八戸 |【ななび連載:八戸編vol.3】港町の活気で早朝から元気に!八戸市を代表する朝市2選

八戸 |【ななび連載:八戸編vol.3】港町の活気で早朝から元気に!八戸市を代表する朝市2選

港町・八戸の朝はとっても早く、夜明け前から威勢のいい声が飛び交う―そんな活気あふれる町を訪れたら外すことのできないのが「朝市」。ここは、新鮮食材や地元で愛されるメニューがずらりと並ぶ食の宝庫です。今回は、八戸を代表する巨大朝市と、市民に昔から親しまれている朝市の魅力をたっぷりとご紹介します!


「館鼻岸壁朝市」 日曜日の早朝にだけ現れる!日本最大級の朝市

3月中旬~12月の毎週日曜日の日の出頃から午前9:00頃まで開催される「館鼻岸壁朝市」。岸壁沿いに、全長800メートルにわたって300以上の店舗が軒を連ねる巨大朝市です。

定番の海産物だけでなく、ご飯ものや本格的なコーヒーショップ、雑貨屋などバラエティに富んだラインナップが魅力。ミシンや骨董品など朝市らしからぬ品物を扱う店もあり、一般的な朝市とは一風変わった内容が来場者の心をつかんでいます。

毎週数万人が足を運び、6:00には歩くのも大変なほどの賑わいを見せます。人気店も多く、夜明け前から既に行列ができることもあるんだとか。

また、八戸市黙認キャラクター「イカドン」が会場内を歩いていたりと、お祭り感覚で朝市を楽しめます。朝市の賑やかな雰囲気に、早起きしてでかけたくなってしまいますね。

人気店のあつあつB級グルメに幼虫のグミまで!?驚きのラインナップにわくわくが止まらない!

朝市といって一般的に連想するのは、新鮮な魚介類や野菜など。もちろん館鼻岸壁朝市でも新鮮食材がリーズナブルに手に入れられますが、なんとB級グルメの宝庫でもあるんです!

館鼻岸壁朝市を代表する人気店のひとつが、鶏の手羽先をから揚げにした「しおてば」。数台のフライヤーを駆使してその場で揚げられる手羽先は、サクサクの衣とジューシーなお肉のうまみがたまらない行列必至のグルメです。

また、コーヒー店で販売されているインパクト抜群のメニューが「幼虫グミ」。その名の通り虫の幼虫をモチーフにしたグミで、一瞬本物ではないかと目を疑ってしまうほどのリアルさがポイント。しかし、思わず食べるのを躊躇してしまう見た目とは裏腹に、カルピスやブルーベリーなどバリエーション豊かな味があり、おいしく食べられると子どもにも大人にも人気の一品です。

ほかにも、脂乗りのいい八戸前沖サバを使用したコロッケ「八戸サバコロ」や、肉汁たっぷりの小龍包に、炭火でじっくり焼かれた魚介の串焼きなど、あれもこれも目移りしてしまうメニューが盛りだくさん!

また、休憩スペースが点在しているので、購入したその場でつくりたてを味わうことができます。お子さん連れでもゆっくり楽しめるのがうれしいですね。

「陸奥湊駅前朝市」 昔ながらの風情が残る“八戸の台所”

JR陸奥湊駅前で毎週月曜日~土曜日の早朝に開催されている「陸奥湊駅前朝市」。駅前には“イサバのカッチャ”と呼ばれる、魚売りのお母さんをモチーフにした像があります。

八戸の台所として親しまれる駅前一帯は、多彩な食品店が立ち並び、観光客だけでなく仕入れに訪れた人や常連の八戸市民で賑わいます。

周辺では魚の販売だけでなく、野菜やお花の路上販売や、絶品のから揚げ屋さん、ホルモンが人気のお肉屋さんなども。さらには、地元のお母さんたちが手づくりした「こたつカフェ」など癒やしの空間もあり、駅前を歩くだけでもわくわくしてしまいそうです。

また、朝7:00には売り切れてしまうというお寿司屋さんや、行列ができる名物食堂などおいしいものであふれているので、お気に入りのお店を探しに行くのも楽しそうですね。

新鮮魚介類で至福の朝ごはんタイム!

