最上郡 |「幻想の森」で大自然の神秘に出会う!最上エリアの巨木スポット

最上郡 |「幻想の森」で大自然の神秘に出会う!最上エリアの巨木スポット

森林が県土の約70%を占める山形県。なかでも北東部に位置する最上エリアは、知る人ぞ知る巨木の宝庫です。古代から大地に根を張る巨木たちは樹齢1,000年をゆうに超えるものもあり、その姿を目の前にすれば、存在の大きさに心が動かされるかも。今回は、森の巨人たちに出会える最上エリアの巨木スポットをご紹介します。


樹齢1,000年超の巨木がそびえる「幻想の森」

北に鳥海山がそびえ、東西に母なる最上川が流れる戸沢村。この村に、山形の有名な巨木スポットとしてまずその名が挙がる「幻想の森」があります。

国道47号を新庄から酒田方面へ向かうと、左側に「幻想の森」を記された小さな看板が現れます。左折し、林道を車で約15分。未舗装で道幅が狭い場所もあるので、ゆっくりと車を走らせましょう。

駐車場に降りたつと、目の前にはうっそうと茂る巨木の森が。ここからは、散策路に沿って歩みを進めます。

森のなかに入ると、そこかしこにそびえる土湯杉(神代杉)の迫力あふれる姿に目を奪われます。どっしりと太い幹や枝は湾曲して折れ曲がりながらも、まっすぐと空に向かって伸び上がっています。

生命力にあふれる巨木たちは、樹齢1,000年を超えるものもあり、大きいものでは樹高約30メートル、幹周りは約12~13メートルになるほど。

静寂に包まれた森のなかで聞こえてくるのは、鳥のさえずりと枝や葉がこすれあうサワサワとした音だけ。耳を澄ませば、おとぎ話で読んだような森の老木たちのおしゃべり声が聞こえてくるかも…?まるで異世界に迷い込んだような不思議な気持ちにさせてくれます。

その姿はまるでトトロ!?「小杉の大杉」

鮭川村ののどかな田園風景のなかに、ぽつんと現れる杉の巨木「小杉の大杉」。その姿がアニメ『となりのトトロ』に登場するトトロに似ていることから、「トトロの木」と呼ばれ親しまれています。

「小杉の大杉」までは、付近の駐車場に車を停め、そこからは歩いて農道を進みます。周辺は私有地のため、畑や田んぼに足を踏み入れてしまわないよう気を付けましょう。

推定樹齢は1,000年以上。樹高約20メートル、根回り約6.3メートル、枝がもっとも茂るふっくらとした部分は約17メートルにもなり、村の天然記念物に指定されています。

木の根元が2つに枝分かれしていることから、地元では古くから「夫婦杉」としても親しまれる「小杉の大杉」。縁結びや子宝のご利益があると言い伝えられ、木の根元には小さな祠があります。

なんといっても目を引くのは、かわいらしいシルエット。緑がこんもりと生い茂り、てっぺんのとんがりが2つの耳のように見える姿は、トトロそのもの!トトロのようなシルエットを見るためには、どの場所から眺めるかも重要なポイント。とんがりが2つ並んで見える角度を探しながら、ゆっくりと眺めましょう。

山の神様の威厳があふれる「東法田の大アカマツ」

最上町の北部・東法田(ひがしほうでん)地区。杉林の道を登りつめた奥にそびえるのが、「東法田の大アカマツ」です。急斜面にどっしりと根を下ろしていて、下から巨木を見上げるような体勢になるため、迫りくるような迫力に圧倒されます。

推定樹齢は500~600年。8メートル以上ある幹周りは、マツ種として日本一の太さを誇ります。

幹にはゴツゴツとしたこぶがいくつも浮き上がり、巨木が重ねてきたときの流れを物語っているかのよう。その威厳あふれる姿から、地元では「山神様の大松」とも呼ばれていて、根元には石碑が祀られています。

マタギが崇めた御神木「女甑山の大カツラ」

真室川町の女甑山(めこしきやま)山麓にたたずむ「女甑山の大カツラ」。JR大滝駅から車で30分ほどの前森山林道終点に車を停め、さらに山道を歩いて約20分の場所にあります。

緑深いブナ林に囲まれ、周囲にはカツラの大木が何本か見つけられますが、「女甑山の大カツラ」の大きさは圧倒的。樹齢1,000年以上、高さ約25メートル、幹周り約13.4メートルの大きさは日本最大級で、林野庁による「森の巨人たち百選」にも選定されています。

かつてこの地域のマタギは、狩猟の際に必ずこの巨木に立ち寄り、入山の許しを乞うていたと言い伝えられています。目的地までは、案内標識と登山者の踏み跡でできた道を頼りに進むため、お子さん連れや初心者の方は、JR大滝駅から出発するガイドを予約しておくのがオススメですよ。

今なお緑をたたえ、静かにときを刻み続ける最上エリアの巨木たち。その生命力あふれる姿に出会う旅へとおでかけしてみませんか?

