おいらせ |「ファーマーズマルシェhitotsubu」珍しい野菜がいっぱい!ショッピングもお食事も満喫できるおしゃれマルシェ

おいらせ |「ファーマーズマルシェhitotsubu」珍しい野菜がいっぱい!ショッピングもお食事も満喫できるおしゃれマルシェ

青森県おいらせ町にある「ファーマーズマルシェhitotsubu」は、地元で採れた珍しい野菜や農産加工品などを販売しているファーマーズマーケット。適正価格での販売を大切にし、農家にも優しいお店づくりを徹底しています。今回は、こだわりの販売方法や珍しい商品の数々、イートインメニューまでたっぷりとご紹介します!


「適正価格」を大切にした、ファーマー自慢の商品を提供

パティスリーのようなかわいらしい外観の「ファーマーズマルシェhitotsubu(ヒトツブ)」は、地元産の珍しい野菜や農産加工品などを販売しているファーマーズマーケットです。

スーパーなどでは見かけない商品展開が魅力的で、食卓が華やかで楽しくなるような商品がずらり。

信頼のおける農家さんの地場野菜にこだわっていて、野菜が不足する時期でも県外野菜を仕入れない徹底ぶりです。

安さを売りにする従来の産直施設とは異なり、値段に見あった付加価値のある、安心安全な商品を提供。「どのような栽培方法で育て、いつ収穫したのか」…販売過程や生産者の想いまで売り込むことで、農家さんにとっても消費者にとってもいいことづくしのお店が誕生したのです。

農家さんの想いを感じながら商品選びができると、お買い物がもっと楽しくなりそうですね。

あれもこれも気になっちゃう!珍しい地場野菜がたくさん

青森県の名産野菜だけでなく、珍しい野菜が豊富なファーマーズマルシェhitotsubu。普段なかなか目にしない食材ばかりで、野菜が好き・珍しいものが好きという方は特に、見ているだけでもわくわくしてしまうほど。

店内には本日のオススメ野菜が書かれたボードがあるので、旬の野菜もひと目でチェックできちゃいますよ。

取材に訪れた6月上旬は、名産野菜のほかに、リーフレタスやサラダケールなどの葉物野菜から、何種類もの生のハーブ、美容に気遣う方にうれしいビーツなどが並べられていました。

野菜ごとにポップがつけられていて、どんな種類でどんな味がするのかだけでなく、オススメの食べ方まで書かれています。購入後の料理のイメージもしやすくて大助かりです。手書きでたくさん書かれているのもあたたかみがあって、たくさん購入したくなってしまいます。

珍しいのは野菜だけじゃない!ファーマーズマルシェhitotsubuだけの農産加工品も

ファーマーズマルシェhitotsubuには、珍しい野菜だけでなく、その野菜を使用したさらに珍しい変わりダネ商品もたくさんあるんです。

そのひとつが「カービングピクルス」。ベジタブルカービングの技術を用いて、十和田市の「スクール実」さんでつくられたピクルスです。ひとつひとつ手彫りした芸術的な美しさが魅力で、季節にあわせて野菜だけでなくカービングの種類も変化しているんだそう。

そんな美しいピクルスを店舗販売しているのは、ファーマーズマルシェhitotsubuだけ!普段の食卓だけでなく、パーティーメニューにもなる華やかな逸品です。

また自らが米農家の古館さんが提供する、もっちりとした米粉のパンやピザ、米粉と野菜を使用したふわっふわの米粉シフォンケーキなど農スイーツもたくさん!グルテンフリーで、さりげなく野菜の栄養も取り入れられるのは、健康面でもうれしいポイントですね。

野菜づくしのイートインメニューも大人気

店内には、軽食やランチも楽しめるイートインコーナーが併設。1階のカウンター席と2階のフリースペースでいただくことができます。

なかでもイチオシなのが、「チコリソフトクリーム」。小ぶりの白菜のような見た目の野菜“チコリ”の根を、乾燥・焙煎したチコリコーヒーを使用しています。苦味がない優しい甘さのソフトクリームで、ミルクとの相性もピッタリ。

