田子 |「大黒森タプコプ創遊村」で昔ながらの暮らしを体験!田子ならではのスイーツも堪能

田子 |「大黒森タプコプ創遊村」で昔ながらの暮らしを体験!田子ならではのスイーツも堪能

青森県田子町にある「大黒森タプコプ創遊村」は、里山暮らしの原風景が広がる観光スポット。“陸の孤島”“秘境”と呼ばれる田子町の魅力とともに、昔ながらの暮らしを体験できる「大黒森タプコプ創遊村」をご紹介します。ここでしか味わえないスイーツも要チェックです!


「大黒森タプコプ創遊村」がある田子町ってどんなところ?

田子町は、青森県の最南端、岩手県と秋田県の県境に位置する町。日本一のニンニク産地として知られ、その品質から高級食材として全国から指名買いされるほど。

町の至るところにニンニクをかたどったオブジェなどを見つけることができます。ニンニクのほかには地場産肉が有名で、田子牛をはじめ牛肉、豚肉、鶏肉などの畜産が盛んです。

ニンニクと一緒に地場産肉を味わえるご当地グルメ「田子ガーリックステーキごはん」は、わざわざこのメニューを食べに田子町まで来る人がいるほどの人気なんだとか!

100年以上前からある茅葺き家で、さまざまな体験を

タプコプ創遊村は田子町の大黒森(おおくろもり)と呼ばれるパワースポットの山間部にあります。

田子町にあった築100~350年の茅葺き屋根の古民家5棟を移築し、古民家集落の形を今なお残しています。農村生活の再現や保存のために構築されているため、ものづくりのおもしろさや昔遊びなどを体験できるんです。

5棟の茅葺き家にはそれぞれコンセプトがあり、楽しめる体験も異なります。

「さんねん館」では、こんにゃくづくり。(写真上)

「やきもち屋」は創遊村のなかで1番大きな茅葺き家で、地元に昔からある柔らかい「もちせんべい」を自分好みのトッピングで焼いていただけます。(写真上)

「めんくい堂」は築350年と最も古い茅葺き家で、田子産のそば粉を使用したそば打ち体験と、その手打ちそばをその場で食べることもできます。(写真上)

「どんひゃら館」では、昔の農具や日々の暮らしに使っていた民具を展示。郷土の歴史とともにその当時の暮らしや空気を味わえますよ。持ち物も特になく、電話予約さえしておけば手ぶらで参加できるのも魅力的です。
※体験を希望する場合は電話での事前予約が必要です。

創遊村を見下ろす高台にある「Takko café」でひとやすみ

タプコプ創遊村内の茅葺き家の古民家集落から少し離れたところに「Takko café」があります。

田子町の地域おこし協力隊に勤めていた方が運営しているカフェで、田子産のエゴマ油、エゴマ粉やクレソンを贅沢に使用したケーキやクッキーなどのこだわりスイーツがオススメです。

ニンニクをかたどったクッキーは、田子産ごぼう&黒にんにく味、田子産ごぼう&梅干味など、ちょっと変わった味のバリエーションも豊富で、おみやげにも最適。

使用する素材にこだわった「Takko café」は、食べ物だけでなく建物も素敵。自然のなかにひっそりと佇む、趣ある建物で、日常の忙しさを忘れてゆったりとした時間を過ごすことができますよ。タプコプ創遊村に行くなら、「Takko café」もぜひ訪れてみてくださいね。

「日本で最も美しい村」に認められた田子町

タプコプ創遊村に再現されるように、田子町には美しい日本の原風景と、そこで暮らす人々の歴史があります。

2015年10月には「日本で最も美しい村」連盟に加盟登録され、美しい景観や文化を残し続けています。

青森県のなかでも秘境と呼ばれ、タプコプ創遊村がある大黒森は昔からパワースポットでもあるといわれている田子町。都会では見たり触れたりできない、たくさんの昆虫にも出会えるので、お子さんもはしゃいでしまいそうですね。

ぜひ家族みなさんで自然のパワーをたっぷりもらいに行ってみてはいかがでしょうか。

タプコプ創遊村を家族で満喫!ななびチェック

自分で打ったそばを食べられる!

田子産のそば粉を使ったそば打ち体験は、青森ではなかなか貴重な体験。夏休みの思い出としてもぴったり。

体験の申し込みは電話1本、手ぶらでOK!

体験には、事前予約と体験料金が必要です。こんにゃくづくりは90分程度の所要時間なので、時間に余裕をもって申し込みましょう。

四季折々の自然を堪能できる

春夏には青々とした美しい緑とすがすがしい空気、秋には紅葉、冬には芽吹く準備をしている樹々や植物のようすなど、1年を通して美しい景観が楽しめます。自然のなかでのびのびと過ごして、パワーをチャージしましょう。

「タプコプ創遊村」について詳しくはこちら

関連する投稿


五所川原 |「米パン工房 稲i~ne」原材料からつくりあげる、完全オリジナルのこだわり米粉パン専門店

五所川原 |「米パン工房 稲i~ne」原材料からつくりあげる、完全オリジナルのこだわり米粉パン専門店

青森県五所川原市の田園風景のなかにたたずむ「米パン工房 稲i~ne」。2017年4月のオープン以来、口コミでおいしさが広まり、あっという間に売り切れてしまう人気店となりました。今回は、オーナー自ら材料のお米の栽培を行うこだわりの販売スタイルや、もっちりふわふわな米粉パンの魅力をたっぷりとご紹介します!


