柏崎 |「柏崎・夢の森公園」子どもも大満足の、自然を体験できる公園

柏崎 |「柏崎・夢の森公園」子どもも大満足の、自然を体験できる公園

柏崎市にある「柏崎・夢の森公園」は、「里山で遊ぶ・暮らしを考える」をコンセプトにした自然公園。約30ヘクタールの広大な園内では森遊びができるほか、里山に暮らす動物たちと触れ合うこともできます。小さなお子さんも参加できる体験コーナーもあり、多くの親子連れで賑わいます。お弁当を持って家族みんなでおでかけしてみませんか。


自然に触れながら、遊べる公園!

2007年にオープンした「柏崎・夢の森公園」。広大な園内は5つのエリアに分かれていて、「東の丘エリア」「里山工房エリア」「西の丘エリア」「水辺エリア」「原っぱエリア」があります。

どのエリアも自然をたっぷり満喫でき、子どもはもちろん、大人も楽しめます。公園の入り口にあるインフォメーションセンター「エコハウス」には、公園のマップが置いてあるので、ここでマップを手に入れて回りましょう。

山の斜面を利用した東の丘エリアや西の丘エリアでは森の散策が、水辺のエリアの小川や池ではメダカの観察やザリガニ釣りができます。道具は貸し出し(有料)しているので、手ぶらでも安心。子どもだけでなく、いつの間にかパパも夢中になって楽しんでしまいます。

里山の自然をそのまま残した公園にはトンボや蝶など、多くの昆虫を見ることができます。公園内で取った虫は持ち帰ることはできませんが、季節に応じた生き物を間近で観察できる貴重な体験に子どもたちも大興奮!

公園内には、木製の遊具や子どもたちが大好きなターザンロープなどがあり、アスレチック要素たっぷり!冒険遊びにもチャレンジできます。緑いっぱいの自然のなかで汗をかいて遊べて、子どもたちも大満足です。

うれしいことに、柏崎公園ではハンモックの貸し出しもしています。ゆらゆら揺れるハンモックに子どもたちも大はしゃぎ。ハンモックにぴったりの大きな木があるので、ぜひ体験してみてくださいね。

こちらはエコハウスのそばにある原っぱエリア。広くて芝生が気持ちよく、ボール遊びも楽しめます。パパとかけっこする子どもたちや、そんな様子を優しく見守るママの姿も。レジャーシートを広げてお弁当を食べるのもオススメですよ。

森林浴にウォークラリー。散策しながら、自然を知ろう

里山の豊かな自然を活かした園内は、多くの木々が茂っていてウォーキングにもぴったり。デコボコした道も、子どもたちにとってはちょっとした冒険気分になれるかもしれません。野鳥も多く生息しているためバードウオッチングも楽しめるほか、運が良ければ野生の野うさぎに出会えるかもしれないんだとか。

東の丘エリアにある「ヤッホーの丘」は、園内を一望できるビュースポット。手前の山に向かって大きな声で叫ぶと、やまびこが返ってきます。ぜひ、「ヤッホー」と叫んでみてください。

園内はバリアフリーの散策路もあり、ベビーカーでの移動も便利なのは、ママにとってはうれしいですね。

水辺エリアではさまざまなトンボが飛び交っているほか、風を感じながら歩いたり、メダカやアメンボなどをみつけるのも、子どもたちに人気の楽しみ方です。時々水辺からカメが顔を出すことも!

公園内ではさまざまな植物を目にすることができるのですが、なかには珍しい種類の植物も。そんな植物について遊びながら学べるウォークラリーも行なっています。お子さんたちが自然と興味を持つきっかけになるかもしれませんね。

2018年の夏は、「ナゾとき里山アドベンチャー」という新しいウォークラリーが登場。園内に散らばった謎をときながら、公園の園長であるおはぎ園長の「想い」を探すというもの。この夏、親子でぜひチャレンジしてみてください。

インフォメーションセンター「エコハウス」は、小さなお子さんも遊べる施設

公園の入り口にあるインフォメーションセンター「エコハウス」では、展示を通して、里山の植物や動物について紹介しています。

キッズコーナーもあり、靴を脱いでゆっくりできたり、ゴロンと寝転がったり、小さなお子さん向けの本やおもちゃがあったり。外遊びに疲れたら寄ってみてはいかかでしょうか。大きな窓ガラスから日差しが差し込み、外にいるような気分で過ごせますよ。

キッズスペースの隣には、ランチにぴったりのカフェ「I’m Home」もあります。テイクアウトもできるほか、ソフトクリームは子どもたちに大人気です。

「エコハウス」では、期間限定でザリガニやカメなどの生き物に触れられるコーナーが登場します。赤ちゃんザリガニなども展示するので、小さなお子さんも安心して触れますよ。

また、2018年7月11日(水)~8月31日(金)の期間、外来種をテーマにした展示コーナー「ヱイリアンスピーシーズ新里山版」が、2017年に続き内容を変えて登場します。アメリカザリガニやカメと触れ合うコーナーや、大人もはまってしまう新感覚ボードゲームも注目です。

自然のなか、さまざまな体験ができ、1日中楽しめる「柏崎・夢の森公園」。遊んで学べるスポットに、親子でおでかけしてみてはいかがですか。

「柏崎・夢の森公園」をもっと楽しむためのななびチェック!