県南では初めてクリスピーメープルコーンを使用していて、ふわっとした甘みとカリッとしたコーンの食感はお子さんにも人気です。

また、お食事メニューも充実。

11:00~14:00に提供される数量限定の「農ランチ」は、ワンプレートでメインディッシュからデザートまでいただける満足メニュー。

2週間に1度くらいのペースで少しずつ内容が変わりますが、サラダのドレッシングや納豆、チコリコーヒーにデザートまで、すべてお店で取り扱っている商品でつくられているんですよ。

“米農家がつくるお米のパンにどどーんとガーリックポークのステーキを挟んだ地元野菜たっぷりバーガー”略して「ガリバー」などは、名前もボリュームもインパクト抜群!

野菜たっぷりでボリューミーですが、お子さんや女性でもペロリと召し上がるそう。もちもちの米粉パンと、焼きたてのお肉のうまみがたまらないひと品です。

ほかにも家庭ではなかなか食べられないユニークなメニューが勢ぞろいしているので、思う存分堪能してくださいね。

野菜のおいしさだけでなく、生産者の想いや安心も届けている「ファーマーズマルシェhitotsubu」。どんな珍しい商品に出会えるか、家族みなさんでおでかけしてみてはいかがですか?

魅力的な商品は野菜だけじゃない!ななびチェック!

古館さんのお米はギフトにもピッタリ

古館さんのつくったお米「まっしぐら」を、2合サイズに真空包装している“キューブ米”は、コロンとしたサイズ感がかわいらしいひと品。野菜や調味料など好きなものと組み合わせて、プレゼントにするのもオススメです。

小麦アレルギーを考慮した生ドレッシングが人気

たっぷりの野菜を使用した手づくりドレッシング「めいちゃんちの生ドレッシング」は、小麦アレルギーの方も安心して食べられるようにと、グルテンフリーで販売しています。イートインメニューにも使われていて、1度食べたらやみつきになるとリピーター続出!見かけたらぜひお試しあれ。※イートインで使用しているドレッシングは「グルテンフリー」ではありません。

「農」に関する工芸品も展開

梱包用に使われるプラスチック製のバンドでできた「Pバック」など、工芸品も販売しています。汚れても水で流せるので、買い物バックはもちろん、農作業をする方にも便利で重宝されますよ。

「ファーマーズマルシェhitotsubu」について詳しくはこちら

関連する投稿


三戸町 |「三戸名物元祖まける日」380年以上の歴史を誇る、大興奮の“お得”を満喫しよう!

三戸町 |「三戸名物元祖まける日」380年以上の歴史を誇る、大興奮の“お得”を満喫しよう!

青森県の南端に位置する三戸町は、縄文遺跡やさまざまな寺社や文化財が立ち並ぶ、歴史遺産があふれる町。近年では絵本のキャラクター「11ぴきのねこ」の街としても知られ、若い世代からも人気を集めています。今回はそんな三戸町で380年以上受け継がれている伝統行事「三戸名物元祖まける日」をご紹介します!


青森 |【ななび連載:青森編vol.4】ご褒美にもおみやげにも映えるスイーツ店3選

青森 |【ななび連載:青森編vol.4】ご褒美にもおみやげにも映えるスイーツ店3選

青森市には、青森県産の豊富なフルーツや新鮮な卵を使用した自家製スイーツを販売しているお店がたくさんあります。今回はそのなかでも、オススメのスイーツ店を3店舗ご紹介。素材へのこだわりだけではなく見た目も華やかなスイーツを味わってみませんか。


青森 |【ななび連載:青森編vol.3】ひとくち食べたらクセになるラーメン店

青森 |【ななび連載:青森編vol.3】ひとくち食べたらクセになるラーメン店

青森県青森市は100店舗以上のラーメン店が軒を連ねる激戦区!その8割以上が昔ながらの中華そばのお店で、煮干しだしをベースにしたラーメンが多く扱われています。今回は、青森県民が愛してやまない煮干しだしラーメンと、1度は食べてほしい青森のソウルフード「味噌カレー牛乳ラーメン」が食べられる2店舗をご紹介します。