陸奥湊駅前朝市に訪れたらぜひ味わっていただきたいのが、八戸市営魚菜小売市場で食べる朝ごはん!ずらりと並ぶ新鮮な魚介や惣菜の中から好きなものを選んで購入し、自分だけのオリジナル朝食をつくることができます。

市場自体は3:00からオープンしていますが、朝ごはん処は6:00~10:00までとなります。

お刺身や干物、焼き魚などお魚メニューが豊富なので、ボリューム感や種類などをお腹の空き具合にあわせて選びましょう。市場の奥では日によって異なるみそ汁やほかほかのご飯も販売されているので、どんぶりにしたり、惣菜と合わせて定食にしたりとさまざまなバリエーションが楽しめますよ。

また、家族や友達とシェアしあって、いろんなメニューを楽しむのもオススメ。筋子などの魚卵は100円分などでも販売してくれるので、イサバのカッチャとの会話を楽しみながらお得に購入してみてください。

ほかにも本格ハンドドリップのコーヒーや、地サイダーの「みしまサイダー」なども販売しているので、食後の一杯まで存分に堪能してくださいね。

新たな発見や驚きが詰まった個性的な朝市や、港町・八戸らしい素朴で活気あふれる朝市を、おなかも心もいっぱいになるまで思う存分満喫してみてはいかがですか?

八戸の朝をもっと楽しむために!ななびチェック!

日曜日開催の朝市にでかけるなら、便利でお得な「ワンコインバス・いさば号」

毎週日曜日に開催されている朝市会場を巡る、「ワンコインバス・いさば号」。大人100円、子ども50円で乗車することができ、混みあいがちな朝市会場へもスムーズにおでかけできます。

朝風呂と朝市がどっちも楽しめる乗りあいタクシー「八戸あさぐる」

前日の22:00までに宿泊ホテルに申し込むと、朝市と朝風呂(銭湯)を満喫できる朝専用の乗りあいタクシーです。朝から温泉でゆったりとした気分を味わい、おいしい朝市メニューで満たされてみてはいかがですか?

広い会場内を楽しむには「館鼻岸壁朝市マップ」が便利

朝市の会場や、八戸朝市通販ウェブサイトから購入できる「館鼻岸壁朝市マップ」。会場内の出店ジャンルや店名が細かく書かれていて、散策するのにとっても便利です。あらかじめ購入して、行きたいお店に目星をつけておくのも◎。

「館鼻岸壁朝市」について詳しくはこちら
「陸奥湊駅前朝市」について詳しくはこちら

関連する投稿




八戸 |「八戸公園」あれもこれも遊びたい!いろんなテーマパークがひとつになった魅力たっぷりの総合公園

八戸 |「八戸公園」あれもこれも遊びたい!いろんなテーマパークがひとつになった魅力たっぷりの総合公園

青森県八戸市にある「八戸公園」は、遊園地、植物園、動物ゾーンなどからなる総合公園です。広大な芝生の広場や室内遊具、製作体験なども用意されていて、小さいお子さん連れや家族などで賑わいます。今回は、家族みんなでたっぷり遊べる公園の魅力をご紹介します!


弘前 |「佐藤製菓」昔ながらの手づくりお菓子でくじ引き!楽しくておいしい、地元に愛され続ける “津軽当物駄菓子”

弘前 |「佐藤製菓」昔ながらの手づくりお菓子でくじ引き!楽しくておいしい、地元に愛され続ける “津軽当物駄菓子”

青森県弘前市にある「佐藤製菓」は、「津軽当物駄菓子」と呼ばれるくじ付きお菓子を手づくりで製造・販売している製菓店です。今回は、大人も夢中になる当物駄菓子の魅力と、どんなお菓子を販売しているのかまで、たっぷりご紹介します!