小さいお子さんも安心!多目的トイレを完備

公園内のトイレは、お子さん連れの方向けの多目的トイレを完備。また、エコハウス内には授乳室やおむつ交換台を供えたトイレもあるので、小さなお子さん連れも安心です。

グッズのレンタルやイベント参加も、リーズナブルな価格設定

ザリガニ釣り用の道具は200円で、ハンモックやキャッチボールセットは2時間200円で貸し出しています。いろんな遊びを体験してみましょう。

ベビーカーでの移動も便利なバリアフリー

公園内の散策路はバリアフリー設計。赤ちゃん連れでも安心して利用できるのがうれしいポイント!

「柏崎・夢の森公園」について詳しくはこちら

関連する投稿


新潟 | 米どころ・新潟は大福のレベルも高し!人気の大福3選

新潟 | 米どころ・新潟は大福のレベルも高し!人気の大福3選

新潟の大福は、県外の人がびっくりするほどのおいしさで知られています。新潟にはきんぴらごぼうを入れたものや、塩だけで煮た甘くないあんこが入った「おやき」と呼ばれる大福など、珍しい大福も。ただ、今回紹介するのは定番の豆大福。新潟の老舗がつくるこだわりや工夫が詰まった豆大福をぜひ食べ比べてみてください。




村上 |「城下町村上 町屋の人形さま巡り」町屋に伝わる貴重なひな人形を見に行きましょう

村上 |「城下町村上 町屋の人形さま巡り」町屋に伝わる貴重なひな人形を見に行きましょう

日本海に面した「北限の茶どころ」である村上市では、毎年3月1日~4月3日まで「城下町村上 町屋の人形さま巡り」が行われています。村上市は江戸時代、村上藩の城下町として栄えた街で、旧町人町一帯には今も情緒あふれる古い町並みや町屋が残っています。村上市内の町屋を訪ね、各家庭に代々受け継がれながら大切に保管されてきた「人形さま」を見に行きませんか。


小千谷 |「おぢや風船一揆」冬の青空を、カラフルな熱気球が彩るファンタジーな世界

小千谷 |「おぢや風船一揆」冬の青空を、カラフルな熱気球が彩るファンタジーな世界

新潟県小千谷市で開催される「おぢや風船一揆」。毎年2月下旬の土曜・日曜に行なわれ、2019年で43回目を迎えます。「風船」といっても実は熱気球のこと。雪に覆われた田んぼの上空を、色鮮やかな熱気球が飛び交う光景は圧巻です! ほかにもみどころ盛りだくさんな、大人も子どもも楽しめる「おぢや風船一揆」をご紹介します。


最新の投稿


蔵王 |【ななび連載:蔵王編vol.3】遠刈田温泉で探すほっこりアイテム&手づくり体験

蔵王 |【ななび連載:蔵王編vol.3】遠刈田温泉で探すほっこりアイテム&手づくり体験

蔵王町の人気スポットのひとつといえば、開湯約400年の歴史をもつ遠刈田温泉。温泉街はこぢんまりとしていますが、見どころがたくさんあって散策にぴったり。ステキなアイテムがそろう陶芸工房やギャラリーショップも点在しているので、作家ものの器をおみやげにしたり、絵付け体験でオリジナルアイテムをつくったりするのもオススメです。


鶴岡 |「フルーツショップ青森屋」こぼれんばかりのフルーツにびっくり!ぜいたくなタルト&ケーキを味わおう

鶴岡 |「フルーツショップ青森屋」こぼれんばかりのフルーツにびっくり!ぜいたくなタルト&ケーキを味わおう

山形県といえば、日本屈指のフルーツ王国。鶴岡市にある「フルーツショップ青森屋」は、地元をはじめ全国各地から仕入れたよりすぐりのフルーツを扱う青果店です。店内にはカフェスペースも併設し、青果店ならではの新鮮なフルーツをたっぷり使ったタルトやケーキが大人気。遊び心あふれる空間にも注目してみてくださいね。


松島 |「ザ・ミュージアム MATSUSHIMA」3つのコレクションの魅力を一度に楽しめる博物館

松島 |「ザ・ミュージアム MATSUSHIMA」3つのコレクションの魅力を一度に楽しめる博物館

日本三景のひとつ、宮城県の松島にある「ザ・ミュージアム MATSUSHIMA」は、レトロなおもちゃ・モードファッション・オルゴールの3つのコレクションをひとつの施設で観ることができるミュージアムです。普段はなかなかお目にかかれない貴重なコレクションをたくさん展示しているので、じっくり鑑賞を楽しみましょう。


蔵王 |【ななび連載:蔵王編vol.2】家族みんなが大満足の蔵王グルメを満喫

蔵王 |【ななび連載:蔵王編vol.2】家族みんなが大満足の蔵王グルメを満喫

自然豊かな蔵王町には、大地の恵みがギュッと詰まったおいしい農産物がいっぱい!また、近隣の市町村も農業が盛んだったり、ブランド豚を飼育していたりすることから、フレッシュな食材でつくる料理自慢のお店がたくさんあります。今回はそんな蔵王町のお店のなかから、お子さんの大好物がそろう人気の3店をご紹介します。


新潟 | 米どころ・新潟は大福のレベルも高し!人気の大福3選

新潟 | 米どころ・新潟は大福のレベルも高し!人気の大福3選

新潟の大福は、県外の人がびっくりするほどのおいしさで知られています。新潟にはきんぴらごぼうを入れたものや、塩だけで煮た甘くないあんこが入った「おやき」と呼ばれる大福など、珍しい大福も。ただ、今回紹介するのは定番の豆大福。新潟の老舗がつくるこだわりや工夫が詰まった豆大福をぜひ食べ比べてみてください。