むつ |「冬の下北半島 食の祭典」下北のおいしいが大集合!自慢のメニューを心ゆくまで食べつくそう

むつ |「冬の下北半島 食の祭典」下北のおいしいが大集合!自慢のメニューを心ゆくまで食べつくそう

青森県北の5市町村を指す“下北半島”のご当地グルメが1度に味わえる「冬の下北半島 食の祭典」。さまざまな地場産品を使用した郷土料理や、冬が旬のメニュー、人気グルメ店の自慢の逸品などがいただける冬の名物イベントです。お料理体験やステージショー、クイズラリーなど、お食事がより楽しくなる催し物も開催されますよ。


青森 |【ななび連載:青森編vol.2】青森の大地・海の恵みを収穫して食べられる体験スポット3選

青森 |【ななび連載:青森編vol.2】青森の大地・海の恵みを収穫して食べられる体験スポット3選

青森といえば、リンゴ、ほたて…とたくさんの特産品があります。今回はそんな青森市内にある、自分で収穫して食べられる体験スポットをご紹介。収穫時期によってさまざまな食材を楽しめるので、何度訪れても楽しめますよ。


最新の投稿


南三陸 |「南三陸モアイファミリー」話題のモアイグッズの魅力に迫る

南三陸 |「南三陸モアイファミリー」話題のモアイグッズの魅力に迫る

宮城県南三陸町は、県内外から観光客が集まる商店街や、旬魚をたっぷりと盛った丼が有名な街。そんな南三陸町のおみやげの定番は“モアイグッズ”!手がけるのは、モアイグッズの専門店「南三陸モアイファミリー」です。なぜ南三陸町でモアイなのか、どんなアイテムが人気なのか…、気になる疑問をリサーチします。


魚沼 |「第32回魚沼国際雪合戦」で冬の寒さを吹き飛ばそう!

魚沼 |「第32回魚沼国際雪合戦」で冬の寒さを吹き飛ばそう!

新潟県でも有数の豪雪地で知られている魚沼市。市内の小出地区で開催する「魚沼国際雪合戦」は、2020年で32回目を迎えます。雪を楽しもうという発想から誕生し、地元はもちろん、県外からの参加も多数。今では魚沼市の冬を代表するイベントになっています。


下郷町 |「大内宿雪まつり」フォトジェニックな雪まつりを満喫!

下郷町 |「大内宿雪まつり」フォトジェニックな雪まつりを満喫!

茅葺き屋根の街並みが美しい、福島県下郷町の大内宿。毎年2月には「大内宿雪まつり」が開催され、「1度は訪れてみたい!」と遠方にもファンが多いお祭りです。雪まつりの夜には、雪灯籠が灯り雪に覆われ白くなった茅葺き屋根を、打ち上げ花火が照らし幻想的な雰囲気に!雪国ならではの風景と、伝統行事や郷土料理が楽しめるのも魅力です。


鶴岡 |「鶴岡冬まつり」雪の街のロマンチックなイベント

鶴岡 |「鶴岡冬まつり」雪の街のロマンチックなイベント

名曲『雪の降るまちを』の発想地・山形県鶴岡市で、冬の風物詩として市民から愛される「鶴岡冬まつり」。おまつり期間中は、明治時代・大正時代に建てられた歴史的建造物のライトアップ、『雪の降るまちを』にちなんだ「鶴岡音楽祭」、郷土料理の寒鱈汁を味わう「日本海寒鱈まつり」など、さまざまなイベントが行なわれます。


大船渡 |「三陸・大船渡つばきまつり」街のシンボル・ツバキを見て、食べて、楽しめるイベント

大船渡 |「三陸・大船渡つばきまつり」街のシンボル・ツバキを見て、食べて、楽しめるイベント

岩手県の沿岸南部に位置する大船渡市は、ヤブツバキが自生する太平洋沿岸の北限域の地。1月下旬~4月下旬にかけて、街のあちこちで美しく咲き誇る花々を見ることができます。この時季に行なわれる「三陸・大船渡つばきまつり」は、ツバキにちなんだ催しがいっぱいのイベントです。