八戸 |【ななび連載:八戸編vol.4】なじみの人気店から新スポットまで、八戸グルメを満喫!

八戸 |【ななび連載:八戸編vol.4】なじみの人気店から新スポットまで、八戸グルメを満喫!

港町・八戸市の名物といえば、外せないのが海産物。今回は、そんなイメージを裏切らない絶品丼ぶりご飯をはじめ、デザートにオススメな濃厚ソフトクリーム、新グルメスポットとして人気のお米専門店など、さまざまな“うまい!”をたっぷりご紹介します!


「みなと食堂」行列必至!黄金色に輝く絶品丼ぶりでおなかも心も満たされる

JR陸奥湊駅前から徒歩2分ほどのところにある「みなと食堂」は、新鮮な魚介類を丼ぶりや定食で提供しています。全国放送のテレビ番組に取り上げられたことがきっかけで、お昼前の10:00頃から行列ができる人気店となりました。

そんなみなと食堂の、並んででも食べたい看板メニューが「平目漬丼」。

丼ぶりご飯が見えないほどに敷き詰められたヒラメは、つやつやと透き通る美しさ。切ったばかりのものではなく、少し熟成させた切り身を使用しているので、脂の甘みや口に入れたときの舌触りが絶妙です。

ほんのりにんにくの利いた秘伝のたれが丼ぶりの底にたまっているので、卵黄を崩して、すべてかき混ぜていただくのが正式なスタイルなのだそう。ヒラメの弾力と、濃厚でまろやかなたれと卵黄のコラボレーションは、箸が止まらなくなりそうなくらいの満足感を味わえます。

また、月ごとに旬の魚で内容が変わる「今日の四合せ(しあわせ)丼」もオススメ。

訪れたの日の丼ぶりは、マグロ、ヒラメ、ホタテ、甘エビの4種盛り。大ぶりで弾力や甘みの抜群なホタテや、とろっとなめらかな甘エビがずっしり盛り付けられていて、港町ならではの魚介のうまみが味わえる逸品。頬張るごとに、まさに“幸せ”を感じる丼ぶりです。

ほかにも、八戸の郷土料理・せんべい汁とのセット販売なども人気。一食で八戸の魅力を味わえる「みなと食堂」に、早起きしてでも訪れたくなりそうですね。

「ホロンバイル」広大な自然風景と、名物・濃厚ソフトクリームに癒やされる

種差海岸の葦毛崎展望台のふもとに位置する、カフェテラス「ホロンバイル」。クリーム色の外観がかわいらしいお店には、平日でも老若男女問わず多くのお客さんが訪れる、青森県民憩いのお店です。

そんな人気店の看板商品は、“青森3大ソフトクリーム”のひとつに数えられる絶品ソフトクリーム「まきば」。

通常のバニラより濃厚なミルクの味わいが特徴で、口いっぱいに広がるまろやかな甘みと口どけがたまらない一品です。

もともとの1番人気は「バニラ」でしたが、よりミルク感の強い「まきば」のおいしさがSNSによって拡散され、ホロンバイルの名物となったんだそう。食べ進んでもコーンの底までたっぷり詰まっている満足感もうれしいポイントです。

また、お食事メニューが豊富なのも魅力。

パスタやカレー、ピザなどレストランのようなお食事メニューから、ドライブのお供にピッタリなハンバーガー、もちもち食感のポテトのチュロス「ポテチュロ」といった少し珍しい軽食メニューもずらり。これらのメニューはすべてテイクアウトできるので、お食事も気軽に楽しめるのがいいですね。

さらにモンゴル語の“広大な”に由来する店名の通り、店内の大きな窓からは、眼前に広がる太平洋の眺望が楽しめます。運がよければ水平線上に浮かぶ津軽半島や山々が見られるなど、まるで絵画のようなウィンドビューも外せませんよ。

幅広い年代を虜にするメニューと絶景を味わいに、家族みなさんで訪れてみてはいかがですか?

「KOMEKUUTO」ファッション感覚で楽しめる、個性的で粋なお米専門店

八戸市田向にある、お米にまつわる専門店「KOMEKUUTO(コメクート)八戸店」。「すべては米から始まる」をコンセプトに、身近な食である“お米”でおいしい日々をお手伝いしているお店です。

木の質感がおしゃれな落ち着いた店内では、お米マイスターが厳選したお米やキッチングッズなどを取り扱っています。

なかでもひときわ目を引くのが、ペットボトルに詰められたお米「PeboRa(ぺボラ)」。普段主食として食べられているお米は260品種以上といわれていますが、そんな全国のお米のなかから選び抜かれた、約40もの銘柄を2合ずつ販売しています。

無洗米なのでさっと水ですすぐだけでふっくら炊きあがり、脱酸素剤入りのため新鮮さをキープしたまま冷蔵庫で保管することが可能。気軽においしいご飯が食べられるので、いろんな銘柄を試したい人だけでなく、ひとり暮らしの方にもオススメです。