東通 |「ログレストラン南川」隠れ家でいただく、地産食材をふんだんに使った料理

東通 |「ログレストラン南川」隠れ家でいただく、地産食材をふんだんに使った料理

本州最北東端・東通村の、ひっそりとした森のなかにある隠れ家レストラン「ログレストラン南川」は、知る人ぞ知る隠れ家レストラン。ヒラメの水揚げ青森県ナンバー2、定置網漁ではナンバー1の東通村ご当地グルメ「東通天然ヒラメ刺身重」をはじめ、東通村特産の食材をふんだんに活かした絶品グルメをいただける、「ログレストラン南川」をご紹介します。


南郷 |「南郷カッコーの森エコーランド」開放感あふれるレクリエーション施設で、スポーツもイベントも満喫!

南郷 |「南郷カッコーの森エコーランド」開放感あふれるレクリエーション施設で、スポーツもイベントも満喫!

八戸市南部に位置する南郷(旧・南郷村)は、“ジャズとそばの郷”として全国的にも知られている自然豊かな地域。そんな自然のなかで、スポーツや文化体験、さまざまな催し物が楽しめるのが「南郷カッコーの森エコーランド」です。今回は、家族みなさんで利用できるオススメポイントや、人気のイベントまでたっぷりとご紹介します!


八戸 |【ななび連載:八戸編vol.4】なじみの人気店から新スポットまで、八戸グルメを満喫!

八戸 |【ななび連載:八戸編vol.4】なじみの人気店から新スポットまで、八戸グルメを満喫!

港町・八戸市の名物といえば、外せないのが海産物。今回は、そんなイメージを裏切らない絶品丼ぶりご飯をはじめ、デザートにオススメな濃厚ソフトクリーム、新グルメスポットとして人気のお米専門店など、さまざまな“うまい!”をたっぷりご紹介します!


八戸 |【ななび連載:八戸編vol.3】港町の活気で早朝から元気に!八戸市を代表する朝市2選

八戸 |【ななび連載:八戸編vol.3】港町の活気で早朝から元気に!八戸市を代表する朝市2選

港町・八戸の朝はとっても早く、夜明け前から威勢のいい声が飛び交う―そんな活気あふれる町を訪れたら外すことのできないのが「朝市」。ここは、新鮮食材や地元で愛されるメニューがずらりと並ぶ食の宝庫です。今回は、八戸を代表する巨大朝市と、市民に昔から親しまれている朝市の魅力をたっぷりとご紹介します!


最新の投稿


小野町 |「ACNあぶくまキャンプランド」と、「コピスCafe」でおいしい秋を楽しもう!

小野町 |「ACNあぶくまキャンプランド」と、「コピスCafe」でおいしい秋を楽しもう!

福島県小野町にあるキャンプ場「ACNあぶくまキャンプランド」では、BBQのほか、ピサ焼きや燻製づくりなどの本格的なアウトドアメニューを体験できます!また、焼き立てのパンやピザが味わえる人気のパン屋さん「コピスCafe」も併設。季節の味覚を味わいながら、オーナーさん手づくりの遊び場で遊んだり、親子で秋を満喫しませんか?


山形 |「山形まるごと館 紅の蔵 十日市」季節の振る舞いや体験など、テーマは月替わりのお楽しみ!

山形 |「山形まるごと館 紅の蔵 十日市」季節の振る舞いや体験など、テーマは月替わりのお楽しみ!

「山形まるごと館 紅の蔵」は、山形市の中心街に明治時代に建てられた蔵屋敷を利用し、観光案内所や食事処、みやげ店、直売所を備えた施設です。毎月10日の「十日市」では、旬のグルメの振る舞いや季節にあわせた体験教室など、趣向を凝らしたイベントを開催し、地元でも話題に。イベントのテーマは月替わりなので、何度行っても楽しめるのも魅力です。



能代 |「ときめきマルシェ」毎回替わるテーマが楽しみな話題のイベント

能代 |「ときめきマルシェ」毎回替わるテーマが楽しみな話題のイベント

秋田県能代市といえば、全国屈指のバスケットボールの強豪校があることで知られる街。そんな能代市内中心部の上町通りで行なわれるイベント「ときめきマルシェ」が、いま地元で注目を集めています。毎回工夫が凝らされたテーマに沿ってさまざまな店が出店し、能代の新たな魅力に出会えると人気なんですよ。


遠野 |「とおの物語の館」遠野の方言で語られる昔話に耳を傾けよう

遠野 |「とおの物語の館」遠野の方言で語られる昔話に耳を傾けよう

山あいにほのぼのとした田園風景が広がる岩手県遠野市は、柳田國男の『遠野物語』の舞台として有名です。民話の世界を体験できるテーマパーク「とおの物語の館」では、語り部による昔話の実演を開催。遠野のおばあちゃんたちによるやさしい遠野弁の響きが、物語の世界へと誘ってくれます。