久慈 |「Zoo-Zoo CAFE」でお子さんと一緒にカフェタイム♪

久慈 |「Zoo-Zoo CAFE」でお子さんと一緒にカフェタイム♪

岩手県久慈市の住宅地の一角に静かにたたずむ「Zoo-Zoo CAFE」。靴を脱いで入る店内には、フローリングの床が広がり、親子一緒にゆっくりとくつろげます。その店名の通り、動物をあしらったディスプレイが見られたり、メニューにも動物をモチーフにしたスイーツやランチがあったりと、お子さんがよろこびそうなカフェです。


駅チカで便利!親子で大にぎわいの「Zoo-Zoo CAFE」

JR久慈駅から歩いて5分ほど、住宅街の一角に「Zoo-Zoo CAFE」はあります。3人のお子さんをもつオーナーが、「ママたちがゆっくりできる場所があれば」という想いからつくったカフェです。

ママがくつろぐためにはお子さんたちも楽しく過ごせるスペースをと、店内には工夫がたくさん。靴を脱いで入店するスタイルや、広めにとったテーブルの間隔、のびのび過ごせるキッズルームも設置。さらにキッズランチは化学調味料不使用など、素材にも調理にも気を配っています。

白い壁に真っ赤な扉が印象的な玄関から靴を脱いで店内に入ると、気持ちのいいフローリングの床。店ではスリッパは履かず、靴下や裸足のまま過ごします。カウンター横に大きなシマウマの絵があったり、動物のオブジェなどが棚に置かれていたりと、あちこちに動物をモチーフにしたあしらいが。また、店の奥にはキッズルームもあり、小さなお子さんがいるママに好評です。

動物のおにぎりが評判の「おにぎりプレート」

リーズナブルな手づくりランチも、Zoo-Zoo CAFEではぜひ味わいたいところ。大人向けのランチメニューは月替わり1品と週替わり2品の合計3種類で、和洋やエスニックなど時季ごとにさまざまな料理が並びます。料金も560円からと、とてもおトクなのもポイント。ドリンク、サラダ、スープがそれぞれ100円でプラスできます。

Zoo-Zoo CAFEではキッズランチも充実。すべてワンプレートになっていて、おにぎりやカレー、うどんなど、お子さんの好みによって選べます。なかでも人気なのが「おにぎりプレート」です。

おにぎりプレートの主役は、動物をかたどった海苔をあしらった小さなおにぎり。ウサギやパンダ、ペンギンなど、日によって替わるかわいい動物おにぎりが、お子さんたちに大人気です。おにぎりの具は無添加のサケフレークを使い、ハンバーグは豆腐・にんじん・タマネギ・ホウレンソウ入りのヘルシーな手づくり。野菜とフルーツも付いて、ボリュームにも満足できます。

このほか、「パンケーキプレート」のパンケーキは米粉100%の生地でゾウが描かれていたり、「うどんプレート」のうどんは、揚げがきつねの顔をしていたりと、お子さんがよろこぶようなこだわりの仕上げがなされています。

食後に必ず食べたい!動物がのったかわいいパフェ

Zoo-Zoo CAFEのデザートの定番といえばパフェ。ストロベリー味はウサギ、チョコレート味がサル、そしてキャラメル味にはパンダと、動物のかわいい顔が描かれたアイスがのっています。お客さんの多くが写真撮影をするという、SNS映えする一品。普通サイズを食べきれるか心配なお子さんにはミニパフェもあります。

久慈駅近くのちょっと隠れ家的な場所にたたずむ、おしゃれなカフェ「Zoo-Zoo CAFE」。ランチやスイーツが充実した店で、お子さんと一緒にゆっくりとした時間を過ごしたり、ママ友同士でおしゃべりを楽しんだりするのにオススメです。

さまざまなイベントを行なっていることもあるので、行く前にお店のFacebookをチェックしてみてくださいね。

「Zoo-Zoo CAFE」をもっと楽しむななびチェック!