カラフルなラベルで見たことのない銘柄のお米がずらりと並んでいると、思わずあれもこれもとパッケージ買いしてしまいそう。

なかでも人気の銘柄は青森県の特Aランク米「青天の霹靂」。2合という便利なサイズからブランド米を味わえるのも、PeboRaならではの魅力ですね。

お米のおいしさを心ゆくまで堪能できる、女性に人気のこだわりカフェを併設

KOMEKUUTOの1階には、炊き立てご飯をメインに楽しめるイートインコーナーを併設。開放感あふれる店内にはテラス席もあり、ベビーカーやペット連れの方も気軽にお食事を楽しむことができます。

日替わりでご飯の銘柄が変わる本日のご飯と、おかずプレート、選べるスープなどがセットになったメニューや、シンプルでほっこりするおむすびセット、かわいらしいKIDSメニューなど、年代を問わない豊富なラインナップを用意。白米だけでなく、雑穀米や糠メニュー、米粉麺なども味わえますよ。

特に女性に1番人気のメニューが、「香ばしいチキンステーキプレート」。ご飯、お肉、野菜がバランスよくワンプレートで食べられるうえ、SNS映えするおしゃれな見た目が人気の秘密なんだそう。

ご飯は白米か雑穀米から、お肉のソースは青森カシスソースか和風ソースから選べるので、自分好みの組み合わせが楽しめます。

また、2018年夏の新メニューのひとつが「ローストビーフのサラダボウル」。厚みがありながら脂っぽさが感じられないお肉と、ダイス状にカットされた夏らしいカラフルな野菜が盛り付けられた一品です。豆やソテーされたキノコ類もトッピングされていて、1度にさまざまな食感が楽しめるメニューです。

ほかにも、ぬかを使用したドリンクやスイーツなどを提供。お米をもっと身近に感じられる、こだわりが詰まったメニューをぜひ味わってみてくださいね。

港町ならではの新鮮グルメから、市民なじみのスイーツ、人気上昇中の新グルメスポットなど、八戸市には魅力的なお店がまだまだたくさんあります。家族3世代でのおでかけに、ぜひ訪れてみてはいかがですか?

何度でも通いたくなるおいしさがいっぱい!ななびチェック

「みなと食堂」運がよければレアメニューに出会えるかも!

みなと食堂では通常メニューにはない、珍しいメニューが食べられるときがあります。なかでもインパクト抜群なのが、クジラを使用したメニュー!調査捕鯨で八戸港に水揚げされたときにしか手に入らないため、出会えたときはぜひ挑戦してみては?

「ホロンバイル」ソフトクリームは自分好みのカスタマイズが楽しめる!

現在約15種類のバリエーションがあるソフトクリームは、自分好みの組み合わせが楽しめます。コーン・ワッフルコーン・カップの3種類からベースを決めたら、好きなソフトクリームをチョイス。そこへチョコやキャラメルソースをトッピングして楽しむこともできるんです。また、ソフトクリームは全種類でツインソフト(2段盛)ができるので、マスクメロン&バナナのホロンバイル特製フレーバーのツインといった贅沢ソフトも叶いますよ!

「KOMEKUUTO」あげる側ももらう側も楽しくなる、オリジナルギフトを展開

持ち運びに便利な看板商品・PeboRaを使って、自分だけのギフトをつくることができます。写真や名前を入れたオリジナルラベルのPeboRaや、好きな銘柄のお米や食品、雑貨などを組み合わせたオリジナルギフトセットなど、用途にあわせてさまざまなカスタマイズが可能。お米にメッセージを乗せて届けるという“粋”なプレゼントは、老若男女問わずよろこばれそうですね。

「KOMEKUUTO」について詳しくはこちら
「KOMEKUUTO八戸店」について詳しくはこちら

関連する投稿


十和田 |「奥入瀬渓流館」たっぷりのマイナスイオンのなかで味わう自然の魅力

十和田 |「奥入瀬渓流館」たっぷりのマイナスイオンのなかで味わう自然の魅力

日本を代表する渓流美として有名な奥入瀬渓流は、青森県の十和田湖“子ノ口”から“焼山”までを流れる約14キロの奥入瀬川の渓流で、八幡平国立公園に所属しています。その入り口にある「奥入瀬渓流館」は、奥入瀬渓流の自然を学び、味わいながら楽しめる施設。今回は、そんな奥入瀬渓流館の魅力をご紹介します。


青森 |「三ッ星製パン」ひとつひとつにこだわりが光る、オリジナルのおいしさにわくわくするパン屋さん

青森 |「三ッ星製パン」ひとつひとつにこだわりが光る、オリジナルのおいしさにわくわくするパン屋さん

青森市の駅前公園に隣接する「三ッ星製パン」。販売しているパンのひとつひとつに、ターゲットやテーマを決めているというこだわりのメニューが並びます。一見小ぶりに見えるパンですが、実はおいしさの秘密が詰まっているのだとか。今回は、ここでしか味わえないこだわりのパンの魅力をたっぷりとご紹介します!