「幻想の森」をもっと楽しむためのななびチェック

林道での車の運転はゆっくりと

目印の看板から「幻想の森」までは、細くくねくねと曲がった林道が続きます。対向車が来たときのためにも、運転はゆっくり慎重に。

遊歩道を歩いて散策

森のなかには散策路が整備されていて、ゆっくり歩いて1周20分ほど。足元にはウッドチップが敷かれ、歩きやすくなっています。

春から秋に訪れるのがオススメ

山深い場所にあるので、雪の降る冬季は閉鎖。訪れるなら、緑豊かな春から紅葉シーズンの秋までに。

「幻想の森」について詳しくはこちら
「小杉の大杉」について詳しくはこちら
「東法田の大アカマツ」について詳しくはこちら
「女甑山の大カツラ」について詳しくはこちら

関連する投稿


鶴岡 |「フルーツショップ青森屋」こぼれんばかりのフルーツにびっくり!ぜいたくなタルト&ケーキを味わおう

鶴岡 |「フルーツショップ青森屋」こぼれんばかりのフルーツにびっくり!ぜいたくなタルト&ケーキを味わおう

山形県といえば、日本屈指のフルーツ王国。鶴岡市にある「フルーツショップ青森屋」は、地元をはじめ全国各地から仕入れたよりすぐりのフルーツを扱う青果店です。店内にはカフェスペースも併設し、青果店ならではの新鮮なフルーツをたっぷり使ったタルトやケーキが大人気。遊び心あふれる空間にも注目してみてくださいね。




鶴岡 |「HOUSE清川屋」ショッピングもイベントも楽しめる!新感覚の体験型みやげ店

鶴岡 |「HOUSE清川屋」ショッピングもイベントも楽しめる!新感覚の体験型みやげ店

山形県鶴岡市の「清川屋」といえば、創業350年を超える老舗のみやげ店。山形県内に9つの店舗を構え、なかでも「HOUSE清川屋」は、ユニークなコンセプトをもった新感覚の店舗です。さまざまな仕掛けのある店内で、ショッピングはもちろん食にまつわるイベントも楽しめるんですよ。


尾花沢 |「尾花沢雪まつり&徳良湖 WINTER JAM」冬のアクティビティを満喫しよう!

尾花沢 |「尾花沢雪まつり&徳良湖 WINTER JAM」冬のアクティビティを満喫しよう!

山形県尾花沢市で冬に行なわれる「尾花沢雪まつり&徳良湖 WINTER JAM」は、エアボードやスノーストライダーを使った雪遊びやスノーモービル体験など、冬の楽しみが一度に体験できるイベントです。2019年は2月23日(土)・24日(日)に開催。冬だからこそ楽しめるアクティビティ体験や、幻想的な雪景色を見に訪れてみませんか。


最新の投稿


郡山市 |「AMEKAZE」“ローカル”に特化した食のセレクトショップ

郡山市 |「AMEKAZE」“ローカル”に特化した食のセレクトショップ

黒を基調としたシンプルなたたずまいが特徴的な、グローサリーマーケット「AMEKAZE」。カーショップのようなスタイリッシュな外観ですが、店内には地元の名産物をはじめ、各地のおいしいものがずらりと勢ぞろい。おみやげやプレゼント選びにもピッタリなお店です。


蔵王 |【ななび連載:蔵王編vol.3】遠刈田温泉で探すほっこりアイテム&手づくり体験

蔵王 |【ななび連載:蔵王編vol.3】遠刈田温泉で探すほっこりアイテム&手づくり体験

蔵王町の人気スポットのひとつといえば、開湯約400年の歴史をもつ遠刈田温泉。温泉街はこぢんまりとしていますが、見どころがたくさんあって散策にぴったり。ステキなアイテムがそろう陶芸工房やギャラリーショップも点在しているので、作家ものの器をおみやげにしたり、絵付け体験でオリジナルアイテムをつくったりするのもオススメです。


鶴岡 |「フルーツショップ青森屋」こぼれんばかりのフルーツにびっくり!ぜいたくなタルト&ケーキを味わおう

鶴岡 |「フルーツショップ青森屋」こぼれんばかりのフルーツにびっくり!ぜいたくなタルト&ケーキを味わおう

山形県といえば、日本屈指のフルーツ王国。鶴岡市にある「フルーツショップ青森屋」は、地元をはじめ全国各地から仕入れたよりすぐりのフルーツを扱う青果店です。店内にはカフェスペースも併設し、青果店ならではの新鮮なフルーツをたっぷり使ったタルトやケーキが大人気。遊び心あふれる空間にも注目してみてくださいね。


松島 |「ザ・ミュージアム MATSUSHIMA」3つのコレクションの魅力を一度に楽しめる博物館

松島 |「ザ・ミュージアム MATSUSHIMA」3つのコレクションの魅力を一度に楽しめる博物館

日本三景のひとつ、宮城県の松島にある「ザ・ミュージアム MATSUSHIMA」は、レトロなおもちゃ・モードファッション・オルゴールの3つのコレクションをひとつの施設で観ることができるミュージアムです。普段はなかなかお目にかかれない貴重なコレクションをたくさん展示しているので、じっくり鑑賞を楽しみましょう。


蔵王 |【ななび連載:蔵王編vol.2】家族みんなが大満足の蔵王グルメを満喫

蔵王 |【ななび連載:蔵王編vol.2】家族みんなが大満足の蔵王グルメを満喫

自然豊かな蔵王町には、大地の恵みがギュッと詰まったおいしい農産物がいっぱい!また、近隣の市町村も農業が盛んだったり、ブランド豚を飼育していたりすることから、フレッシュな食材でつくる料理自慢のお店がたくさんあります。今回はそんな蔵王町のお店のなかから、お子さんの大好物がそろう人気の3店をご紹介します。