川」隠れ家でいただく、地産食材をふんだんに使った料理

本州最北東端・東通村の、ひっそりとした森のなかにある隠れ家レストラン「ログレストラン南川」は、知る人ぞ知る隠れ家レストラン。ヒラメの水揚げ青森県ナンバー2、定置網漁ではナンバー1の東通村ご当地グルメ「東通天然ヒラメ刺身重」をはじめ、東通村特産の食材をふんだんに活かした絶品グルメをいただける、「ログレストラン南川」をご紹介します。


最新の投稿


西和賀 |「雪あかり in にしわが」町全体がろうそくの明かりに包まれる、心あたたまる冬イベント

西和賀 |「雪あかり in にしわが」町全体がろうそくの明かりに包まれる、心あたたまる冬イベント

岩手県の最西端にある西和賀町は、三方を山々に囲まれた小さな町。県内有数の豪雪地帯として知られ、例年2月に開催されるライトアップイベント「雪あかり in にしわが」は冬の風物詩となっています。当日は町内全域が会場となり、ろうそくを灯した雪像や雪灯籠があちこちに。白い雪とやわらかな明かりが街を包む、幻想的な光景が広がります。


仙台 |「伊達美味マーケット」「お薬師さんの手づくり市」「新寺こみち市」仙台市内のマルシェイベント

仙台 |「伊達美味マーケット」「お薬師さんの手づくり市」「新寺こみち市」仙台市内のマルシェイベント

政令指定都市になり2018年で30周年を迎えた仙台市は、中心部をはじめ近代化が進んでいます。そんな仙台市内では、生産者や地域の人とのつながりを大切にした昔ながらのお買い物ができるマルシェイベントが毎月開かれています。お店の人とやりとりをしながら、お得なショッピングを楽しみましょう。


十日町 |「むこ投げ」「すみ塗り」雪深い土地で続く、めずらしいお祭り

十日町 |「むこ投げ」「すみ塗り」雪深い土地で続く、めずらしいお祭り

新潟県のなかでも屈指の豪雪地帯として知られている、十日町市松之山温泉。この地域に伝わる冬の伝統行事が「むこ投げ」と「すみ塗り」です。「越後の奇祭」とも呼ばれる2つの伝統行事を一目見ようと、毎年多くの人が訪れています。また、豊かな効能で知られる松之山温泉も有名です。おまつりと温泉を楽しみにでかけませんか?


平川 |「Green Note」体験型ふれあい農家カフェで、知らなかったおいしさに出会おう

平川 |「Green Note」体験型ふれあい農家カフェで、知らなかったおいしさに出会おう

青森県平川市の住宅地にある「Green Note」は、青森県の魅力を農業や食を通じて発信しているカフェ。女性農家でもあるオーナーさんとの楽しい会話と、地元ならではの食材をふんだんに取り入れた料理を堪能できる、くつろぎの空間です。おいしさはもちろん、こだわり食材の魅力までたっぷりとご紹介します!


久慈 |【ななび連載:久慈編vol.4】個性派ミュージアムをファミリーでめぐろう

久慈 |【ななび連載:久慈編vol.4】個性派ミュージアムをファミリーでめぐろう

周囲を山と海に抱かれ、グルメや自然の魅力を満喫できる久慈。実は親子で楽しめるスポットもいっぱいなんです。琥珀の産地ならではの博物館や、ドラマで話題になった北限の海女に出会える水族館、道の駅内にあるレトロな博物館と、個性的なスポットをめぐってみませんか?すべて屋内なので、天候を気にせずおでかけできるのもうれしいですね。