五所川原 |「米パン工房 稲i~ne」原材料からつくりあげる、完全オリジナルのこだわり米粉パン専門店

五所川原 |「米パン工房 稲i~ne」原材料からつくりあげる、完全オリジナルのこだわり米粉パン専門店

青森県五所川原市の田園風景のなかにたたずむ「米パン工房 稲i~ne」。2017年4月のオープン以来、口コミでおいしさが広まり、あっという間に売り切れてしまう人気店となりました。今回は、オーナー自ら材料のお米の栽培を行うこだわりの販売スタイルや、もっちりふわふわな米粉パンの魅力をたっぷりとご紹介します!


東通 |「ログレストラン南川」隠れ家でいただく、地産食材をふんだんに使った料理

東通 |「ログレストラン南川」隠れ家でいただく、地産食材をふんだんに使った料理

本州最北東端・東通村の、ひっそりとした森のなかにある隠れ家レストラン「ログレストラン南川」は、知る人ぞ知る隠れ家レストラン。ヒラメの水揚げ青森県ナンバー2、定置網漁ではナンバー1の東通村ご当地グルメ「東通天然ヒラメ刺身重」をはじめ、東通村特産の食材をふんだんに活かした絶品グルメをいただける、「ログレストラン南川」をご紹介します。


南郷 |「南郷カッコーの森エコーランド」開放感あふれるレクリエーション施設で、スポーツもイベントも満喫!

南郷 |「南郷カッコーの森エコーランド」開放感あふれるレクリエーション施設で、スポーツもイベントも満喫!

八戸市南部に位置する南郷(旧・南郷村)は、“ジャズとそばの郷”として全国的にも知られている自然豊かな地域。そんな自然のなかで、スポーツや文化体験、さまざまな催し物が楽しめるのが「南郷カッコーの森エコーランド」です。今回は、家族みなさんで利用できるオススメポイントや、人気のイベントまでたっぷりとご紹介します!


最新の投稿


久慈 |【ななび連載:久慈編vol.2】久慈に行ったら必食!絶対にはずせない三大グルメ

久慈 |【ななび連載:久慈編vol.2】久慈に行ったら必食!絶対にはずせない三大グルメ

岩手県久慈市は、世界有数の漁場として知られる三陸沖の魚介、テレビドラマ『あまちゃん』で注目を集めた郷土料理「まめぶ汁」、さらには豊かな森が広がる山間部では赤身がおいしいブランド牛「短角牛」と、グルメが充実した街でもあります。そんな久慈のおいしさを満喫するグルメ旅へでかけましょう。


蔵王 |「みやぎ蔵王の樹氷めぐり」で絶景に出会える非日常体験を!

蔵王 |「みやぎ蔵王の樹氷めぐり」で絶景に出会える非日常体験を!

世界でも数ヶ所でしか見られない冬の自然現象・樹氷。宮城県蔵王町にある「みやぎ蔵王すみかわスノーパーク」で行なわれるツアー「みやぎ蔵王の樹氷めぐり」では、雪上車・ワイルドモンスター号で雪山を登り、10メートル近い高さの樹氷を間近で見られます。観賞後は、レストハウスの名物メニューと蔵王山の麓にある温泉も満喫しましょう。


新潟 |「ウィンターイルミネーション」でカラフルにきらめく新潟の冬を楽しもう

新潟 |「ウィンターイルミネーション」でカラフルにきらめく新潟の冬を楽しもう

クリスマスやお正月など、わくわくするイベントが多い冬。2018年の冬は新潟できらめくイルミネーションを楽しんでみませんか。「子どもも一緒に楽しみたい」「いろんな形や色のイルミネーションも見てみたい」そんな人にオススメの3つのイルミネーションスポットをご紹介します。防寒対策をしっかりして、幻想的な光の世界へでかけませんか。


新潟 |「そら野テラス」新潟の農業、食、自然を一度に体験できる産直市場

新潟 |「そら野テラス」新潟の農業、食、自然を一度に体験できる産直市場

新潟市西蒲区にある「そら野テラス」は、農園と直売所、カフェが一体となったスポットです。新鮮な野菜や果物を買えるのはもちろん、その土地で大切に育てられた季節の食材を使った料理も味わえ、楽しみ方はさまざま!豊かな自然に囲まれたのどかな場所で、四季を感じながら新潟の農業やおいしいグルメにふれてみませんか。


久慈 |【ななび連載:久慈編vol.1】久慈ってどんなところ?

久慈 |【ななび連載:久慈編vol.1】久慈ってどんなところ?

岩手県久慈市といえば、2013年に放送されたテレビドラマ『あまちゃん』の舞台として一躍スポットを浴びた街。ダイナミックな海岸美が続く「三陸復興国立公園」の北部に位置し、伝統的な素潜りでウニを獲る“北限の海女”で有名な「小袖海岸」、山間部には日本一の群落面積を誇る白樺林が広がる「平庭高原」など、見どころがいっぱいです。