十和田 |【ななび連載:十和田編vol.4】おみやげにもオススメ!十和田の人気スイーツ店3選

十和田 |【ななび連載:十和田編vol.4】おみやげにもオススメ!十和田の人気スイーツ店3選

十和田市内は、青森県産食材を使用したスイーツをはじめとする、独特のセンスがあふれるスイーツの宝庫です。今回は数ある店舖のなかから、昔ながらのおまんじゅうやブッセ、ケーキなどを販売するよりすぐりのスイーツ店を3店舗ご紹介します。十和田市を訪れるなら、ぜひ寄り道して味わってみてくださいね。


最新の投稿


郡山市 |「AMEKAZE」“ローカル”に特化した食のセレクトショップ

郡山市 |「AMEKAZE」“ローカル”に特化した食のセレクトショップ

黒を基調としたシンプルなたたずまいが特徴的な、グローサリーマーケット「AMEKAZE」。カーショップのようなスタイリッシュな外観ですが、店内には地元の名産物をはじめ、各地のおいしいものがずらりと勢ぞろい。おみやげやプレゼント選びにもピッタリなお店です。


蔵王 |【ななび連載:蔵王編vol.3】遠刈田温泉で探すほっこりアイテム&手づくり体験

蔵王 |【ななび連載:蔵王編vol.3】遠刈田温泉で探すほっこりアイテム&手づくり体験

蔵王町の人気スポットのひとつといえば、開湯約400年の歴史をもつ遠刈田温泉。温泉街はこぢんまりとしていますが、見どころがたくさんあって散策にぴったり。ステキなアイテムがそろう陶芸工房やギャラリーショップも点在しているので、作家ものの器をおみやげにしたり、絵付け体験でオリジナルアイテムをつくったりするのもオススメです。


鶴岡 |「フルーツショップ青森屋」こぼれんばかりのフルーツにびっくり!ぜいたくなタルト&ケーキを味わおう

鶴岡 |「フルーツショップ青森屋」こぼれんばかりのフルーツにびっくり!ぜいたくなタルト&ケーキを味わおう

山形県といえば、日本屈指のフルーツ王国。鶴岡市にある「フルーツショップ青森屋」は、地元をはじめ全国各地から仕入れたよりすぐりのフルーツを扱う青果店です。店内にはカフェスペースも併設し、青果店ならではの新鮮なフルーツをたっぷり使ったタルトやケーキが大人気。遊び心あふれる空間にも注目してみてくださいね。


松島 |「ザ・ミュージアム MATSUSHIMA」3つのコレクションの魅力を一度に楽しめる博物館

松島 |「ザ・ミュージアム MATSUSHIMA」3つのコレクションの魅力を一度に楽しめる博物館

日本三景のひとつ、宮城県の松島にある「ザ・ミュージアム MATSUSHIMA」は、レトロなおもちゃ・モードファッション・オルゴールの3つのコレクションをひとつの施設で観ることができるミュージアムです。普段はなかなかお目にかかれない貴重なコレクションをたくさん展示しているので、じっくり鑑賞を楽しみましょう。


蔵王 |【ななび連載:蔵王編vol.2】家族みんなが大満足の蔵王グルメを満喫

蔵王 |【ななび連載:蔵王編vol.2】家族みんなが大満足の蔵王グルメを満喫

自然豊かな蔵王町には、大地の恵みがギュッと詰まったおいしい農産物がいっぱい!また、近隣の市町村も農業が盛んだったり、ブランド豚を飼育していたりすることから、フレッシュな食材でつくる料理自慢のお店がたくさんあります。今回はそんな蔵王町のお店のなかから、お子さんの大好物がそろう人気の3店をご紹介します。