キッズルームがあり小さいお子さんも安心

店内奥にあるキッズルームは、小さなお子さんがいるママにオススメのスペース。クッション敷きなので、のびのび過ごせます。

充実のキッズランチ

化学調味料不使用で、お子さんが安心して味わえるキッズランチが人気。すべてのメニューがワンドリンク付きです。

さまざまなイベントを開催

ハンドメイドのアクセサリー販売や占いなど、店内でいろいろなイベントを開催しています。スケジュールや内容はお店のFacebookでチェック。

「Zoo-Zoo CAFE」について詳しくはこちら

関連する投稿


久慈 |「山根六郷水車市・水車まつり」郷土グルメをおなかいっぱい味わおう

久慈 |「山根六郷水車市・水車まつり」郷土グルメをおなかいっぱい味わおう

伝統行事や古い食文化が残る岩手県久慈市山根町。「山根六郷水車市」は地元を代表するイベントで、会場は地域のシンボルである水車が建つ「桂の水車広場」です。特産の雑穀を使っただんごや餅など、地元の味をたっぷり味わいましょう。11月開催の「水車まつり」では餅つき大会が行なわれ、つきたてのあわ餅が無料で振る舞われます。


紫波 |「紫波フルーツパーク」でぶどう畑に囲まれた食育体験を

紫波 |「紫波フルーツパーク」でぶどう畑に囲まれた食育体験を

岩手県盛岡市の南部に位置する紫波(しわ)町は、ぶどうやりんごなどフルーツの栽培が盛ん。そんな紫波町にある「紫波フルーツパーク」は、地元のぶどうを使ったワイナリーの見学や、食の手づくり体験などが楽しめる農業公園です。手づくり体験を通して、ファミリーで農業や食に親しんでみませんか?




盛岡 |「光原社」ていねいにつくられた工芸品からお気に入りを見つけよう

盛岡 |「光原社」ていねいにつくられた工芸品からお気に入りを見つけよう

岩手県盛岡市にある「光原社」は、全国から集めた漆器や焼き物を扱う工芸品店で、盛岡では外せない観光スポット。東北の雑貨や食品が並ぶショップ、クラシカルな喫茶店など、見どころがたくさんあります。特に本館からつながる石畳の中庭では、レトロな木造の建物が並ぶ外国の街並みを訪れたような、ちょっとした旅行気分を楽しめます。


最新の投稿


須賀川 |「Rojima~すかがわの路地deマーケット~」須賀川の街にこだわりのモノが集まる手づくり市 

須賀川 |「Rojima~すかがわの路地deマーケット~」須賀川の街にこだわりのモノが集まる手づくり市 

福島県の空の玄関口「福島空港」がある須賀川市。その須賀川市で、福島県内だけではなく、県外からもこだわりのモノが集まるのが「Rojima(ロジマ)」です。路地や空き地、商店街の空き店舗などを利用して開催され、毎回たくさんの人で賑わっています。


湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.3】ショッピングしながらくつろげるカフェ併設の雑貨店3選

湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.3】ショッピングしながらくつろげるカフェ併設の雑貨店3選

気になるカフェや雑貨店があっても、ファミリーでおでかけすると1日に何軒もめぐるのは難しいもの。スイーツを楽しみながらおしゃれなアイテム選びもできる、そんなお店はうれしいですよね。今回は、カフェのある雑貨店をご紹介。秋田県湯沢市の伝統工芸品やエキゾチックな雑貨など、旅行気分を盛り上げるお気に入りが見つかりますよ。


新潟 | 濃厚なバタークリームがたっぷり!愛され続けるサンドパン4選

新潟 | 濃厚なバタークリームがたっぷり!愛され続けるサンドパン4選

あまり聞きなれない「サンドパン」。コッペパンにクリームを塗ったもので、新潟県の人にとってはおなじみのパンです。クリームの種類はたくさんあり、レトロなパッケージに入っているのも特徴のひとつ。新潟県内で「サンドパン」を販売するお店のなかから、今回はオススメの「サンドパン」4店舗をご紹介します。


三沢 |「青森県立三沢航空科学館」大人も子どもも夢中!航空機と科学の魅力を全身で体感しよう

三沢 |「青森県立三沢航空科学館」大人も子どもも夢中!航空機と科学の魅力を全身で体感しよう

青森県三沢市にある「青森県立三沢航空科学館」は、「大空」と「飛翔」をテーマとした航空科学を学べる施設です。本物の航空機に搭乗したり、豊富な体験型展示で科学のおもしろさを体感したりと、大人も盛り上がってしまうような仕掛けがいっぱい!今回は、何時間でもいたくなる楽しい内容をたっぷりご紹介します。


湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.2】稲庭の郷で味わう秋田名物・稲庭うどん

湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.2】稲庭の郷で味わう秋田名物・稲庭うどん

お子さんに人気のグルメのひとつ「うどん」!湯沢市稲庭町は、秋田名物として有名な「稲庭うどん」の発祥地。栗駒山系の山々と田園風景に囲まれたこの町は「稲庭の郷(さと)」と呼ばれ、20数軒のうどん製造工場が集まっています。なめらかでコシのある稲庭うどんを食べに、製造元の直営店を訪ねてみませんか?